ステージタイガーへ

'17年 0913

楽しかったんやろなぁ(白井)

IMG_5389.JPG
今日はザキが若手と作っている有馬九丁目の稽古場に行ってきました。
ラストシーンを作ってて、役者が足りないということもあって、そしたら劇団で助け合おうってことになって。
そういうわけで代役に、虎本、谷屋、白井、南、で遊びに行きました。
ラストの方の結構動きのあるシーンだったんだけれども、まぁ、さすがにザコキャストの経歴の長さがあってか、
僕はすぐに段取りは身体に入りましたね。ザコの動きは身体に馴染む。
もっと身体動かして心に繋げていかないとなって反省をした、というか、心動かすために身体を動かさなきゃ。
わかっていながら、取り組めていないところがあるので、良きように改善していこうと思います。
ってことは、自分の持ちネタみたいにダンスでも踊れればいいってことになるのだな。
一人芝居で控えてる時にコロさんがやってたみたいなあんな感じだわな。
えぇ歳になったけれども、流れのままに怠けてたら止まってしまう。心の震えもなくなったらもうおしまいだけんね。
とはいえ、やっぱり自分のところは落ち着くんかして、稽古終わりには晴れやかな気分で帰りましたよ。
唯一客演できてた彼にも感謝。若手が迷惑かけるが、もうひと頑張り頼んます。
IMG_5402.JPG
とは言っても、別に悲観してるわけではない。と思うんです。
あ、あれ、気を使ってかな、わざとかな、稽古場で率先してふざけていたのがタイガーの大人。
別にふざけていたわけではないけれど、ガヤガヤとしてたなぁ、
僕個人的にはうるせぇなぁなんて思って見てたけれど、あれはあれで場の空気をよくしようと気を使っていたのかな。
僕はそういう、他の人が気を使ってくれているところに気付けないところがあるから残念なんだな。
ってたまに思うことがあります。
ま、そうでないとしたら、お芝居をしてられる場所が楽しかったんだろうなって思いますね。
何はともあれ、ものを作る場所が、そもそも楽しくないわけがないんで、
向上心持ってもうひと頑張りしていきましょうな。

お話も、なんか最近の社会の空気にあった感じもする。
少し批判的で、少し希望のみえる、空想的なお話。
そういうところにあってどれだけ、真に、生きられるかを考えてしまうのが僕の作り方だが、
さて、若手はどんな取り組み方をしていくのだろうなと、楽しみでもあります。

「それっぽいお芝居」だけはしてくれるなよ。

嘘さえつかなきゃ何やってもいい。
本当に、悩んだり、 本当に、勇気を振り絞ったり、 本当に、逃げ出したり、
とにかくどんなことでも、本当に思ってやってくださいな。
思ったことが、案外とすぐに思いつくような安易なことだとすると、それは自己欺瞞なのかもしれないよ。

ま、それはいいか。
文脈が乱れてきたので眠ります。
楽しかったです、稽古場で声出して動いて考えてしてたの。まだまだ時間はあるからね
僕が出る本番(18日の月曜日は見に来てください!)よりも、君ら、あとやからね。
まだまだ頑張って!
IMG_5403.JPG
『METRO』

作・演出 岡崎マサフミ

【日時】
2017年 9月23日(土)24日(日)
23日(土) 18:00〜
24日(日) 13:00/17:00〜
※開場・受付開始は開演の30分前

【会場】
日本写真映像専門学校・実習棟1階ホール
〒546-0023 大阪府大阪市東住吉区矢田1−5−9

【料金】
一般:前売1,500円 当日1,800円
学生:前売1,000円 当日1,300円(要学生証)
※全席自由席

【予約】
チケット予約はこちらから!

【出演】
鍋海光
竹林なつ帆
椿優希
小林聖也
ザキ有馬(以上、ステージタイガー)

海月
羽鳥冴(ユニットエストロゲン)
垣内大
脇田友

【詳細】
有馬九丁目のサイトに飛びます

では、お休みなさいな。
posted by ステージタイガー at 01:44 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0825

らぞくまとサンセットをセットで(白井)

IMG_5307.JPG
朝からちょっとしたお手伝いでhigeさんとドライヴ。
午前中に大体の荷物の積み込みが終わって、夕方までの時間が空いたので劇場に遊びに。
昨日は一段と暑かったので、涼めるところを目指してました。
わざわざ喫茶店でお茶するくらいなら、仕込みをしてる劇場で空調に当たってやろう、
せっかくだったら今ちょうど準備に大忙しの虎本さんを茶化しに行ってやろうということで。

やってまいりましたin→dependent theatre 1st!
DOORプロデュースD「サンセットバラード」の劇場です。虎本剛作演出!
同い年の是常さんとかうえだひろしさんがメインを張り、安定のキャスト陣でがっちりと固まった
笑って泣けるお話だそうです。
面白いご縁でね、後でもまた書きますけれども、このお話は
「終わらせる勇気」
を描いた作品だそうで、僕がお邪魔するらぞくまさんにもどこかしら通じるものがあるんじゃないかなって、
らぞくまさんは解散公演です。本当におしまいです。こちらは、終わらせようと思う人の話。
僕は土曜日にサンセットバラードを見てかららぞくまさんのアフタートークへ。
何か感じるものがあるんじゃないかなとか、今からそわそわとしています。

写真はhigeさんと、敏腕プロデューサー河口円さん。
higeさんもタイガーのプロデューサーなんで、僕もついでにプロデューサーになれないかしら?
テレビ出演での宣伝だとか、新聞に記事が載ったりだとか、いろんな方法で宣伝活動をされています。
宣伝ができるってことは、作品に自信があるってことにつながるし、
作品に自信が持てれば、どんどん宣伝ができるってことだろうし、そういう風に
良い回転の仕方でグルングルンしてらっしゃって羨ましい限りです!
詳しくは DOORプロデュースさんのサイトへ!

IMG_1945-3f3c7.JPG
DOORプロデュースD 「サンセットバラード」

【日時】
2017年8月25日〜27日
8月25日(金)16:00〜/19:30〜
8月26日(土)15:00〜/19:00〜
8月27日(日)13:00〜/17:00〜
※開場は開演の30分前 受付開始は開演の45分前

【会場】
in→dependent theatre 1st

【料金】
前売一般3,000円 
前売学生2,500円(高校生以下・要学生証)
※当日券は500円アップ
※日時指定・全席指定席

【ご予約】
ご予約はこちらのフォームから

IMG_5300.JPG
ほんで、その後にとあるハルカなビルに搬入を終えて、一旦家に帰ってかららぞくまさんの稽古場へ。
古川愛さんには世話んなっております。やったこともないのに演出に呼んでくれたり、
その関連でか今回、特に関わってもいないのにアフタートークゲストに呼んでくれました!
そういうわけで、僕は、今回は何があっても古川さんの味方であろうと心に決めております!
(土曜日しか会場であるカフェスローにはおりませんけどね!)
ってことで、そうなってしまったからには関わっていかなきゃいけないじゃないですかってことで、
現時点で2回だけですが稽古場に遊びに行ってきました。
本当に、遊びに行っただけです。何も役に立つアドバイスとかできてません。
劇的に変化できるよな魔法の言葉もかけられません。
古川さんにはこそっとお話ししてみようかな、とか思っているうちにもう小屋入りでした。

カフェスロー大阪へは十三の西口大通りを渡ってミスドの右っ側、ファミマがある商店街を
途方もなく、まだかなまだかな、と思うくらいまで歩いて行った先にあります。
少し駅からは距離がありますので、時間に余裕を持ってご来場ください。
サンセットバラードを見てから行こうと思っている僕が一番間に合わないんじゃないだろうかなんて
そんな風に不安になっております。

こっちは本当に終わっちゃう劇団の最後の公演です。
1年も待たずして「やっぱりやめるのやーめた!」つって軽々しく復活して欲しいと思うけど、
幕引きをすると決めた人たちの幕引きに関わるのだから 僕も、なるべく大きな声でしゃべろうと思います。
客演さんも、骨を取ろうと気合十分!

詳しくは らぞくまさんのサイトへ!

IMG_5058.JPG
演劇ユニットらぞくま第4回公演 「Permanent Apartment」

【日時】
2017年8月26日〜27日
8月26日(土)11:30〜/15:00〜/★19:00〜
8月27日(日)13:00〜/★17:00〜
★の回はアフタートークイベント!白井は26日19時の回に登壇します。
※27日の17時の回のアフタートークゲストは二朗松田さん(カヨコの大発明)です。
開場・受付は開演30分前。

【会場】
カフェスロー大阪

【料金】
2,500円

【ご予約】
ご予約はこちらのフォームから

(ベルトを持ってお待ちしております)
posted by ステージタイガー at 11:54 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0816

これから忙しくなってきます公私(白井)ともに。 らぞくまさん、見に来てね。

exif_temp_image-a8c61.jpg
実家に少し帰ってきました、本当に少しだけ。だってやることないんだもん。
従兄弟にとっては、しっかりしてなさそうな中途半端に若いんだかよくわからんおっさんポジション。
「あの人何してる人なん?」って言われてしかるべきそんな面構えで行ってまいりました。
(でも、一個だけ世界一なんやで)
近況報告して、通り一遍の心配をされて、その心配はなんとか収まりそうだということを告げて、
大きめの銭湯に行って、のらくらと帰ってまいりました。
海が近くにあるというのはなんとなく落ち着くなぁと思いますね。
こっち大阪はどうもそうでもないので。

さて、ちょうどその頃に何やらご連絡を受けて、一つ出演が決まりました。
また、近く、お知らせが出来るようになったらお知らせします、多分、あっという間に。
今日はこれから浴衣を着てビアガーデンに行ってきます。
他の劇団員がこぞってビアガーデンのことをブログに書くだろうから、先に書いてやったぜ!
「ビアガーデン行きましたー! 楽しかったですー!」ってブログが上がってきたら
(アルコールによりドーパミンの分泌が促進されただけや!)と思ってやってください。

