ステージタイガーへ

'04年 1225

めりくりめりくり♪

ぶっしゅどのえる
はい、クリスマスです。
我が家の新しいプリンタと格闘しまくりの田中秀美です。

クリスマスと言えばケーキ。
街中を歩けばそこらじゅうでケーキの嵐。
「クリスマスだからブッシュドノエルが食べたい」
つい2日ほど前にうっかり口走ってしまった言葉・・・。
昨日の夜、近所に住んでる幼馴染みが写真のケーキを片手にやってきてこう言ったのです。
「これはベータ版。本番は明日やから」
・・・イヴイヴにもケーキ。イブにもケーキ。街中どころか、我が家もケーキの嵐??

続きを読む
posted by ステージタイガー at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1224

聖夜

わるいことをしたら、つかまる。
 でも二回までなら、のーぷろぶれむ
posted by ステージタイガー at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

プロレスラー5 ビッグバン ベイダー

さあ! 毎週木曜から金曜にかけては、水本のマニアックなコーナーだ!
プロレスラー黄金列伝(勝手にタイトルつけました)の時間だよ。
というわけで、今日紹介するのは、この人!

ベイダー1

ビッグバン ベイダー

最近では普通にベイダーと名乗っていますが、僕の小さかった頃、彼はまさしくビッグバンでした。

なんたって、強い!
でかい! 怖い!

確か僕が始めてプロレスをテレビで見た時、彼がデビューしていました。
当時、ビートたけしがプロレス軍団を作るという企画があり(TPG)、アントニオ猪木に挑戦状を叩き付けました。そのメンバーが、このベイダー。

猪木、長州、藤波をあっという間に葬り、生放送にも関わらず、会場は大荒れ、大混乱。
今も新日本プロレスの歴史に残る事件として取り扱われています。
さて

その体つき、入場シーンのオドロオドロしさ、、、、、、。
未だに子供心にトラウマです、、、、、、。怖かった。続きを読む
posted by ステージタイガー at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1221

仁星と将星

石神です。
本番が近付いてまいりました。
もうチケットの予約はされましたか?
残り席数が少なくなってきました。早いご予約をお願いします。

今週の北斗キャラ
今回は二人紹介。
シュウ
一人目は多彩な足技で全てを切り裂くシュウ。
南斗六聖拳の一つ、南斗白鷺拳の伝承者。
星は仁星。人を救うためなら、進んで自分を犠牲にする男である。
少年時代のケンシロウの命を、自分の両眼と引き替えに救う。また、レイの親友でもある。
その性ゆえに、子供狩りをしるサウザーに反抗しレジスタンスを組織する。
成長したケンに再会し打倒サウザーを託す。
星の宿命ゆえサウザーには勝てない事を知りながら、子供たちの未来のために決死の戦い
を挑む!だが、子供たちの命を救おうとしてサウザーの卑劣な謀略にはまってしまう。
子供を人質にしてシュウの足の筋を切断。
シュウはその身体で、聖帝十字陵の頂上へ石碑を運ぶように命じられる。
十字陵の頂点で、聖帝の軍が矢を放つ。ケンは助けるために走り出す。
それを見たサウザーはシュウに槍を投げつける。その槍はケンの目の前で命中。
サウザーの槍に射抜かれたシュウに奇跡が起こる。
シュウの両目に光が戻り、そして目の前には成長したケンの姿が。
その後、シュウは押し潰され、十字陵が完成。みこどな最後だった。

サウザー
二人目は秘孔も通じない謎の肉体を持つ聖帝サウザー。
南斗聖拳で最強の座にある南斗鳳凰拳の伝承者で、南斗六星の中心である将星の持ち主。
捨て子だったが、先代伝承者のオウガイに拾われ修行を積む。
目隠しでの伝承者認定勝負にも勝利するが、倒した相手は実はオウガイと知り、深い哀しみに絶叫。以後サウザーは愛を捨て、師の弔いと自分の野望を象徴する聖帝十字陵建設のため、多くの子供たちを犠牲にしていく。
打倒サウザーを託されたケンはサウザーと激突。
帝王の拳にふさわしく、制圧前進のみゆえ防御に要する構えが存在しない鳳凰拳。
この拳と、秘孔が通じない謎の身体で一度はケンを破ったサウザー。
だが、聖帝陵で行われた再闘では身体の秘密を見破られてしまう。
秘孔の位置が人と左右逆なのだ。サウザーはついに構えを見せ、奥義・天翔十字鳳でまさに鳳凰の如く天を舞い、ケンに空襲する。
ケンも北斗神拳秘奥義で対抗。激しい攻防の末、
ケンはついにサウザーの秘孔を突くことに成功。北斗有情猛翔破で勝利を収めた。
最後に愛と情けを思い出したサウザーは、十字陵とともに堕ちていった。

