ステージタイガーへ

'13年 0424

これは、ボタンの花で、いいですか(ネコ)

書斎のカーテンを開けると、眼下に、昨日まではなかった大きな花が咲いていた。
その色の強さは、半分はゾっとするほどで、一気に目が覚めてしまった。
FxCam_1366684957963.jpg

先日のこと。

最近、スタミナの衰えを感じていたので「これじゃいかんなぁ」と、試しにこの場所から京都までを自転車で走ってみた。

シングル固定ギアのまま、大きな山をふたつも越えて、三条大橋に到着したので約50分。

「我ながら、なかなかの体力じゃないか」と自己満足に酔い、そのまま調子にのって、「君の調べ物の参考になるだろうから」と譲り受けたチケットを握りしめ、市内で行われているインカ帝国展に向かった。

天空の都市マチュピチュで知られる謎の多いインカ文明が、現代ではここまで解明されてきているのかと驚きながらも、1人で興奮気味に展示品を見て回る。

もっとも興味深かったのは、インカには文字がなかったという事実。

まぁ当然、言葉はあったのだけど「それでも、この時代に文字をもたない文明があるなんて、やはり独特であるなぁ」と感慨にふけってしまう。


言葉とは、文字とは、人間を「未来に向かせる」ことに成功した。
同時に、言語がなければ、人間は「死の恐怖」を舐めることもなかったのだとも考えられている。


あぁ、またこんな話題を書いてしまったら、「たまに、わけわからんこというから」と、周りから眉をひそめられるので……話しを戻します。

とにかく。

インカ展にしきりに頷き、じゅうにぶんに満足した僕は、そのまま続けて800円という少しお高い「トンテキ定食」を思う存分に堪能し、また山をふたつ越え、今度も50分の時間で家に戻ってきたのだ。

そして、翌日に倒れた(バタンキュー)。

どうやら、疲労の蓄積で免疫が弱っていたところに、練習でつけた傷から雑菌が侵入し、全身にイタズラをしているらしい。
「これは、医者のいうイタズラのレベルを超えている」と納得がいかないのは、僕が昭和生まれで、雑菌が平成育ちのジュネレーションギャップなのだろうか。

元々、小さい頃からよく高熱を出して、飯もろくすっぽな量を喰らわず、白昼夢を見ては親に心配をかけていた『典型的虚弱欠陥児童』の私は、現在の見た目に反して、いたって変わらず病弱のままである。

結果。近しい友人たちから「筋肉の紙粘土をつけたモヤシ」という、ありがたくもない称号をいただいたわけだ。

そんな虫の息であった僕も、「糊口をしのぐためには、なんとか本日中に仕上げてしまわなければいけないものがあるのだ。」と、半ばやけっぱちで書斎に入り、陽の光を浴びようとカーテンをめくった矢先、件の花の、その紅が、網膜に届いてきたのだ。

赤は、色の中では一番速い。

頭がすこし朦朧とした中、その強引なまでの主張に、僕の細い目も倍ほどは縦に伸びただろうか。
思わず降りていってカメラで、ぱしょん。
最近の携帯は便利であるなぁ。
加工すれば、己のボケた脳に映った色合いに、限りなく近く再現できる。


踵を返すと、そこにはローズマリーの群生。
FxCam_1366685204223~01.jpg

「最初は料理に使うハーブを増やすつもりで、ところが、今やここまでスペースを埋め尽くしてしまった」と聞いている。
ハーブってのは、言い換えれば雑草。 その逞しさとふてぶてしさは、気持ちよく感じる時さえある。

高校時代の最後の時期、『クラスの一番王子様な人アンケート』という意味不明のアンケートの端に添えられた『クラスで一番雑草のような人』という、さらに意味不明な項目で、圧倒的1位を獲得した経歴のある者には、他人、いや他草の気もしない。

とはいえ、僕の身体の中の雑草(雑菌)も、いまやこれくらいの大胆さで、主人の内側を喰らい尽くすのではあるまいな?
そんな奇妙な心持ちになって、試しにローズマリーに喰われた気分を味わってみようと、重い頭を群生の奥まで突っ込んでみる。


むせ返るほどの肉消しの香りと、突然の乱入者に驚き踊ろき、方々へ散っていく虫たち。


「何してるの?」


頭をズッポリと抜き、声の方に振りかえれば、この庭を近道に使っている小学生の女児が驚いている。

「やぁ、ちょっとね。ローズマリーに喰われそうだったんだ。君も気をつけたまえよ。」

そう応えると「きょっきょきょ」と、さえずりにも似た音階で、笑ってくれた。


さて、そろそろと体調を戻しつつ、本番は快調に迎えたいと思います。

5月4日の中之島ABCホールでお待ちしております。
いらっしゃったみなさんも、笑ったり、なんだりしてくれると幸いです。
posted by ステージタイガー at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0418

