ステージタイガーへ

'17年 0527

ユカリについて(虎本)

髪切りました。

image2.JPG

虎本です。誰がごつい山口蛍やねん!
というわけで、あと1週間ですね。
ステージタイガー「ユカリ」

30分の作品ですが、「最新作が自分にとって、最高傑作でありたい」と名言を吐いている僕ですから。
全力ですよ、そりゃあ。

この作品は一人の女性の人生を肯定していく作品です。
生きておれば、色んな人に出会い、色んなことが起きますが。
全て意味があったのではないかと思える、そんなお話です。

さて、所縁(ユカリ)…といえば。


先日、実家に行った時に凄いものを見つけました。

imagea.JPG

僕の父は大学で原子力を研究し、若くして他界しているのですが。
その講演の録音CDです。
日時からして、おそらく亡くなる1年程前。
闘病中の頃ではないでしょうか?

そんな状態の父が、「本質」という言葉を用いて何を喋ったのか。
噂によると、僕や、母の話がふんだんに出て来て、笑いをかっさらっているそうです。

気になるのですが、何だか怖くて。
ユカリが終わって落ち着くまで聞けそうにありません。

思えば、幼かった事もあり、若くして去った父の事を「良い」とも「悪い」とも思えず、何だか過去の事のように淡々と感情処理してきた自分がいます。
向き合って来なかった…わけではないつもりなのですが。
無意識的に避けて来たのかもしれません。

ただ一つハッキリと覚えているのは。
父の葬儀。
あんなにたくさんの人が来て、たくさんの人が泣いた葬儀を、今まで観た事がありません。
父が、仕事として、研究者として、求道者として。
何を喋り、何を語ったのか。

今の僕に繫がるものを。全て意味があると思えるように。
あと1週間。
やってやろうじゃないのさ。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0519

ルーツ(虎本)

虎本です。
ステージタイガー「ユカリ」稽古も順調。
台本を配ったとき、『?』となっていた皆が、稽古が進むにつれ
「あぁ、なるほどね。」
「こういう事か」
となっているのが、嬉しく。またしてやったりの日々でございます。

そんな中、先週の休日に実家に帰省して参りました。
いや、正確には、実家ではなく、その近くのグループホームなのですが。

image1.JPG

祖母です。なんだかヨソヨソしいので、おばあちゃんと呼びますが。
おばあちゃんが入っている福祉施設にいってきました。
おばあちゃんは現在97歳。
認知症を患い、それはそれはなかなか大変な状況を経て、今は落ち着いた環境下で、ゆっくりと暮らしています。
ごくプライベートな話になるので書きづらいのですが、ホンマに大変でした。

そんなおばあちゃんと、家族が集ってのバーベキュー大会が開かれたのです。

僕と、僕の家族と。
母と、兄弟と。
僕の叔母さんと。

少し歪で疎遠になっていた家族が集まりました。
こんな機会でもなければ、共に食卓を囲む事など無かったかもしれません。
おばあちゃんに感謝です。

おばあちゃんはよく食べます。
そしてよく忘れます。
僕の事もそろそろ思い出せなくなりました。
実の娘の事も思い出せなくなりました。
唯一思い出せるのは、脳に障害を持つ一人の親族の事だけです。
彼に感謝です。

少し前まで「何やねん!」と思っていた人々のおかげで、一つに繫がる事が出来ました。

振り返れば、足下を見れば、気付かされる事だらけです。

そんな想いを、次の作品に活かせられれば。
「ユカリ」も。その次も。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0512

Motherについて(虎本)

虎本です。
遅くなりましたが。GW、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?
ステージタイガーが文化祭で躍動する中。
僕は脚本演出する舞台『Mother』の公演に彩られた日々でした。

写真 2017-05-05 11 37 23.jpg

ご来場ありがとうございました。
応援ありがとうございました。

おかげさまで再演を重ね、4年連続4回目の上演。
毎回台本を変えつつ、もちろん演出もブラッシュアップしつつ。
練度が上がり、熟成され。
自分で言うのも憚られますが、よい公演になったのではないかと思います。

写真 2017-05-07 19 40 04.jpg

主人公の母、ヒロミの現在時間を演じていただいた未央一さん。
歌唱指導をしていただいた上野先生とともに。
「俳優の技術とは、すなわち人間力である」というお話をしていただき。
まさにそれを体現されておられました。

写真 2017-05-04 20 35 41.jpg

昨年に引き続き、主人公、野上メイを演じていただいた桜花昇ぼるさん。

写真 2017-05-05 11 18 59.jpg

今年、新たな命を吹き込んでくれた仙堂花歩さん。

特に演出として何も手を加えていないのですが。
全く違った2作品がそれぞれ仕上がったのではないかと思います。
つまり、それだけ俳優の持ち味がにじみ出ていた、という事なのだと思います。

お二人に共通して言い続けた事は一つで
「言った台詞よりも、言えなかった台詞を考えて下さい」
という事。

当日のパンフレットに書きましたが。
言いたい事よりも言えなかった事に着眼して創作しました。
どこまでも、もどかしく。思慮深く。

終わってしまえば、まだまだ余白がある気もしますし。
新しい解釈もありそうです。

僕自身は新たな創作の場に向かっておりますが、切り換えるというよりは、大切に少しずつ咀嚼していきたいと思います。
ほんまは出演者の一人一人にコメントしたいくらいなのですが。
ひとまず。
ありがとう。またお会いしましょう。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0505

