ステージタイガーへ

'18年 0716

コルセット巻き巻き(白井)

IMG_8212.JPG

夢のない話で申し訳ないけれど、腰を痛目てしまったので最近はコルセット生活です。
つい最近のお話ですが、スポーツジム-ジムというほどには本格的過ぎず、フィットネスというほどの軽い気持ちではない、
そんな感じでの-スポーツジムへ行きはじめまして、ね。
張り切ってコアクロスに取り組んだ矢先のことでした。
突然の、後になってみれば僕はまだ経験していないということになるんですが、ぎっくり腰というものではなかったので、
ちょっとばかし安心してはいるんですが、また同じように炒めてしまうかもしれない恐怖心というのはでてきてしまいますな、
とはいえ、安静、っていうのも怖いもので、ダンベル使ってちょこっとトレーニングしてみています。

こないだのタイガーの稽古中の筋トレでも思ったんだけれども、
できないことはなくって、案外ついていける。ふっくんとかは腰をぐいっと曲げるんで、ちょっと控えたんですが、
体幹をぎゅっと引き締めておけば、腕立て伏せはできる。で、回数重ねていくうちに体幹への意識が薄れた時に腰へ信号がくる。
これはこれで便利っちゃ便利。自覚的になれるんで、
とはいえ、早めに全快して鍛え直さないと、やんなっちゃうなって思います。
ので、しっかりと自分の身体を見直しながら頑張ってみます。

IMG_8210.JPG

わざわざ「新」なんてつける街は、どうかしている。好意的に見て。
谷屋さんの出演しているG-フォレスタさんのお芝居を見に新開地のKAVCへいってきました。
ちょっと早めに家を出ていたんで、北側の焦点があたりをふらふらとしていましたが、なかなかに面白い街並み。
端的な暖簾に、雑多な壁紙、「名店街」と名打つ小さな通り。
あっという間に自由時間はなくなってしまって、残念無念、一人旅は終了と相成りました。

景色から情緒を感じるという感覚ってひどくパーソナルなもので、最近では共感を得るための共有ソフトがにぎにぎしいですが、
なかなか、その辺の物こととの付き合い方って難しいもんです。
同じものを見ても、それを見る人の記憶とか経験によって感じ方が違うんだから、
「いい景色だね」って言ったところで、僕にとってはいい景色だし、君にとってもいい景色だろうけれども、
根幹的なところにあるものはそれぞれ違っている。というのが残念なことに事実で。
今見ている景色をいいものにしましょうっていう考え方の方がいいなと思います。
いいなと思うものってむしろ共有を目指さなくってもいいような気がします。
たまたますれ違いざまに共感の空気が得られたらそれでいいんじゃないかなって。無理強いするもんでない。
嫌なものくらいだけ知ってればそれでいいかなって思います。

タバコのポイ捨てとか、スタバのプラカップ無理やり空き缶専用ゴミ箱ねじ込みとか。

IMG_8214.JPG

と、まぁ、そんなこといいながら、最後には宣伝。

来週の火曜日。2日後じゃなくって、9日後の方。
30×30 pair102 全日本超溶接工委員会「ちょっと足りない」 に出演します。

僕らと相手チームで30分ずつのお芝居です。2000円で両方見れてお釣りがきます。
ちょっと、普通とは違う役割をしていますが、作劇はとっても楽しい。
どういう感じでお客様に受け入れられるか(もしくは受け入れられないか)、楽しみではあります。
もし、お時間ありましたら見に来てくださいませ。

【日程】
7月24日(火)
@18:30〜僕ら
A19:10〜相手さんチーム
B19:50〜僕ら
C20:30〜相手さんチーム


【会場】
in→dependent theatre 2nd
※30×30シリーズはいつもin→dependent theatre 1stなんですが、今回に限りin→dependent theatre 2ndです。


【料金】
1,800円
一枚のチケットで @+A A+B B+C という組み合わせで2作品が見れます。
Cの時間にしか間に合わない場合はCの1作品だけみれますけれど、その場合はまた別の機会にお誘いさせてください。

【ご予約】
こちらのフォームからご予約ください
備考欄に「白井」と書いてくださると嬉しいです。
直接言っていただいても承ります。


では、また。
劇場でお待ちしております。
posted by ステージタイガー at 03:36 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0629

満身創痍でございましてね(白井)

IMG_8046.JPG

先日、週末に第2回縁劇フェスが終わりまして。
ステージタイガーとして、マフィンを売ってますよってちょこっと声をかけてみたり、
ミクマクさんの駄菓子のクジを買うサクラをしてみたり、楽しい週末を満喫しておりました。
縁劇フェスというのは二回目になりまして、シアトリカル應典院さんで行われた最後のスペドラの直前、
ステージタイガーの歴史の中でいうと、ダイバー・シティに出演してくれて、
そのまま劇団員になってくれたちゃんなつ、バッキー、セイヤが、タイガーの劇団員として初めて舞台を踏んでくれたイベントです。
そして、それから1年が経ち、シアトリカらない應典院さんが浄土宗應典院 劇場として使わせていただいている居場所を、
本堂、と、いわば、正しい名前で再スタートを切って、満を持してのスペドラネクストの最初の企画、となるわけです。
何となくの知識でありますんで、間違えてるかもしれません。
仕切り直しての、再発進のそういった場に、去年も今年も役者として関わらせていただけるのは嬉しいことでございました。

「縁」ってことで、たくさんの団体さんがいろんなかかわり方をしてくださっています。
うちみたいに食べ物を売る団体さんだとか、くじ引きがあったり、ボールゲームがあったり、
こやって、人と接することができる場ってのは、とてもいいもんだなって思います。
ウッドストックみたいに野外でセックスするのも悪くないと思います
(※すごく個人の思い込みです)
でも、今の時代感では、朝夕の挨拶とか労いとか、そういうのも大切なんかなぁと、
たくさんの人に会うことができて、ダメなところは持っていった名刺を配れなかったことだけれど、
熱気があったんでね、人の渦。ご縁があるのってなぁいいなって思いました。

IMG_8073.JPG

気持ちも新たに鍛え直そうとジムへ行ってコアクロスを張り切ったところ、腰を痛めてしまってちょっとやる気の出ない僕です。
さて、

三等フランソワーズさんの「青い恋人たち」という作品に青い肌の宇宙人として参加させていただきました。
宇宙の、白井です。
カンヌの青い空が恋しいけれど、終わってしまった後では青い肌も恋しくなってまいりました。
総じて僕もまだまだ精進が足らないなぁと思う部分もありつつも、
何とか頑張って心の部分を表に出してきたいなぁと思いました。
引き合いに出すとあれなんだけれど、同じく縁フェスに参加していたオパンポン創造社さんのあの演技ってのは、
感情を封じていたんですよね、つまりそれって、物語でお客さんを誘導しないっていう手法だったんだと思うんです。
あそこで、演出がどちらか男女の感情を固定してしまうと、単純に物語になってしまって感情が「与えられたもの」になる。
でも、男女の問題って、どっちに軍配があがるかなんて、どっちにだってわかんないので、
そういう面白さもあったんだなって思って。
あとは、演技的なアプローチとして、表出を固定していたからこそ、感情の「揺らぎ」のようなものが伝わりやすかったんだろなと。
これまでの派手な感情的なやり方だと、なんだか、舞台は真っ白い箱の中なんだろうけれど、
無人島っていう状況が波の音やら風の感触を感じながら舞台にいてらっしゃったんだろうな。

対して、こちらの武器は言葉でした。
状況や環境ではなく言葉。
そこに、人の心を持った人間として、宇宙人として、温度をどれだけこめられるか、
っていうのは、戦いの稽古の日々でした。
お楽しみいただけていれば幸いです。
それでも、まだまだ精進せねばならないこと山の如しですので、また次回の出演をお楽しみにしててください。

全日本超溶接工委員会
「ちょっと足りない」
作演出・上崎陽介

【日時】
7月24日(火)
18:30〜 19:40〜

【会場】
in→dependent theatre 2nd
※会場が変わっています。2ndです!

【出演】
野倉良太、
    、
青野愛子、
立花裕介、
白井宏幸、
平宅亮(敬称略、順不同)

【ご予約】
チケット予約はコチラから

30分の戦いです。

IMG_8072.JPG

戦いと言えば、皮膚呼吸ができないことや、ヅラがきつくって頭が痛かったこともなかなかの強敵でした。
しかしながら、お客様も暖かく、
突然のいろんな出来事にも前向きに対処する、スタッフの皆様や、その場を楽しもうと楽しむ出演者の皆さん
キャメラをとってくれた信さんにお会いできたことも嬉しかったな。

また、どこかでお会いできますよう、
腰の痛みがなくなりますよう。
posted by ステージタイガー at 02:21 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0511

遅ればせながら(白井)

IMG_7873.JPG

どうもおはようございます。白井です。
遅くなっちまいまして申し訳ございませんが、先日ABCホールで行われた中之島春の文化祭
ステージタイガー「男の五カ条」、谷屋さんが幕に絡まって出てこれなくなるというトラブルを除き、
基本的にはいい感じで走り出し、いい感じでフィニッシュできたんではないだろうかと思います。
拙ブログにもちょこっと記事書いているんで措置だも見てみてください。
そして、折しもその翌日には白井は誕生日を迎えましてね、高校生演劇部のワークショップにも参加させてもらいました。
いっこいっこ振り返っていけないんで、申し訳ないんですが、
大分とばたばたと、気づけば終わっていたゴールデンウィークでした。

また、近くお知らせできることもありそうなんですが、まずは、
いま、決まっていることをしっかりとやり遂げていかねばなりません。
といったことで、ちょこっとお知らせをさせてくださいませ。
客演情報にも載せてはあるんですけれども、

ひとつめ。
「道頓堀心中冥途往来」
應典院寺町クラブが主催するイベントのお芝居でございます。
6月2日、3日の土日に3回公演。
6月2日(土)17:00〜
6月3日(日)11:00〜/16:00〜

IMG_7739.JPG

なかなか華やかな彩のチラシでござんしょう?
そこにやってきて僕なんですから、チラシほどには僕は鮮やかではないかもしれませんけれども、
艶笑喜劇。4人芝居+αに取り組ませていただいております。
もしよろしければ、遊びにいらしてください。

【会場】
浄土宗應典院 本堂

【料金】
日時指定・自由席
前売 2,800円 当日 3,000円
ペア 5,000円(前売のみ)
應典院寺町倶楽部会員 2,000円

【ご予約】
こちらのフォームからご予約お願いいたします!