美容と健康(いまむー)

なんだかお久しぶりになってすみません、いまむーです。
最近なんだか寝苦しい夜を過ごしています。
暖かくなったからかしら、お布団が前ほど気持ちよくないのでしょうね。
寝不足はお肌の大敵!ということで、最近はまっているのはシートパック。

2013-04-18 22.10.04.jpg

ガチで不気味だったので少しデコってみましたがあんまり効果ありませんでした。
蜷川実花監修のカメラも私のアレな雰囲気にはかないません。

気がつけば4月ももう下旬にさしかかっていますね。
5月になれば、即中之島春の文化祭2013
私も、舞台上をちょこまかさせていただきますよ。

そして、あれですよ。

大阪マラソンエントリーが始まっているのですよ。
締め切りは5月1日なのですよ。
ああああもうどうしよおおおお。
昨年集めたマラソングッズ。
このまま眠らすには申し訳ないしもったいない。
でも、去年のあの感じ。

正直二度とやりたくない

でもでも。
ああ、でもでも。

あと10日ほど、悩んでみようと思います。
posted by ステージタイガー at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0414

どれだけ君を愛しても〜♪(ネコ)

「『社務所』と『シャムシェイド』は、大変に響きが似ている。」なんてことを考えながら神社を抜ける。

そんな昔のバンドのことを話しても、最近の若者にはきっと「3分の1も伝わらない」だろうなぁ。

比較的若い人たちとの新しい出会いは、経験上の、案の定で・・・僕は興味の対象に晒され、やたらと話しかけられ、何故だかわからないがクスクス笑われることが多い。
きっと、からかいやすいのだろう。

安請け合いではないけれど、新しい環境に慣れる作業は、ビビり屋の僕にとっては思った以上に時間を費やし、思った以上に刺激的なものだ。



『初代・ネコ』様はまだ、この新参者の『二代目・ネコ』に親しんではくれず、多少無理にでも近づこうものなら「ふぁー!」っと、最初の音階(ドレミ)を無視して高音をたきつけてくる。
カリカリ作戦も失敗し、いよいよヤク(マタタビ)にでも手を染めて、ご機嫌を伺うべきか迷っている最中である。

住めば都とはいうが、ここ最近は用事がない限りほぼ書斎に籠っている毎日で、周りに何があるのかもまだわからない。

唯一知っているのは、初代が普段から食しているカリカリが売っているお店だけ。


気がつけば、椅子に座り過ぎた結果による鈍い腰の痛みに悩まされる体たらくだった。
「これではさすがにいかんな」と、 フラダンスよろしく腰をクニャクニャと振っている毎日。

そろそろと身体も脳も刺激をしないと、錆びついてしまいますねー。

ネコも、中之島春の文化祭に出るんですよー。
あのABCホールに立てるのは、ちょっと嬉しいですよ。
だって、探偵ナイトスクープ観て育ったんやもん。

毎回、西田局長が涙するあの場所で、お客さんにナイトスクープ級に色々と伝わればいいなぁ。

チケット予約はコチラから。

1日券で2000円って、かなりお安いですよね。
お芝居の初心者にもとってもいい文化祭やと思いまする。


おっし!!
posted by ステージタイガー at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

いちご飴!(樋口)

今日はぽかぽか良いお天気ですね晴れ

何事もなく、毎日を迎えられるのは本当にありがたいことだなぁと、昨日の地震もあってしみじみ実感しております。
かなり揺れた地域もあったようですが、皆様ご無事でしたでしょうか?

うちはウサギ共々元気ですぴかぴか(新しい)

今日はちょいと用事があり、出かけた先でいちご飴をGET!!





こういう飴ちゃん何年ぶりかだったので嬉しいです揺れるハート

たまにしか食べられないのがいいですよね〜



さてさて、ステタイではまたいろいろ始動しております!
中之島春の文化祭や、虎の子ワークショップetc…
春もイベント目白押し!!
お楽しみにるんるん
posted by ステージタイガー at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0331

松原公演、無事終了!(樋口)

先日はステタイ松原公演にお越しくださり、本当にありがとうございました!
おかげさまで、無事公演終了しましたわーい(嬉しい顔)


本番前の気合い入れ〜!



すごい人数ぴかぴか(新しい)

MTBR33のダンサーさんたちがほんと可愛くって、目の保養になりました揺れるハート

私は今回スタッフでの参加でした!