Mother、今日から!(虎本)

虎本です。
ABCの文化祭、無事に終了したとのこと。
皆様応援ありがとうございました。
僕は、観る事も、なんなら現場に行く事も出来なかったので。
ステージタイガーの作品がどう届いたのか。
感想など教えていただけると幸いです。

さて、僕は
1月に上演した『ファイアフライ』以来。

image2.JPG

帰って来たぜ! 近鉄アート館。
というわけで、Mother劇場入り。
4回目の上演…という事で。そりゃあ当然レベルアップしてしかるべきですなのですが。
今回は、さらに上に行ったというか…。
質そのものがワンランク上がった気がします。
普遍で、不変な、優しい愛の物語が出来上がっているんじゃないかと思います。

今回はWキャストで、稽古もリハーサルも倍。
出演者の負担は大変なものだと思うのですが。ここが踏ん張りどころ。
遠慮せず。
演出家として、ギリギリまでオーダーさしてもらう所存。

S__10477736.jpg

全てがネタバレになりそうで。稽古後の飲みの写真で失礼。
未央さん、桜花さん、仙堂さん。
僕みたいな、泥まみれの演出家にお付き合いいただき、ほんまにありがとうございます。
おかげさまで、よい化学変化が生まれていると思います。

はっきり言います。
おススメします。この舞台。

image1.JPG

チケットはまだあるそうです。虎本のtwitterなどに返信いただければ予約させていただきます。
※本番前バタバタしておりますので、間に合わなかった場合はごめんなさい。
※当日券もございます。

桜花昇ぼる・仙堂花歩W主演ダンス音楽劇
『Mother〜母が残してくれたもの〜』

■場所 近鉄アート館
〒545-8545 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館8F
TEL:06-6622-8802

■日時 2017年
5月5日(金)13:00〜(桜花昇ぼる)/18:00〜(仙堂花歩)
5月6日(土)13:00〜(仙堂花歩)/18:00〜(桜花昇ぼる)
5月7日(日)12:00〜(仙堂花歩)/17:00〜(桜花昇ぼる)
※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前。

■チケット代 全席指定席 前売4,500円 当日5,000円

■脚本 虎本剛(ステージタイガー)
■演出 虎本剛(ステージタイガー)
■振付 EMI(OUTSET)
■音楽 MIKA of 247、ROCK-Y
■出演 ・主演(Wキャスト)
桜花昇ぼる(バニラモデルマネージメント)
仙堂花歩(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

未央一、マホフォレシタン、北代祐太(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、宮本弘佑(スターダストプロモーション)、花岡ショー(ドクターイエロー)、広瀬翔

NACHIKA、Ru-、Kyana

朝井華恋、荒金理香、出井優妃、井上花音、加賀井己祈、川越智佳子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、北之馬彩乃、篠原清美(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、島林祈星(劇団SOLA)、庄司伊織(劇団SOLA)、杉田真梨子、田中葵、藤東梨乃、中川恵里、鍋本佳織、花田優李、樋口光、平原杏珠、藤澤莉奈、実桜くらら(バニラモデルマネージメント)、三河梨乃、南埜巴那、宮野果菜、山口瑞姫(スターダストプロモーション)、湯川奈古、吉田そよか

◆お問い合せ先 アカルスタジオ(13:00〜22:00)
TEL:06-6644-6839
MAIL:studio@akaru.jp
主催 近鉄アート館・バイタルアートボックス
◆協力
バニラモデルマネージメント
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
スターダストプロモーション
ドクターイエロー

◆チケット取扱
■CNプレイガイド
・発売日時:3月3日(金)10:00〜
・発売TEL:0570-08-9999(10:00-18:00)
・発売URL:http://www.cnplayguide.com/mother/
・店頭販売:ファミリーマート
■セブンチケット
・発売日時:3月3日(金)10:00〜
・発売URL:http://7ticket.jp/
・店頭販売:セブン-イレブン
■ローソンチケット
・発売日時:3月3日(金)10:00〜
・発売TEL:0570−084−005(Lコード必要)
・Lコード:「58156」
・発売URL:http://l-tike.com/order/?gLcode=58156
・店頭販売:ローソン、ミニストップ

■原案・プロデュース・振付
EMI(OUTSET)

■振付アシスタント
NACHIKA、Ru-、Kyana、庄司伊織(劇団SOLA)

■歌唱指導
上野智子

■スタッフ
舞台監督・舞台美術:吉川亮(劇団往来)
音響:木下聡(株式会社ジェイ・ピー・エス)
照明:セカンドステージ株式会社
宣伝美術:西井典子
プロデューサー:EMI(OUTSET)、鈴木雅章(PDPアカルスタジオ)
制作:伊藤梢(アカルスタジオ)
製作:アカルスタジオ

posted by ステージタイガー at 06:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0428

Mother2017(虎本)

虎本です。
新劇団員バッキーこと、椿と同じく、僕もABCの真裏でMotherという作品の稽古中です。

image1.JPG

稽古の合間に食べに行った近所のカレー屋さんが、感動する程美味しかったので。
珍しく食べ物の写真を。
上にカルビ焼き肉と自家製ナムルがのっているのですが、これがカレーとよく合う!