今週の名台詞
『愛ゆえに哀しみが起こる。ならば愛などいらぬ』
posted by ステージタイガー at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1220

りんぱりんぱ。

なまけ2
週末寝込んでてブログ大遅刻、のひでみです。
久しぶりにBaku-団のページ見てびっくり・・・。年末公演のチケット、残りめちゃ少なくなってる?!(特に30日はもうなくなるー。)

さてさて、週末寝込んでた理由なんですが。
皆さん、定期検診受けてますか??
いやもう、マジな話、シャレにならないっすよ・・・。
特に芝居関係者とか、忙しい人が多いから検診なんか受けてなくないですか??
サラリーマンとかなら会社で強制的に検診受けさせられることが多いですが。
とりあえず、20歳過ぎたら年1回は検診へ。
というのも、実は私、先週辺りから首のリンパ腺が腫れて熱出してたんです。
最初はカゼかな、くらいに思ってて風邪薬とか飲んでたんですが。
2日たっても、3日たっても腫れはひかない。
それどころかカゼの症状らしきものがほとんど出てこない。
唯一あったのが、ノドの恐ろしい痛みだけだったんですねー。
(このノド痛のために、3日間くらいまともにメシが食えなかったです・・・)
で、これはおかしいと思って病院へ。




続きを読む
posted by ステージタイガー at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1219

にくー。

肉屋

にっくき肉片!鈴木です。

今回の芝居作りの参考にと、三重県松坂市まで車を走らせました。
上の写真は松坂市内でも有名な、松坂牛を取り扱う焼肉屋さんになります。

日本人に質問。
ならどちらが好み?

島国且つ農耕民族ということもあり、やや魚優勢か?
いや、若年層と男性陣は肉好きが多かろう。
分かりやすいおいしさと手軽さが売り。


ちなみにわいは・・・・
この質問に肉と答える奴は、味覚の乏しい、あまり良いものを食していない哀れな人間をいう評価を受けそうだが、やはり・・・・

まぁTPOにもよって、どっちが好きというのは大分変わりますが、
根底にあるのはやはり・・・・
あらゆる料理、あらゆるシチュエーション、あらゆるシミュレーションを重ねた結果。
最終的に生き残ったのは・・・・


上記、焼肉屋で舌鼓を打ったときは、真にうまいものを食したとき、人は「ウマい」とは言わないの法則に出くわしました☆


続きを読む
posted by ステージタイガー at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1217

プロレスラー4 大谷晋二郎

さあ、やってきましたよ!
マニアだけが楽しめる! 水本のプロレスラー日記でございます。
おおたに
今日は、この人。
現在プロレス界1、熱い男。新『涙のカリスマ』、大谷晋二郎

彼の魅力は何といっても、『熱さ』
試合の構成もさることながら、それを『熱さ』で紡いでいく彼のひた向きさには、脱帽ものです。
試合後には、熱いマイクアピールをしてリング周囲にファンを集めます。まさにカリスマ!
彼の口癖は『プロレスの教科書〜ページにはこう書いてある』という謎の名言。

元々体が弱く、プロレスラーにあこがれて育った大谷。
それゆえか、彼のプロレスに対する愛、尊敬は半端ではありません。
そしてその気持ちをストレートに伝える事にかけても、一切の妥協はありません。

続きを読む
posted by ステージタイガー at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1216

我が仔の成長記録

no-title
やって来ました。
水曜中日。やや過ぎました、すいません。
室田のブログのお時間です。

先週、とある理由で実家に帰りました。
楽しい理由の帰省じゃありませんでしたが、そんな中でも楽しみが一つ。

それは・・・続きを読む
posted by ステージタイガー at 04:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1214

愛する女のためにオレの拳はある!

石神です。
チケット予約で席が順調に減ってきています。年末一緒に楽しもうと思ってくれている方
は是非お早いご予約を!