終演後は物販コーナーへるんるん





過去の公演DVDが大好評で、中には持って行った分、なんと完売したものもありました!本当に感謝ですぴかぴか(新しい)
posted by ステージタイガー at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0330

二匹目のネコ 〜当方 書生暮らしのコト〜(ネコ)

東京で、若さにまかせて奇妙奇天烈な暮らしをしている時にお呼びがかかり、「故郷はどうにも苦手」と断り続けたにも関わらず、半ば懇願される形でやってきた京都生活も7年が過ぎました。

気がつけば、すっかりうっかり京都の生活も身に沁みて、かと思えば、町の空気に逆らうように詰め込んだ日常を、ここ最近は過ごしてきたのです。

粗忽者の僕は、現代ではすっかり意味合いの変わってしまった「義理」というものをあまり好みませんが、それをはたしたといえば、7年は充分な時間であったと考えます。

周りからの強い勧めもありましたが、とはいえ30歳もとうに過ぎたこの時期に勤めていた場所を退くとは、自分でも「随分と馬鹿者だなぁ」と自覚はしています。


さて、食いぶちを無くしてしまった貧しい僕に、暮らしに充分な家賃と生活費がまかなえるわけもなく。
はて、「どうしたものか」と今更ながらに途方に暮れておりました。
「いっそ山にでも籠って世捨て人として生きてみようか」と考えていたところ……いつくかの縁があって、声をかけてもらったのです。


京都駅からもほど近い、滋賀県の小さな駅の裏出口を降りると、すぐに鳥居が見えてきます。

そこをくぐり俗界から神社への神域に入ると、穢れ者の僕は鎮守の牛と馬に睨まれながらも、肩身を狭くして反対側の鳥居を抜けるのです。

そのまま、裏道である線路沿いの細道をてくてく進んでいくと、ちょっとした畑がひらけてきます。

畑を越えて、踏みならされた畔の坂道を登り、申し訳程度にある竹林を越えると、小さくて古いお寺が目の前に現れます。

そこで僕は、「神社を抜けて寺に至るとは、まるで宗教史を歩いているようだな」などと思いながらも、その寺の戸を叩きました。

この禅寺に住む住職は、僧職をする傍ら某大学で週に何度か講義をしている数学者でもあります。禅の精神が数学に繋がる部分もあるらしく、非常に興味深い。
奥さんは元国語の先生。今は色んな趣味を楽しみながらも、生活を支えています。
小さいながらも歴史のあるこの寺は、かつて信長公に焼き討ちにあった経緯があるとのこと。


そんな中、「老朽化のための改築をくり返した結果、倉庫代わりにしていた『離れ』が空いた。」というお話がふって湧いたのです。


「今までが忙しかったのだから、少し時間をおけばいい。」と声をかけてもらい、その離れに住まわせてもらうことになりました。
「時間をおけばいい」とは言ってもらいましたが、引っ越しを含め、なんだかんだと慌ただしい日々が続いています。

しばらくは週に数日ほどの講義を持ちつつ、あとは未定の書生暮らし…いや、駄目人暮らしがはじまります。

とはいえ、部屋の他に書斎まで当てがってもらい、まだ慣れない僕は、まるで自分の匂いをつけるとように、部屋の中をうろうろする毎日です。


同じように、落ち着いていない者がいます。


それは、この寺に飼われている一匹の白い猫。
その名も『ネコ』。
そう、この猫は『ネコ』という名前なのです。

ご存知のとおり、僕の通り名も『ネコ』。
つまり、前からいた『ネコ』は、新参者の『ネコ』が寺をうろついているので、いまだ警戒中なのです。
お互いの距離を測りかねている僕たちは、緊張した面持ちで様子を伺っています。


僕は、尊敬の念を込めて彼を『初代』と呼ぶことにしました。


ここに来てからは、よく不思議な夢を見ます。
頭と身体は順応のスピードが違います。きっと僕の身体の方がまだ新しい生活に慣れていないのでしょう。

今朝、こんな夢を見ました。
『初代』が、紫の大きな座布団の上で腕を組んで座っています。
僕はその前に正座して初代の気分をうかがっているのです。

「ここにやってきたからには、それなりの挨拶ってものがあるだろう。」
「はい、大変に失礼しました。これからはよろしくお願いします。」
「まぁその、なんだ。悪いようにはしないがね。ほれ、人間の挨拶にはあるだろう。」
「はぁ、なんでしょうか?」
「ほれ、あるだろう。手土産的なものが、人の義理ってものが。」
「すみません。生憎と僕は義理を好みませんもので。」
「お前の考えなんぞ聞いちゃいないよ。目上の者に礼を尽くすってのは、我々の世界でもルールだ。ほれ、カリカリ的なものを、カリカリ的なものをよこせ。」