……

て、全然稽古していないみたいなので。

image2.JPG

女子いっぱい。
若い子いっぱい。
の中。
演劇とは何か。舞台とは何か。生きるとは何かを問いかけるオジさんが一人。

皆、将来を夢見て。
高級フレンチに並ぶであろう食材ばかりです。
それを調理するのが、街の定食屋のオジさんでごめん。
でも、俺の定食屋は、行列のできる店やけどね。

いいものが出来上がっております。
あと1週間。毎日稽古。
皆様まだお席はあるようです。是非見てやって下さい。

18143042_797493617072348_1434308430_n.jpg

主役の桜花昇ぼるさんと。
こんなに練習する人、僕は見た事ない。
ずっと台詞返しているか、歌ってるか、踊ってる。
それに触発されてか。
皆、寸暇を惜しんで練習してる。

それに応えるよう、演出家として尽力します。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0421

読書と稽古と執筆と(虎本)

虎本です。1週間ぶりです。

さて、今週のステージタイガーは…
あれほど言っているのに、まだABCの作品の全容が分かんない!
酒蔵の話って所だけしか分からない!

というわけで稽古場に、終わりの30分程顔出してきました…
が、分かんない!やっぱ。
頑張ってるのは頑張ってた。

期待と不安を込めつつ。
出演者達の情報発信に期待しましょう。


さて一方虎本は。

image1.JPG

真裏の公演、Motherの稽古中です。

こちら(http://baku-seisaku.seesaa.net/article/448978119.html)にある通り、ABCの真裏でやっております。まさに裏切り者の名を受けて全てを捨てて闘う男状態。

仲違いした母と娘が、その半生を振り返っていく話でして。
母親が小学生だった時代、高校生だった時代、大人になった時代…と構成されているため、出演者にも若いメンバーが多いのです。

けど、稽古は上々。再演を重ね4回目の上演。
出演者は毎日、唄って踊って演技しております。
そんなに頑張っているのに、鬼のような演出家に「そんなもんか!?」「顔に、”余裕”って書いてあるぞ!」と罵られております。
あと2週間。どうも、演出家です。ここから、さらに地獄度が増すぞ!

ーーーーーーーーーー
そんなGWが終わると、いよいよ次はステージタイガー縁劇フェスですね。

こちら
http://news.st-tg.net/article/449175088.html

で紹介されていますが、6/3-4にシアトリカル應典院にて「ユカリ」という短編作を上演します。それの予約が本日21日12時から。
是非、ステージタイガーから買ってやって下さい。

アツい作品やります。てか、今書いてます!

---------------
と、告知しつつ。
虎本は隙を見てまたインプットの日々。
今週読んだ本!

51AB4M2hRjL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg

和田竜「のぼうの城」

豊臣方2万の兵士に1000人足らずの兵士で挑む…という闘いを描いた歴史ロマン。
奇抜な戦略、兵器など必要なく。
闘いの根幹は武力にのみあらず、人心にある。
人生の教訓があります。

51C8G50V3TL.jpg

原ォ「私が殺した少女」

レイモンドチャンドラーのフィリップマーロウを意識した文体。
ハードボイルドなのに、スルスル読める気持ちのいい展開です。
ラストへの繋が???とはなるのですが。
そうさせきらない主人公・沢渡のキャラクターがあります。

ちなみに、僕が今程本を読まなかった20代の頃に、谷屋君が「オススメ!」と貸してくれた本がありました。
萩原浩「ハードボイルドエッグ」。
これも同じくマーロウを意識した主人公でした。

次のタイガーは少しハードボイルドにしようかな…いや、そんな事ないか。
ちゅうわけで執筆に戻る!!

虎本剛
posted by ステージタイガー at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0414

己の道をゆけよ(虎本)

虎本です。
家の近くに寺社仏閣が多く(ちなみに家の隣りは教会だ)、桜風吹も相まって、なんだかいい感じなのです。

image1.JPG

ステージタイガーのABC組はいよいよ稽古を開始した模様。
稽古場日記を見ても、SNSを見ても、さっぱり内容が分かんない!
ストーリーすら分かんない。
どうなってんのよ!!

まあ、仲間を信じる事にします。
僕自身は、その裏である、Motherの稽古(詳細はこちら)。
再演に再演を重ね、4回目の上演。ありがたい事です。
全く同じことをしても勿体ないですから。ここは進化を。新たな解釈を加えていきたいと日々模索中です。

昨年も出演いただいた桜花さんに加え、今回は仙堂花果さんにもご出演いただきます。
ありがたし。
他にも沢山の若き表現者達と。
彼女達に教えてあげたい。演劇の素晴らしさを。芸事の厳しさとその先にある感動を。

もちろん、ステージタイガーの事も忘れていませんから。次回作に向けて虎本は充電しております。

image2.JPG

大好きな森見登美彦さん原作の映画を見てきました。
脚本はヨーロッパ企画の上田さん。何気に同世代でして、学生時代からその素晴らしい噂は耳に入っており…勝手に刺激を頂いておりました。思えば遠くに行かれたものだ。
負けてたまるか!という気持ちと。比べてどうすんだよ、お前の道をいかんかい!という思いと。正直揺れ動きながら映画館へ。

image3.JPG

特典付き。
是非、映画をご覧になられた方には原作も読んでもらいたいと思います。

他には、ちょいと南港まで足を伸ばし

image4.JPG

めんたいパークなる、大人の社会見学をして参りました。

どこが充電やねん!という声もあるでしょうが。
全ては演劇に繫がっています。
試食で食べ続けた明太子も血となり肉となり、それが腕を動かし、文字を書き、作品を生み出します。
間もなく色々発表出来ると思います。しばしお待ちを。