ここのところ、存外不義理で伺えなかった公演が多かったんですが、
ちょこちょこと足を運べそうな気がしますんでよろしければ劇場でお会いできたらなって思っています。
帯の結び方、覚えているかちょこっと不安もありますが、これから準備していこうかなって思ってます。
IMG_5243.JPG
実家の懐かない猫です。や、割と、気を許してくれた方だ。
猫ではなく、くまの話。
来る、8月26日と27日に演劇ユニットらぞくまさんの公演があります。
26日の夜19時の回のアフタートークゲストでお呼ばれしております。
僕なんかで良かったのかどうか、本当に不明ですが、せっかくなので呼んでしまって後悔してもらおうと
勝手なことをいくつか考えてからいこうかなと思います。
古川さんが許してくれたらくにえださんが怒るだろうし、
古川さんが怒るのならくにえださんは許してくれるだろう
らぞくまさんというのはなんとなくそういう団体なんだろうなぁと思っております。

詳細は、白井のブログにちょろりと、書いてあります。

トークゲストでお呼ばれしておきながらあれこれ宣伝をさせていただこうと思っていますよ。
どこかで稽古場にも遊びに行こうかと思っているので、その時の感想も添えて、またブログ書きます。
そろそろいろいろ動き出すので、もう少しお待ちください、
そして、「しっかり準備せよ!」とケツを叩いてください心の鞭で。
posted by ステージタイガー at 17:57 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0805

夏だ映画だ、墓参りだ、神社だ(白井)

exif_temp_image-d5a22.jpg

先日「夏のドラゴン映画祭」なるものが終わりまして、自分が出ている映画を幾つか見てきました。
こっぱずかしい感じもしながら、僕ができる事をできた感じはしていますので満足です。
映画の現場を幾つかさせていただくことで、なんというか、気張らなくてもいい、というか、
「演劇とは違う気張り方がある」というという感覚をなんとなく思っています。
根本は同じものなのか、別のところにあるものなのかまだよくわかっていないんですが、
どこか自分の中に落とし込む事ができれば映像の現場で学んだことはきっと舞台にも持ってこれるし、
今回なんとなく気づけたことって、舞台をやっていたから気づけたことなんだろうなとも思うし。
そういうわけで、いつも声をかけてくださる磯部監督に感謝!

その磯部鉄平監督の短編作品「海へ行くつもりじゃなかった」が
第12回札幌国際映画祭 Japan Panorama 部門に入選しました → こちらのページの真ん中あたり。
JP-A というところに載っています。
僕は出てないんですけれどもね、札幌近辺の方、映画祭って行ってみても面白いもんですよ。
10月5日〜9日まで。
IMG_5188.JPG
ほんで先日、母ちゃん側のばあちゃんの墓参りに行ってきたんです。
そもそも、僕は、母親のことを「お母さん」と呼んでいたものの、
中学校くらいから、周りの友達が「お母ん(おかん)」と呼んでしきりだったので、
こっそりと人前ではオカンと呼ぶことに変更したという過去を持つ人間です。
三宮の北のほうの墓地で、55年前の航空写真があったんでそれを収めてみました、
昭和55年だったら僕の生まれ年だったんですが、55年前ということで、それはそれは古い写真。
今はどこなんだ、だの、知り合いががんになっただの、そういう話をしてお参りはお仕舞い。

そのあとになんとかという蕎麦屋に行って梅そばを食べました。
「そんなもんで足りるんか?」と心配されたんだけれど、ダイエット中だと告げて。
足りないなという自覚はありながらも、梅そばをいただく。
そばって、食べても食べてもお腹がすく食べ物だと思っているんです。
共感してもらいたかったので赤字に。
でも、するすると飲み込んで、あまり噛むことがないということで、脳の満腹中枢が誤解すんじゃねぇか、
ということで共感してくださった方がいるので僕の中では一旦の解決を見ています。
IMG_5190.JPG
そして、そのまま、僕の(形式上の)趣味である神社巡りへ。
元町大丸の近くにある三宮神社、御朱印が少しおざなりな書き方だったの。
さらさらの、さら!って書き方じゃなくって、ぺぺぺっのペッ!って感じ。
しっかり描いてくれるところは、すん すん すん すいっ とん  す す す すん!
って感じなんですけど、ペペペ、って感じだったんです。
や、しかしね。
僕は見た目でものを判断するという考え方をそろそろ改めなければいけないな。
と思うようにせねばならない。
いかにしても、すでに白い紙に黒い墨で書かれたもの。今更僕が何を言おうとも何か戻るわけでなし。
残無いといえば残無い。

もともとは無残からくる関西に源を持つ「残無い」という言葉。
無残とは 〘仏〙 戒律を破りながら心に恥じない・こと(さま)。
という意味らしく、少し通じるもんがあるなと。
IMG_5191.JPG
看板見ると1から8まであるんですな。
梅ちゃんがやってたドラクエみたいですな。
11はいつ買おうかな。本当はもうすでに欲しくなっているんだけれど、
誰かがプレゼントなんかしてくれないだろうか?もう使わなくなったら譲ってはくれないだろうか?
何て思いながら、今は僕は自身への褒美のタイミングでは無いので購入を諌めています。
ダイエットがもっと成功したり、何か、成果を出した時に、買おう!

暑いですけど芝居見てきまーす
posted by ステージタイガー at 14:04 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0730

上映会にいってきました。(白井)

exif_temp_image.jpg
「夏のドラゴン映画祭」という上映会に行ってきました。
見事にほとんどのお客さんが関係者という状況でしたが、畑が違うことなので何も言いますまい。
小劇場と自主映画というのはどうも目指すところがちがうんだろうなぁという感覚と、
そしたら、小劇場とか、小劇場の俳優というのは何を目指しているんだろう、僕は何なのか?
わたしとは、個とは、などとギリシャ哲学のようなことを考えながら羽曳野におりました。
向き不向きや経験などもあるけれども、おもしろい役者は小劇場にもたくさんいると思います。
(見た目の)おもしろい役者もたくさんいると思います。
格好良くないけれどフォトジェニックな役者とかね。
バッキーの後輩と後から知った共演者の彼女とも会いましたね。みんないろいろがんばってる。
もっとアピールしなくっちゃ埋もれちゃうなっていうのが僕の感じた感想でした。

あぁあとは「ももちの世界」を見に行きましてね、朝イチ公演のコンディション作りの難しさを痛感。
朝11時の公演だったんですが、きっと役者さんも、まさか自分がそんなことになるとは!と
そう思うような間違いをしていて。うん、舞台に立つことのある僕としても「人間だもの」と
間違いには寛容になりたいくらい自分には甘いんですけれど、やっぱり一つのことが後々まで響くなぁと、
だからと言って、だからと言って。うんお芝居自体はとても出来の良いもので、
役者さんも素敵でした。自然であり劇的であり。
出演者募集をしていたようなので、何かの機会にご一緒できたらなって思ったりしながら。
でも、今の所、個人的には足場を固めないと仕方ないなって思っている昨今なので、
地道に身体作りや映画鑑賞とか、読書とか。そういうことをしています。
IMG_5156.JPG
上の写真の真ん中の磯部鉄平監督は「ユニバーサル・グラビテーション」の監督で、
右上には二朗松田さん、僕の隣が佐藤さん(水中撮影なんかもできるすごい人!)で。
僕がよくご一緒させていただくメンバーです。頼れる人たち。
毎回思うんだけれど、そういう「僕が頼る」人たちに対し、僕はそれに対して返しができてんのか
役者って、なんなんだろう、っていうことを思っては凹んで帰ってくることがあります。
よく言えば謙虚なんだが、向上心があると言ってもいいんだろうが、悪い言い方をすれば「自信がない」
あぁだこうだと思案するしかないんですわね。
最近よく思うのは、結局回り回って「心・技・体」それぞれ独立したものではなくって、
それぞれ関連していると思うんです。で、そのサイクルの根本はそのうちの一つだと気づきました。
これ結構重要なことで、役者だけじゃなくって生きていく上で、一番大事な部分。
さ、どれなんでしょうね?

身体ができてないと、心も動かないし、思った通りにならないと技術も十二分に発揮できないし。
心が動かないと、ほらあれですやん、筋トレも、ね、やる気起きませんやん、暑いし。
夏って本当暑いですよねー、なんとかならないかなー。
そうそう、浴衣で出かけたいと思っているんだけれど、それだけでも結構暑いし、
お芝居を見に行くのに浴衣で行くっていう粋なことをしてみたいなっても思ってて。
夏となると、ね。そういうことをしてみたいなーと思うんです。
てなことで、今日はここまで。大事なことは心の中にしまっておきます。
posted by ステージタイガー at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0710

まだ終わっていない #スペドラ わ と #演劇のしおり を見てきた話(白井)

IMG_5048-8ec26.JPG
どうも、アミさんですが、白井です、白井が書いています。
拙ブログにも書きましたし、なんなら同じ写真かな?
一昨日はダンスの有志のみの自主練を覗かせていただいて、
昨日は通し稽古を見させていただきました。
衣装をつけての通し稽古だったので、稽古中の写真は撮れずでした。自粛、自粛。
仕方がないのでアミさんにキャメラを向けてみると、幾つかポーズをしてくれたので、そのうちの一つを。
アミ兄さんも例に漏れずではあるんですが、全体的には各々キャストさんがしっかりとしている。
聴き心地の良い声で、心地いいリズムでセリフを放っている感じを受けました。
これは、感想ブログではないのでね、ストーリーには触れられないですけれども。

テルさんもこういうのが好きなんだなぁ、というのがよくわかるお話でした。
「インターステラー」とか(僕この映画ばっかり引き合いに出すな、1回しか見たことないのに)
「君の名は」とか(つじつま合わないストーリーだったけれども、あの、シーンは好きなんですわ)
「コンタクト」とかね、そういうお話。コトリ会議の山本さんも宇宙と家族が大好きだと思っています。
それでいうと、家族と宇宙っていうのはMicro To Macro なんだよな。
や、追いかけてらっしゃる方は既にお気づきかと思いますけれどね。
引力があって、くっつくために、離れていく。という感じかなぁ。
何だか詩的でこっぱずかしいけれど。今週の14日から17日までシアトリカル應典院にて。
IMG_1989.JPG
さてさて、そして、稽古場に行けば演劇のしおり展がやっていました。
僕は二日連続になりましたのと、通し稽古を見なくっちゃいけなかったんで、ご挨拶だけ。
一昨日パネルと、ステージタイガーのしおりの写真を撮らせていただきました。
「額縁に入ると、なかなか見栄えが良くなるよねぇ」っていうお話をしていました。
みなさん。これまでのタイガーのチラシとかが劇場のロビーに並んでたら足を止めて見ていただけますか?
 ▶︎ みる?
 ▷ みない?

