ステージタイガーへ

'17年 0917

カムバック!(虎本)

執筆地獄から、無事に生きて帰ってきました。

写真 2017-09-15 9 08 14.jpg

虎本です。写真では分かりにくいのですが、ここ2週間。
ずっと目の下のクマが消えませんでした。

688001705.jpg

まさに、ウェルカムトゥザダークネスワールドと言わんばかりに。

それもこれも、『クロス×シーン』の執筆のため!

皆さん、トップページの画像が変わっているのに気付かれました!?
そうですよ。ついにヴェールを脱ぎましたよ。
俺の全てをぶつけて書きました。書き絞りましたよ。
今までの方法論を全て踏襲しつつ…新しい一歩を踏み出せたかと思います。

写真 2017-09-14 21 18 14.jpg

家で書けないときは、近所の某ファストフード店に籠もり!!!

文字通り死ぬ気で書きました。
先程、ひっっっっさしぶりに、8時間ほど眠りました。
生き返った! 睡眠大事!
帰ってきました。もう大丈夫やで。
ステージタイガー『クロス×シーン』
凄い大作ですよ。

20170915 初読み&椿誕生日_170917_0029.jpg

初回稽古=初読み合わせ
は露骨に事前に読み込んできている人間とそうでない人間の理解の差が出ました。

難しい…わけではありませんが。
この作品、とある仕掛けというか、仕組みがあります。
客席に優しく。俳優に厳しい!

さあ、どうなるものか。お楽しみに。

『クロス×シーン』のこりっちページも出来ております。皆様『観たい!』コメント、よろしくお願い致します。

posted by ステージタイガー at 18:15 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0908

生きてます。以上!(虎本)

虎本です。
タイトルの通りです。

写真 2017-09-07 10 12 07.jpg

blogの更新が滞り申し訳ないです。
ハッキリ言おう。

冷房にやられた!!!

暑さに強い虎本ですが、寒さには恐竜並に弱いです。
10日程、グッタリしておりました。もう大丈夫ですが。
皆様、クーラーは程々に…。

写真 2017-08-13 13 57 48.jpg

サンセットバラードの上演を終え、現在虎本は必死のパッチで次回作を執筆中です。
何をって…?

ステージタイガー
『クロス×シーン』ですよ!

写真 2017-09-03 21 08 45.jpg

真面目に

写真 2017-09-07 18 43 25.jpg

死ぬ気で、家からほとんど外に出ずに、書いております。
唯一の楽しみは自炊で秋の味覚を堪能する事。
けど、書き進める物語が俺を加速させる。
重厚。
そして多層。

なかなか凄い物語になるんじゃないでしょうか。

ある男の人生の話です。
ここまで人の一生を描ききる話は初めてかも知れません。

ご期待ください。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 06:45 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0820

高橋ヒロムTシャツ着て新聞載りました(虎本)

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
虎本です。
内藤哲也の大本命の優勝ながらその試合内容にため息をついたり
内藤の「主役は俺だ」のマイクアピールにグッときたり
ケニーオメガの凄さに驚愕したり。
負けたケニーに駆け寄った飯伏に涙したり。
帰って来た柴田の姿に号泣したり。

それぞれにお盆を満喫された事と思います。

虎本は

写真 2017-08-17 7 42 09.jpg

新聞載りましたよ!
朝日新聞の大阪版!
高校野球ページの隣りにデカデカと。
人懐っこい好印象の河口円プロデューサーの横で、暑苦しく笑う男。
それが虎本剛。

しかも着ているTシャツはプロレスラー高橋ヒロムのもの。
ダイナマイトが爆発してる、という反社会的なもの。
ごめんなさい。
そんな芝居じゃないのに。
ポロシャツ着ていけばよかった。
演出らしくジャケット着用していけばよかった。

後悔してもしょうがないので、宣伝させて下さい。

いよいよ25日から
DOORプロデュースD『サンセットバラード』始まります。
8/25-27@in→dependent theatre 1st 
(詳細)http://baku-seisaku.seesaa.net/article/451434176.html
(予約窓口)http://ticket.corich.jp/apply/82572/010/

期待してて下さい。
きっとココロに訴えかける作品になってると思います。

写真 2017-08-04 18 42 22.jpg

思えば虎本のお盆はこの作品に捧げました。

演劇の夏。
サンセットバラードの夏。
これが終わればいよいよステージタイガーの夏も始まります。
クロス×シーン。
こちらも凄いの作りますよ!


写真 2017-08-14 1 08 10.jpg

届いたDFGのピンバッヂをつけて、さあ今日も稽古に行ってきます!
posted by ステージタイガー at 13:50 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0812

すべては…EVILだ(虎本)

お盆! 皆様いかがお過ごしですか!?

虎本は実家に帰る事も墓参りも出来ず。



写真 2017-08-05 12 29 36.jpg


取材!

写真 2017-08-05 12 27 27.jpg

取材!