今日は天気がいいので、自転車でさっそくカリカリ的なキャットフードを買ってこようと思います。


今、これを打っている書斎の窓からは椿の花が見え、その横に大きな松の木があります。
朝から雀がその松の枝をしきりに盗んでいく。

僕と同じで、新しい巣を作る準備だろうか。

春は、すぐそこまで来ています。
posted by ステージタイガー at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0326

明日(27日)は「MIRROR⇔FRAME」!(いまむー)

最近レザークラフトにはまっています今村ですこんにちは。
DIY(Do It Yourself/自分で何でも作っちゃえ!って感じです)もここまで来たらいっそ何を目指しているのかわからない。でも楽しいのですよ。
革はぎれを大量に購入して、ちまちまと作成しております。

CameraZOOM-20130320010048181.jpg
これは、初めて作成した革小物、iPadminiケースです。
ケースはつけない派だったのですが、作成したら思いのほか可愛くてうっかり愛用しています。

あとは定期入れとか
2013-03-23 22.44.10.jpg

ブックカバーとか。
2013-03-24 17.03.37.jpg

熱しやすく冷めやすい性格なので、アツいうちにいろいろ作成しようと思っています。
アイデア募集!

そのうちタイガーマークとか刻印しだすかもしれない。
焼き印が欲しいぜ。

とまぁ、趣味の話はこれぐらいにして、明日はいよいよ松原にて「MIRROR⇔FRAME」の公演です!
1回限りなのが本当にもったいない!
すごくすごくいい感じに仕上がっているのですよ!

なにせ、演じてて「やべぇ今私らめっちゃかっこいい」って思いますもん。
平日だし松原だし、来づらいかもしれませんが!
お越しいただいた方にはきっと何かを与えられるはず!
無料公演でもクォリティは間違いありません!
それは昨年の「協走組曲序章」で実証済みですよ!

ぜひぜひ、お待ちしておりますー!
がんばるぜ!
posted by ステージタイガー at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0324

肩コリ解消♪(樋口)

皆様こんばんはぴかぴか(新しい)


ついに松原公演が来週に迫ってきましたね〜!!


来週の公演を楽しみにしてくださってる皆様も、公演間近のタイガーメンバーも、普段肩コリにお悩みではないですか?

そんな貴方に、樋口からのイチオシアイテムがこちらひらめき




一昔前に流行ったテンピュール枕!


いや、実は私、今まで枕というものに全く関心がなかったのですよ。

泊まりに行って枕が足りなければ、バスタオル畳んだのでも良いし、別になくても寝ることはできるし、

これまで使ってたのも、布団と3点セットでものすごく安かった枕でした。

…が!
先日テンピュール枕を借りて寝てみたところ、思ってたより良い感じるんるん

それは私には少しサイズが大きかったので、後日ぴったりサイズのをGET!

そしたら次の日、びっくりするくらい首と肩が軽くて、全然痛くないっぴかぴか(新しい)

今までの枕ってなんだったんだろう…


もちろんテンピュール合う合わないはあると思いますが、自分に合った枕って大事だなぁと実感しました!

あ、私テンピュールの回し者じゃないですよ(笑)

でも、首コリ&肩コリにお悩みの方、枕を見直したらマシになるかもしれませんグッド(上向き矢印)


私にはこれが合ってたみたいです黒ハート

posted by ステージタイガー at 03:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0316

富田にて♪(樋口)

皆様こんばんは!
夜は冷えますね〜

今日はステタイ全体会議でしたわーい(嬉しい顔)

これからの公演の事とか、いろいろと話し合ってきましたよ!!
まずは3/27の松原公演るんるんお楽しみにぴかぴか(新しい)


帰り道、阪急組で記念撮影っ




ネコさんの被り物、なんとお知り合いのお手製だそうです!
すごい器用!びっくりどんっ(衝撃)

そして今日はすごーく嬉しいことが!



白井さんに、いかなごのくぎ煮を頂きましたー!!