スペドラも、應典院の階段にこれまでのチラシがずらずらりんと並んでましたけど、
デザインとかどんどん、よくなっている感じしますね。
僕、デザインとか全然できませんのでね、本当に勝手な言い分なんですが、
一昔は写真だってなんだかただ取り込んだだけだったり、絵も線がくっきりと簡単な絵だったけれど。
今はなんだか複雑で、凝ってて、こだわりがあって、どんどん進化していってるんだなぁと思います。
モノとして残っているのがいいなと思います、僕は。
薄っぺらい電子の板で最近は漫画もアニメも、見れますけれどね、
厚みと匂いのある、紙の重さのある本という媒体が好きだなぁ。
面白かったなぁという話です。しおり展、今度は京都の「フィガロ」という喫茶店に移るんだとか。
もちろん、詳細は本家の発表をお待ちください。
IMG_4905.JPG
山本さんとお話ししていて、もう一方雨宿さんという方ともお知り合いになれて、
人が集まるところっていうのはいいなぁということと、山本さんの人柄に感謝。
とはいえ、あんまり時間もなくって雨宿さんとももっとお話ししたいなと思いました。
制作をしてらっしゃる人だそうなのでね、また、よろしくお願いします。
っていう話は直接言えばいいので、直接言おうと思います。はい、自己完結。

ま、そういうわけで、なんとかかんとか、いろいろなことを考えながらしがみつきつつ。
今週末にはこちらです。
IMG_1365.JPG
space×drama○ アンコール公演&
Micro To Macro 旗揚げ10周年記念作品
「リトル・ソング」
作・演出:石井テル子

【日時】
2017年07月14日〜17日
7月14日(金)19:30〜
7月15日(土)15:00〜/19:00〜
7月16日(日)13:00〜★/18:00〜
7月17日(月)12:00〜/16:00〜
★アフタートーク開催!!(スペドラの企画です)

【会場】
シアトリカル應典院

【料金】
前売 3,300円/当日 3,500円
ペア割 6,000円 (要予約)
学割 2,500円 (高校生以下/要証明)

【詳細】
Micro To Macro ホームページはこちら

そして、アミジロウ兄さんの予約フォームはこちらだ!
みなさま、劇場でお会いしましょう。
posted by ステージタイガー at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0702

会話劇部と上映会と手を拭く紙タオル(白井)

IMG_1847.JPG
どうもどうもご無沙汰しております、白井です。
ご存知のみなさまにはもう今更ではありますが、今白井は、表面上は暇をもてあそんでおります。
ですので、暑さが本格化するまでにはこう、身体を、えいやっと引き締めようと。
や、恥ずかしい話からスタートしましょう。
気づかないふりをしていたんです、お腹が出てきているなってことに。
だいたい去年の今頃が太ってた時期なんですよ(ランニングホームやってたのにね)。
カンヌ帰りの頃ですよ、自分でごまかしつつやってました。
とはいえ、走ったり基礎練とかはやってたんで、動けるには動けるし、って。
で、こう、ストレッチをするんですよ、上向きに寝転んで、足を頭の後ろに置いて背中を伸ばすやつ。
それをした時に、お腹がギュって締め付けられて呼吸がしにくくなっちゃってたんです。
これはあかん、って思いましたね。
それが今年の4月頃。いろんな人がちょこっとずつアドバイスをくださってね。
自重の筋トレをわりと継続的にやっていきましたらね、少しマシになってきたのです。
お腹も、ちょこっと割れが見えてきました。成果が出てくると少しやる気が増してきますね。

そんなことで、何の因果か自分たちでイベントをする運びとなりました。
「会話劇部」という稽古会です。ご来場いただいた皆様は本当にありがとうございました。
自分たちがどういう風にお芝居を構築していくかを考える会の3時間でした。
役者ももう砂の数ほどいるので、いろんな人とお芝居することもあると思います。
いろんなことを考えながらやったんですけど、なかなか文章で伝えるのは難しいもんですね。
認めて、寄り添って、変わる。っていう感じですかね。
「間違い」っていうのを正誤の違い、ではなくって「相手とこちらにある間の違い」と捉えてて、
違いを感じた時の違和感とか、場合によっては不快感なんかも、楽しむことができるようになるまでは
たくさんの言葉が必要なのかなぁと思ったわけです。

ま、お芝居やってると悩むこと多くって、当時相手役してくれてた小野さんと相談しながらやってたんですが。
そういうやり取りの中で、セリフについて深く考えることが多くなってきまして、
この二人で会話劇部を結成する運びとなったんです。
今回のことが今後生きてきたらいいなと思いますね。魂の入ったセリフが吐けたらそれでいいです。
心と体。ですね。でも、ダメな時もあるし、そういう時にはそんなこともあるやってくらいのゆるさで。
IMG_1863.JPG
そして、時を同じくして「あなたに会えたらよかった」の上映会が行われていました。
僕も結局なんだかんだで4回くらい見させていただいて、全体的にニタリニタリしながら楽しんでました。
これもまたランニングホームの話になりますけど、その時にご一緒した都路呂あすかちゃんがね可愛くってね。
僕がこっそり好きな女優さんである安達綾子さんがね、いいお芝居をしていてね。
ほんのちょっとだけしか関わっていなかったのに、役得を得られたなという感じでした。
僕自身は、ちょっと、うまくできなかったなという部分もあって。
リハなしでの本番撮影、っていうのはなかなか緊張感溢れる現場でしたね。

アフタートークでは映画の撮り方についての面白トークを聞いて楽しんでました。
また、趣味の映画ブログも再開しなきゃなと思っている次第です。
さて。
IMG_1895.JPG
僕が世の中で許せないことの一つに、飲食店での「紙ナプキンの短い方が内側に入っているヤツ」です。
写真に収めた後にはきちんと端の2枚は頂いて使ってきましたけれども。
短いのが内側だと、外側から一枚ずつ、中の使わない髪に触れることなくとっていうことができないやん。
と、本当に小さいことに腹をたてるという、くだらない人間です僕は。

あぁ、そうそう7月8月は劇団員が結構よそに出張っているんで、
お時間あれば見に行ってくださると嬉しいです。 客演情報まとめてます よろしければ。
posted by ステージタイガー at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0613

週末のハシゴのお勧めというかもうお願い(白井)

IMG_1821.JPG
暑い日にはアイスに限りますね。どうも白井です。

実は今週末に昨年に出演させていただいた映画の上映会があります。
ウラナンバのFREE STYLE STUDIO 金毘羅というところで上映されます。
そして、時を同じくして、6月17日(土)15時から18時まで、
恵比寿町の観劇三昧さんのイベントスペースをお借りして「会話劇部」をします。
ごちゃ混ぜにしてお知らせしますんで、我慢して見てみてください。
(ついでに言うと、神奈川県海老名市でも18日に出演映画の上映会があるんです!
でもさすがにこれは繋げないので断念致します)

栗山陽輔監督作品『あなたに会えたらよかった』
私の、この結末は、決して変わることがありません――

【日程】
6月16日(金)〜18日(日)
6月16日(金)★18:00〜/20:30〜
6月17日(土)11:00〜/14:00〜/17:00〜/20:00〜
6月17日(土)    13:00←会話劇部→18:00
6月18日(日)11:00〜/13:30〜/16:00〜/★19:00〜
※各回30分前より受付、開場。上映時間45分。
★16日18時の回、18日19時の回に上映終了後、トークイベントあり。
土曜日の11時の回を見てからご飯を食べて会話劇部に来るもよし、
会話劇部がつまんないなと思ったら素早い判断でをちょっと見てから14時の上映会を見に行くもよし、
会話劇部を見てある程度で「この程度か」と切りをつけて17時の上映会に行くもよし。

最後まで会話劇部を楽しんでいただいて、ご飯でも食べてから上映会に行くもよし。

【上映会場】
FREE STYLE STUDIO 金毘羅(カフェ&ビア あるか→アるか地下一階)
観劇三昧さんとの距離はのんびり徒歩でだいたい15分くらい。

【料金】
前売・当日 1,500円
観劇三昧さんでのイベントは無料です。

お世話になったスペドラ應典院ではMayさんが17日から19日まで本番中です。
そこもなんとかハシゴ観劇に入れていただければなぁと思います。
僕もどこかでホットドッグの販売員として参加したいと思っているところ。
IMG_1382.JPG
チラシは先日、こちらも同じくスペドラです。
満月動物園さんでカレーの一部になった丹下真寿美さん(語弊ありますごめんなさい)、
接客トークで遊んだ安達さん。タイガーに出てくれた都呂路ちゃんも出てくれてます。
なんだかんだで繋がっております。

ごちゃっとしてしまったので改めて。
6月16日から18日にある上映会のお知らせの詳しくはこちら!
6月17日の13時から18時にある会話劇部のお知らせの詳しくはこちら!