そして稽古の毎日です。
あっという間に38歳になっておりました。

そんな中、刺激を求めて

写真 2017-08-05 19 00 14.jpg

やはりプロレスへ。
新日本プロレスG1クライマックス 大阪府立大会へ行って参りました。

メインイベントは全勝で突き進む絶対王者こと、オカダカズチカ。
もはや強すぎてブーイングが起こる程にまでになったオカダに挑んだのは、オカダの後輩にあたるEVIL。

何となく会場の雰囲気も「誰かオカダを倒してくれ」という空気に包まれ、大EVILコールが発生。
結果EVILがオカダの必殺技レインメーカーをカウンターで返し文句なしの勝利!

いやぁ、久しぶりに声だして叫びました。凄い現場に立ち会えたもんだ。

写真 2017-08-08 22 59 37.jpg

思わずTシャツ買いました。EVILじゃなくて高橋ヒロム選手のですが。

プロレスいいですねぇ。シンプルに熱狂できる。

けど、それだけじゃないぞ。
シンプルじゃない、奥深い面白さがこの世に存在するぞ!

というわけで、DOORプロデュースDサンセットバラード
絶賛予約受付中です。
初通し稽古を終えました。

まだ×10 改善点の山ですが。
何か凄い感情になるぞ。


DOORプロデュースD「サンセットバラード」8/25-27@in→dependent theatre 1st 
(詳細)
http://baku-seisaku.seesaa.net/article/451434176.html
(予約窓口)
http://ticket.corich.jp/apply/82572/010/

お待ちしております!

虎本剛


posted by ステージタイガー at 14:11 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0804

ターニングポイント(虎本)

朝からトレーニング。

写真 2017-08-04 9 14 31.jpg

虎本です。
平日午前中のジムはご高齢の方とワケありトレーニーばかりだぜ。

さてさてこの1週間。僕は

写真 2017-07-30 16 47 22.jpg

本を読んだり

写真 2017-08-03 8 15 48.jpg

本を読んだり

写真 2017-07-29 18 42 24.jpg

祭に行ったり

写真 2017-07-31 0 55 34.jpg

ドラクエ始めたりしました。

で。
タイトルなんやねん!という話。

ステージタイガー次回公演 クロス×シーン の一つ前のタイトルです。
そうです。
ターニングポイントの話。
ちゃんと取材を重ねておりますから。

ヒントは上の写真の中に少し。

さあ、書くで。任せとけ。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 10:37 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0728

枯れた技術の水平思考(虎本)

おはようございます。
虎本です。

この一週間、僕は

写真 2017-07-27 14 11 37.jpg

福祉施設が経営されているカフェでランチをして、感銘を受けたり。

写真 2017-07-21 15 44 53.jpg

海が見たくなり、大阪湾をブラブラしたりしていました。

そんな中、僕が大きく心を動かされた出来事。

0726ビジュアル-664x373.jpg

新日本プロレス、棚橋弘至選手です。
現在G1クライマックスという、連戦に継ぐ連戦のシリーズを闘い抜いておられます。
棚橋選手は腕を負傷しており、ハッキリ言うと万全ではありません。
もっとハッキリ言うなら、もう最先端、ナンバーワンの選手ではありません。
若手に、もっと動けて斬新でファンを熱狂させる試合をする選手が沢山でてきました。
ファンによっては「棚橋は古い」と揶揄される事もあります。

そんな棚橋選手が最近よく使うのが表題の言葉。
元々はゲームクリエイターの横井軍平さんのお言葉ですが、「既にある技術をウマく使う事で新しい価値を生み出していく」というニュアンスで棚橋選手は使われています。

そう。新しくなくても。過激でなくても。
それを組み合わせ、大切に使う事でいくらでも何かを生み出す事はできる。

そんな棚橋の言葉と試合は僕に勇気をくれています。

写真 2017-07-21 15 37 13.jpg

もっとシンプルに。
新しさ以外の価値観を見出していきたいと思います。

さあ、ステージタイガーも色々決まってきましたよ。
もう少しお待ちを!

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0720

遅攻(虎本)

アツいですね。
でも、僕は気温が上がれば上がる程、テンションも上がり、よりアクティブになります。
しかも疲れ知らず。
どんどん創作意欲がわいてきて、どんどん実行。

夏、超有利です。

写真 2017-07-16 18 17 33.jpg

常に鞄には替えのTシャツが2枚。
虎本です。

さて、今週の僕は

写真 2017-07-15 8 06 28.jpg

本を読み

写真 2017-07-15 8 06 16.jpg

本を読み

写真 2017-07-15 1 07 31.jpg

本を読み

写真 2017-07-20 0 53 24.jpg

稽古に明け暮れた1週間でした。

最近、演劇において目指す…というか、アンチテーゼ…というか。
そのようなものがあります。

それは表題の『遅攻』。
ゆっくり、じっくり、というもの。

派手さだけ、テンポだけを追求するのではなく。
流れる時間をコントロールしながら、作劇できないか…という事を考えています。

今、稽古しているDOORプロデュース『サンセットバラード』はまさにそれが顕著に出た作品になると思います。いえた言葉より、いえなかった台詞。
そこに着眼しています。