---------

さて、プロレスファンとして気になる記事を紹介します。

新日本プロレス柴田勝頼「硬膜下血腫」で緊急手術 前日にオカダと激闘(東京スポーツ)
http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/673194/

前回の僕のblogで取り上げさせてもらった
4/9 両国でのタイトルマッチ。
試合は壮絶の一言で、結果はチャンピオンのオカダ選手の防衛…となったのですが、柴田選手が試合後緊急搬送され、開頭手術を受けるという衝撃的な出来事がありました。
一命はとりとめたものの、今後の復帰などについてはまだまだめどが立たず…。今は無事を祈るばかりです。

今回の事件を受けて、「今のプロレスは激しすぎる。もっと技を整理すべき」という論調が上がっています。WWEに行った中邑選手は同新聞記事において

WWE中邑 古巣・新日レスラーに警鐘「危険な技の応酬変える必要も」
http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/674471/

と答えています。一理あります。必殺技の応酬のような展開はいずれ破綻するでしょう。
が。が、ですよ。
安全第一で固められたプロレスに魅力があるのか?という思いもあります。
ネコの手のようなパンチ。身体からおちるエルボー。クラッチをといて放つスープレックス。ブリッジを効かせない背中から落ちるジャーマン。
僕は嫌いです。

柴田選手なら中邑の意見にどう応えるだろう。
頭から落とす必殺技を使わなくなったAJに。プリンスデビットに。KENTAに。
彼の口から、聞きたい。
柴田選手、まってます。男の根性を見せてくれ。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0407

祭りを遠くに観る(虎本)

桜も開花…なのに、天気は雨。

image1.JPG

虎本です。
雨の桜もまた風情があっていいものです。
お花見を楽しみにされている方にはそうも言ってられないでしょうが…。

ちなみに、僕は「わいわい騒ぐ」感じのお花見は苦手です。
お花見は…というより、騒ぐという行為自体、観るのも参加するのも苦手です。
元来、下戸だというのもありますが、景色を静かにゆっくりと楽しむ、というのが性に合っている気がします。

なので、祭り、フェスティバル、というものがどうにもシックリこない感じがいまだにあります。
楽しんでいる人、騒いでる人を遠くから見る。
祭りの後の静けさを楽しむ。
それが我が楽しみ。

そんな僕が、既報の通り、演劇のお祭りに参加するのです。
5月はABC。中之島春の文化祭。
6月は應典院。縁劇フェス。
騒いで一発ドカンと!というより、じっくりたっぷり挑めればと思います。
※ABCはザキに任せますが。

それまでは入ってくれた新人たちを育てつつ、修練に励みます。

さて、そんな僕ですが、レイトショーで映画をみてきました。

320.jpg

「キングコング 髑髏島の巨神」

想像以上に…というと怒られそうですが。
面白かったです。シンプルな迫力あるパニックムービーです。
ストーリーはもう滅茶苦茶ですが、「アベンジャーズやん!」と突っ込みたくなることうけあい。
とりあえず、僕から言えることは
「心優しいゴリラを怒らせたらあかん」
「エンドロールが終わりきるまで席たったらあかん」
という事です。

今はインプットの時期。修行修行。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0331

年度末に有酸素(虎本)

虎本です。
年度末です。

FullSizeRender.jpg

心機一転、髪を切りました。
明日から顔合わせで稽古が始まるのです。
ステージタイガー…ではないのですが。そちらの方もまた。

ちなみに、タイガーは4/1より中之島文化祭のチケット予約が始まります。
5年連続出場。ありがとうございます。

そんな虎本ですが。
相変わらずプロレスを観ています。

今注目すべきレスラー。それは…

img_937a8c1f3dc548a4274862147704aec2206368.jpg

柴田勝頼選手。

殴る、蹴る! シバかれたらシバキ返す!
努力と根性! コスチュームは黒いパンツ一丁!
男くさい、昭和の香り漂うレスラーが今度、絶対チャンピオンとなったオカダカズチカに挑みます。

今、プロレスはプ女子という言葉に代表されるように、若い女性の支持を集めつつあります。
派手な技。華のあるコスチューム。分かりやすいキャラクターとマイクアピール。

柴田選手はそんな流れに一切ほだされず、我が道を、自分が信じたプロレスを貫き通しています。
彼が中心に立つ事で、再び見えてくるプロレスの旨味があると思うのです。

なんていうかね。『プロレス、ナメンなよ』みたいな事を叫びたい。

プロレスの定義は様々。多様化した世の中で自由度が高まるのも頷けますが。
なんとなく、世の中には、プロレスと、プロレスっぽい何かが存在します。

演劇だってそうじゃないのか。
色んな演劇があります。でもやっぱり何か、演劇と、それっぽいものがある気がして。

『演劇なめんなよ』と僕は言いたい。

ちゅうわけで、僕は柴田選手を応援します。

さあ、鍛えに行くか。

虎本剛


posted by ステージタイガー at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0325

過ぎてゆく景色に(虎本)