今週の北斗キャラ
アイン
ケンカ拳法を使うキザな男アイン。
女のためにお尋ね者狩りをする賞金稼ぎ野郎。
女とは幼い娘アスカ。
賞金首となったケンに無謀にも挑むが、もちろん相手にならなかった。
その途中でバットと出会い反乱に加わる。
帝都に侵入し、地下に囚われていたルイを発見する。
脱出してケンとファルコの戦いを止めようとするが、ジャコウの落とした岩を受け止めて瀕死の重傷を負う。
脱出する方法は、地下水脈を吹き出させその水を使って外に出ると言うもの。
杭を使い自分の拳で打ち付けるアイン。この方法でしか、ケンとファルコの戦いを止めることは出来ない。
死を覚悟したアインの拳がうなる。見事に吹き出した水で脱出。
だが無理をしたアインは命を落とす。最後にアスカをバットに託し永遠の眠りに…。
滅茶苦茶カッコいいぜアイン。

今週の名台詞
『おまえ、女はいるのか?』

posted by ステージタイガー at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1213

壺を見んとするには

まず、壺は実用品であって、それ単体で観賞するものではない。  いくら華美であり見た目がよろしくとも、挿せなければ壺としての美はない。挿してこそ、はじめて壺本来の姿、美しさが立ち現れてのである。
「壺をみんとするには挿してこそ」である。
また壺は「和物を持って一とする」
洋物は遠めには良いが、肌は荒く、作りも大雑把であり、見るにはよいが、挿すにはむかぬ。

「例え壺ふえるとも花は一輪挿しに限る」
花は壺を求めるように、壺は一つの花を待たねばならぬ。また、壺並べて挿そうとも、壺一つに花二つはならん。
竿どうしなどは論外である。
posted by ステージタイガー at 17:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1212

徒然なるままに。

トンネル

夜には強いわし。
次の日が仕事だろうがなんだろうが、何かと夜更かしして何かしている。

その代わり朝は弱い
仕事以外では起きない。
よほど重要なイベントが無い限り起きない。
かなり寝ている。
だいたい、11時くらいまではノンストップで寝ている。
起きあがっては用を足す。
もう膀胱が限界。
すっきりしたら、また寝る。

この二度目の布団の温もりが、何となく休日の醍醐味だ。


自分的に、かなりON/OFFの差が激しい。
めっちゃONの時は、かなり切れ者(自分で言うな)。
めっちゃOFFの時は、
カス人間(知る人ぞ知る)。
その両方を見れるのは恋人か家族か親友のみ。
レアな一面。

よく実際の年齢より上に見られる。
落ち着いてるらしい。
ちなみに昭和54年生まれ。
こんなもんちゃう?社会出てたら、て思う。

ちりめんじゃこの中に紛れてる、ちっちゃなタコばかり狙って食う。
唐揚は、鶏肉と衣が奏でる総合芸術だと思う・・・。

そんなこんなで本番まで3週間を切りました。
は、早ぇ〜。
年明けには、劇団員募集オーディションが開催される。
いい仲間にめぐり合いたいな☆
posted by ステージタイガー at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

ゴッドファザー

チャララララララー♪(ゴッドファーザーのテーマ)
わしのブログのテーマって「こんなものみつけました」らしいすよ。
僕がつけたんじゃないすけどね。
そんなわけで今回は何か見つけようとしました・・・

見つからねぇ
ダメッスね。
意識するとなかなかイイ!もんが見つからないっす。

というわけで、今回はわしのハート揺さぶりランクBくらいのをご紹介。

コイツはサイバーですぜ!?
職業柄(あくまでバイトの)パソによく触ってるんですが続きを読む
posted by ステージタイガー at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1210

プロレスラー3 CIMA

遅れてすいもはん!
水本剛のプロレスラー紹介その3です。
CIMA
今日紹介するのは、写真の男、CIMA
本名は、大島伸彦。
メキシコ修行中に、向こうの人から、『オッ シーマ』と呼ばれていた事から、この名がついたそうです。
ちなみに、前のリングネームは、『シーマ ノブナガ』、、、、、、。
改名して良かった。

現在人気急上昇中の団体、Dragon Gateの不動のエース。
まあ、写真を見てもらえば分かる通り、かなりの男前です。
元々観客の半数以上が女性のこの団体にあって、彼に飛ぶ黄色い声援の数は半端ではありません。

彼の凄い所は、もちろんその技のキレもありますが、何といっても、華!
華は華でも『毒の華』!
一見モロそうな表情の中に、触れるものを斬り付けるような雰囲気。
最近ではその悪ガキキャラから、団体のカリスマへと成長を遂げています。

そして、その彼を表現する、

続きを読む
posted by ステージタイガー at 19:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

あい・てー革命。

お茶

早とちりフライング宣伝ウーマン、田中秀美です。
毎週のことですが、いつも会社で今日が金曜日であることに気づき、昼休みに慌ててブログを書く、そんななんちゃってキャリアウーマンひでみです。