世の中において、情報が溢れ。
色んな意見が出て、あっという間に流れていきます。
そんな中、埋もれた言葉。
伝えられなかった想い。
でも、溢れ出たもの。

そんなものが表現できたらと思います。
それはステージタイガー次回公演『クロス×シーン』でも考えています。
アツクルシさの中にも、圧倒的濃密な沈黙を。

今週も虎本は修行に出る。もっとオモロなってきますからね!
---------
DOORプロデュースD 「サンセットバラード」
作・演出 虎本剛(ステージタイガー)

【出演】
是常祐美(シバイシマイ)
うえだひろし(リリパットアーミーU)

大西千保
松村里美
AGATA(Project UZU)

小川十紀子(遊気舎)
早川丈二(MousePiece-ree)

【日時】
2017年8月25日〜27日
8月25日(金)16:00〜/19:30〜
8月26日(土)15:00〜/19:00〜
8月27日(日)13:00〜/17:00〜
※開場は開演の30分前 受付開始は開演の45分前

【会場】
in→dependent theatre 1st
map.png

【料金】
前売一般3,000円 
前売学生2,500円(高校生以下・要学生証)
※当日券は500円アップ
※日時指定・全席指定席

25日(金)16時の回のみ「プレミアムフライデー特典」あり
※会社の名刺を提示したら前売代金より500円引き

【ご予約】
虎本専用予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/82572/010/


虎本剛



posted by ステージタイガー at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0714

終わる ということ(虎本)

アツいのは嫌いじゃない。

写真 2017-07-14 0 37 31.jpg

夏男(自称) 虎本剛です。
皆様、先週の深夜番組『ミュート!』観ていただけましたか?

虎本(ヒゲあり/なし)を見つける事が出来ましたでしょうか?

若いディレクターと共に、新しいものを生み出す。
実に刺激的な現場でした。
僕らが普段行っている演技というものが、いかに音声と言語に頼っているのか。
改めて考えさせられました。

そして次は

写真 2017-07-12 21 38 33.jpg

DOORプロデュース「サンセットバラード」
久々に…というより、ここ10年内で一番、演出しがいがある作品になりそうです。
なんというか。僕の作品はいうなれば「ベタ」。
笑いあり、涙あり。
どなたにも共感できて、感動保証!
という感じだと自己分析しているのですが。

この作品はちょっと違う。
明らかに作家の僕が、観客を飛び越えて、何かを生み出しています。
それを演出家の虎本剛がどう観客席に届けさせるのか。
自分内の喧嘩…というと言葉が荒くなるのですが。
創作の自問自答の日々です。
是非、劇場で見届けてやって下さい。

これ、多分僕のターニングポイントになりそうな作品です。

稽古しつつ

写真 2017-07-11 16 33 51.png

サトシピカチュウ追いかけつつ

写真 2017-07-14 0 15 23.jpg

週末はこれを読みふけります。

ステージタイガーの次回作「クロス×シーン」を考えながら。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0707

ライジングサン(虎本)

虎本です。
今週もまた色々ありましたよ!

20170702_170707_0011.jpg

おめでたい席に呼ばれ、皆で祝福してきました。
昔からの演劇仲間のサプライズ結婚披露宴?祝賀会?にて。
おめでとう、ぽるん、天堂君!
そして石田さん。


若い二人が…なんて思ってたけど、実はもういい感じの年齢で。
しっかりした考えを持っていて。
ちょっと安心し、感動した1日でした。

そしてその日に書き上げたDOORプロデュース「サンセットバラード」の顔合わせが!

S__9388038.jpg

いきなり飲み会の写真でゴメンナサイ。
ちゃんと読み合わせもしてきましたから。
前回の「父が愛したサイクロン」で一気に上がってしまったハードルを。
今回、越える…事はなく。越えないわけでもなく。
別のルートで新たな道を突き進んでいこうかと思います。

まだ俳優は誰もラストシーンのビジョンを描けていない!
※当たり前だ。
とても心揺さぶられる話になる予定です。

大人ばっかりの座組。僕よりキャリアのある方々が大半です。
こりゃ楽しみ。
そしてチャレンジ。
虎本、さらに成長して戻ってきますからね。

そして、そんな虎本の現状の頑張りが今日! テレビでオンエア!
脚本協力 そしてこっそり出演しております。



【番組名】
究極のアテレコ劇 生瀬&小藪のミュート! 〜役者vs芸人2つの物語〜

【チャンネル】
ABCテレビ

【日時】
7月7日(金)深夜24時24分
※探偵ナイトスクープのあと!

日々これ、成長。
日々これ、素晴らしい事だらけ。
是非観てやって下さい!