最近、花粉症になったんちゃうか?と疑っております。
虎本です。
そんなにハードではありませんが、なんとなくノドに違和感。
目がしょぼしょぼします。

C7FaMqdU0AEwS8O.jpg

そんな中、先日、教えている専門学校の卒業式に行ってきました。
ネクタイが歪んでいるのはご愛嬌。
だって、こんな時か舞台の上でしか着ないもの!スーツ!
しめないもの! ネクタイ!
申し訳ない、こんな先生で。

先日のタイガーラジオでも言いましたが、僕は卒業式が大好きです。
あの幸福と寂しさの入り交じった感じ。
そしてあの気恥ずかしさ。
日常には無い雰囲気が大好き。

先生として寂しい思いはあるのだけど。
皆の決めたこれからの人生を心から祝福し、応援します。

C7ILOXFVAAATC0X.jpg

会場だった一流ホテルのランチ。
パスタも一流でした。
こんな写真しか無くてごめん。

そういえば、今書いている本も「何かを決断し、終わらせる」話でして。
僕らの生きているこの世の中は無数の決断と降りた幕と、開いている幕の連続で成り立ってる。
なんて。

ステージタイガーは年度末…つまり3月で一旦契約を完了。
今年1年、応援ありがとうございました。
こんな書き方したら誤解されそうですけど。4月からも虎本剛は契約延長。
ステージタイガーですからね。
1位をとっても、変わらないですから。
これからも。台本書かせて演出さして下さいな。
何が言いたいかというと。
新しいメンバーが増えるって事です。ええ。新劇団員が。
新しいステージタイガーの第一歩がすぐそこに。

いつ発表?
それは…トランキーロ! 焦んなよって事で。お待ちください。


虎本剛
posted by ステージタイガー at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0316

ダイバー・シティ終わり!(虎本)

虎本です。
先日はステージタイガー『ダイバー・シティ』ご来場いただき、誠にありがとうございました。
満席。400人のお客様。
この景色が、10年観たかった。
次は封印した、観きれ席を全開放。500人やな。

写真 2017-03-11 16 58 48.jpg

公演が終わり、ロビーで台本を販売し、メイクを落とし、着替え、片付け、舞台に行くと。
そこにはもう何もありませんでした。
早い。ありがとうございます。

そのまま終わるのも寂しく、一人で写真を撮りました。
少しだけ振り返ります。
色んな劇団員が振り返っているので、僕らしい、脚本家演出家の目線として。

この作品は松原市より依頼を頂き『ワークライフバランス』をテーマに作成されたものです。
どうせなら、今まで松原に来た事無い人に来てもらいたい!と。
劇団で公募をかけ、多数の応募を頂き、オーディションを経て
計29名の俳優で挑む事になりました。
人数が多いな…とひるみつつ。
僕は自分にハードルを儲けました。
「29人がもれなく、意味のある役にしよう」と。
「皆が生きてる!」という事を表す為に。
絶対に「その他大勢」というポジションを作るまい、と。
それがこの作品の発端です。

29本のストーリーをどう1本に絡ませていくか。
考えに考えに、考えて。
ふとゲームをしていた時に、思いつきました。
※遊んどるやないか!というツッコミはお許しください。

c20080513_04_nobu_03_cs1w1_256x.jpg

僕の大好きな「信長の野望」。
どの国も。どこかの道を経て繫がっている。
そう。
どんな人も。どこかの誰かを経由して繫がっている。
孤立してる所なんかどこにもないんです。
必ず、どこかを通って、誰かと繫がっているんです。
九州の最南端の島津氏も大友、龍造寺、毛利、三好、武田、北条、伊達、を経由し最北の津軽氏に辿り着けます。
間には名前の挙がらなかった方もいますが、もっといます。

29人がどこかで繫がっている話にしようと思ったのはこの時。

ラスト付近、登場人物が「この(眼下に広がる)点々も、皆、私のように悩んでいる」という言葉を言いますが。それが全て。
それに対し、父親が「その通りだ」と言いますが。
その背後には「その通り。皆、悩んでおり、皆、お前と繫がっているのだ。だから自分を認めるということは、そんな誰かの考えを認めていく事なのだ。」みたいな事を言いたかったのです。多分。


写真 2017-03-10 9 59 24.jpg

上記のような意志を込めて。
特殊な舞台美術を組みました。

実は、一回もスポットライトが当たっていないものがあります。
「上台南駅」です。
2つある台南市の駅。
設定はよく出てくるのですが、その駅が描写される事はありませんでした。
でも、美術にはありました。
だってその駅で生きている人がいるわけだから。
劇中では出て来なかった通りがかりの街の人にも。
人生があります。
ひょっとしたら、電車に乗っていた人に、「30年前に別れた恋人の娘が結婚式で、打ち上げ花火を送りたい!」と思っている訳ありの元花火職人がいたかもしれません。
ああ、なんと世界は物語に溢れているのか!