どうぞよろしくお願い致します。
posted by ステージタイガー at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0607

コネがあってよかった(白井)

IMG_1810.JPG
この度はスペドラわの企画「縁劇フェス」にご来場いただきまして誠にありがとうございました。
たくさんの団体さんと一緒に楽屋でワイワイして楽しく過ごすことができました。
高校生の演劇部と同じ楽屋を使えるなんて僥倖をね、
それもこれも今回僕たちステージタイガーを呼んでくれた森山さんのおかげでしたね。
まぁ、縁フェスが終わるまでは「ご縁」なんて言葉を乱発してましたけど、
もう、これはコネです。コネがあってよかった。ありがとう森山さん。

久々な再会をするようなこともあったりして、出演している側にはいいことしかなかった。
なんだか申し訳ないくらいに。
でもまぁ、たまにはこういうお楽しみがあってもいいんじゃないかと思いました。
ともあれ、スペドラはまだまだ続いていきますんで、
できるだけ最後までなんらかの形で関わっていきたいなと思います。

タイガーからはアミさんがミクロに出るし。
こぞって関わってければいいなって思います。
僕は次は会話劇部と、以前出演した映画がいろんなところで公開されるんで、
もしよろしければ上映会など足をお運びいただければと思います。
posted by ステージタイガー at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0529

縁つなぎ コトリ会議さん見た話と、明日の笑の内閣さんと(白井)

IMG_1765.JPG
さて、僕はたくさんのインプットをしてきた週末です。
明日はアウトプット(笑の内閣さんへのゲスト出演)をしてまいりますから。
お邪魔んなんないようになんとかやってきます。
さて、どんな最近かと言いますとね、タイガーのプロフィール写真を撮ったり、
コトリ会議さんにホットドッグを売りに行ったり、ご縁をつないできたんであります。
スペドラのホットドッグには今の所全ての団体さんに売り子で参加してますんで、
無名劇団さんからの全部の作品を見させていただいています。
と言って、仲良くなれてるかというところが甚だ疑問ではありますが、今後にかけます。
みなさんが賭けて作っているものを目の当たりにした、ということが、
みなさんと僕を、ある場合においては橋渡しをしてくれることだろうと思っていますから。

先日稽古場でお会いしたコトリ会議の皆さんと写真を撮りまして。
今日のコトリ会議さんの小屋での打ち上げにもちょこっと参加させていただいて、
出演していた素敵な役者さんともお話をさせていただきまして、ホクホクと帰ってきました。
台本も買ったのに劇場に置き忘れちゃってしまったんで、また取りに行きます。
「緑のニコニコおにぎり団」という以前にコトリ会議さんに出演させてもらった時のセリフ、
今やもうこんなのパワーワードともいうんでしょうか、なんというか説明するととっても長くなっちゃうので、
申し訳ないけれども、端折らせていただくんですけど、とにかく懐かし話をさせてくれたんです。
ちょこっと打ち上げに顔だしただけの、ホットドッグの売り子に、ですよ、嬉しいことよ。
IMG_1778.JPG
僕らが出演する「縁劇フェス」で折り返しの應典院のスペースドラマ。
どんどん盛り上がってくれたら嬉しいなと思います。贔屓の劇団さんもあると思いますけれど、
贔屓って、すごい、貝が多いな、貝がお金だった頃のなごりかしら?
ま、贔屓の劇団さんがあったとしても、なんというか、ついででもいいんで、
他の劇団さんもちらっと見てみてもらえたらいいなぁなんて、他力本願なこと言っちゃいます。
と言っても、僕らも僕らで、いろんな劇団さんとご縁があって、
いろんな作家さんだったり演出家さんに揉まれての今なんで、
なにがしかの影響は受けているはずなんですよね。見て学ぶこともたくさん。
だもんで、調べだしたらきりがないほどのご縁があると、そう言いたいわけなんです。

や、もう、無理くり「縁」につなげようとしている感が、強くなったのでやめとこう。
うん、無理してみにこなっくったっていい、見たいと思ったらみてください、
ってのは暴論か。ステージタイガーも見たいと思ってください、
だなんて、思いを束縛することなんてできやしないですね。
少しづつふんわりと気になってきてくれたらいいな、無理にとは言わないから。
IMG_1773.JPG
写真はチアシード。
なんとなく、チラシに似ている感じがしているが、勘違い。関係ない。
ダイエットの延長線上に見つけたチアシードと、とっても美味しいヨーブルトを混ぜるんです。
「信州あずみ野おいしさ際だつはちみつヨーグルト」ってのがとっても美味しいんです。
最近はまっているヨーグルトです。んで、そこに水で戻したチアシードを入れて食べるってのが、
これまだ生きてる言葉なんだろうかマイブームなんです。
関係のない詮無いことで申し訳ないけれども、いつも尻切れとんぼ。
おやすみなさい、あ、読んでいただく頃にはおはようございますか、こんにちは。
でも、お知らせはまだまだつづくぞい。

**********************

ステージタイガー縁劇フェス参加作品
「ユカリ」

IMG_1371.JPG

作・演出:虎本剛
出演:アミジロウ・谷屋俊輔・小野愛寿香・虎本剛・白井宏幸・南由希恵・ザキ有馬・空海大地・鍋海光・竹林なつ帆・椿優希・小林聖也

【日時】
【6月3日(土)】
14:00〜 演劇「うんなま」
14:30〜 演劇「劇団カマセナイ」
15:00〜 体験「暗転してみよう、サスにはいってみよう」
15:30〜 休憩
16:00〜 演劇「大谷中学校・高等学校演劇部」
16:30〜 演劇「ステージタイガー」
17:15〜 観覧「セリフおぼえられるもん!」
17:30〜 休憩
18:00〜 演劇「東京ガール」
18:30〜 演劇「彗星マジック」
19:00〜 観覧「それぞれの立ち位置でスペドラに絡んでます!!を語ってみる。」白井はここにも出ます!

【6月4日(日)】
11:00〜 演劇「大谷中学校・高等学校演劇部」
11:30〜 演劇「劇団カマセナイ」
12:00〜 演劇「かまとと小町」
12:30〜 休憩
13:00〜 演劇「うんなま」
13:30〜 演劇「東京ガール」
14:00〜 体験「おんきょうヤ―ギ―」
14:30〜 休憩
15:00〜 演劇「彗星マジック」
15:30〜 演劇「ステージタイガー」
16:00〜 観覧「リレーアフタートーク」
※演劇公演:ひと作品につき綴りチケット5枚使用!

【場所】
シアトリカル應典院

【料金】
前売 2700円
当日 3000円
共通パスをお持ちの方 2000円
※チケット料金は、30枚綴りチケットの料金となります。

30枚綴りチケットとは・・会場内で1枚100円相当の金券としてご使用いただけます。
演劇公演はもちろんのこと、露店やグッズ購入にも使用できます!

【予約】
ステージタイガー専用窓口
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

**********************

今回新たに入ってきた新人も出演します。
若いのもおりますが、舞台に上がる以上、もうそれは大変にしごき回しておきますのでご安心ください。
↑ってこないだブログで書いちゃったもんだから、自分にもキッツイ筋トレを課してます。
10分間いろんな種類の腹筋をするの。
毎日、毎日。稽古のない日も僕は毎日やっとるんです。
おかげさまで、腹筋がかつての割れ具合を取り戻してきました。
シックスパックなんてのは、すでに復活済!お見せできるところは全くない衣装ですがね。

ご期待ください(新人を)。
posted by ステージタイガー at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0509

ホットドッグを売って、中之島春の文化祭2017に出演したステージタイガーは #スペドラ にでます(白井)

IMG_1512-4acbb.JPG
みなさまこんにちは、ステージタイガーの白井宏幸と申します。
先日、5月の3日と4日にABCホールにて「中之島春の文化祭2017」が行われました。
僕は、屋外のウッドデッキでホットドッグを売っていたものです。
「ステージタイガーのホットドッグを販売しております」とばかり言っていたものです。
ステージタイガーはホットドッグの販売のみならず、初日Cブロックのラストにも出演させていただき、
役者6人で、酒蔵の危機を救おうとする動画製作会社のお話を上演しました。
IMG_1535.JPG
なんだか、いつも読んでいただいている方には少し堅苦しい書き出しになりましたが、
もしかすると、前回の中之島春の文化祭で興味を持っていただいた方がいらっしゃった時に、
少しでも引っかかってくださっていたならば、軽く後説のように、知ってもらえればなと思いましての事です。
ステージタイガーは「太陽みたいな男たち」という作品をザキ有馬という演出のもと上演しましたが、
その真裏で虎本剛という演出家が近鉄アート館にて「Mother」という作品を上演していました。
正式なタイトルはも少し長いんですが、失礼ながら端折ります。
あちらの方は別団体さんに作品提供している形になるんですが、盛況に終わったと聞いています。

つまりですよ、劇団内に2人の作演出を抱えている劇団なんです。
役者もこのたび増えまして合計13人の役者を抱えている劇団なんです。
映画に出たり、某テーマパークでお客様のために演じたり、ダンスをしたり、
作演出をしたり、一人芝居をしたり、多方面に活躍する役者がいるわけなんです。
かくいう僕なんて、昨年は「Filmapalooza2016」という海外の映画祭で「最優秀俳優賞」をいただき、
その作品はあのカンヌ国際映画祭で上映されたんです。

好感度を下げるような物言いをしてしまいますが、なかなか面白いメンツが集まっているんです。
実力派揃いと書くには、どうも僕は謙虚だったようです。
しかし、初めてタイガーを知っていただいた方に、どんな劇団か?っていうのを説明するには、
ある程度のタイトルは必要かなということで。はい。タイトルホルダー、います!ってことです。

役者でゆーたら谷屋俊輔、小野愛寿香ってのがおりますねん。
関西で一人芝居のメッカと言われる「INDEPENDENT」に出演してましてね(かくいう僕も出てたりしました)、
映像でゆーたら梅田脩平ゆーのがいてまして、彼はどんどん出演の幅広げてますね。
「え?その映画出てたの?」って、綾瀬はるかさんとか松雪泰子さんとか。えぇ。
堤真一さんとご一緒した小野愛寿香もおりますが。

有名な方の名前を借りてせこいこと言ってますが、初めて見ていただいた方にお伝えしたいこととしては、
「少しお時間ありましたら、追いかけてみて損はない劇団でヤンスよ、へへ」
ってことでヤンス。

そんなステージタイガーはだいたいいつも総力戦。
ほとんどすべての劇団員が参加する演劇作品を上演する予定が決まっています。
つまり、もう一度皆さんがステージタイガーの作品を見るチャンスがあるわけなんです。
そういうわけで、以下詳細です。

**********************

ステージタイガー縁劇フェス参加作品
「ユカリ」

IMG_1371.JPG

作・演出:虎本剛
出演:アミジロウ・谷屋俊輔・小野愛寿香・虎本剛・白井宏幸・南由希恵・ザキ有馬・空海大地・鍋海光・竹林なつ帆・椿優希・小林聖也

■日時
【6月3日(土)】
14:00〜 演劇「うんなま」
14:30〜 演劇「劇団カマセナイ」
15:00〜 体験「暗転してみよう、サスにはいってみよう」
15:30〜 休憩
16:00〜 演劇「大谷中学校・高等学校演劇部」
16:30〜 演劇「ステージタイガー」
17:15〜 観覧「セリフおぼえられるもん!」
17:30〜 休憩
18:00〜 演劇「東京ガール」
18:30〜 演劇「彗星マジック」
19:00〜 観覧「それぞれの立ち位置でスペドラに絡んでます!!を語ってみる。」

【6月4日(日)】
11:00〜 演劇「大谷中学校・高等学校演劇部」
11:30〜 演劇「劇団カマセナイ」
12:00〜 演劇「かまとと小町」
12:30〜 休憩
13:00〜 演劇「うんなま」
13:30〜 演劇「東京ガール」
14:00〜 体験「おんきょうヤ―ギ―」
14:30〜 休憩
15:00〜 演劇「彗星マジック」
15:30〜 演劇「ステージタイガー」
16:00〜 観覧「リレーアフタートーク」

※演劇公演:ひと作品につき綴りチケット5枚使用!
※イベント(体験、観覧):参加無料!