虎本剛

posted by ステージタイガー at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0630

サバイブ!(虎本)

皆様blog久しぶりのblog更新です。
ごめんなさい。

写真 2017-06-29 22 09 31.jpg

虎本です。
執筆作業に負われ(お前のせいやろ)
足の怪我に泣かされ(お前のせいやろ)
怒濤のように駆け抜けた6月が終わります。

その合間に

写真 2017-06-21 23 33 13.jpg

近所のラーメン屋にいったり
※このラーメン屋のクダリは僕(虎本剛)のFacebookに詳しく書いております。ぜひ読んで下さい。

写真 2017-06-23 12 02 43.jpg

近所の焼き肉屋さんのランチに足しげく通っていたりしました。



食べてばっかりやないか!!!!




そんな事ないです。





近所をジョギングしてました






写真 2017-06-21 16 45 13.png



レアポケモンを求めて








いや、ちゃんと表現活動もしてますから!

ステージタイガーの基礎練は皆勤賞。
よりハードになった筋トレに青息吐息ながら奮闘しました。




その写真あらへんやん!





さぼってはないですからね。
ちゃんと


写真 2017-06-21 15 02 19.jpg


俳優の仕事もしてました。


7月7日24:24からABC朝日放送
「【究極のアテレコ劇】生瀬&小籔のミュート〜役者VS芸人・・・2つの物語」
の脚本協力、そしてこっそり出演しております。
ぜひ観てやって下さい。
https://thetv.jp/program/0000926138/


明日はシナリオと演出のWS。
先生してきます。

人生1勝1敗1引き分け
まだまだ闘える!

虎本剛
posted by ステージタイガー at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0616

プロレス観に行って来た話(虎本)

基礎練習。白井君発案の筋トレによって朝から筋肉痛。
虎本です。
疲れた…て。
そんな弱気な事いってちゃ駄目なんですよ。

なんたって

写真 2017-06-11 15 21 53.jpg

プロレス観に行って来たんですから。
というわけで先日。大阪城ホールに新日本プロレスを観に行って参りました。
超満員。
大熱狂。
凄い。

よく言っているのですが、ここまでの熱がプロレス会場に戻った事に涙してしまいます。
川に魚が戻って来たで!みたいな。

そんな不必要に出来上がっていた僕ですが、もう大変に満足。満喫。

プロレスファン歴30年の僕ですが、初めて生で60分フルタイムドローの試合を観ました。

写真 2017-06-11 20 42 55.jpg

ただ、僕の中で一番心にきたのは、メインよりもジュニアの高橋ヒロム VS KUSHIDA。
ギュッと中身の詰まった、感情が込められた試合。
そして棚橋内藤のフィニッシュ。

プロレスも芝居も、長さよりも派手な展開よりも、そこに込められた想い、感情なんやなと思うのです。

そんな芝居が作れたらええなと。
強引に締めつつ。
今書いている台本に向かいます。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0609

ご来場ありがとうございました(虎本)

遅ればせながら、ステージタイガー『ユカリ』ご来場&ご観劇ありがとうございました。

baatri_170609_0234.jpg

縁劇フェスという形でスペドラに関われて良かったです。
初めましての方に、お久しぶりですの方に。
沢山の出会いがありました。
ただただ楽しく過ごさせていただきました。

惜しむらくは、僕が所属していた前劇団の話を随所随所で出されるとこが。
僕にとって前劇団の話をされるのは、例えるなら…今交際している方の前で、以前に交際していた方の話をされるようなもので。
おおっぴらに言わないで欲しいし、言いたいのなら、僕一人だけの時にして欲しいのです。
笑い話にもならない、僕としては。
そのくらい、今を、ステージタイガーを大事にしているのですから。

と、愚痴はさておき。

実験と言い続けた『ユカリ』もよい評価を頂けて良かったです。
タイトルにもある『ユカリ』という女性を一切出さず
その周囲の人の人間関係をできるだけグレイな(想像力をかきたてるという意味で)範囲で描き
いくつかの疑問(なぜユカリは出て行ったの?なぜ戻って来たの?など)を残し
最後に『ユカリ』本人の独白で回収しつつ終わる。

本読み段階では俳優の『?』が凄かったし。
稽古段階では様子を観に来た劇団員から『正直、よくわからなかった』と感想を言われるし。
ギリギリまで台詞を入れ替え…
実は不安でしょうがなかったのですが。


客席を信じて良かった。



ほんまにありがとうございます。
この実験結果は次に活かします。

今回、参加団体で一番の年長になりました。
※劇団存続年数は一番ではないのですが。

見渡せば
僕には見えない世界が見え
僕よりもハイセンスに物語を紡ぎ
僕よりも実験的な取り組みを正々堂々と行い
僕よりもシビアに作品を練り上げる
そんな表現者達に囲まれていました。
僕、一番平凡でマジョリティに近い感覚を持った作演出家だったかもしれません。
ザ•普通のおじさん です。

けど。
『ユカリ』もいうてましたけど。
もうそういうのはええか、と。

僕は僕が思う心が揺れる瞬間を。
僕に見える普通の世界を。
丁寧にまっすぐ描いていければええんや、と思います。
これは弱音とかじゃなくて。決意として。

当日のパンフレットにもありましたが、次回は11月。その間に何かあるかもしれませんが…
しばし、潜伏し、備えます。
少しだけ、お待ちください。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0603

CHAMP IS HERE!(虎本)

皆様、いよいよステージタイガー最新短編作品『ユカリ』始まります。

写真 2017-05-26 18 34 44.jpg

虎本です。
ツーブロックではない。刈り上げているのだ!