よろしくお願いいたします。
くうだらないお話の中に、人の心の動きが見え隠れするようなお芝居になっています。
ちょっと、ちょっと、ちょっとずつ面白くなっていっておりますもんで、
よろしくおねがいいたしますね。

ほんでもって、2つめ同じく應典院本堂で行われるイベントにまた参加させていただきます!
第2回縁劇フェス の、中の三等フランソワーズさんの「青い恋人たち」って作品に出させていただきます。

IMG_7820-30300.JPG

【日時】
2018年6月23日(土)〜24日(日)
23日(土)18:30〜 三等フランソワーズ
24日(日)13:30〜 三等フランソワーズ

【料金】
30枚綴りチケット
予約 2,700円
当日 3,000円
何人かで買ってわけわけすることもできるようですよ。

【ご予約】
こちらのフォームからご予約お願いいたします!
備考欄に「三等なんたら」とか「白井なにがし」って書いていただければ喜びます!
三等フランソワーズや、白井経由でチケットを買ってくれれば嬉しいなってお話でごいざいます。

こっちはこっちで、おかしなコメディです。
何年ぶりかの共演の本多真理さん。一人芝居で戦った池下敦子さん。
卑屈な中川さんとか。初めましての木山さん。
がやがやとお稽古をしています。
なりゆきで地球人夫婦をさらってしまった宇宙人夫婦のうちの旦那をさせてもらってます。
宇宙人、ってのがいい。

さて、宇宙レベルの話から一つだけランクを下げて。
世界レベルの話をしますと、僕の知る一番著名なマークルパートさん(48 HFPの世界版のプロデューサーさん)が
作った動画がアップされておりました。
僕が大阪大会で、僕らの作品が作品賞をいただき、アトランタでの世界大会で「主演俳優賞」をいただいたやつです。
フランスはカンヌで、マークと初めて会えたのは、すっごく嬉しかったでんな、そういえば。
そのマークが48(フォーティーエイトって言ってます、この企画をそんな風に呼んでるんです)のプロモーションビデオを作成されてました。
ちょいとご覧くださいな。



僕、2カットも出演してたんです、これに。
世界中からメチャンコたくさんの作品が集まってて、その数もうすぐ1万とかいくんじゃないのっていう
そういうイベントのプロモーションに出ておるんでございます。
嬉しゅうございます僕、光栄でございます僕。
みつけられるかな、見つけてくれたら嬉しいです。
夜も遅くって眠たくなってきちゃったので、今日はこの辺りで。
posted by ステージタイガー at 03:04 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0424

初夏きた(白井)

IMG_7778.JPG
散ったと思ったらもう夏。
初夏きますよもう。そしたら雨が降り始めて、夏です。
僕の一番好きな時期が、今頃の、日本ではあんまり幅のない季節です。
春と初夏の間、日が長くなっていくこの時期です。
あんまりゆっくりとして過ごした記憶はないんですけれど、日が長くなっていくのを感じているのが好きで、
逆に、夏至を過ぎると少しづつ元気を失っていく気分です。
明るいほうがいいじゃないかというくらいのもんで。

さて、先日私は、オーディションを、はい、行ってまいりました。
映画の、オーディションで、はい。やってまいりました。
ちゃいますねん、子役のオーディションの相手役を務めてきただけですねん。
いつもお世話になっている監督さんがまた一つ大きな映画を撮るのだということで、
お手伝いをさせていただいてきたわけです。
小さい子達がきらきらとドキドキしながら演技をしているのをみつつ、
その先生役として接するのって、なかなかいい経験でした。

僕もまだまだ頑張らないといけないなっと思っている最中なんですが、このブログを書いている日の帰宅中に、
電車の中にカバンを忘れてしまって、ぼんやりとしているなぁと、鈍い打撃を受ける出来事がありました。
カバンの中にはひやくまんえんと、その他手帳科とかが入っていたんでびっくりしましたが、
終着駅で保管していただけたみたいで、その日のうちに手元に帰ってまいりました。
あぁ、自分、ダメだな、気が抜けているなぁと、痛感いたしましたよ。
そういうの、あんまりないタイプだと思っていたんですが、じわりじわりと集中がなくなっている感じ。
今こそ、今年、気合いを入れ直さないといけない時なんですのに!

それはなんでかというとですよ、
たくさんの出演があるからなのでございますよ。

簡単にすらすらっと書いていきますね。


栗山陽輔監督作品「あなたに会えたらよかった」@中之島中央公会堂 第16回中之島映画祭参加作品 入場無料
5月3日(木)11:04〜 
5月4日(金)15:59〜

5月4日(金)「男の五カ条」@ABCホール 中之島春の文化祭参加作品
18時からのCブロックに出演していますが、ブロック席は1500円でまだまだ予約受付中です!

6月2日(土)〜3日(日)「道頓堀心中冥途往来」@應典院 應典院寺町倶楽部主催事業 第70回寺子屋トーク
詳しくはこちらをごらんくださいませね。

6月9日(土)〜10日(日)磯部鉄平監督「ユニバーサル・グラビテーション」「予定は未定」@シアターカフェ(名古屋)
磯部鉄平監督の作品集が名古屋のシアターカフェで。詳しくはこちらをご覧ください!

6月23日(土)〜24日(日)三等フランソワーズ「青い恋人たち」@應典院 第2回縁劇フェス参加作品
たくさんのお芝居が一気に見られる綴りチケットが1割引くらいの値段で買える予約フォームはこちら!

も少しうまいことまとめられたらええんですが。
あ、あと、こないだ、カンヌ出た作品が再びパリで上映される運びになりまして、
英語と仏語の字幕がついたのができあがりました。
監督様様。

今は、どん底なくらいばったんばったんしてますし、
もう僕はダメかもしれないなんて思っていますが、
おなじくらいそんなことはないかもしれないとも思っています。
どちらもかんちがいであれぞかし。

や、もちっと整理してブログ書こっさ。
posted by ステージタイガー at 01:34 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0402

僕は知っているねん(白井)

IMG_7653.JPG

もう、すぐに初夏が控えているねん。
もうすぐに、半袖でせいかつする日々がやってくるねん。
日本には四季があるけれど、心地よい春と心地よい秋が、夏と冬に押され始めているねん。
それがいかなごの高騰にもつながっているのだ。

さて。
みなさま、おこんばんは。
夜に書いているので朝に読んだ方はごめんなさい、フランスにいると思って時差だと思って。
先日などは、一心寺の付近に人形芝居の祭典があるということで、
微力ながら協力してまいりました。
なかなか楽しい体験をさせていただきましたし、

IMG_7657.JPG

写専の卒業生のぴあのちゃんのがんばりもみさせていただきましたしね。
あの、祭典は、なかなか本当に運営側は大変だと思うので、きっと一皮むけたんだと思います。
終わった頃にはちょっとぐったりしてましたけれども、わかいんだから寝たらすぐに元気になれるはず。
なので、いろんな経験を積んで強くなってまた一緒に何かやりましょう!
って、本人には言ってないけど、今心の中で思いました。次会ったら言おう。

祭典といえば、中之島!!!
中之島といえば!!!いえば?
中之島映画祭!!!!

中之島春の文化祭じゃねぇのかよ!

って、思っていただいた方にはまずは感謝。
どっちもピンと来らっしゃらなかった方には、いずれもクリックをお願いします。
映画祭の方には「あなたに会えたらよかった」という作品に参加させていただいています。
中之島映画祭は「無料!!」です。5月3日と4日!
中之島春の文化祭は現在予約帳受付中で、僕たちが出るのは4日の18時からの回でCブロックです!
なので、良い具合にはしごしてもらえたら嬉しいなって思っていますよ。
まだ、映画祭のタイムスケジュールが発表されていないようなので、しばしお待ちを。

IMG_7661.JPG

その後には「道頓堀心中冥途往来」という作品に参加させていただいております。
こちらは6月の2日と3日。
<應典院寺町倶楽部主催事業> 第70回寺子屋トークに関わる作品です。
現時点で、あらすじと、フグがおもしろいです。
台本もなんでか公開されておりましてね、さて、これは見せられる腕があれば見せ所だぞというところ。
本が上がって、公開されて、それでどう見せられるもんかいな、人間の感情とか、そういうもんだろな。
そんな風に思っております。
なんとかかんとか皆様の支えを借りながら、みなさまをしっかりと支えながら、持ちつ持たれつで。

初めましての方とか、お久しぶりの方とか。
まぁ、楽しく会話劇をやっております。

でも、まずは5月4日のABCホールでの中之島春の文化祭「男の五カ条」!!
お楽しみに!
posted by ステージタイガー at 23:17 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0320

初心に帰らなければ(白井)

IMG_7558.JPG
ステージタイガー松原公演「I CONTACT」
皆様のおかげさまをもちまして、無事に幕を降ろすことができました。
やっと。
怒涛の。
半年が。
終わった。
けれども、まだまだ。