それを書き尽くすことなどありえない。
まだまだ自分の知らない世界がある。

ということで、虎本は次回作に向かいます。
次の劇場でお会いしましょう。

虎本剛




posted by ステージタイガー at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0310

1位の劇団が松原市へ!(虎本)

観劇三昧手のひらフェスティバル2017
おかげさまで観劇ビギナーランク1位。
総合視聴ランク4位をいただきました。

1488899987.jpg

そう。そして私は。
大阪で一番再生され、かつ全国で一番演劇観た事ない人にお勧めしたい劇団ナンバーワン団体の
脚本家 演出家。
虎本剛です。
せっかく取った賞やから。骨の髄までシャブリ尽くしてやろうかと。

さて、現在。
荷物詰め込み、御風呂入って、さあ、寝るかと。
けど、武者震いして眠れない。

Photo 2017-03-10 0 05 28.jpg

明日は小屋入りやぞ!
気合いも充分。
稽古して来たものがあり。そこに美術、音響、照明が加わる。
演出の自分のみが想像していた世界が皆に共有される。
最高の瞬間です。

稽古場写真_170310_0994.jpg

ダイバー・シティ
ええ作品やと思います。
ファイアフライとランニングホームを足して割ったような感じになりました。
何より、座組の雰囲気がいい。
よい創作のムードが溢れております。

稽古場写真_170310_0975.jpg

彼らに魂を吹き込んでもらうよう、ギリギリまでガンバらねば。
劇場にて御待ちしております。


オレ、進化してると思います。


虎本剛

posted by ステージタイガー at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0302

僕が住むこの街を君は何も知らない(虎本)

虎本です。
いよいよダイバー・シティも公演まで10日を切り、ドタバタとしている昨今ですが。
そんな時こそ、落ち着きが必要!と。
煮詰まった時の僕の得意技、『散歩』に出かけました。

特にどこ…という目的地も無く、ブラブラと出歩くだけなのですが。
脳が整理されたり、健康的な汗をかいて、リフレッシュ出来るのです。

image1.JPG

で。先日。
ちょっと地図を頼りに家の近所を歩いていると、大きめの神社がある事に気付きました。
ええ雰囲気で心を落ち着かせる事が出来ました。

近所にこんな所があったんやなぁ。と感心しました。

普段、家と最寄り駅の往復…しかも最短ルートくらいしか歩かないので。
その逆方向にある、この場所をもう何年も知らずに生きてきました。

僕は色んな知識を得ていく一方、自分の住む街の事を何も知らない。
世界に発信していく一方、家の近くに何があるかもしれない。
僕の手の届く範囲にすら、僕はまだ何も気付けていないのではないか。
僕が大事にしている、一番近くにいる人の事も、まだ何も知らないのではないか。

ダイバー・シティの社会的テーマは『ワーク・ライフ・バランス』ですが。
その前提たる、『相手を認める』第一歩はそこなんじゃないかと思います。
自分自身の事を愛し、認める事は時にとっても難しいけど。
自分と繫がっている、近くにいる人を知り、認めあっていけば、自ずと自分も愛せるようになる気がしますね。

なんて難しい事いってますけど。
ダイバー・シティは娯楽作です。
あ! このヒト、実はこうなんや!? 的な驚きと愛に溢れたいつものステージタイガーです。

そこんとこも忘れる事無く。

スクリーンショット 2017-03-01 20.36.46.png

虎本、プロレスも楽しんでますから。

よし、リフレッシュできた。
あと10日。限界まで磨き上げます!

虎本剛

posted by ステージタイガー at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0224

演劇と自分を観る(虎本)

早いもので、2月ももう終わり。
もう2017年も1/6が終わりかよ、と。

image1.JPG

先日、自分が脚本を書かせていただいた専門学校の卒業公演を観てきました。
若い子達が精一杯頑張る姿はそれはもう感動的であり、刺激を受けました。
自分の書いた本を、他の方に演出していただけるのも勉強になります。
相対化…というと言葉が重々しいですが、自分の演出の方法論も客観的に見えた気がしました。

写真はありませんが、もう一つの専門学校。
写専の校内展も観てきました。
『ファイアフライ』が編集され上映。
映像で観る自分の演技はそりゃあもうアラだらけでお恥ずかしいかぎり。
映像とナマの舞台と、観え方は全然違ったりするのですが。
どちらで観ても隙のない状態にしなければ、上にはいけない。
もっともっと向上しなければと思っています。
腕立てから、腹筋から、外郎売りからやりなおし!

そしてさらに。
映像で観るといえば昨年の『アップ・ダディ・ダウン』が観劇三昧のてのひらフェスティバル2017で、

S__5308678.jpg

現在総合ランキング6位。

S__5308677.jpg

観劇ビギナーランク1位の快挙。
ジワジワきてます。
もっと大勢の方に観て欲しいです。

僕らのやってる演劇は見てもらってナンボ。
宣伝するのが何か格好悪いっちゅう演劇人を見た事ありますけど。
俺にしてみれば、『大根売るのが恥ずかしい八百屋さん』にしか聞こえません。

オレ、そんな事一切ないです。
俺の作品は見てもらう事でしか完成しません。
観て下さい。
待ってます。

虎本剛





posted by ステージタイガー at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0218

9位ですよ!ステージタイガーが(虎本)

皆様、ご存知ですか?
今週2/18-19は日本写真映像専門学校で13:05より『ファイアフライ』の上演映像がどこよりも早く上映される事を。
今週2/19になんばyes シアターで虎本が書いた台本が上演される事を。

そして、ステージタイガーが日本で9位な事を。

虎本です。

image1.JPG


現在ダイバー・シティ稽古の真っ最中。
今日は衣装を決めました。
いよいよ本番近づいて来たな、という感じです。
色んな事を一気に言いましたが、皆様にお願いしたい事は、表題でもある9位というやつ。

そうです。

S__18882575.jpg


ステージタイガー、観劇三昧2017手のひらフェスティバル、全81団体で9位になりました!