さあ、いよいよ明日か…と感慨に耽っていたその時。
ついにアレが届きました。

そう。


アレとは





写真 2017-06-02 23 15 00.jpg




チャンピオンベルト。

皆様覚えておられるでしょうか?
演劇作品の動画再生数を競う演劇祭。『観劇三昧手のひらフェスティバル』にて我らステージタイガーが全国4位。観劇ビギナー部門において優勝した事を。
ランキングのほとんどを東京の劇団に占められる中、我々ステージタイガーが関西の劇団として一矢報いたというその功績を。

その功績をたたえ!





自分でベルトつくりました!




観劇三昧さんごめんなさい。
作っちゃいました。
でも、オレ、ことあるごとにこれを持ち歩き、アピールしていきますから。
価値、高めますから。
防衛戦する勢いですから。

写真 2017-06-02 23 18 05.jpg

明日はチャンピオンとして劇場入りします。


おい。


日本で一番、演劇ビギナーにおススメしたい劇団の公演が始まるぞ!
CHAMP IS HERE!!




posted by ステージタイガー at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0527

ユカリについて(虎本)

髪切りました。

image2.JPG

虎本です。誰がごつい山口蛍やねん!
というわけで、あと1週間ですね。
ステージタイガー「ユカリ」

30分の作品ですが、「最新作が自分にとって、最高傑作でありたい」と名言を吐いている僕ですから。
全力ですよ、そりゃあ。

この作品は一人の女性の人生を肯定していく作品です。
生きておれば、色んな人に出会い、色んなことが起きますが。
全て意味があったのではないかと思える、そんなお話です。

さて、所縁(ユカリ)…といえば。


先日、実家に行った時に凄いものを見つけました。

imagea.JPG

僕の父は大学で原子力を研究し、若くして他界しているのですが。
その講演の録音CDです。
日時からして、おそらく亡くなる1年程前。
闘病中の頃ではないでしょうか?

そんな状態の父が、「本質」という言葉を用いて何を喋ったのか。
噂によると、僕や、母の話がふんだんに出て来て、笑いをかっさらっているそうです。

気になるのですが、何だか怖くて。
ユカリが終わって落ち着くまで聞けそうにありません。

思えば、幼かった事もあり、若くして去った父の事を「良い」とも「悪い」とも思えず、何だか過去の事のように淡々と感情処理してきた自分がいます。
向き合って来なかった…わけではないつもりなのですが。
無意識的に避けて来たのかもしれません。

ただ一つハッキリと覚えているのは。
父の葬儀。
あんなにたくさんの人が来て、たくさんの人が泣いた葬儀を、今まで観た事がありません。
父が、仕事として、研究者として、求道者として。
何を喋り、何を語ったのか。

今の僕に繫がるものを。全て意味があると思えるように。
あと1週間。
やってやろうじゃないのさ。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0519

ルーツ(虎本)

虎本です。
ステージタイガー「ユカリ」稽古も順調。
台本を配ったとき、『?』となっていた皆が、稽古が進むにつれ
「あぁ、なるほどね。」
「こういう事か」
となっているのが、嬉しく。またしてやったりの日々でございます。

そんな中、先週の休日に実家に帰省して参りました。
いや、正確には、実家ではなく、その近くのグループホームなのですが。

image1.JPG

祖母です。なんだかヨソヨソしいので、おばあちゃんと呼びますが。
おばあちゃんが入っている福祉施設にいってきました。
おばあちゃんは現在97歳。
認知症を患い、それはそれはなかなか大変な状況を経て、今は落ち着いた環境下で、ゆっくりと暮らしています。
ごくプライベートな話になるので書きづらいのですが、ホンマに大変でした。

そんなおばあちゃんと、家族が集ってのバーベキュー大会が開かれたのです。

僕と、僕の家族と。
母と、兄弟と。
僕の叔母さんと。

少し歪で疎遠になっていた家族が集まりました。
こんな機会でもなければ、共に食卓を囲む事など無かったかもしれません。
おばあちゃんに感謝です。

おばあちゃんはよく食べます。
そしてよく忘れます。
僕の事もそろそろ思い出せなくなりました。
実の娘の事も思い出せなくなりました。
唯一思い出せるのは、脳に障害を持つ一人の親族の事だけです。
彼に感謝です。