僕が言いたいことは、また僕のブログでも書こうと思います。
僕が言わなければいけない事を。
芝居は芝居、人生は人生。
芝居も人生、人生も芝居。
お芝居に限らず。何でもかんでも。

なんとなしに、お話がどんどんとずれていってしまいそうなので、
先に言っておかなければいけない事を言っておきます。

この度はご来場いただきまして本当にありがとうございました。
毎年、ステージタイガーにお声がけいただく松原市のみなさま。
今回、ワークショップから参加いただいた役者の皆様。
higeさんはじめスタッフの皆様、作演出の虎本さん。
衣装をしっかり手伝ってくれたバッキーとか、出てないけど手伝ってくれたちゃんなつとか。
稽古場取りに行ってくれたなべちゃんとか、セイヤとか。
見えないところで仕事をしてくれてたみんな。あと何人かくらい端折らないで言えばいいのに。
感情の起伏激しいお芝居に困らせてしまったかもしれないつるりさん、
どうにも「宮田さん」って名前を覚えられなかってごめんなさいな西川さん、
ブレブレた演技でご迷惑をかけました江本さん、
他にも、いろいろ、みなさま、共演者にすらご迷惑をかけましたけれども。
いろんな方のお力を借りて、公演は、なんとか無事に終了いたしました。
(お名前書いてない方もみんな、ありがとうだし、ごめんなさいだし、好意だし)

見に来ていただいた方がなんらか、持ち帰ってくれれば幸いなんです。

言わなきゃいけないこと書いたんで、思った事を。
例えばの話なんですけれども、
今回は「自殺」を取り扱った作品でした。
昨年は「ワーク・ライフ・バランス」。
生活や社会や人生にまつわる、テーマのある作品たちです。
僕らは、多分、みんなそれぞれにいろいろな事を考えて取り組んだと思います。
そんな役者さん皆さんが、本番を終わって、打ち上げで酔っ払って
気分が高揚しているという個人的な理由で羽目を外して大声出して電車乗ってたとしら、それは、

僕はいけないことではない。と、なんとなく言いたいな、と。

まだ、何を書きたいかまとまらないうちのお話ですが。
最初はなんとなく、こういうお話に取り組む僕たちは、
稽古場ではしっかりとコミュニケーションをとらないといけないし、
暗い役をする役者は(この表現もひどいけれど)、役がそうなだけで、
しっかりとした自立を求めている心がありました。

まぁね、お芝居をする人間なんだから、ある程度はきちんとした社会性とか、
いつも元気であるべしとか、きちんと挨拶をするべしだとか。
や、できるに越したことはないんですけれども。
でも、ちょっと頑張って手を差し伸べてみたり、
「いいやん、好きにやんな」って許してあげたり、
そうしたほうが、たぶんいつかかえってくる。
我慢のしすぎは良くないので、真面目すぎるのは損かもしれないけれど。
しんどい時には、声出して迷惑かけたらいいし、でも、声出すくらいの努力はしてねって。

狭い世界の話をするけど、
僕は演劇のお稽古終わりに歩道を3人くらいの幅取って歩いて帰ってるのが大嫌い。
アンテナが全然張れてないじゃないかって、
他人様に迷惑かけてなにを主張するんだって、
ってでも、別に芝居は関係ないもんねこれ、人間が未熟なだけで。

でも、ある程度は、許していこうかなと、思ったんです。
自分のためにも。
許すと放置はまた違って。
なんか、ガチガチとしているのはよくないから。
きちんとコミュニケーションをとりながら、
どっちでもいいけど、どっちをとっても、それなりに「かえってくる」っていう事を話したいなと。

演劇作品は、よく言われているお話ですが、お客様がいてようやく作品になります。
何を持って帰ってくれるのか、どんな反応があるのか、その人がもしかして変化するのか、
そういういろんな、良かれ悪かれ可能性がたくさんあるわけなんで、
僕も、今回の作品(これはお客様に見ていただいた時点以降の「作品」)を経て、
少しでも変わっていかないと、いけないな損だな、って思いました。
出会えてよかったし、いろいろ考えたし、嫌な部分もみたりもしたし、それでもうまいことやってこれたと思うし。
いいことばかりじゃないけど、そんなもんじゃないですか。
ストイックすぎる必要ないし、たまにはご褒美があってもいい。
バカでもいいし、真面目でもいい。
演劇でもいいし、スポッチャでも、カラオケでも、花見でもいいと思うんです。
役者やってるんで、お芝居を終えたあとのロビーでは、なんか
モテている気がするんで、僕はお芝居をやめられないんだと思います。


いいじゃん、だめかね。

ステージタイガー松原公演「I CONTACT」
2018年3月17日(土) 一回こっきりの公演。
皆様本当にありがとうございました。

白井宏幸
posted by ステージタイガー at 00:50 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0312

一生かけて守ってあげる(白井)

なぁんて簡単にはいえないです。

あれやこれやに追われている間に、もう本番の週になってしまいました。
ここ2週間は学生演劇をたくさん見る週間でしたね。
アカデミー賞も結構みそこねてしまっているので、この「I CONTACT」が終わったら何か見に行きたい。
ともあれ、身辺をうまいことまとめていかないとなぁと思っているんですが、
定期的には人に会いたいと思っているんで、また、どなたか一献お付き合いください。
少ない人数で静かな声で喋るのが好みです。
小さい声を聞くのが好きですね僕は。
終わったことを考える前に、残された数日でできることを考えていきます。
夜中のブログよりとっとと寝るが吉なんですけれども、
言葉にしないと定着しないものもあるもんで。

自殺。

僕にはそれよりも「痛い」って想像が勝ってしまうんで、できなさそうです。
死んだふりができるのならしてみたいという弱い心はあるかもしれない。
自分が死ぬことによって、悲しませたい人は数人くらいはいるように思います。
大事な人とかにはそんな風に思わないんですけれども、
思いの届かない人だとか、行き違ってしまっている人だとか、そういった相手に。
死ぬことで迷惑をかけたり、悲しませたり、後悔させたり。
たぶん、立ち向かう勇気がない時なんかに、ほんの冗談交じりで、そういう発想が頭の角っこの
ルンバでは取れない埃のようにあることもあったかもしれません。
困らせたい。気づいて欲しい。そういう、想い。
でも多分僕は怖いんで自分では死なないと思いますけれど、あと何十年先はどうなるかなんてわからない。

楽しいことばかり考えて生きていける人生だったら問題はないけれど、
悪い循環が始まると人間なんて、どんどん悪くなるし、楽な方向に流れていってしまうし、
政治家なんてみんなクソだしガードレールは蹴っ飛ばしてやりたくなるし、
お菓子は知らない間に小さくなっているし、税金の行き先は不透明だし。
思い通りにいかないことなんて今後の人生にはザラに、ご丁寧に準備されていると思います。
他人に優しくするなんてのは体力がないとなかなか難しいもんで、
自分が元気じゃないと他人様に分けられる元気もそうそう出てこなかったりする。
それでも、ギリギリまで削りながら守ってきたものがあったとすると、それは、
そこに心があって、温度があるからなんでしょう、なんて思います。
人間であるから、といってもいいのかもしれない。

でも、助かりたい人って、他の何かでそれに替えることって多分不可能なんです。
悲しかったり悔しかったりどうしようもない気持ちって、
ほらほら美味しいビールだよー、っていわれても嬉しくならなくって、
ビールだって、なんだか変な味のする泥水みたいに思えてきてしまうから不思議。
でも、それでも、触れてこようとしてくれる人がいることはとても幸せなことだし、
そういう人に、自分もなることができる可能性を提示するそういったお芝居になっていると思います。

IMG_7108.JPG

死にたいって思うことがとくべつ他人事ではない可能性のあるこの国にあって
それを助けることができる人に、なることができる可能性があればいいなって
他人のために手を伸ばす体力くらいは残しておきたいなって。
ビールはうまいほうがいいもんな。
ビールダメな人にとったら、そうね例えば、アルフォートさえ美味しくなく感じるのってヤでしょう。
アルフォートが悲しみの味になるのってやだもんな。
大切なものを失ったり損なったりしないためのとても簡単な方法

「I CONTACT」

IMG_7193.JPG

松原公演についてはこちらのリンクから

松原市文化会館への行き方はこちらのリンクから
posted by ステージタイガー at 03:39 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0306

時差は8時間(白井)


多分大体夕方の18時以降(パリ時間)に上映されるであろう「ウェルテル無頼」
英語が読めないのでサイトも良くわかんなかったりするのだけれど、
パリの市庁舎で上映されるとか言われていました。
2015年の48HFP大阪で作品賞をいただき、
2016年アトランタでのFilmapaloozaで最優秀俳優賞をいただき(あちらでは「Best Acting Male」)、
同年のカンヌ国際映画祭で上映された「ウェルテル無頼」が二度目の渡仏。
こっち(大阪)でいえば大阪市役所のどっかの部屋で上映される感じですかね、
ブリーフ1枚にひん剥かれる姿がまた、使っていただけるなんて。
映像というのは残るので、いいもんです。
舞台も、残らないところが、いいもんです。

そして、もひとつ、映像で見られるのが「ファイアフライ
昨年近鉄アート館で上演したダンスあり、殺陣ありの笑いと涙の物語が、
「観劇三昧」さんという演劇動画配信サイトで「無料で!」見る事ができます。
そして、観劇三昧さんでは現在「カンプリ✕観劇三昧 手のひらフェスティバル」というのを行っています。
たくさんの演劇作品をみて、どこの劇団さんのが面白かったでしょう?っていうフェスです。
東西に分かれて、競い合うという「演劇関ヶ原」というイベントになっていて、
ただ見るだけではない面白要素も加わっていますので、ちょこっと上の「ファイアフライ」をクリックしてみてください。