■場所
シアトリカル應典院

■チケット
前売 2700円
当日 3000円
共通パスをお持ちの方 2000円
※チケット料金は、30枚綴りチケットの料金となります。

30枚綴りチケットとは・・会場内で1枚100円相当の金券としてご使用いただけます。
演劇公演はもちろんのこと、露店にも使用できます!
〈主な露店〉
・baghdad caféによる「ばぐのカフェ」
・「名物!ホットドッグ」
・「劇団グッズ」

※演劇公演は、ひと作品につき綴りチケット5枚を使用
 30枚綴りチケットにて最大で6作品、ご観劇いただけます!
 なお、イベントへの参加は無料です!
 当日、会場にて綴りチケットの追加販売も行います!

■予約
ステージタイガー専用窓口
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

**********************

ちょっとでも興味を持っていただけたら、これ幸い。
というところです。
今回新たに入ってきた新人も出演します。
若いのもおりますが、舞台に上がる以上、もうそれは大変にしごき回しておきますのでご安心ください。
足腰の弱い役者は舞台に上がりません。責任持って鍛え上げてから舞台に上げさせていただきます。
これまでステージタイガーを見てきてくださった皆様にもご納得いただけるような、
これからステージタイガーを見てくださる方がいればご満足いただけるような、
そんな稽古がこれから始まろうとしているわけです。
上記イベントではホットドックも売ります。

ご期待ください。
posted by ステージタイガー at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0503

ゴールデンウィーク そうまとめ(白井)

IMG_1394.JPG
みなさん、おはこんばんちわ。白井です。
先日などは、400mlの献血解禁日がやってきたので勇み足で献血に行ってまいりました。
そしたら、採決の際に、なんだか、いつもと違う痛みがあるなぁと思っていたら、
どうも、あまり刺しどころがよろしくなかったようで、右手に小さなアザが残ってしまいました。
愛想よく、よく笑う看護師のお姉さんでした。
なんだか変な感じはしていたんですけど、我慢強い方なので黙っていたら案の定、という具合で。
特に体調が悪くなることもなければ、健康そのものなんで、いいんですが。
とてもよく笑うお姉さんだったので。

もし、みなさん、ご都合がよろしければ「イップ・マン 継承」という映画を見てみてください。

ここ数日は、しきりにダイエットを実行しています。
これまではなんとなく頑張っていれば、なんとなく痩せていくだろうという目論見で、
なんとなく走ったり泳ぎに行ったりをしていたんですが、なかなか成果が上がらなかったので、
「何となく」をやめてみました。
すぐには成果は現れてくれなかったんですが、4月の頭から定期的に走るようにして、
食生活を改め直しましたら、だいたい4月の中旬くらいから、体重が下降トレンドを描き始めました。
実際に成功したなと実感しましたらね、試したことを書いていこうかと思います。
今のところは缶ビールだとか、缶コーヒーが格段に減りましたね。
まだ、少し、塩っ気が足りなくなると恋しくなることはありますが、そういう時には、食べちゃいます。
我慢のしすぎはよくないなって思ってもいるので。
ただ、盲滅法に食べてしまうことは無くなりました。目標は60kgですが、これはとんでもないと思っています。

ただ、身体はひと月前と比較するとだいぶんと絞れてきています。

さて、ゴールデンウィークに突入しております。
明日は中之島のABCホールにて18時からステージタイガーの作品が上演されます
タイガーの出るCブロックはまだチケットが余っているそうです、どういうことなんだ。もう!
僕は出演はいたしませんが、ホットドッグを販売しますので、ABCホールにいらしってください。
ここで群雄割拠しているのが、ダンスをするアミジロウ音楽劇の作演をする虎本剛
新人二人も!目力妖怪竹林なつ帆トランスする椿優希
ざっくりすぎて申し訳ないですが、結構タイガーのメンバーがいろんなところに出ていますんで、
もし、少しでも気になったら足を運んでくれたら嬉しいです。
で、足を運ばずに聞けることなんですが、僕白井はラジオの生放送にでます。
お日にちは5月4日09:00〜11:00 ラヂオきしわだ(79.7MHz)の朝番組に生出演します。
ニュースを読んだリフリートークをしたり、あわよくば縁フェスの宣伝をしたりすると思います。
こちらも、もしタイミングが合えば聞いてみてください。

そして、ついさっき入ってきた情報なんですが「海老名 ジ・インディーズ映画祭」に
昨年出演した「ユニバーサル・グラビテーション」が入選したということです。
また詳しくはお伝えしますが、6月18日に神奈川県海老名市で上映されるとのこと。
6月18日といえば、「あなたに会えたらよかった」の上映会もあります。
なんか嬉しいですねぇ、出演した映画が同じ日に2つも上映されるなんてのは。
ありがたいことです。たくさんの人に見てもらえるように宣伝、がんばりまーす!


ユニバーサル・グラビテーション


あなたに会えたらよかった

いろいろ書きましたけれども、明日は中之島春の文化祭2017 JR福島駅から10分かからないABCホールにいらしてください。
ステージタイガーの出番は18時からのCブロックです。
よろしくお願いいたします!
posted by ステージタイガー at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0418

散ってしまいましたかな(白井)

IMG_1252.JPG
大阪に住みだして20年近くなり、初めて造幣局の桜の通り抜けに行ってまいりました。
2回も!
まぁ、初日はあんまり開いていなかったので出直した形になったんですけれどもね。
綺麗なものを見ている割にはくだらないものに目がいってしまうのが残念でしてね。
なんだかやっぱり、自撮りしてSNSっていう流れが出来上がってしまっているんでしょう。
それはそれで、仕方ないんだけれども。そのなかでね、
桜の枝とか、たわわな花びらを手に持って写真を撮っている方がちらほらと。
折れたり取れたりしなければいいじゃないっていう話になっちゃうんだろうけれども、
どうにかそこはこらえていただきたいと、部外者ながらに思ってしまうんです。
ま、お好きにヤンなさい。報いを受けなさい。
綺麗なものには触りにくいモンでしょうが。と思うんだけれどもね。

ま、さておいて。今日のごきげんとしては、走りに行こうと思った矢先に雨が降り出してしまって
なかなか、体が絞れなくて残念でした。料理が美味しいので痩せらんないなあというのが目下の悩み。
今日は今日とてローストビーフを自作しましてね、んまいんまいと食べてしまいました。
ちょっとね、昔と違って体を整えるのが難しくなってきたので、最近は色々と調べながら
体を整えているところです。なにが、なんで、良いのか悪いのか。
確かな理由を調べながら、自分のことなのでね、気持ちだけではやっていけないな、と。
ま、気持ちも一番大事なことの一つではあるんですけれどね。
筋トレのときなんかはある程度気持ちが大事(そうじゃないっていう意見もありますが)。
IMG_1295.JPG
今の所、次の露出の予定を言わせていただきますと、
5月のウィークには、ホットドッグでも売っているのかな、
その頃、時を同じくして、ラジオの生放送にもちょこっと出してもらいます。
6月には應典院にてスペドラ○(すぺどら わ)のなかでタイガーで短編をします。
その翌週くらいかな、昨年関わらせていただいた映画の上映会が行われます。
その上映会のど真ん中の日程で「会話劇部」というのを小野さんとやります。
なんだか、たくさんやることあるなぁ。また、ひとつひとつ、拙ブログでも上げていきます。

桜も散っていってしまっていますけれどもね、僕割と神社好きで歩いて回ってるんですけど
新緑もなかなか綺麗なもんですよ。

で、ちょこっとこのゴールデンウィークを見てみますとね、
ステージタイガーの面々、めちゃくちゃ出回ってます。

3日(水)中之島春の文化祭に参加
4日(木)白井はラヂオきしわだに生放送出演
     竹林なつ帆 劇団明朗会計さんに客演(6日まで)
5日(金)アミジロウ バー弓子にてダンス
     虎本剛 作演出「Mother〜母が残してくれたもの〜」(7日まで)
     椿優希 劇団風斜さんに客演(7日まで 変則で翌週13日14日も上演あり)

なんだか、一週間だけカレンダーを作りたいくらいですよ。
見に行けるもんなら全制覇したいところ。
よければチャレンジしてみてくださいな。
posted by ステージタイガー at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0403

弄ぶえりーの晩餐会(白井)

IMG_1141.JPG
客席20人というこぢんまりとした公演が中崎町で、熱く、静かに終わりました。
irorimura プチホールでの公演は白井宏幸の大島優子と宇宙戦争っていうお話で初めて使わせていただきました。
タイトルは正確には
「宇宙戦争が始まったけど、白井宏幸に守れるもんなんて大島優子の写真集くらいしかなかった」です。
どっちでもいいか。
いや、本当はタイトルというのはとっても大事でどっちでもいいなんてことはありませんで。
僕は「尻を弄ぶ男ふたり」という二人芝居を小永井コーキ君としました。
「命を弄ぶ男ふたり」と間違えて来場された方がいらっしゃったらそれは申し訳のないことでございます。
しかしながら、僕たちにとっては真剣な問題を、やりとりしていたわけなんです。
真剣な人間というものは時として面白い、そういうわけでございますから。
ふざけるところを見つけることができなかったもので、なんとも、真剣勝負をしていたつもりです。
もっとできることはあった気もしますもので、また今度は本家の方を小永井君とやってもいいかなと思います。