少し前まで「何やねん!」と思っていた人々のおかげで、一つに繫がる事が出来ました。

振り返れば、足下を見れば、気付かされる事だらけです。

そんな想いを、次の作品に活かせられれば。
「ユカリ」も。その次も。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0512

Motherについて(虎本)

虎本です。
遅くなりましたが。GW、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?
ステージタイガーが文化祭で躍動する中。
僕は脚本演出する舞台『Mother』の公演に彩られた日々でした。

写真 2017-05-05 11 37 23.jpg

ご来場ありがとうございました。
応援ありがとうございました。

おかげさまで再演を重ね、4年連続4回目の上演。
毎回台本を変えつつ、もちろん演出もブラッシュアップしつつ。
練度が上がり、熟成され。
自分で言うのも憚られますが、よい公演になったのではないかと思います。

写真 2017-05-07 19 40 04.jpg

主人公の母、ヒロミの現在時間を演じていただいた未央一さん。
歌唱指導をしていただいた上野先生とともに。
「俳優の技術とは、すなわち人間力である」というお話をしていただき。
まさにそれを体現されておられました。

写真 2017-05-04 20 35 41.jpg

昨年に引き続き、主人公、野上メイを演じていただいた桜花昇ぼるさん。

写真 2017-05-05 11 18 59.jpg

今年、新たな命を吹き込んでくれた仙堂花歩さん。

特に演出として何も手を加えていないのですが。
全く違った2作品がそれぞれ仕上がったのではないかと思います。
つまり、それだけ俳優の持ち味がにじみ出ていた、という事なのだと思います。

お二人に共通して言い続けた事は一つで
「言った台詞よりも、言えなかった台詞を考えて下さい」
という事。

当日のパンフレットに書きましたが。
言いたい事よりも言えなかった事に着眼して創作しました。
どこまでも、もどかしく。思慮深く。

終わってしまえば、まだまだ余白がある気もしますし。
新しい解釈もありそうです。

僕自身は新たな創作の場に向かっておりますが、切り換えるというよりは、大切に少しずつ咀嚼していきたいと思います。
ほんまは出演者の一人一人にコメントしたいくらいなのですが。
ひとまず。
ありがとう。またお会いしましょう。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0505

Mother、今日から!(虎本)

虎本です。
ABCの文化祭、無事に終了したとのこと。
皆様応援ありがとうございました。
僕は、観る事も、なんなら現場に行く事も出来なかったので。
ステージタイガーの作品がどう届いたのか。
感想など教えていただけると幸いです。

さて、僕は
1月に上演した『ファイアフライ』以来。

image2.JPG

帰って来たぜ! 近鉄アート館。
というわけで、Mother劇場入り。
4回目の上演…という事で。そりゃあ当然レベルアップしてしかるべきですなのですが。
今回は、さらに上に行ったというか…。
質そのものがワンランク上がった気がします。
普遍で、不変な、優しい愛の物語が出来上がっているんじゃないかと思います。

今回はWキャストで、稽古もリハーサルも倍。
出演者の負担は大変なものだと思うのですが。ここが踏ん張りどころ。
遠慮せず。
演出家として、ギリギリまでオーダーさしてもらう所存。

S__10477736.jpg

全てがネタバレになりそうで。稽古後の飲みの写真で失礼。
未央さん、桜花さん、仙堂さん。
僕みたいな、泥まみれの演出家にお付き合いいただき、ほんまにありがとうございます。
おかげさまで、よい化学変化が生まれていると思います。

はっきり言います。
おススメします。この舞台。

image1.JPG

チケットはまだあるそうです。虎本のtwitterなどに返信いただければ予約させていただきます。
※本番前バタバタしておりますので、間に合わなかった場合はごめんなさい。
※当日券もございます。

桜花昇ぼる・仙堂花歩W主演ダンス音楽劇
『Mother〜母が残してくれたもの〜』

■場所 近鉄アート館
〒545-8545 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館8F
TEL:06-6622-8802

■日時 2017年
5月5日(金)13:00〜(桜花昇ぼる)/18:00〜(仙堂花歩)
5月6日(土)13:00〜(仙堂花歩)/18:00〜(桜花昇ぼる)
5月7日(日)12:00〜(仙堂花歩)/17:00〜(桜花昇ぼる)
※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前。

■チケット代 全席指定席 前売4,500円 当日5,000円

■脚本 虎本剛(ステージタイガー)
■演出 虎本剛(ステージタイガー)
■振付 EMI(OUTSET)
■音楽 MIKA of 247、ROCK-Y
■出演 ・主演(Wキャスト)
桜花昇ぼる(バニラモデルマネージメント)
仙堂花歩(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

未央一、マホフォレシタン、北代祐太(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、宮本弘佑(スターダストプロモーション)、花岡ショー(ドクターイエロー)、広瀬翔