そして、もちろんに見てもらいたいのは、
来週末に上演いたします「I CONTACT」でございます。
3月17日の土曜日。 お昼間の15時から 松原市文化会館にて。
無料公演でございます。

総勢24名のキャストでお送りする、架空の台場市を舞台にした
「ゲートキーパー」をテーマにしたお話です。
うまく言葉では言われんのだけれども、人を一人助けようとするには、
それはもうとんでもないエネルギーが必要で。
優しさだって体力がなくっちゃ出てこないし、
疲れているときに口から出てくる言葉は思わず自分や他人を傷つける。
自分一人でだってまともには生き辛いような世の中ですけれどもね、
そこでなんとか踏ん張って寄り添おうとしたり、踏ん張れない人に寄り添って支えようとするお話です。
です。って僕が書いたわけじゃないですけどね。僕なりの解釈。

稽古中も、いろんなところで協力しあって、伝え方を考えたり、
その場でのありようを考えたり。助け合って支えあって、シーンの中では描かれていないことも
きっと、こういう風なやりとりがあったんだろうなぁとか、そういうことをみんなで自発的に考えています。
辛いこともあったかいことも今回の芝居の中には含まれていると思います。
その中でみなさん、誰を思い浮かべるんでしょうか、
一人じゃなくってもいいと思うし、
簡単に出てこなくっても構わないとも思います。
大切な人のことをふっと思い出してもらえるようなお芝居になったらいいなと思いながら

それでも、バカバカしいことも忘れずに。
ステージタイガーらしさも忘れずに。
ステージタイガーの劇団員じゃない人たちと濃密なお芝居を作っています。

IMG_7193.JPG

ステージタイガー 松原公演
「I CONTACT」

3月17日 15時から 松原市文化会館にて。
入場無料

ご予約はこちらから

よろしくお願い致します。

あ、「観たい」コメントもいただけたら、これも、これで
posted by ステージタイガー at 03:05 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0219

立ち向かうあなたや僕のための演劇とか(白井)

IMG_7374.JPG
前回のクロス×シーンに出演していただいた宮川サキさんが出演している「流れんな」を見てまいりました。
めいめいで共演した澤井さんもご一緒に。

今度6月にお世話になる道屋沙姫さんもでてらして、そら恐ろしい若い人だなぁと。思いながら。
みなさん達者で。台本も流麗で。ぐじぐじと見たくない部分を面白く見せていただいて。
恥ずかしながら、とても面白く感激させていただきました。
闇があるから光がある、というのとは違っているのかな。
それが物語という位置付けである以上それが救いという体をなしている、というところかしら。

一般的な話にしますが。(というのは物語の中身を語らないという意味合いで)
救いようのない話を見たときに、
どこか自分の過去や思い出とリンクさせてしまう装置が働いてしまうことがあります。
人を傷つけた過去とか、守れなかった約束だとか、失敗した思い出とか。
なるべく忘れたいけれどもそのせいで忘れられずに心にこびりついてしまっている出来事。など。
そんな、埋めたはずの汚物をほじくり返すような物語、お芝居とか映画とか、
そんな、何十年も前のバグを再度引き出してしまうようなそんな物語にどんな意味があるんだろうか。
そもそも人間てのは、他人の凋落に嬉々として飛びつくような性質を持っていたり、
嫉妬とか、憧れとかがないまぜになってしまっていたりするもんだと、最近では思っています。
それでも、そういう位置からすごく遠いところで、日の光を一身に浴びている人もいる、
それをやはり羨ましく思ってしまう部分は、少なくとも僕の中にはありまして。

作り手が考える必要のない話なのかもしれないけれども。
登場人物が来るべき不安や不幸に対して、自分の代わりに苦しんでくれて、
立ち向かってくれて、いつか自分が戦わなければならないときに、立ち向かわなければいけないときに、
そんな時のための「予行演習」になるようなこともあるんでしょう。

だからこそ、板の上に立つ人間は、嫌われても本気で悩んだり苦しんだり。
すべきだし。そうあるために、稽古の段階から結構苦しんだりすることもいるのかな、と。
まぁね、人それぞれだし劇団のカラーもあるけれども。向き合うってそいうこともあるんかなって。

愚かな人間ってのは滑稽だけれど、お芝居の中だからこそ救われるし許される部分もある。
芝居の中以上に愚かで、そして、芝居の中ほどには愚直になりきれない僕なんて、
本当それこそ救えないけれども。まだまだ悩み抜く余地はあると思っています。
マジで人間の悩みや正義なんて人の数ほどあるけれど。
だからこそ、しっかりと苦しんで、しっかりと悩んで、しっかりと傷ついてやろうと思います。
でもね、だからこそかしらね、稽古はめちゃんこ楽しい。




ステージタイガー松原公演 「I CONTACT」

【日時】
3月17日(土) 15時〜
※開場は開演の30分前

【会場】
松原市文化会館
※全席自由

【料金】
入場無料(要 入場整理券)

【ご予約】
こちらのフォームをご利用ください!


そういう内容で、がんばっています、としか言いようがない。
是非とも見にきてくださいませ。
posted by ステージタイガー at 02:26 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0211

毎度! 今度はアジアの白井だよ!

IMG_7197.JPG
皆様いかがお過ごしでしょうか?
めいめい、ご来場本当にありがとうございました!!
現在は松原市で上演する「I CONTACT」のお稽古に躍起になっているところです。

さて!!


たなぼた銀幕俳優白井のたなぼた上映のお知らせです!

来月の3月9日から18日までの間に開催される(松原公演とど被りそうな勢いですね)
「第13回大阪アジアン映画祭」に僕が以前出させていただいた映画が出展されるそうです。
大阪アジアン映画祭といえば、まぁ大きな映画祭ですよ、13年も続いているわけですから。
上映会場もたくさんあって、

梅田ブルク7!!

ABCホール!!

シネ・リーブル梅田!!!

阪急うめだホール!!

国立国際美術館!!


これらのどこかで上映されるようです。
あんまり映画館へ行かない方も聞いたことがある映画館もあるでしょう!
ございますか?ございませんか??

イーマの上のところとか、
ビュンビュン風吹いて、揺れてるスカイビルのところにある映画館とか!

この中の映画館のどこかで、僕が出た映画が上映されることになるそうです。

大阪アジアン映画祭」のサイトの中、
「上映作品」を開いてください。
真ん中あたり インディ・フォーラム部門にある「予定は未定」という作品です。
短編作品ですが、こっそりと爪痕を残しています。

IMG_9729.JPG

写真に写っている女優さんが主演の屋敷紘子さん。
アジアン映画祭のサイトの作品情報のところのアイコンになっている方ですね。
ほら、ここまで証拠があると嘘じゃなさそうでしょう?
ワールドプレミアでございます。世界初の上演と相成るわけで、はい、ございます。
まぁ、縁起物の感じで、知ってる人間が大きなスクリーンにでとるわなって感じで、はい。
もし見にきていただけたら嬉しいなってことでブログにしたためさせていただきました。
また、詳細がはっきりと分かりましたら客演情報の方にも載せようかなぁと思っています。
映画館とか、日にちとか、時間とかですね。
見に行けるタイミングだといいなぁ。

IMG_9722.JPG

鹿の子くんと一緒に。
少しだけ、出ています。
シンゴジに出てた方とか、地獄でなぜ悪いに出てた方とかとご一緒できてウハウハしてました。

とさ。
posted by ステージタイガー at 23:04 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0206

せやな、おれやったらいややな(白井)

IMG_7178.JPG
ステージタイガー×SHASEN「めいめい」
まずはご来場本当にありがとうございました。
たくさんの、共演してよかったなと思える人たちと共演できて素敵な日々でした。
まだ、続いているんですが、昨年の9月から半年間は「デスロード」と覚悟していました。
半ば折れかけていた心を支えてくれたのは、底抜けにモチベーションの高い客演さんたち。
どれだけしんどくても。稽古場にけば元気になれると、そういう確信があって、僕には。
まだまだ、足りないところってたくさんあって、反省点なんて挙げればきりないけれど。
みなさんに会えてよかったって気持ちは静かに熱く燃えています。
あんまり恥ずかしくて言えないんですけどね。

見に来ていただいた方は楽しんでいただけましたでしょうかしら?
今回は、意外とステージタイガーを見るのが初めてなお客様が多かったんだと思います。
初めて共演する方々が、半数以上いらっしゃって、たくさんお客様にお声がけしてくれたおかげ。
たくさんの初めましてのお客様に会うことができました。
とってもどうでもいいことなんですが、日本写真映像専門学校の昨年の卒業生の子が見にきてくれて。
白井の登場シーン–三田みらのが演じる夢美を追いかけるシーン–をみて。
「白井さん炸裂してたんですけど、他のお客さん、ぽかんとしてましたね」って。
アウェイやったんですね、そういや。いや、もうアウェイって発想自体違うんですけど。
ステージタイガーの公演と銘打っていましたが初めましてのお客様だらけ。
どこの馬の骨ともわからない汗かきの、声だけ大きな男が主人公を追いかけ回すシーン。
印象は最下層からのスタート。
IMG_7179.JPG
これは劇場で練習中の写真ですかね。
こんなん、ほんま、俺やったら嫌やな。
真面目に芝居してるのに「笑わせること」を目的に20も年の離れたおっさんがMISIA歌ったりすんのね。
モー娘。とか、T.M.Revolutionとかね。
あれ、稽古場でも毎回同じことしたくなくって、徹子の部屋から、ラ・ラ・ランドまで、
30曲くらいは試したかなぁ。
「みんなの笑顔が見たいから」という正義の棒を振りかざし
三田みらのという主演女優をぽこぽこと叩いていました。
いろいろ考えてはいたんですけどね、あんまり細かいこと考えるのやめて、見た人がおもろいならええかなって。
それなら、自分がまずは面白いことをやればいいかなって。