しかしながら、僕にとってはなかなか難しい台本であったと思うんです。
お話自体は面白くてわかりやすかったんですが、
どうにも、さだめどころのない「白井宏幸」という人間を演じるのが難しかったんであります。
筋の通らないまま、もっともらしいことを言ったり、表面を取り繕うようなことしかしない、
まるで僕のような人間「白井宏幸」を演じるというのは一体どういうことなんだろうか
それが客観的にどう見えたんだろうかという、そういう疑問が浮かんでは消えて行きまして、
本番は、もう、勝手気ままによく噛みながら喋ってしまいました。本当に堕落な役者ですよ。
見に来てくださったお客様にはご意見を頂戴したいと思うばかりであります。
ただ、今回この作品を見ていただいた方には、本家を見たときにおかしな二人組頭の中をが横切るという、
軽い呪いのようなものを与えてしまったんではなかろうかと自負をしているとこ度があります。
どうだかね。どうなんでしょうね。
そもそもが拙い役者を、こうも、同姓同名で出演させていただけるえりーの器の大きさには、
あれまぁと感服する次第です。器が割れているのかもしれませんけれども。
IMG_1142.JPG
ともあれ、申し訳のないことだなあと思ったことには、
時を同じくして、ステージタイガーに3人の新人が入ってくれたんですよ。
そして、時を同じくして、僕の携帯が通信制限に入ってしまったんです。
携帯電話を常に触ってしまう現代人としてはその情報をたくさんの方に知らせて行きたかったんですが、
どうにもままならず、体調不良時の栄養と携帯電話の通信規制は似ているなぁと思ってしまいました。
申し訳ないなぁと思ったことの二つ目には、
新劇団員として加入してくれた3人や、前回のダイバー・シティに出てくれた方が見に来てくれたんですが、
僕が、衣装の下を履いていなかったということなんです。
ご覧いただければわかります通り、上半身にはスーツを着ているのですが、
下半身はトランクスのみということで、下に履くものを着用しないまま演劇作品に取り組んだということなんです。
なぜと聞かれても答えようのないことなのですが、前回の松原公演で激しく吹かせた先輩風が、
鋭いかまいたちのように帰ってくる思いでおりました。
だけれど、僕は後悔はしていませんよ。
僕の大好きな先輩役者さんが入っていたお芝居のセリフにこういうものがあります
「衣装が芝居するわけやないねんから」
そうです。トランクス1枚だけの人間にも、少しくらいはいいところがある。

ともあれ、なんとか無事に公演を終えることができました。
ご来場いただいた皆様、気にかけていただいた皆様、スタッフの皆様、
共演者の皆様、irorimuraのみなさま、思いつかないけれどみなさま。
いろんな方の優しい気持ちに助けていただきまして舞台に立たせていただいております。
今後もがんばりますんで(そろそろ身体も引き締め直さないといけませんな)、
ステージタイガーともども、よろしくお願いいたします。

白井宏幸役 白井宏幸
posted by ステージタイガー at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0325

最近は食パンがめっちゃ美味しいと感じていまして(白井)

IMG_1026.JPG
ご飯にいかなごという組み合わせを、当の本人がまだやっていないという体たらくなんでございます。
そんたくそんたく!
いかなごあげるたんだからお芝居見に来てね、そんたくそんたく!
ちゃうやん、芝居ちゃんといいもん作れやって言われるやん。政治ちゃんとせいやって話で。
早くいっぱしの私人になりたい白井ですが、実家から先日いかなごの佃煮が送られてきました。
あ、書いてしまったんで、訂正します、嘘です。
実家にいかなごの佃煮を取りに行ってきました。嘘つきましたすみません。
実家は明石で、何にもないところなんで、あんまり帰ることはないんですが、
まぁ、時にはこうやって帰ることがあります。

方々で言ってるんですけれども、僕は今年から始めた趣味が「神社巡り」でしてね。
これは30'sに半ば強引に渡された1000枚に及ぶ5円玉を使い切らなきゃならないというドラマがありまして。
まぁ、その辺のことはまぁ、どうでもいいんですけれども、とにかく、神社巡りを趣味としました。
御朱印帳はまだ、10社分くらいで、昨今の就活生と比べるとのんびりとしたもんです。
実家の最寄りの神社に行こうと思いましたらね、鳥羽八幡神社、ほっとんど駐車場になってて。
こないだ行った福島の天満宮も、なんだかガラの悪そうな見た目の(あくまでも個人の感想です)
サングラスをした人が乗った黒い車が鳥居の下をくぐっていて、なんだかがっかりとしたもんです。
神社巡りだって、形から入ったただの趣味みたいなもんで大きなことは言えませんけれどもね、
なんとなくいいものと、なんとなくよろしくないもの、っていう違いはわかる気はいたしまして。
ちょっとがっかりもしたけれど、そうそう世の中ってのは変えられないと思うんで。
自分が触れる身の回りから、良きようになっていけばいいんだろうなって思います。
IMG_1023.JPG
楽したりするよりは、手間を惜しまない。
ということが、充実につながっていくのかしらん?それとも、非効率なのかしらん?など。
いろいろと考えてばっかりで一進一退の日々です僕は最近。
毎日食パンにチーズと目玉焼きを乗っけて食べる毎日。
朝からしっかりと食べて体調を整えておかないといけませんもんね。

さて、もうあっという間に来週末に迫ってきましたエリーの晩餐会。
短編集の中の2つに出演させていただきます。
一つはちょこっとだけ。も一つは、2人芝居。
小永井コーキくんと。
タイトルは「尻を弄ぶ男ふたり」
この作品を通して、僕たちが、どんな事を世界に伝えたいかという事を語る。
また今度ね、いつか、多分。
一応真剣に取り組んでします、自分なりの答えを見つけ出さなきゃならんですから。
もし、お時間ありましたらね、見に来てくださいね。
IMG_0187.JPG
エリーの晩餐会 episode.10 「エリーの晩餐祭」

【日時】
4月1日(土)15:00〜/19:00
4月2日(日)13:00〜/17:00

【会場】
IRORIMURA・プチホール
※地下鉄谷町線中崎町駅から徒歩約2分

【料金】
前売 2,000円
当日 2,500円

【ご予約】
チケット予約はこちらから!

よろしくお願いいたします。
posted by ステージタイガー at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0313

ダイバー・シティ みなさま、みなさま。ありがとう(白井)

IMG_1005.JPG
もうみんながみんな集合写真使うもんだから、もう、同じ写真が使えなくなっちゃって。
しょうがないので、ゲネプロの写真を使います。
ゲネプロっていうのは「お客さんが入らない本番」みたいなやつで、もう、本番のつもりでやるやつです。
最近では公開ゲネプロなんて、SNSのおかげでお客様と出演者の距離が縮まって、
そういったものもあるので、「ゲネプロ」っていう言葉も知れ渡っていたりもするみたいですね。
ま、そんな感じで、ゲネプロの写真をいくつかアップしていきますね。
見てくださった方も、なんか思い出してくれたら嬉しいし、見にこれなかった方も、
まぁ、今回はこれで我慢してもらって、ある程度は悔しいかもしれませんけれども、
次のチャンスに楽しみを蓄積していただければいいなと思ってみたりもします。

なんかいい感じの写真がこちらですね。
ネコムラサキちゃんが真ん中で走っています。そのまわりに全員集合。
客席の広さを見ると、なかなか大きな舞台である事がわかりますかね。
稽古の最初の頃はなんだかうまいこといかなくってよく凹んでいたネコムラも、
稽古を経て動けるようになってきて、エェ感じになってきたんじゃないでしょうか。
IMG_1009-35985.JPG
次が僕の愛する北場高校陸上部。偏差値は30前半。
僕が高校陸上部の顧問役で、同じシーンに出る事はあったんだけれど、
僕は個人的にわいわい騒いでいるだけの役だったのでね、しっかりと打ち合わせる事も少なかったんだけど。
あんまりなんていうか心配はしていなかったですね。若くて元気なので。
「やってみて」っていったら「やってみます」って返ってくる感じの。若いから。
後半の盛り上がりのあるところで走るシーンがあって、陸上部の対抗駅伝のシーン。
いわゆる、盛り上がりのキモを彼ら含む若い男子に託したわけだけれども、
しっかりと勤め上げてくれたんじゃないかと思います。
反面、僕も走りたかったなぁとか、もう走る役は回ってこないのかなぁとか、そんな事を考えもして。
たくさん詰め込んだなぁと、振り返りますね。

ワークショップから参加してきた人たちだから、経験も出自も違う。
いろんなところからやってきて、いろんな事を考えている人たち。
その人たちで、ステージタイガーの公演を打つ。
ワークショップ公演ではなく、ステージタイガーの公演を打つ。
大きな声も出せないような状況からスタートの人もいたなぁ。
立ち位置が全くわかってなくって、広い舞台だぜって言ってるの狭い舞台の使い方をする人もいたなぁ。
なんか、最初はどうなる事やらと思っていた事は隠しようもない事実でした。
IMG_1011.JPG
舞台では「嘘はついちゃいけない」と言いながら、「靴の匂いを嗅がされて死ぬ」
ファンタジーだったりもする。何が言いたいかそろそろわからなくなってくるんですが、
僕たちが普通だと思ってやっている事っていうのは、初めて参加する人にとっては非常識で。
でも、僕らはこれを正しいものだ、いい作品を作るための大切なものだと思っていて、
そういうものを、「共通言語」がない状態から伝えていかなきゃならない。っていう戦いでした。
戦いって言いながらも、申し訳ないんだけれど、僕個人は毎回稽古は楽しかったな。
本当に、これっぽっちもしんどいところはなくって、なにするにしても楽しかった。