じわじわ順位を上げていき、まさかのトップ10入り。
雨の中のティレル中嶋悟のようなステージタイガー。
しかも。

スクリーンショット 2017-02-16 8.57.36.png

観劇ビギナーランキングは1位というね。
いや、まだ終わったわけじゃないけど。
快挙! ありがとう、皆さん。
そして、まだ観てないという方、このチャンスに是非。
無料でステージタイガー『アップ・ダディ・ダウン』が観られます!


正直言うと。
順位なんてどうでもええんですよ、俺は。
より沢山の方に観ていただきたいんです、俺は。
知ってもらいたんですよ、俺は。


【ステージタイガー『アップ・ダディ・ダウン』視聴方法】
@【観劇三昧】アプリをダウンロード
Aアプリ起動後、左上のメニューボタン→一番した「設定」→「ログイン/会員登録」をタップ
B「新規登録」をタップ
Cお名前・メールアドレス・パスワードを入力
D「登録」!

【ステージタイガー『アップ・ダディ・ダウン』視聴方法A】
@左上メニューボタン→作品検索(無料)「劇団別」→「ステージタイガー」→「アップ・ダディ・ダウン」の順にタップ
A「再生オプション」の左にある▼ボタンを押すと視聴開始!

【ステージタイガー『アップ・ダディ・ダウン』視聴方法B】
@作品を最後まで観終わったら、「観フェス」のステージタイガーの専用ページにアクセス!
Aあなたが「アップ・ダディ・ダウン」を観て、「この賞に該当しそうだな」と思う選択肢を選んで投票!

です、です。

2/18は写専の方に。
2/19はyesの方に行きます。
それでは皆様、会場もしくは、『アップ・ダディ・ダウン』にて!

虎本剛
posted by ステージタイガー at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0209

沈黙(虎本)

虎本です。
さて、久しぶりに映画を見てきました。
お馴染みの近所の映画館でレイトショー。

写真 2017-02-08 20 43 40.jpg

誰もいない。静寂。
そう。僕が観たのは

写真 2017-02-08 20 44 21.jpg

マーティン・スコセッシ監督の『沈黙』です。
遠藤周作による原作をご存知の方も多いかと思います。
僕も読みました。

それこそ、『年間100冊の本を読むんや!』と息巻いていた1〜2年前の事。
何気に読んだ本はアレから200冊くらいになってる気がしますが、その中でも「僕を激しく傷つけた作品」ベスト5に入ります。ちなみに、同作家の『海と毒薬』もランクインします。
読んだ後、とてつもない疲労感に襲われ、しばらく何もやる気が出なくなった事を覚えています。
そんな『沈黙』。

限りなく原作を読んだ後に近い衝撃を受けました。
凄いな。でも、もう2度と観たくない。

一人で観る事をお勧めします。
間違ってもカップルなんかで観るもんじゃない。
あと、昼間に観るもんでもない。
できれば明日何も予定が無い。時間がある、というタイミングで観ていただきたい。

まあ、僕のblogタイトルに沿って個人的な見所をあげるとするならば、とあるシーンで、とある有名レスラーが出てきます。ノーフィアー!

観た方、感想語りましょう。

高校時代は私学でクリスチャンの学校でした。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0203

街はまたいくつも戸惑いを投げかける”ここにいる”と(虎本)

虎本です。いよいよダイバー・シティの情報が発表されました。

ダイバーシティチラシA4.jpg

とりあえず、ファイアフライで剃ったヒゲをまた伸ばし始めました。

写真 2017-01-31 0 25 03.jpg

警察官ですからね。公務員ですからね。
写真で一週間。
けど、またダイバー・シティでまた剃らねば。
なんたってまた公務員ですからね。おっとネタバレ。

そんなこんなで演出のヒントを得ようと、僕は隙あらば街へ出かけています。
ええ。街。
そうです。ダイバー・シティは街の話。
29人で、一つの街を、そこに生きている人々を創出してみせますよ。
普段はインドア派なのですが、あえて、人ごみの中へ。

写真 2017-01-29 12 03 59.jpg

エキスポシティのニフレルに行きました。
コンセプトのある水族館と動物園。
決して派手ではないのですが、意味あるモノとして陳列された生き物達。
小さな水槽。けどその一つ一つが独立した世界を持っている。

思考のヒントは街にある。
本番まであと1ヶ月と10日。まだまだ外へ出て行こうと思います。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0127

ファイアフライはこうして生まれた(虎本)