尊敬できる年下、年上の役者さんに囲まれて幸せでしたよ僕は。

日本写真映像専門学校の卒業生の皆様。
講師の皆様、スタッフとしてお手伝いに来ていただいた皆様。
あと、一年生のみんな(来年は、君らもこういうのをやるんだで、がんばれよ)。
とにかくたくさん関わってくれた皆様。
本当にありがとうございました。

あ、あとあと、見にこれなかった人が、わざわざご連絡くださってね、
いけなくってごめんなさいって。言ってくれるんです。
ごめんなさいなことはなくって。ありがとうございますよ。気にかけていただいて。
だから、なんとなく、そういうやりとりまで作品なんだろうなぁと、勝手に思っています。

つながりだから。

体調崩したり仕事が突然入ったり、そんなの、お疲れ様ってねぎらうし。
気が向かなくってこなくったって、あれです、人生に芝居「も」ある。って程度で、
芝居の力は信じてるけど、それが全てではないとも思っているから、なんかきたくなかったらこな食っても大丈夫だし。
お互い様だし。
またどこかでお会いしましょ。
あぁ、バーフバリみてぇ。
posted by ステージタイガー at 01:58 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0202

も少し待っててくださいね。(白井)

IMG_7137.JPG
消力。
こないだの最後の通し稽古では、最後の最後のカーテンコールの後にタイガーが毎回踊るやつ、
僕はこんな感じでした。
なんじゃろね、全力じゃないね。見た感じね。
出来が悪かったわけじゃないんです。たぶんどんどんと良くなっていっていると思います。
物語の流れ上、僕が演じる登場人物の気持ちを考えるとどうにも上がれなくってね、
っていう役作りの話をしたってなんともかんとも伝わらない話なんですが。

僕演じる人、ってのは教師でね、主人公の担任でね。川上と言います。
スクールカーストの最下層なわけ。教師なのに。
蔑まれている空気のような存在。エアーですね。
そんな存在の彼が、気にかけている生徒の近藤夢美が演劇部の脚本を書くことになったんです。
そしたら、彼としては見守るしかないじゃないですか!
なんとか、どんな目標でもいいから自分で「決めて」欲しい!
わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい。
できることなら、おとなしくいい学校に行ってくれたら先生としても上からの評価が上がる!
教え子を見守りつつも、現代社会のストレスとの間に疲れ果てた担任がとった
最後の手段をとってしまう。
それが「親への告げ口」である。
IMG_7138.JPG
だってしょうがないじゃない!生徒が先生の言うこと聞かないんだもん!
親の躾がなっていないからなんだもん!家庭環境はいろいろあるけれどもさ!
責任転嫁する川上、しかし、そこで川上は知ってしまうのである。
母親と話をしているうちに、どうやら、その生徒が自分に嘘をついているという事実。
信頼を得られていないのか?疑心暗鬼に陥る川上。
なぜだか参加することになった演劇部公演、セリフが全く入らない!
ほのかに想いを寄せる森先生との関係は!

程度の差こそあれど、大まかに言えばこんな話です。
聞いてた話とは少し違うかもしれないですが、「めいめい」面白くなってきています。
全員の熱量が、心地い。愛おしい。
こんなこと言ってしまって、お恥ずかしいんですが、
タイガーの公演で初めてと言っていいくらい、名残惜しさがありますね。
終わって解散するのがとっても残念。
こないだ稽古場ブログで書いたみたいに「ひとり欠けると成立しない」
そういうオンリーワンな座組になったんじゃないでしょうか。
僕は、そういう見方で見るのならば、舞台上、
いわゆる近鉄アート館の舞台の上に上がるものだけが作品ではないんじゃないかなと思っています。
目に見えないところまでが作品なんではないかな。あんまり言語化できないけれど、
目に見えない僕らが過ごした濃密な時間とかが、あなたの身体のどっかに引っかかって、
お家まで持って帰って、お布団の中をほんの少しだけあっためられたらいいなーなんて
おもっていないです、いま、書きながらつらつらと出てきてしまいましたデタラメに。
冬の寒い布団にはゆたんぽ。
posted by ステージタイガー at 02:22 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'18年 0117

みなさんあっての白井)

IMG_6847.JPG

正月の初めの日には、朝の早い時間帯に住吉大社にお参りに行ってきました。
前に友達が「0時ってのぁ、やっぱり人が多い。そして、初日の出の頃もやっぱり人が多い」
そう言っておったので、ならばお前さん、いつだったら、人が少ないのさ?
と問うたところ、

  「その、はざまよ」

そう答えが返ってきたもんで、夜中の2時屋や3時丑三の頃につけるように出かけてまいりやした。
まぁ、それでもえらいもんで、ひとひと不良人ふりょう。と、南の方はガラの良くない兄ちゃんがいて
警備員さんも大変だなぁ、
でも、そこにいてくれるということで犯罪が起こりにくくなっていることも確かなことなんだろうなぁ。
そんなことを思いながら初の詣をしてまいりました。
昔は大阪の住吉区に住んでいたこともあって住吉大社にはたまに足を運んでいたことがあって。
まぁま思い出深いところかっていうとそうでもないんだけれど。きちんとお参りできてよかった。

IMG_6851.JPG

朝の6時くらいに寝て起きて。
宇宙大戦争を見に行こうと思ったんだけれども、時間ギリギリになっちゃったもんだから、
別の時間帯に観に行こうかと思ってみたら、字幕じゃなくって吹き替えしかなかったんでね、
CMを見る限り、「あの声じゃねぇや!」って思ったもんだから吹き替えでもやだなったらやだなって
当初は梅田でカタをつけようと思っていたところ、伊丹までインターステラー。
アイホールの前のたこ焼き屋さんは正月から営業してたんで、たこ焼きをいただいて、
スターウォーズを見てまいりました。きちんとお参りできてよかった。
このことはここでは詳しく言いますまい。書を捨てよ、町へ出よ。
そんなお話でした。いやぁ、救われた救われた。

その後は結構出かけるのが億劫になっちまって。
お誘いいくつかいただいていたんだけれども、うちのなかでぐうたらとしてしまいましたね。
去年も、正月は一生お休みみたいなもんだったのに、今年もお休みを満喫してしまって。
こりゃまたどういうことだと訝しがっていたんですけど。
寒いから、出不精。それだけのことだったんかもしれません。

IMG_7087.JPG

昨年、本若の平ちゃんに声かけてもらって出させていただいたヘアショーの美容師さんを訪ねる。の巻。

そして、今日。
髪がボッサボッサになってきたなぁ、って思っていたんで。
そうだ、それなら、髪を切ればいいんだわ。そう思って、夜から心斎橋の美容室に伺いました。
心斎橋、OPAの近くの美容室だから、僕なんかが行こうとしたら結界に弾かれて入れないんじゃなかろうか。
そういう懸念もありましたけどね。気さくな代表さんに切っていただいて、
まぁ、まぁ、僕にしてはいい感じになったんではないでしょうかね。
あんまり目立つ髪型にはなんないですけど、役柄上。

まぁ、そんなわけで。
去年お世話になった美容室行脚は今年の目標といたしましょう。
5店舗回るだけだもん。大丈夫大丈夫。おまけに少しだけでもおしゃれになれたら儲けものであります。
今年も、上向きに向上していかなきゃなぁ。って思っています。
ついでに言うなら、もっかいカンヌ連れてって誰か監督。

まぁ、ここまで書いてタイトルとぜんぜん結びつかなくなってきたんで、
なんていうか、ご縁を再び大切にしていきたいなぁと思っていますよ。
こちらから会いに行けるだけ会いに行こうと思っていますんで。
なんか、あれです。飲食店やってらっしゃる方とか、ご飯程度ならはい、その、
めちゃんこ高級料理のお店でなければいきますし、
稽古場見学とか、受付のお手伝いとかもいたしますしね、
映画の出演のオファーいただけたら、助演男優賞と海外の主演俳優賞までなら実績ありますから、
舞台とか、なんでも、呼んでください。あ、落語とかもしたいな。って最近思い始めました。
人に会いに行きます。そんな一年にしようと思ってますね、たぶん、いま。

稽古場行くだけで、すごく元気になれる、いい現場にいると思います。
タイガーの「めいめい」
まだまだ、もっとよくできるところを残しつつ、これだけの感動が今の時点であるっていいことだと思って
(こないだ通し稽古をしたんですけどこれがまぁ、ダメで、よくって)
改善の余地あれどアツい。心があったかい。
この現場で、成長して行っていると見える若い方々がいる、とそのように見えるんで。
お客様のためだけのものじゃなくって、作品を通じて、人間が成長できるって、
それはそれ、素敵なことじゃないですか。
役者なんで、そもそも、ただの人だし、俳優って人に非ざるだし、でもって優れていたり、憂いていたり、
不安定極まりないし、悩むし、暗いし、明るいし、幸せにするし、凹むし、優しいし。

感情論、根性論の前に、基礎と、筋トレと走り込み、だったりするんだけど。
今は僕は現場を埋め尽くしてくるなんか大きな感情を大事にしたいと思っています。
客席まで、これ、届いたらいいなぁ。

じゃ、寝まーす。
posted by ステージタイガー at 03:44 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 1231

今年一年の振り返りピックアップ(白井)

IMG_0209-fc65f.JPG
1月
「ファイアフライ」にでましたね。
アクションシーンの代役でバックハンドナックルをした時に肩を痛めたのが、まだ残っています。
僕はこの痛みが残っているうちはファイアフライのことを忘れないでしょう。
2017年1月、鈍い肩の痛み。

2月
お芝居始めた時からの小中の結婚式に行く。ダニエルの加藤くんとコーヒーを飲む。
タソガレ。僕にもコーヒーを飲みながら話のできる友人がいるのだなぁという喜び。
タソガレコーヒーというのは僕の知人が出しているコーヒーショップです。
狭いながらものんびりできます。