今回は衣装のチーフもすることになって、29人分の衣装の貸し借り管理とか、
プランとか、何だとか。慣れない事をやっていたんだけれども、
打てば響くモチベーションの塊のような人間が20人もいてくれていると、心強いというか、
頑張ってやろうと思えたわけです。
「ムカデみたいな腹筋にせぇ!」とか「彼女を作った者は、死!」とか。
およそこの世に存在しないようなリリックすら実現させなければならないんです。
もう、やるっきゃない。
IMG_1008.JPG
河村楓ちゃん。やるっきゃないを体現してくれていた役者のうちの一人。
や、みんな、やってくれてたんだよ。でも、僕はこの子のシーンが大好きで。
こんだけやってくれてんだから、僕らがこの熱をリレーしていかなきゃ嘘だろうって。
座組みを引っ張っていくのは、もちろん劇団員の役目だと思っています。
例えば、タイガーらしい演技で、だとか。
それを導いていく具体的な、論理的な言葉であったり。
それと、カロリー、熱量ですね。失敗してもフルスウィング。
そういう取り組み方がもう、半端なく好きでした、最年少。

なんかこうやって書いていくと、全員分描かなきゃなんないのかと思ってしまうんだけど、
書きませんよ。や、つるりさんには非常にお世話になったんですよ。チームリーダー任せちゃって。
天丸くんとのシーンは楽しかったし。まりなちゃんもわけわかんなかったり。
あぁ、もう書きません。みんなみんあ、本当に、ウチきてくれてありがとう。
僕も頑張りましたよ、頑張った分だけご褒美をもうすでにもらってるんで、お礼は無用。
IMG_1010.JPG
さて、ここまで書いてきてひっくり返しますけれども。
身内だけで盛り上がってしまってお客さんの事をほっぽり出していてはいけません。
実際のところはどうだったんだろうって話ですよ。
まだまだ、僕含め、他の劇団員若手含め、演技の面でも、努力はしたが到達できたかというと、ね。
まだまだ怪しいですよ。人間なんだもの、常時ピークを出せるわけじゃない。
でも、もっともっとできる事もあるし、頑張った自慢しても仕方ない。
でも、僕は、内側の熱量を高めることが今回の公演の成功への近道だったと考えています。
そのうえで、「さて、これからどうする?」っていう問いかけをしてみようと思います。
うまいこといかなかったり、失敗するのは仕方ないじゃないか。
若いんだし(僕も若いと思いたい!)、人間なんだもの(アカデミー賞だって!)。

そしたら、ここに一旦入ってきた彼らと、彼らを迎え入れて作品を作った僕らが、
次に、とか、今後、どうなるかっていうところを目指したいと思うんです。
演劇を続けなくっても、普通の生活の中でも、大事な事を共有してきた半年弱だったと思うんです。
自分のことじゃなくって相手に集中しましょう、とか。
信じて、楽しんで、つながりましょう、とか。
僕個人もたくさん学ぶものがあったと思うので、参加してきた皆さんも同じくらいにはあったと思う。
学ぼうとしさえすれば、どこでも学ぶことができる。ってマスターキートンのお父様ユーリ教授(と後に訂正)も言ってます。

何が言いたいかわかんなってきたんで。
まとめ。お手間ですが、今回の29人の参加者の事をちょこっと頭の中に留め置いてくだすって、
どこかで名前を見かけたら、その時には、気にかけてみてください。
多分、いいことしてると思うんで。

ご来場いただき30人目の出演者になってくださったみなさま、ありがとうございます。
1回こっきりの公演じゃ時間合わないよ、って思いながらも気にかけてくださった皆様、ありがとうございます。
共演者の皆様、スタッフの皆様、みなさまみなさま。
本当にありがとうございました。たのしく過ごしました。

では、またどこかで。
posted by ステージタイガー at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0302

2月24日(白井)

IMG_0209.JPG
タイトルと本日はまったく違うんですけれどもね。
待ちに待った日からだいたい1週間ほど過ぎました。
「ラ・ラ・ランド」の上映開始と村上春樹氏の新作発売日。
映画の方は見に行ってきましてね、感想も拙ブログに書いておりますが。
小説の方は少しづつ読み進めているところであります。
関係ないけどこないだ母に会いまして。生まれて初めて梅田の宝くじ売り場に行きました。
そしたら次の写真にもあるんですけども、黄色い封筒とそれに押すハンコがあって、
ご利益を、得られるようなんですね。そういうの初めて知りまして。
なんとなく遠巻きに見ていたけれども、足を運んでみて初めてわかることってあるもんですね、
っていうそりゃそうだし特に反対意見も出てきにくいことを書いてお茶を濁しますが。

こちらはこちらで本番を間近に控えております。
これまたあと一週間後くらいの1日こっきり。
なんかそれ以外に言うことないんかと思うんですが。
まぁ、本番前で済んでご勘弁下さいまし。
松原市は、イメージ的に遠いんじゃないかと言われることがあるんですが、
天王寺から電車で10分ほど、着いた駅から徒歩で15分ほど。
実際に以前歩いてみたら13分くらいだったはずなので。
過去の記事に松原の駅から劇場までの行き方を書いたものがあったので、リンクを。
ただ、記載公演情報は昔のものになるのでご注意ください。
乗車運賃もかわっていないかなぁと、少し心配ではありますが。
また、ちよっと調べてアップしてみようと思います。
IMG_0331.JPG
劇場サイズが大きいので、もう少し、見えてこないところがあるんですが、
次回の稽古では本番で使える劇場で稽古が出来るので、また稽古場ブログをお楽しみにお待ちください。
このところは、ようやっと暖かくなってきたのでランニングもしやすくなってきて
体力も戻してこれそうなので、本番では、丁寧に暴れまわろうと思います。
身体絞らねばと言いながらも、脳内には欲求が渦巻いていて、今はとんでもなく串カツが食べたい!
最近は割と食事も優しいものを作るように心がけておりますもんで、
心が弱った時の反動が半端ないことになってしまって
ポテトチップスとコーラなんてもんを買ってしまうこともあるんだけれども、
一人で一袋はもう食べられなくなってきています、よいことなのかどうなのか。

松原には「さいぼし」なる馬肉の燻製といううまいもんがあるので、
それを楽しみに見に来ていただいてもいいかもしれない。
土曜日の昼間にお芝居を見て、その夕方から燻製を食べながらお酒を飲んだり。
お酒も、別に飲まなくたって構いませんがね、赤身の肉にはカルニチンが含まれてますんで
脂肪燃焼に役に立ちます。では、また今度。
IMG_0105.JPG
ステージタイガー「ダイバー・シティ」
3月11日(土) 14時開演
松原市文化会館にて 無料公演
ご予約はこちらから!
posted by ステージタイガー at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0211

今年の趣味と、勝手に上から目線(白井)

IMG_0207.JPG
今年の目標は、新しい友達を増やす、という事と今の友達を大事にする。
ということに、してみました。あとは趣味を増やしました。さて!
写真を見ていただければお分かりの通り、「神社巡り」ですね。
なんか、時を同じくして、少し、御朱印集めが流行ったようなんですが、
しっかりとお参りしてからの御朱印をいただきに参ってますんで大丈夫かなと思っています。
あと、それにつれて、お金を洗う癖がつきました。
小銭をね、洗うんですよ。で、今の所は手洗い用の「キレイキレイ」が手垢を落とす、油を落とす、
っていうことで割と効果的であることがわかりましたね。
でもね、なんか、現れてキレイなお金があると、少しだけだけど心が、アレしますね。

まだ、4社しか回れてないですが(就職活動みたい)御由緒を見ているとそれぞれ興味深いことがあります。
あと、面白いところで、梅田のビルの中庭にお社があったりして、
ま、にわかですけれども、楽しみを少し見つけられる感じがしています。
だいたい一人でふらりとしているだけなんですけどね。
IMG_0130.JPG
さて、「ダイバー・シティ」のこと。まだまだ、凸凹な感じのキャストたちですね。
もう、自分のこと棚に上げて言いますけどね、
単純に声が小さい、緊張してる、相手の動きを見ない、台本を読み込めていない、
そんなのザラです。
まぁ、でも、うまくいきそうな気がしています。
なんたって、エネルギー込めて引っ張ってっているから。
引っ張られる方も、そのままの勢いを自分に乗せて走り出してるから。
いい感じなんですよ。スタープレーヤーはいないですけどね。魅力的な人間がたくさん。
そして、ここからが、勝手に管を巻く単なる先輩の談。

まずみんな、おっきな声を出すのだ。
別に叫ばなくったっていいから大きい声を出すのだ。セリフはね、だいたいにおいて。
言いたい気持ちが出来上がって出てきたり、周りの環境に左右されて飛び出すように出てくるものだから。
だいたいのセリフは大きめの声で言って正解だ。残りのだいたいは間違いだけれど。
残りのだいたいはひそひそと話す場合と、本心を隠している場合だけだ。
次の舞台は大きな舞台だから、声が届かなくっちゃお話も気持ちも伝わらない。
しっかりとセリフを覚えて、大きな声で言えばいい。だいたいいける。 はい、次。

気持ちがうまくまとめらんない場合。
まずはお家で考えてきなさい。自分に置き換えてもいい。
僕は若い頃に「我が子を影(という通称の魔物みたいなやつ)に喰われて
『影追い(だったかな)』という、妖怪ハンター的な役」をもらったことがあった。
結婚してないし、子供いないし、拳銃に呪文が込められてて、闇を撃つ的な。
その頃には全然わかんなくって泣いたよ。マジで(その舞台自体は僕好きです、共演者ももちろん)。
で。いろんな役が与えられてるけど、ヒントは全部台本に書いてある。
全部文節に区切ればだいたいわかる。
やりたいことがあるのに、うまくやれない場合は、目をつむって一回深呼吸してから始めればいい。
いま、どういう気持ちで、どこにいるのか、それを深呼吸してる間にひと巡りすればよろしい。

怒っている人がいるとする(たとえば僕の役)。
人に対して怒ることって誰しも得意じゃないと思うんです(もちろん僕も)。
そしたらなんで怒るか、ってことを考えればいい。たとえば、怖いから、焦ってるから。
負けるのが怖くて怒っている、怒りの感情っていうのは焦りや恐怖に引っ張られる場合があるから。
失敗するのが怖くって焦って怒って八つ当たりしてしまう、とかね。
理由がたくさんある。台本に書いてある。「そこがどこか」っていうト書きにもヒントがある。
舞台がさ、お店の前だったりするとさ、なんとなく、動けるテリトリーってのは
入り口付近だったりするわけさ。あんまり玄関から遠く離れられないと思うの、休憩中の従業員は。
ま、舞台の嘘はあるけれど、嘘はついちゃダメ。
IMG_0185.JPG
嘘をつく場合の話になると論が逸れてしまうんだけれど。
嘘は一つだけついてよくって、それを嘘だと思わせないように、きちんと周りをその一つの嘘に合わせる。
ってことが大事。周りが信じると信じないとにかかわらずだけど。
嘘をついたらつき通す。他の嘘でごまかさない。と、僕は思っているわけです。
これは、面白い映画の見分け方なんですけどね。
僕にとって「シン・ゴジラ」がいけて「君の名は。」がいけなかった理由になるかな。