遅ればせながら、ステージタイガー『ファイアフライ』
ご来場いただきありがとうございました。

写真 2017-01-22 17 39 06.jpg

虎本です。
ヘラヘラした写真で申し訳ないですが、脚本と演出をし、火野という警察の親子を演じさせてもらいました。

おかげさまで盛況のウチに幕を下ろす事が出来ました。
僕にとってはお客様の笑い声と鳴き声と拍手が、何よりのリアル。
それを信じて、精進し続けるのみ。
既に発表されておりますが、ステージタイガーは3/11に『ダイバー・シティ』という作品を上演致します。こちらもかなり凄い作品になりそうですので、是非。

さて、もう少しファイアフライについてお話ししたいと思います。
題して、『ファイアフライはこうして生まれた』の巻。
---------------
そもそもそれは思い起こせば夏の前でしょうか…。
写専の生徒から卒業公演の企画説明を受けたのです。
※写専には映画コースやTVコース、写真学科もあって、毎年卒業の発表に全体の共通テーマがあるんですね。
諸々省略しますが、企画全体のタイトルが『SPARKS!(火花)』。
一瞬で燃え上がる炎のように…みたいな感じやったと思います。
なるほど。さすが若者。儚くも美しいな、と。

そこから花火とその職人達をモチーフにした話を考えました。
ええ。出発は


『花火職人達の話』


しかし、ですよ。
30代後半の僕は思ったのです。
一瞬で散る火もええけど、手元を照らす暖かい光もええよな、と。
テーマ的なものはそこで決まりました。

『花火職人達が、地味な良さを知る話』

あとは、何となく『ラブストーリーをがっつり書いてみたいな』という僕の欲求がありました。
以前のタイガー作品でも書いてはいたのですが、もっとキュンキュンする、甘酸っぱい話も書いてみたいなと。

『花火職人達が恋をして、その結果、身近な暖かさに気付く話』


さらに、近鉄アート館は3面。そうだ、三角関係の話にしよう。
どうせなら、3つながりで、3回それを出してみよう。

『花火職人達が三角関係を3つの年代で繰り返し、その結果、身近な暖かさに気付く話』


となったわけです。
あとは、花火を調べ上げ。
花火職人の方のお話を聞きに滋賀に通い、その風景をモチーフに世界観を描き。
年代ごとの出来事を整理し…。
連続企業爆破事件の本を何冊も読み込み
血反吐を吐いて。
出来上がったのがファイアフライです。

ちなみに、タイトルにもなっている、ファイアフライ=蛍 を思いついたのは、
タイトルを考えていた時に、『FIRE』とか『BOMB』、『FLY』『HIGH』『SKY』など単語を並べた時。
あ。これ、蛍やん、と。
暖かい光は、蛍にしよう、と。
そこから花嫁の名前を蛍にしよう、と。

いや、世界って繫がってるんですね。

ファイアフライ。これは
ひたすら新しさを追求し、終われば使い捨て、大量に消費する世界に対する、僕なりのアンチテーゼです。
僕は小さな存在ですが、せめて劇場で顔を見合わせる皆さんを熱くする存在でありたい。
ファッションではなく、パッション!

虎本剛
posted by ステージタイガー at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0119

劇場入ってます(虎本)

虎本です。

image2.JPG

現在、劇場にて仕込み中です。
沢山の方々のお力を借りて、舞台が着々と出来上がっていっております。

image1-1.JPG

早く皆さまに観ていただきたい。
ワクワクしています。

image1.JPG

全然関係ないけど、朝走ってた時の、河川敷をぱちり。
あの登場人物達もこんな風景を見ていたのか。


まもなく幕が上がります。
皆様のご来場、お待ちしております。


虎本剛
posted by ステージタイガー at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0114

diversity(虎本)

虎本です。
いよいよファイアフライあと1週間後には幕が上がる。
皆様観に来て下さい。
ええ芝居にします。
もっともっと、ええ芝居にしますさかいに。

といいつつ。

写真 2017-01-14 11 47 50.jpg

昨夜は徹夜。
その眠い目をこすりながら、稽古場blogにある通り、作業場へ行き、スタッフワークの確認をしてきました。
オレ、頑張ってます。37歳、徹夜明けはなかなかに生気の抜けた顔をしております。

その作業内容は稽古場blogを読んでいただくとして。

なぜ、虎本が徹夜だったのか。それは。






台本書いてたから。





なんですね。
何故かというと。







今日が顔合わせやから。






なんですね。
本番1週間前に、次のステージタイガー公演の顔合わせ!
本気で死ぬ思いで台本書きました。
書き上がったのが印刷締め切りギリギリ。
我が歴史において5本の指に入るくらいシンドイ執筆でした。

けど。これで胸はって言える。



皆様、明けましておめでとう!


やっと正月がくるぜ! 
え!? 顔合わせまであと2時間?
え!? ファイアフライまであと1週間!?



虎本、正月終了のお知らせです。




諸般の事情と大人の事情でまだ詳細を発表出来ないのですが。
ええ本書いたと思います。
というか、大実験作。
大丈夫か!?と思いながら書きました。
さあ、どうなる。


そんな虎本を応援してみませんか!?
祝福してみませんか!?
え?どうするか?簡単です。




ファイアフライ、観に来れば良いのです。
虎本専用窓口
http://ticket.corich.jp/apply/78002/009/


劇場で会いましょう。
僕の作品を観ていただける。
それが何より僕は一番嬉しい。
プライベートの僕と出会うよりも、客席の皆さんと作品で繫がる方が嬉しい。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」