3月
「ダイバー・シティ」キャストがたくさん出ていて、若い人がいっぱい出てたので、自分の年齢を認識し始めたのかもしれないこの頃。
どうもちょうどこの頃、神社めぐりを始めたようですね。御朱印帳を買っていました。
IMG_1142-c0329.JPG
4月
いかなごの季節、「イップマン継承」来日。
僕も出させていただいた映画「ユニバーサル・グラビテーション」が名古屋で上映されたのもこの頃。
あと「エリーの晩餐会」

5月
「ラヂオきしわだ」に生放送で出演させていただき、ニュースまでも読ませていただく。
なんてこった。そのままはしごしてABC中之島春の文化祭へ。
出演は無くホットドッグ売りとして。笑の内閣さんにゲスト出演させていただきました。
IMG_1805.JPG
6月
スペドラわの「演劇フェス」で「ユカリ」上演。
ステージタイガーの新人との初共演(ダイバー・シティの時まだ劇団員ではなかったので)。
「あなたに会えたらよかった」と「ユニバーサル・グラビテーション」が同時上映
(大阪府日本橋と神奈川県海老名市で)。
あと、「会話劇部」。
IMG_1861.JPG
7月
ミクマクさんのおてつだいにいったり、羽曳野の映画祭に行ったりしてました。
そろそろ10ヶ月ほどにもなる無職期間に焦りを感じ始める。
IMG_5341-ca689.JPG
8月
暑い。らぞくまさんのアフタートークへに出していただく。
みなさん関わりのある肩だったので、最後の公演というのは残念でしたけれども、
今後も楽しく演劇をやっていってほしいしやっていきたいなと思いました。

9月
「ヘアショー」にでる!本若さんがやっている美容師さんとのコラボイベント。
かっこいい人、綺麗な人には緊張してしまうんですけれど、また会いたいなぁと思いましたよっと。
関係している美容室さんにはまた行ってみたいなと思います。仕事、見つかる!
IMG_5596-56b26.JPG
10月
「帰ってきたエキチカヘブンファイナル」にbaghdad cafe’さんの作品で出演させていただく。台詞をぶっ飛ばしたことも含めて楽しかった。

11月
48HFPで参加した映画で念願の「助演男優賞」をいただきました。超嬉しい。
ステージタイガー本公演「クロス×シーン」お芝居自体は悔い無く。
その他の周りのこと色々に課題をたくさん発見する。

12月
2月頭にある本公演「めいめい」の稽古をしています。
ちょこっと忘年会に参加させていた空いたり、
また、僕のことを読んでくださる監督さんの映画の撮影に行ったりしました。

そしてこういうのがちょっと見にくいんだろうなぁと思いましたんで、ひとまとめに。

【舞台】
1月21日〜22日 ステージタイガー「ファイアフライ」近鉄アート館
3月11日 ステージタイガー「ダイバー・シティ」
4月1日〜2日 エリーの晩餐会 episode.10 「エリーの晩餐祭」
5月29日 (ゲスト出演)笑の内閣 韓国進出公演 第24次 笑の内閣「日・韓・米・春のツレウヨまつり」アトリエ劇研
6月3日〜4日 ステージタイガー「ユカリ」シアトリカル應典院
9月18日 「Five up stage〜誰かの夢の物語〜」一心寺シアター倶楽
10月28日〜29日 「帰ってきた エキチカヘブンファイナル」baghdad cafe’「jash」コミュニティカフェpangea
11月17日〜19日 「クロス×シーン」アイホール

【その他】
5月4日 ラヂオきしわだ生放送出演
6月17日 「会話劇部」観劇三昧日本橋店
8月26日 演劇ユニットらぞくま第4回公演「Permanent Apartment」アフタートーク カフェスロー大阪

【映画】
「ユニバーサル・グラビテーション」
「あなたに会えたらよかった」
「いのちを見つめるシリーズ10 〜フードセラピスト牧統順一〜」(OSAKA 48HFPにて「助演男優賞」受賞)

といった感じでございました。


まだまだですね。
もっといいバランスを考えて、一つ一つを大事にしつつ、なおかつ広げていきたいなと思います。
来年の抱負とかそういうのはまた来年になったら考えます。
いろんな人のお手伝いをしていく一年にしたいなぁというのはふんわりと考えております。
みなさまの人生が演劇”も”ある実り多き人生でありますよう。

2017年年の瀬の夕方のガキの使いのちょっと前の頃。
白井宏幸
posted by ステージタイガー at 18:19 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 1218

アミさんのアレ(白井)

IMG_6780.JPG
昨日は牡蠣鍋を作って食べたんですよ。お鍋。冬だし、お鍋。
白菜としめじを入れて、お腹空くだろうから鶏肉も多めに入れて、
お餅なんかも買っちゃって、少し余っていた大根を入れてお鍋。
あとから、大根はおろしてみぞれ鍋にしても良かったんじゃないかななんて思って。
兎にも角にも、牡蠣鍋。
お鍋って、食べてる間にはすぐにお腹いっぱいになっちゃって、
ちょっと間をおくとまたすぐに空腹を感じてしまうアレなんでしょうね。
お鍋の季節になりました。去年も今頃にアミジロウ企画だった気がしますよ。

実は一日前に、宮野果菜ちゃんと氏野里香ちゃんがでてる(ってか宮野果菜ちゃんは脚本も書いてたけど)
ダンスのお芝居を見てきましてね。こっちはこっちで素晴らしくって。
とんでもなくダイナミックな宮野果菜ちゃんをみて「弟子にしてくれ!」って言葉が喉まで出てた。
その次の日にアミジロウ企画。その日の僕は前の日のお鍋の残りに餅をいくつもぶっこんで、
もりもりと食べてからのんびりと出かけて行って、ダンスを見たわけです。
僕もう、包み隠さず言いますと、ダンサーさんが踊ってる時におへそとか見えるじゃない
あれが、狭い意味で捉えられるとひどいんですけれど、
あの、ふわっとのぞく洗練された身体が見える瞬間がたまらないんです。
そこにはぜんぜん嘘がなくって、お餅なんかかけらも感じられない、
ダンサーさんだってお餅は食べるんだろうと思うけれども。
アミジロウ企画にで照らしたダンサーさんは、みなみな、精悍で。
かけている時間なんかが目に見えてわかる気がするんです。身体を作ることから。

僕は生活も大事にしつつ、出来るだけ世界を広げようと関わっていこうと思っていて、
ダンスを見ながら、自分のことについて考えていました。
ダンスを見ろよって感じもしますけど、ちょっと違う。
目の前で繰り広げられていることがフックになって、僕の後ろ側まで届いたわけなんです。
媒体として僕に何かが発生した、それは良いことですよ。

こないだの本番前に挫けた足が怖くって最近走れてなかったけれど、
今日は勇気を出して、少しだけ走ってみました。
めちゃくちゃ遅くなっててやんなったけど。
まぁ、続けていってみますよ。
posted by ステージタイガー at 02:28 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 1124

出番の割に衣装の多い戦いでした(白井)

IMG_6184.JPG
背中を向けているのが僕です。

いえいえ、出番の多寡についてむにゃむにゃいう事はございません。
ほんの少しだけでも、幸せな気分にさせる事のできるしあわせバター俳優、女優、いらっしゃいますから。
今回は、僕は宮川サキさんでした。前々からゆーてますけれども。
見てよし、聞いてよし。いつしかそんな人間になれればいいな夢見て寝ます。
光があれば影があるんす。
舞台上が光というならば、影の部分は、稽古のたびにはち切れんばかりの荷物を抱えて、
朝から仕事場に向かっていた事でしょうか。それこそカンヌ帰りの時よりも大荷物です。
あの時は旅行の着替えとお土産と、タキシード。
今回は、アダマンチウム製のシールドが一番の大荷物ではあったけれども、
学ラン、運動服、スーツ、スーツ、スーツ。
たくさんの荷物を持って朝の通勤ラッシュに乗り込んでいました。
とはいえ、少し遅めの時間からの電車なので、存外苦ではない程度のものではありましたけれど。
どこかでちらりと、言っていましたが、新しい職場に変わってからあまり日が経っていないもんで、
身を潜めて仕事をしております。まさかの世界の新人の白井とは思うまい。
まぁ、ともあれ毎日毎日トランク抱えて行くわけにもいかないので、
駅のロッカーのでっかいやつの中に入れてたりしていましたね。これが「闇」の部分。
重い荷物を抱えてると、結構身体にこたえますねっと。なぜ、そんなに荷物が多かったのか

スーツ。であります。今回はご覧いただいた過多にはご存知の通り、
3つの時代にまたがるお話で、全て、僕は出演していました。
壮年期の時のスーツと、青年期の時のスーツ。
そして、実は青年期の時にはもひとつスーツを着替えていたのです。
ほんのちょこっとの出番のために、わざわざスーツを着替えていたんです。
同じ時代でも、すこし時間の経過があるので、普通のスーツから、ちょっといい感じのスーツに。
僕の心の大先輩隈本晃俊さんが、一人芝居で言っていた台詞を思い出します
「衣装が芝居するわけやないねんから」