実は私、某有名コンピュータメーカーで働いております。
写真のとおり、パソコンの横には1リットル105円の紙パックのお茶。会社では常にこいつが友達です。
こいつと共に、今日もセットアップ、土日はさんで月曜日もセットアップ。
毎日パソコンと格闘しちゃうわけなんです。
(何度かお茶をこぼしてキーボードを再起不能にしておりますが・・・)

そんな私はもちろんITバリバリ(?)コンピュータ人間ですが、近頃うちの特攻舞台Baku-団ではにわかにIT革命が起ころうとしているようです。
まあ、もともとが大学の情報系学部出身のヤツ多いので今更革命ってほどでもないのかもしれないのですが。
なんと、ホームページがリニューアル?!
続きを読む
posted by ステージタイガー at 13:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1209

続おさかなワールド

やって来ました。水曜中日。
やや過ぎましてすいません。
室田のブログのお時間です。
今週は先週の続きです。

まず、黄金比に重要なポイント。

続きを読む
posted by ステージタイガー at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1207

五人の戦士

石神です。

今週の北斗キャラ。
今週は南斗五車星を紹介。

ヒューイ
一人目は風の星を持つ男ヒューイ。
「風を友とし風の中に真空を走らせ、その真空の力は鋼鉄をも断ち割る」
と言う南斗五車・風の拳の伝承者。
オートバイ軍団風の旅団を指揮しラオウの進軍を阻もうとする。
しかし、直接対決ではラオウに一撃でやられ砕け散った。
派手に出てきた割にはすばやく退場。まさに風のごとき速さで消えたキャラ。

シュレン
二人目は炎の星を持つ男シュレン。
炎情拳を使う。朱の軍団を指揮する。弟星にあたるヒューイの仇を討つべく
ラオウに襲いかかるが、馬上からの突きで全身を砕かれる。
かなわないと知ったシュレンは、全身を炎に包みラオウに特攻。
だが、執念の炎でさえもラオウの身体に傷一つつける事は出来ずに炎の中で果てた。

フドウ
三人目は山の星を持つ男フドウ。
初めは独活の大木として登場したが、実は南斗五車星の一人だった。
孤児として育ち、若い頃は人の命を虫けらのようにしか思わない悪鬼だったが、ユリアに命の大切さを教えられ改心。
武具を封印して、親を失った子供達の養父となって生きていた。
だが、ラオウが南斗の将に迫ると知り、ケンを迎えるために荒野に。
そしてラオウに挑まれ、封印を解いて武具を身に纏う。しかし、
ラオウはあまりにも強い。打たれ押されるも、それでもフドウは怯まず、
ラオウを恐怖させる。だが、そこへラオウ軍の弓が放たれる。
勝負に勝ったフドウ。子供達をケンに託し壮絶に散る。頑張った大きいお父さん。

ジュウザ
四人目は雲の星を持つ男ジュウザ。
ラオウに匹敵する拳才がある。自由気ままな性格のため拳は我流。
ユリアを愛するも、母違いの妹と知り、更に無頼に生きるようになる。
ラオウにも無関心だったが、南斗の将がユリアと知り、少しでもラオウを
食いとめるために命を捨てて挑む。撃壁背水掌でダメージを与えるも
一歩及ばず撃沈。黒王号が背を許した数少ない男の一人でもある。

リハク
五人目は海の星を持つ男リハク。
五車星の中の長老格。世が世なら万の軍勢を縦横に操る天才軍師だったと言われている。
ラオウに罠をしかけるが、失敗して重症を負う。同時にケンにも傷を負わしてしまう。
五車星唯一の生き残り。
次の時代では、成長したバットやリンと共に北斗の軍を組織して長になっている。

今週の名台詞
『地獄のはてまでも追いつめてやる!!』
posted by ステージタイガー at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1205

チャンバラばんばん。

シャワー

台風近づくドシャ降りの夜。
傘を持たない洋平少年は、
なるべくならこのお気に入りの赤いパーカーを濡らしたくはないと考えた。
そこで選んだ少年の選択肢は・・・・。


デッセンバ!鈴木です。
今日はお昼に久しぶりの観劇です☆
僕が個人的にお世話になっている劇団なんすけど。

Shibaiya 遊歩堂「壊れた扉の向こう側」

今、一心寺シアター倶楽でやっている「年末大活劇スペシャル企画」の一つなんですな。
いや〜、斬り合ってました☆
舞い踊ってました。そして・・・愛だな。

僕が知っている数少ない「織田信長」ものは、
どれも信長自身が、自分の結末を先に知ってしまう模様です(笑)
もう今日で終わりなので宣伝も出来まへん・・。

さて稽古行ってきま〜。
てか、ナス君の芝居、観られへんやん・・!!
インテアリア〜。


続きを読む
posted by ステージタイガー at 17:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

松技!