ほら逸れた。
で、ここからは(ここまでもだけど)僕の個人的な論拠で。
そしたら、僕らは何をするべきか。
存在しない「街」を一つの大きな嘘とみたてて、その周りを固めるんです。
その「嘘」を真実たらしめるために。街ごとに仲が悪い、ってどういうことか。
大人は昔からそう言われて刷り込まれて信じてるけれど、子供はそんなことどうでもいい。
ただの、田舎な感じ、都会とかの方が羨ましい。って思ってるだけでいい。
みんなが「あのこ嫌い」っていってるからなぜだか「あの子」が嫌いになっちゃう自分の弱さ。
その自分の弱さが嫌いでいい。嫌いなものには立ち向かえばいいんだと思うし、
その姿が見ている人の心を震わせる。と、思うんです。
だから、いろんなことに「どうでもいい」って思わないこと。
負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと。
もう世代的に通じないネタが増えてきて、少し、引け目も感じるんですけど、それらが一番大事。
たくさんゆーといて、それが一番大事、って、どれのこと指して一番って言うてたんだろう?

ま、なんでか共演者さんの、どっちかっていうとお若い人に向けてながながと言いましたけれども。
IMG_0106.JPG
ステージタイガー「ダイバー・シティ」
3月11日(土) 14時開演
松原市文化会館にて 無料公演
ご予約はこちらから!

よろしくお願いしまーす!
posted by ステージタイガー at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0124

もう次(白井)

IMG_0279.JPG
次回作品の台本をちらり読みながら、ブログをしたためております。
みなさまからいただいた差し入れの数々、きちんとタンパク質として取り入れたり、
ミネラル成分として身体を駆動させるエネルギーとして取り込んでまいります。ありがとうございます。
ご来場もありがとうございます。いけないけどがんばって、っていう声援もありがとうございます。
おかげさまで、なんとか千秋楽を終えることができました。
まず自分の話をしますとね、
という書き出しをしていると、まずは自分の話、そして次に自分以外の何かの話m
そして次にはまた別の話、などと続くのが常なんでしょうが、
僕のこれまでの例を見ると、自分の話だけで終わってしまいそうな気がしますよ。
言いたいことがどんどんと派生していくような、どうも辻褄の合わない考えをしてしまう傾向があるので
そこのところはご勘弁を。こういう脱線をしているもんだから「自分の話」すら始まっていません。

始めます。

おきゃくさまがいないとなんにもできない。

ということだなぁ。と。
とっとと自立したいところなんですけどもね、今回やくどころとしては
重要な真面目なポジションなんですけどね、笑いを取るようなシーンがいくつかあって。
でも、ぼくまだ、状況で笑いを誘うような演技ができないんですよ。
人間としてはポンコツですからね。台本の不自然を自然に身体に落とし込むことができない。
や、これは別に台本がどうこう言っているわけではなくてですね、
壮絶なネタ振りがあった上で、花占いをしていたクローバーが三つ葉じゃなくって四つ葉だった事、
については、きちんとネタを振ってくれているから、そりゃ、まぁ、
小さいお子さんが本番中に「あれ、四つ葉なんやわぁ」ってツッコミを入れちゃうくらいには
状況を伝える事はできたと思うんですよ。うん。
本番中にオチを言われるという、今になって思えばとんでもない事だったんだなぁ。
IMG_0281.JPG
それ以前に、恋敵に女性を取られてしまうんではないだろうかという、
そういう緊急事態において、深夜に花占いをする心情というのはもう、そりゃ理解の範疇外です。
なんで、僕、というか田代航平は、深夜に、花占いを?
でも、時代考証的には「花びら占い」ってのが当時流行っていたのかしらん?
皆さんもやってみてください。
それにしてもさ、がんばって花火を作った方がいいのは明白、でも花占いをしてしまう。
器の小さい人間なんですよね、田代航平。

流行が大好き。なので、来ているシャツもミッキーカー・ティス。まうす。
写真は本番のものではないの同系色の、でもコカ・コーラ。
僕は自分自身に役柄を、流行に乗って根無し草。そういうふうに捉えていました。
全然大人になり消えれない男の子ですね。ま、世の男性のだいたいはそれに属すようですが。
最初のシーンの航平と、次以降の航平の喋り方は全然違う(と思っています)。
年齢の違いというよりは、精神的な未成熟な人間の肚の座っていなさ、
環境によって、少しくらいは成長を促された単なる「坊ちゃん」ではない田代航平。
そういう違いが出ていればいいなと思っていました、が。
IMG_0280.JPG
自分の役作りの経緯をわざわざ、しかも、言葉足らずに書いてしまうのはなんだか侘しさもありますね。
ま、でも、映画では評論批評、裏話。なんていうか、見た後に楽しめる要素があると思います。
演劇にもそれがあってもいいと思う。ライブ感という第一の楽しさがある上で、
見た人が、後から共有して楽しめるものがあってもいいんじゃないかな、
答える義理はないと思いますが「どう考えて取り組んでたの?」に回答できなきゃ仕方ない。
ある程度は裏付けをしていかないといけないんですよね、
でも、僕が一番腐心したのは、恋愛に対して、とか、何か勝負事に対して、
それほど、ライバルに敵意をむき出しにする事がないんです。
「タケルぅ!」っていう表出をする感情が、実の僕の中にはあんまり、なかったんです。
僕はそんなに熱い男ではなかったのかもしれない。冷めてるわけではないとしてもね。
外に表出する「怒り」というものって、その背面に焦りとか、畏れとか、関心とかがある。
そんな風に考えると、最初は自分の中に見当たらなかった(と思っていた)気持ちを
引っ張り上げてくるための紐を掴めた気分がして、少し楽になった事があったなと思い出しました。
とくに勉強したわけではないから間違ってるかもしれませんし、
できてるかっていうとそうでもないかもしれない。

田代航平を見た人が読んだ時に少しでも面白いと思っていただければ、と思って。

さて、次は、3月に松原。
よろしくお願いいたしますね。
ステージタイガー「ファイアフライ」
ご来場本当にありがとうございました。
posted by ステージタイガー at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0116

おくればせながら。(白井)

IMG_0241.JPG
お正月らしい写真がようやく撮れたのでブログにします。
といって、この笹を頂いてから5日くらいは経っちゃってるんですけどね。
こないだは3000円だったか4500円だったかの熊手のついた小さいやつだったんだけれども。
残り福の11日に伺うと、きっともう売れ残りを作っちゃいけないって事で、
僕の欲しいサイズの笹が、単体では売り切れてて、もうなんだかたわわに飾り物のついたのを、
もうそれはゴリ押しで売りつけられる形になりましたの、でも、ヤな感じはなかったですね。
もうここまでくると縁起物ですからね。まぁ、魂胆は見えてるとしても、断りにくくてね。
そういうわけ、去年よりもグレードの高くって、たくさんくっついた笹をいただきましたとさ。
というお話でした。

最近は神社が好きになってきまして、お賽銭を投げ込んではお願い事をする事があるんだけれども、
手を合わせてから、ふ、とお願い事を考えるんですけれども、
特になんにも思い浮かばなくって、誰かのお願いが叶えばいいっす、って意外にも謙虚な事を思ってしまう。
もっとね、明確なお願い事やら目標を常々思っていなくってはならないなぁと。
そんな風に思ってもいます。
今年の抱負もまだきっちりと考えられていませんからね。
IMG_0214.JPG
まぁ、目下の目標は公演の成功を含む人生の充実ですかね。
自分の事をまずはしっかりとヤンなきゃならんのですけれども、学生のモチベーションも
きっちりと高めていかなくちゃいけません。見た事ない景色の方に連れて行っているんですから。
こんなもんでよかろう事はないんです。自戒も込めてますもちろん。
もっともっと同じ場の空気を感じていたいなぁという、劇作と違うところに楽しみを、
感じすぎてしまっているところがあるんで、僕はもっと集中しないと。

あらまなんだかぼんやりとしてきましたね。
最終的な着地点としては、今回の公演を見にきていただきたいんです、
そういう事をいうところに着地できるブログを書きたいんですわ、僕。
けれどもそんな自信もなくだらだらと書いちゃいますね。ブログってそういうところあるじゃない。
これだけたくさんの人間が関わって一つの作品を作るのだから。
まだまだ磨かなくっちゃいけない事もたくさんあるし、丁寧に積み上げなくちゃいけない事もある。
もっと、きちんとしたやりとりをしたいなっても思うんです。
僕、高校の頃なんて、もっと不真面目だったし、奢って変に自信過剰で、目も当てられない。
そんな人間だった気がしてますよ、あんまり覚えてないけど、自棄だったし。
その時になんでかであったんがお芝居だったんですよね、確か、
くそみそに下手くそだったけど。ま、今も変わらんけどね。
どうでもいいって思ってた人間が、なんか頑張りたい、って思ったのが演劇であった。
そんな気がします。
IMG_9986.JPG
今年も、これからがんばっていきますけれども、がんばりかたのベクトルとか力強さの値を
ほんの少し変更していく事になるかもしれません。
ま、そんなわけで、とにかく一つ目にある舞台というのが「ファイアフライ」という事で。
まずは目の前にあるおおきな目標を、乗りこなしていこうと思います。
是非とも見にきてください。
ぜんぜんまとまりない文章だったんですが。

学生もおっさんもがんばってます。
うまく伝えられないけれど、暗中模索しつつも、少しづつ成長する若い子供達。
とか、きちりとこなす大人たち、
とか、きちりともこなせない不器用な大人たち、
とか。
うずまいていますんで。みにきてくださいな。

チケットとか詳しい話は特設サイトをごらんください。
posted by ステージタイガー at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」