だからなんだってお話ですが。
IMG_6183.JPG
奥を走っているのが僕です。

ブルーハーツの「夢」って曲の中のとある歌詞を、タイトルに反して、非常に「現実的に」
口ずさむような二ヶ月ちょいでした。
「限られた時間の中で 借り物の時間の中で」
本来の意味って、生まれてきたからには生きてやれ、って意味だとは思うんだけれども、
限られた時間、てのは本当に、大事なもので、例えば劇作でいうと、
時間が少ないって事は、余計な事に割く時間が多いって事なんです。
早め早めに済ませておかないと、没入できない。
これは、その、とっても誤解を招きそうな事なんですが、
いいお芝居を「観たい」と思ったら、早めに予約をしてくれればそれでいいんです。
あれこれ「ありがとうブログ」のつもりだったんですが。何言ってんだ僕は。
でも、だからと言ってお客さまが悪いだなんて一言も言っていません、とっとと、
役者は、SNSだけじゃなくって、1対1の心のこもった招待状を送れって話なんで。
その、座席のお話なんですが、座席がとっとと埋まってしまえば、その事については考えなくって良くなる
という寸法です。
朝起きて働きに出かけます。夕方から稽古をして、家に帰ってなんやかや、ぐるり24時を回っています。
もう、この時点で、メールとか送れないんで、下書きをしたためるんですよ。
次の日のお仕事に行く間の電車の中で、送れるように。

いいものを作っているんだから(演技が賞賛に届いていなくたって心意気を持つ事は大前提)
死に物狂いで届けなくっちゃいけない。お知らせをしなくちゃいけない。
環境が変わったとはいえ、僕は、それを頑張ろうと決めたのでした。
半年間が、ひとつの区切り(本当は区切りなんてなくって、打ち上げた次の日からまた電車に乗る)。
ずっとやっていくための方法を見つけるための、限られた時間、と思って。
僕なんて、名前でお客様が来てくれるような人間ではないですから。
もっともっと、がんばらないと。息切れしそうになっても走らないといけない。
(舞台上にはそういう現実的な事は持って上がらないんですけれどもね)

多分、劇中で描かれなかった空白の部分。それが、ここの部分なんです。
朝から晩まで仕事をしてるだとか、夜遅くまでブログを書いているだとか、
小道具を買い集めるためだったり、稽古場を抑えるために少ない時間をさいて走り回ったり、
トンテンカンと美術を作ったり、寝不足で機嫌が悪くなる事だってあるでしょうよ、
とっても、現実的で夢のない話で、少し後ろ向きな事を書いてしまっていますけれど、
描かれない地味で地道な事がない限り、立ち上がらないものがある。と思います。

がんばっているひとたちの、おはなし。
「クロス×シーン」

ご来場誠にありがとうございました。

不名誉な怪我をしてしまい(大した事のない捻挫です)、少し足をひきづっていますが。
人生はまだまだ続きます。
来週からは若い学生たちの人生の一区切りに立ち会います。
2018年2月3日と4日 「めいめい」 近鉄アート館にて。
休む事も仕事と思って、おちおちと休みます。またらいねん。
posted by ステージタイガー at 02:44 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 1027

普通の方のブログを。(白井)

IMG_5900.JPG
なんのこたぁない。
こないだ居酒屋に一人で行ってきましたよって話です。
この居酒屋に通っていたのはもうそりゃ、7〜8年前。
劇団天悟さんに客演していた時の事。寺坂吉右衛門とか茄子小路畝とかを演じていた事。
なすのこうじうねですよ、いい名前でしょ?なすびこうじうねだったかな、どっちにしたっていい名前。
あの頃の懐かし話をするとおもしろネームが飛び出してきたりするんですが、
まぁ、その話は置いといて。ですよ
とみずさんがね、今回ゲストで出てくれるという事だったので、
思い出のお店に、一人で行ってきたわけです。
天悟さんの看板女優であってとみずさん。天悟さんに出ていた僕がよく寄せていただいていた
居酒屋「どっこいしょ」懐かしい懐かしいと思いながら行ってきまして
父ちゃん、母ちゃんにチラシを渡してきましたら、「見に行くよー」ゆーてくれて。
嬉しいなぁと思いましたとさ。というお話です。

いやはや、本当いうと、毎日でも伊丹付近を飲み歩いて、
お店のマスターだったり、そこに来ているお客様だったりを巻き込んで、
お芝居を見に来ていただけませんものかお願いしたいものでございましてね。
お酒でも入らないと土下座もできませんもので。
見に来て欲しい、お願いします。という事を、しきりにたくさんの人に伝えて回りたいものなのです、
とはいえ、仕方のない身体は一つなので、ツイッターだったりフェイスブックだったり、
ラインだったり、メールだったり、なんやかやといった方法でお知らせをするしかないわけでございます。

そんなわけでありまして、僕からの不躾な宣伝メールめいたものが届いたとしても、
優しい気持ちで笑って許してくれれば嬉しいのであります。
とかなんとか言いながら、今週末は「帰ってきたエキチカヘブン」というイベントに、
結構大事な時期であるにもかかわらず、出させていただいております。
いろんな事をがっつりと決めなきゃいけないんだけれども、
baghdad cafe'さんは、というか泉君の考えることは僕も美味しく考えられる感じがするので、
誘ってくれたので乗っかってみたいなという思いで、今回お邪魔させてもらっています。

詳しくは拙ブログにて。

台風がまた来ている感じがしますけれども、
土日を台風が襲ってくる感じがしますけれども、堺のパンゲアというカフェに来ていただけたら嬉しいです。
そしてまた、気が向いたならば、伊丹のアイホールにまで「クロス×シーン」を。
これはしっかりと。お勧めできる作品です。
これも、ですね、baghdad cafe'の「Jash」も。面白いです。
あんまり稽古いけてないですけれども、本番の場所でどんどん面白くなっていきます。
これはなかなか、面白い試みだなぁと。
あんまり固めていったら面白くなくなるなぁと思っているし、
でも、きちんと見せるためには準備は必要だしで結構オモシロを目指すためにさじ加減が難しい。

場所を(あとはとあるわがままで面白い条件が追加されていますが、またこれは別の話で)
よく考えた、その場所でしか見せられないだろうお芝居になっています
そこで、問題なのが、僕がその「場所(パンゲア)」を見たことがないんですよ。
問題というか、残された不確定要素、と言いますか。
カラクリはあんまり言っちゃいけなさそうなので。だんまりを決め込みますが。
僕が稽古場で言った「ブラインド会話劇」ってのがなんだか定着しちゃって、
それはそれで嬉しいんですけれど。そんな感じのお芝居。なのか?
会話劇みたいな、空気を読む、ってことは今回必要なのか?っていうのとか、
いろんな事をぐるぐると考えながら(台詞覚えにくいなーとか考えながら)、
稽古に励んでいるところでございます。

お時間あれば見に来てくださいな。
よろしくお願い致します。
おやすみなさいまっし。
posted by ステージタイガー at 02:44 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 1013

きっつきつの現状をなるべくゆるーく。(白井)

IMG_5607.JPG
拙ブログをなるべく毎日書こうとしていたら、こっちがあんまりかけていませんデシタナー。
申し訳ありません。
根拠のない自信ばかりが先行していて、自分のお芝居がないがしろになっておりましたんで、
超反省しています。反省はしますが凹みはしない。そのくらいの年齢にはなってまいりました。
稽古場も、少しづつ進んできたので、もうあんまり新人には目をかけないようにするぞ!
(多分、かけると思うんだけれど、うん、あいつら、元気で頑張るから可愛いんだこれが)
この感情がもしかしたら、アレ、なんていうの、甘やかしてるんかなぁ、そんなことないんかなぁ。
やる気だけはあるんだよな的な新人を、こう、一喝!ってするくらいの、真の優しさを、ですね。
や、そういうことを考えているから自分のところがダメなんだ。
セイヤは歌謡曲を聞けばいいと思うねん。身体の中にある節回しとかリズムがなんか足りへんねやろな。
僕の芝居だけで、みなさんの幸せタイムになれるような芝居を、なんとか作りたいもんです。
出番が少なかろうが、衣装がダサかろうが、その人が立っているだけで、誰かの幸せになる可能性は、ある。
僕にはある。僕は好きな役者さんが、舞台にいるだけで、
(もちろん、その人がどれだけの時間をその作品に注いできたかは一目瞭然であるわけなんですが)
それだけで、幸せになれる、そんな役者さんは僕にはいるんで、
現実的に空想の世界の役者像ではないはずなんです。

写真と書いている内容が乖離してくるけれども、それはそれいつものことだけれども、
少しづつ修正していきますよ。ある程度大事な話もありますもんで。
まずはね、毎年恒例の、48HFPであります。48時間でお題をもらって映画を作って納品するアレです。
役者は台本が上がるまではだいたい待機で出演が終われば早々に帰宅できる、
そのあと、監督さんとか編集さんとかがヒイコラ言いながら、役者だけが打ち上がって、
心の距離があいちゃうんじゃないだろうかと心配になってしまう秋の個人的な風物詩、
「48Hour Film Project」に今年も、なんとか、キュッと割り込みさせていただきました。
その流れや内容については拙ブログでちょこっとだけ語らせていただいています。見てねー。
で。その映画の上映会がななんと! グランフロントのナレッジシアター で!