おっす!
サタデーナイトタニヤinLAです。嘘。
公演も終って早や1週間・・おや師走ですよ。
みんな!師走って何でそんな名か知っとるけ?




師走(しわす・しはす)
家々で僧を迎えて経を読ませるので、師が走るから師走と言われている。
昔はお盆と同じく先祖のために僧を家に迎えてお経をあげてもらう習慣があり、師(僧)が走るから師走と言われている。
また、古代中国漢王朝では、年の瀬に、国中から拳法の師範を集め、護国豊穣を願い黄色の胴着を着せ、中国全土を一周走って回らせたと言われている。初代完走者は沙羅威。
本国において某チャリティ番組で黄色のTシャツでマラソンをし、彼の名を歌うのも、ここに起源していると言われている。
(民明書房刊「年中行事の干支世斗羅」より)




読んでカシコくなるのはBaku-団のブログだけ!嘘。

はい、そんな公演熱もさめやらぬ中、松枝くんの続きを読む
posted by ステージタイガー at 16:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1204

青チャリを終えて・・・。

はい、制作の田中秀美です。
公演が終わり、またすぐに次の公演に向けて走り出している特攻舞台Baku-団です。

最近、うちの劇団内でよく話題になる話。
メンバー一人一人がキャラ濃いせいもあって、気づかれている方は少ないかもしれないのですが、実はうちの劇団、けっこう人が少ないのです。
(現在11名。うち役者7名。うち女優1名・・・。)
自転車ガァァルシリーズでも、キャスト・スタッフともに劇団外の方にものすごくお手伝い頂きました。
そこで、ここはやっぱりもっと仲間がほしいぞ。ってことで・・・。
大々的に団員募集やっちゃうことが決まりました!!


続きを読む
posted by ステージタイガー at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)

'04年 1203

プロレスラー その2! 天才!!

水本です! 遅れて、しかも先週はすっとばして、ごめんなさい!
というわけで、今日も僕の愛すべきプロレスラーを紹介していきます!

栄えある2回目は、、、、、、、、、、。
現 全日本プロレス社長、武藤敬司!


武藤1

元新日本プロレスのエース。IWGP王者にも数度、三冠王者にも数度輝いております。
ベルトコレクター。

御存知ない方には、彼のもう一つの姿、グレートムタと言った方が早いかもしれません。

なんたって、彼を一言で現すと、『天才』

まるでプロレスラーになるために生まれてきたような男です。
なんたって華がある! そして、動きの一つ一つが観客の目を引く!
男前! 体もでかい! 早い! 飛ぶ! セクシー!
猪木も馬場も、華という点に関しては、彼には遠く及びません。

得意技は、ムーンサルトプレス、シャイニングウィザード、のような派手なものから、4の字固めのような地味なものまで、多種多様。
ちなみに、4の字といえば、思い出すのが、1995年10月9日 東京ドームの、高田信彦戦!
当時、格闘技最強と言われたUWFインターナショナルの高田を、ドラゴンスクリュー(足をひねる技)からの4の字でしとめました! いやー格好よかった! 惚れた!
武藤2

当時、高校生だった僕はあこがれたもんです。
また、その時流れたテーマ曲のトライアンフが格好いイ!

彼のオリジナルへのこだわり、そして、所作。リングは違えど、同じ表現者として見習うべき点は多いですね。
ただ、彼に唯一の欠点がアルとすれば、、、、、、。
それは、頭髪
さすがの天才も、男性ホルモンには勝てないようで、、、、、。
おかげで、今の武藤は

武藤3

こんな感じ。
でも、やっぱり格好いいんですよ!

ちなみに、今まで、彼は数回見た目とキャラをチェンジしています。
アメリカから帰国した頃は、アイドル風の、スペースローンウルフ。
その後は、ショッキングピンクの、セクシーターザン。
そして、nwo入りしてからの、ナチュラルボーンマスター。
3冠王者になってからの、プロレスLOVE。
んで、現在の天才を超える魔術師、クロスウィザード。
さらに、別の顔として、グレートムタ、黒師無双など、多種多様。

膝に爆弾を抱え、社長業も兼任する現在ですが、武藤よ! これからも僕の憧れであってください!
posted by ステージタイガー at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)