NACHIKA、Ru-、Kyana

朝井華恋、荒金理香、出井優妃、井上花音、加賀井己祈、川越智佳子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、北之馬彩乃、篠原清美(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、島林祈星(劇団SOLA)、庄司伊織(劇団SOLA)、杉田真梨子、田中葵、藤東梨乃、中川恵里、鍋本佳織、花田優李、樋口光、平原杏珠、藤澤莉奈、実桜くらら(バニラモデルマネージメント)、三河梨乃、南埜巴那、宮野果菜、山口瑞姫(スターダストプロモーション)、湯川奈古、吉田そよか

◆お問い合せ先 アカルスタジオ(13:00〜22:00)
TEL:06-6644-6839
MAIL:studio@akaru.jp
主催 近鉄アート館・バイタルアートボックス
◆協力
バニラモデルマネージメント
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
スターダストプロモーション
ドクターイエロー

◆チケット取扱
■CNプレイガイド
・発売日時:3月3日(金)10:00〜
・発売TEL:0570-08-9999(10:00-18:00)
・発売URL:http://www.cnplayguide.com/mother/
・店頭販売:ファミリーマート
■セブンチケット
・発売日時:3月3日(金)10:00〜
・発売URL:http://7ticket.jp/
・店頭販売:セブン-イレブン
■ローソンチケット
・発売日時:3月3日(金)10:00〜
・発売TEL:0570−084−005(Lコード必要)
・Lコード:「58156」
・発売URL:http://l-tike.com/order/?gLcode=58156
・店頭販売:ローソン、ミニストップ

■原案・プロデュース・振付
EMI(OUTSET)

■振付アシスタント
NACHIKA、Ru-、Kyana、庄司伊織(劇団SOLA)

■歌唱指導
上野智子

■スタッフ
舞台監督・舞台美術:吉川亮(劇団往来)
音響:木下聡(株式会社ジェイ・ピー・エス)
照明:セカンドステージ株式会社
宣伝美術:西井典子
プロデューサー:EMI(OUTSET)、鈴木雅章(PDPアカルスタジオ)
制作:伊藤梢(アカルスタジオ)
製作:アカルスタジオ

posted by ステージタイガー at 06:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0428

Mother2017(虎本)

虎本です。
新劇団員バッキーこと、椿と同じく、僕もABCの真裏でMotherという作品の稽古中です。

image1.JPG

稽古の合間に食べに行った近所のカレー屋さんが、感動する程美味しかったので。
珍しく食べ物の写真を。
上にカルビ焼き肉と自家製ナムルがのっているのですが、これがカレーとよく合う!


……

て、全然稽古していないみたいなので。

image2.JPG

女子いっぱい。
若い子いっぱい。
の中。
演劇とは何か。舞台とは何か。生きるとは何かを問いかけるオジさんが一人。

皆、将来を夢見て。
高級フレンチに並ぶであろう食材ばかりです。
それを調理するのが、街の定食屋のオジさんでごめん。
でも、俺の定食屋は、行列のできる店やけどね。

いいものが出来上がっております。
あと1週間。毎日稽古。
皆様まだお席はあるようです。是非見てやって下さい。

18143042_797493617072348_1434308430_n.jpg

主役の桜花昇ぼるさんと。
こんなに練習する人、僕は見た事ない。
ずっと台詞返しているか、歌ってるか、踊ってる。
それに触発されてか。
皆、寸暇を惜しんで練習してる。

それに応えるよう、演出家として尽力します。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0421

読書と稽古と執筆と(虎本)

虎本です。1週間ぶりです。

さて、今週のステージタイガーは…
あれほど言っているのに、まだABCの作品の全容が分かんない!
酒蔵の話って所だけしか分からない!

というわけで稽古場に、終わりの30分程顔出してきました…
が、分かんない!やっぱ。
頑張ってるのは頑張ってた。

期待と不安を込めつつ。
出演者達の情報発信に期待しましょう。


さて一方虎本は。

image1.JPG

真裏の公演、Motherの稽古中です。

こちら(http://baku-seisaku.seesaa.net/article/448978119.html)にある通り、ABCの真裏でやっております。まさに裏切り者の名を受けて全てを捨てて闘う男状態。

仲違いした母と娘が、その半生を振り返っていく話でして。
母親が小学生だった時代、高校生だった時代、大人になった時代…と構成されているため、出演者にも若いメンバーが多いのです。

けど、稽古は上々。再演を重ね4回目の上演。
出演者は毎日、唄って踊って演技しております。
そんなに頑張っているのに、鬼のような演出家に「そんなもんか!?」「顔に、”余裕”って書いてあるぞ!」と罵られております。
あと2週間。どうも、演出家です。ここから、さらに地獄度が増すぞ!