10月22日(日)
プレミア上映会
グループA 12:30〜 / グループB 17:00〜
いずれも、開場は開演の30分前
※白井参加のシネマズギックスはグループAのラストで上映されます。
 ☝︎じわじわ面白いという評判を聞いているよ。
※白井がこれまでお世話になったDESIREはBグループの中盤くらいで。
 ☝︎小永井君とよねまりが芝居をしているよ。二朗さんの本だし面白そうだよ。

ま、ともあれ1000円で15本くらいの短編映画が見れるので、グランフロントに、きてね。

そんでそんでね。 今月にも一つお芝居に出ます んです。
IMG_5596.JPG
そんで、名前はまだなゐさんが主催する「エキチカヘブン」というイベントにも参加させてもらいます。
これについても、ザクザクとブログを書いてはいるんだけれども、参加したことのないイベントなので、
失礼なことをいっちゃぁいないかと思っていたんだけれども、
ツイッターで、ご丁寧に名前はまだなゐさんの中の人が、そんな感じです。とお返事くれていたので、
そんな感じのイベントなんでしょう。どんな感じかな?って思った人は、もう一度、拙ブログへ。
ひねもすのんべんだらりんのたりのたりできる人におすすめ。天気になることを祈ってください。

んで、念願(だったかどうかわからないけれども)叶ってbaghdad cafe'さんと創ることになりました。
つるりさんはこないだの松原公演「ダイバー・シティ」にも出ていただいた女優さん。
で、看板女優でいろんなところに出ては独特な存在感を出す一瀬尚代さん。
いずれも共演させてもらったことはあるんだけれど、ホームの芝居に乗り込ませてもらうのは初めて。
てか、baghdad cafe'さん自体初めて。劇団員3対僕1!
全然緊張感なく、だらりんきゅ!ってはじけられた初稽古でしたよ。
飲みにも行って、楽しかったんだよ。その翌日に48映画祭だったんで疲れたんだよ。
その翌日に、それはまた別の話なんだけれど。
でも、あと数えるほどしか稽古に参加できないのが恐怖!
早めに台本を覚えなきゃって思っています。楽しんでもらえると思うので、よろしくお願いしまーすね。

『帰ってきた エキチカヘブンファイナル』
2017年10月28日(土)&29日(日)
10月28日(土)14:00
10月29日(日)13:00
※開場時間は各30分前より。各日開演時間が異なります、ご注意ください!
僕らの出番も、まだ確定していません。土曜日にはタイガーの稽古もあるしな!!

そうなってくると 見に行けないのが辛い! ってわがままを言いだすんです。
IMG_5710.JPG
今思いついたけど、ちゃんなつはとりあえず、是常ゆみのジュラシックタイプのバージョンを目指せばいいんじゃないか。
もう、御察しの通り。眠くなってきていますよ。
カヨコの大発明さんの30*30を本番見に行けないんで、ごめんよって言って、
48時間映画祭の翌日にお稽古場にお邪魔させていただいてきました。
快く迎えてくださった皆様、本当にありがとうございました。
めちゃんこ朝には疲れが溜まってしまうんだけれど、倒れない程度に攻めていかないとなーって思ってます。
ブログ書いてる暇があったら台本読めだし、宣伝メール送れだし。
他にもたくさんやることあるんだけれどもね。
人に会って栄養をもらえるくらいにはなってきたので、あとは、適度な睡眠で乗り切ります。

といった感じで。
ステージタイガー「クロス×シーン」
11月17日から19日 伊丹アイホールにて!
特設サイトを見てくれたらいいと思います。
台本読んで寝まーす!
posted by ステージタイガー at 01:03 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0930

慌ただしい(白井)

IMG_5453.JPG
新しい環境に移ってあれです、まだ一月くらいしか経っていないので、
仕事覚えるのに頭がじりじりと熱くなってくる感覚があるくらいに。
時間的には落ち着いているのですが、体力というか、なんというか、
バランスが現在微妙に取りきれない数日を過ごしております。が。
いくつか嬉しいお話もいただくことがあり、こんなタイミングですが、
いくつもお受けしてやろうかと思っています、出演とか飲みの誘いとか。

たいていお稽古があると断らざるを得ないんですがね、
身体の空いている限りはいろんなところに誘っていただければほいほいとついていこうかと思っています。
なるべく社交的にやっていきたいと思っています。
とはいえ、元来引っ込み思案で調子乗りという全く仕方のないやるせない性格なもので、
この歳になってもあっちこっちで失敗をして後悔をすることがあるなぁと、
今更ながらに思うのであります、ありますからして、頭のわるいのをなんとかしてもらいたくて
閻魔さんのところに行ってきて、線香を立ててまいりました。
少しでもましになればいいなぁという淡い期待とともに。
IMG_5448.JPG
マグロの脳天なんかも久々に食べたいなぁと思うところではありますが、
先日などは焼き鳥屋さんに行ってきました。
近所に焼き鳥屋さんで、ほとんどいつも、ふらっと立ち寄っては満席ですって言われてしまう店。
電話で今回は予約したんだけれども、9時以降の予約は受け付けませんと、
そしたら8時半で、って言ったら、結局30分にくると言っても、45分くらいになると、ねぇ〜
なんて言われ方をして、お値打ちぶっこかれちゃったんですけれども、
行ってみたらお店ほとんど空いていて、予約なしでもこれたじゃねーか!
って、ほとほとタイミングの問題だなぁと、いいことあれば悪いことあるし、
その逆も、いいことばっかり続くこともなければ、その逆も。

今度のお話はそんな話になりそうなんですが、今回はその話はなしで。
悪いことがあっても、タイミングよく救いの手が向けられてたりするここ1年だったなぁと。
そんな風に思っています。最ダメな時期が1年ほど前にあったんですけどね、
その都度、都合よく他人様のお力を借りながら首の皮をつないでつないでなんとかやってこれました。
しんどい人のところには、なんとなく優しい力が流れてくれるのかなぁと思ったり
しんどい時には、きっちりと、しんどいを伝えないと、助けることもできないから、
声を出すことは大事だよとは、経験上いいたいですな、無理はせんでいい。と。

そういう風にできてるのかなぁ、なんて楽観的に思いつつ、
そういうのは、感謝を忘れるとなくなっちゃうもんだぞと、引き締めつつ、
これからとりあえず半年間は頑張って息継ぎのタイミングを見極めていこう、
そういう風に思っております。
IMG_5488.JPG
カレーをスパイスから作りたい。
そういう思いがありますねん。こないだスパイスカレーの作り方の本を見かけて、
「おやおや、案外これは難しいものではないぞ」って思えたので(家事はできる白井だ)、
また今度試してみたいなと思っています。
そんで、なんでさっき「半年間は」と期限を切ったか、ということですが。
まぁ、内緒です。
下半期。

今日も稽古、がんばりまーす。
posted by ステージタイガー at 12:34 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'17年 0913

楽しかったんやろなぁ(白井)

IMG_5389.JPG
今日はザキが若手と作っている有馬九丁目の稽古場に行ってきました。
ラストシーンを作ってて、役者が足りないということもあって、そしたら劇団で助け合おうってことになって。
そういうわけで代役に、虎本、谷屋、白井、南、で遊びに行きました。
ラストの方の結構動きのあるシーンだったんだけれども、まぁ、さすがにザコキャストの経歴の長さがあってか、
僕はすぐに段取りは身体に入りましたね。ザコの動きは身体に馴染む。
もっと身体動かして心に繋げていかないとなって反省をした、というか、心動かすために身体を動かさなきゃ。
わかっていながら、取り組めていないところがあるので、良きように改善していこうと思います。
ってことは、自分の持ちネタみたいにダンスでも踊れればいいってことになるのだな。
一人芝居で控えてる時にコロさんがやってたみたいなあんな感じだわな。
えぇ歳になったけれども、流れのままに怠けてたら止まってしまう。心の震えもなくなったらもうおしまいだけんね。
とはいえ、やっぱり自分のところは落ち着くんかして、稽古終わりには晴れやかな気分で帰りましたよ。
唯一客演できてた彼にも感謝。若手が迷惑かけるが、もうひと頑張り頼んます。
IMG_5402.JPG
とは言っても、別に悲観してるわけではない。と思うんです。
あ、あれ、気を使ってかな、わざとかな、稽古場で率先してふざけていたのがタイガーの大人。
別にふざけていたわけではないけれど、ガヤガヤとしてたなぁ、
僕個人的にはうるせぇなぁなんて思って見てたけれど、あれはあれで場の空気をよくしようと気を使っていたのかな。
僕はそういう、他の人が気を使ってくれているところに気付けないところがあるから残念なんだな。
ってたまに思うことがあります。
ま、そうでないとしたら、お芝居をしてられる場所が楽しかったんだろうなって思いますね。
何はともあれ、ものを作る場所が、そもそも楽しくないわけがないんで、
向上心持ってもうひと頑張りしていきましょうな。

お話も、なんか最近の社会の空気にあった感じもする。
少し批判的で、少し希望のみえる、空想的なお話。
そういうところにあってどれだけ、真に、生きられるかを考えてしまうのが僕の作り方だが、
さて、若手はどんな取り組み方をしていくのだろうなと、楽しみでもあります。

「それっぽいお芝居」だけはしてくれるなよ。

嘘さえつかなきゃ何やってもいい。
本当に、悩んだり、 本当に、勇気を振り絞ったり、 本当に、逃げ出したり、
とにかくどんなことでも、本当に思ってやってくださいな。
思ったことが、案外とすぐに思いつくような安易なことだとすると、それは自己欺瞞なのかもしれないよ。

ま、それはいいか。
文脈が乱れてきたので眠ります。
楽しかったです、稽古場で声出して動いて考えてしてたの。まだまだ時間はあるからね
僕が出る本番(18日の月曜日は見に来てください!)よりも、君ら、あとやからね。
まだまだ頑張って!
IMG_5403.JPG
『METRO』

作・演出 岡崎マサフミ

【日時】
2017年 9月23日(土)24日(日)
23日(土) 18:00〜
24日(日) 13:00/17:00〜
※開場・受付開始は開演の30分前

【会場】
日本写真映像専門学校・実習棟1階ホール
〒546-0023 大阪府大阪市東住吉区矢田1−5−9

【料金】
一般:前売1,500円 当日1,800円
学生:前売1,000円 当日1,300円(要学生証)
※全席自由席

【予約】
チケット予約はこちらから!

【出演】
鍋海光
竹林なつ帆
椿優希
小林聖也
ザキ有馬(以上、ステージタイガー)

海月
羽鳥冴(ユニットエストロゲン)
垣内大
脇田友

【詳細】
有馬九丁目のサイトに飛びます

では、お休みなさいな。
posted by ステージタイガー at 01:44 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」