ーーーーーーーーーー
そんなGWが終わると、いよいよ次はステージタイガー縁劇フェスですね。

こちら
http://news.st-tg.net/article/449175088.html

で紹介されていますが、6/3-4にシアトリカル應典院にて「ユカリ」という短編作を上演します。それの予約が本日21日12時から。
是非、ステージタイガーから買ってやって下さい。

アツい作品やります。てか、今書いてます!

---------------
と、告知しつつ。
虎本は隙を見てまたインプットの日々。
今週読んだ本!

51AB4M2hRjL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg

和田竜「のぼうの城」

豊臣方2万の兵士に1000人足らずの兵士で挑む…という闘いを描いた歴史ロマン。
奇抜な戦略、兵器など必要なく。
闘いの根幹は武力にのみあらず、人心にある。
人生の教訓があります。

51C8G50V3TL.jpg

原ォ「私が殺した少女」

レイモンドチャンドラーのフィリップマーロウを意識した文体。
ハードボイルドなのに、スルスル読める気持ちのいい展開です。
ラストへの繋が???とはなるのですが。
そうさせきらない主人公・沢渡のキャラクターがあります。

ちなみに、僕が今程本を読まなかった20代の頃に、谷屋君が「オススメ!」と貸してくれた本がありました。
萩原浩「ハードボイルドエッグ」。
これも同じくマーロウを意識した主人公でした。

次のタイガーは少しハードボイルドにしようかな…いや、そんな事ないか。
ちゅうわけで執筆に戻る!!

虎本剛
posted by ステージタイガー at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0414

己の道をゆけよ(虎本)

虎本です。
家の近くに寺社仏閣が多く(ちなみに家の隣りは教会だ)、桜風吹も相まって、なんだかいい感じなのです。

image1.JPG

ステージタイガーのABC組はいよいよ稽古を開始した模様。
稽古場日記を見ても、SNSを見ても、さっぱり内容が分かんない!
ストーリーすら分かんない。
どうなってんのよ!!

まあ、仲間を信じる事にします。
僕自身は、その裏である、Motherの稽古(詳細はこちら)。
再演に再演を重ね、4回目の上演。ありがたい事です。
全く同じことをしても勿体ないですから。ここは進化を。新たな解釈を加えていきたいと日々模索中です。

昨年も出演いただいた桜花さんに加え、今回は仙堂花果さんにもご出演いただきます。
ありがたし。
他にも沢山の若き表現者達と。
彼女達に教えてあげたい。演劇の素晴らしさを。芸事の厳しさとその先にある感動を。

もちろん、ステージタイガーの事も忘れていませんから。次回作に向けて虎本は充電しております。

image2.JPG

大好きな森見登美彦さん原作の映画を見てきました。
脚本はヨーロッパ企画の上田さん。何気に同世代でして、学生時代からその素晴らしい噂は耳に入っており…勝手に刺激を頂いておりました。思えば遠くに行かれたものだ。
負けてたまるか!という気持ちと。比べてどうすんだよ、お前の道をいかんかい!という思いと。正直揺れ動きながら映画館へ。

image3.JPG

特典付き。
是非、映画をご覧になられた方には原作も読んでもらいたいと思います。

他には、ちょいと南港まで足を伸ばし

image4.JPG

めんたいパークなる、大人の社会見学をして参りました。

どこが充電やねん!という声もあるでしょうが。
全ては演劇に繫がっています。
試食で食べ続けた明太子も血となり肉となり、それが腕を動かし、文字を書き、作品を生み出します。
間もなく色々発表出来ると思います。しばしお待ちを。

---------

さて、プロレスファンとして気になる記事を紹介します。

新日本プロレス柴田勝頼「硬膜下血腫」で緊急手術 前日にオカダと激闘(東京スポーツ)
http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/673194/

前回の僕のblogで取り上げさせてもらった
4/9 両国でのタイトルマッチ。
試合は壮絶の一言で、結果はチャンピオンのオカダ選手の防衛…となったのですが、柴田選手が試合後緊急搬送され、開頭手術を受けるという衝撃的な出来事がありました。
一命はとりとめたものの、今後の復帰などについてはまだまだめどが立たず…。今は無事を祈るばかりです。

今回の事件を受けて、「今のプロレスは激しすぎる。もっと技を整理すべき」という論調が上がっています。WWEに行った中邑選手は同新聞記事において

WWE中邑 古巣・新日レスラーに警鐘「危険な技の応酬変える必要も」
http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/674471/

と答えています。一理あります。必殺技の応酬のような展開はいずれ破綻するでしょう。
が。が、ですよ。
安全第一で固められたプロレスに魅力があるのか?という思いもあります。
ネコの手のようなパンチ。身体からおちるエルボー。クラッチをといて放つスープレックス。ブリッジを効かせない背中から落ちるジャーマン。
僕は嫌いです。

柴田選手なら中邑の意見にどう応えるだろう。
頭から落とす必殺技を使わなくなったAJに。プリンスデビットに。KENTAに。
彼の口から、聞きたい。
柴田選手、まってます。男の根性を見せてくれ。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」