帰って白ご飯にのっけて、いかなごご飯にぴかぴか(新しい)




うーん、幸せ揺れるハート
posted by ステージタイガー at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0313

松原公演、通し稽古をしました!(いまむー)

個人ブログですがそんな報告も!
本日初通し稽古をしましたよ。
このお芝居、面白いですよ!
何せ、ステージタイガー完全新作で、さらにダンスユニットとのコラボもあるのですよ。
今までと雰囲気の少し違う、でもステタイらしい良いお芝居ですよ。
平日夜、1回限りではありますが、是非是非見に来てくださいな。

最近、平日まともに化粧しないので写真が撮れない今村です。
もう良い年なんだから自重しなさい。

というわけで代わりに。
先日、実家に遊びに行った姉から送ってこられた私の昔の写真です。
1362581455886.jpg
もうね、突っ込みどころ多すぎて何が何やら。

そのハゲヅラは何なのか。
そのぶりっこポーズとそのハニカミスマイルは何なのか。
正直笑い転げました。
全くこの状況に覚えがありません。
求む、詳細。
posted by ステージタイガー at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0310

愛しのミルキー(樋口)

いよいよあったかくなってきましたね〜!朝起きて、ヒヤッとしない上にお天気良いと、ほんと嬉しくなりまするんるん

でも最近毎日、花粉症との戦い…!!辛い!

去年の血液検査で発覚したのですが、樋口はスギとヒノキとカモガヤの花粉症。
カモガヤはどこぞの牧草(?)らしいです。

花粉症の皆様、この時期大変ですが、頑張って一緒に乗り越えましょ〜もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


そんな今日この頃、ものすんごいテンションあがる一品をGET!!

なんと!




ミルキーのリップクリームぴかぴか(新しい)


そうです、あのお菓子のミルキーの香り揺れるハート

見つけた瞬間即買いでしたっ

これつけてマスクすると、もう、幸せいっぱい揺れるハートになります!




裏面は、ここまで強調しなくても…ってくらい注意書きされてます。

心配しなくても食べませんよ!

どんな味か気になって、ちょっとなめたけど。

心なしか甘かったです(笑)

保湿力凄まじいので、鼻かみすぎて、唇まで乾燥する人もオススメるんるん

私はこれで春を乗り切ります!
posted by ステージタイガー at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0305

鏡となにやら(いまむー)

いつも、タイトルにつけている名前が(いまむー)だったか(今村)だったかで毎回悩む今村ですこんばんは。

現在、訳有って福井県に居ます。
こちらは寒いです。
おいしい魚料理が食べられるかと思っていましたが意外とそういうお店少ないの。
まだ魚食べられていません。くそう。

近くにあるたい焼き屋がおいしい!と教えられて意気揚々と行ったところ、まさかのチェーン店かつ発祥神戸の店でした。美味しかったからいいけどさ。いいけどさ。

タイガーでは、次の稽古がどんどん始まっておりますよ。
67375_428321720590127_115939391_n.jpg
これ!もう見てくださいましたか?
私、上の段は右から3番目なんですが、髪の分け目変えたらなんか別人ですね。

今日はすっぴんのため写真撮れないので、こないだの公演の時の写真を。
33971_441394405935586_1182291059_n (1).jpg
私イケメンじゃね?と思った写真です。
撮ってくれたYさんありがとう!

いつも撮影してくれるカメラマン、漆原さんの写真はこちらからも見れますよ!
posted by ステージタイガー at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0303

元気の源!(樋口)

皆様、おはようございます!
そして、遅ればせながら、先日のライブにご来場くださり、本当に本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


ALLSWAMPSさんの歌に、私もどれだけ励まされてきたか!
素敵な曲に、元気をいっぱいもらいました。
またいつか、生で聴くことができたらいいなぁ…

iPodと私の脳内ではこれからもエンドレスですけどねっるんるん



今日はもう一つ、元気の出ることがありました!



久々に、愛猫との再会〜

この肉球がたまりません黒ハート

中学だったか高校だったかの授業で作った木箱とツーショット


木箱に掘ったにゃんこはもちろんこの子です揺れるハート似てますか?(笑)

いっぱいモフモフして、今充電120%ですわーい(嬉しい顔)元々ライブで満タンになってましたが!


これで明日からも頑張りますっグッド(上向き矢印)
posted by ステージタイガー at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0226

オールスラストライブ!(いまむー)

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございましたー!!

今回、初めて銃持ちました。
すごいよね、テンションあがるよね、銃。

IMG_3719.jpg

噂によると、初めは少しだけお色気キャラを目指したらしいですよ、今村。
無理だったけど。

何人かにイケメンだったと言われました。
イケメンて!!

いやもう、本当ありがとうございました。

ライブはもちろん大盛り上がりで、私はもちろん大泣きで。

2013-02-24 22.32.13.jpg

ほらもう、すごいひと!!

何度も何度も、「あ、この曲、あのお芝居のこのシーン」って思い出して。
思い出がどんどんあふれました。
マラソンで一番つらいときに、一番そばに居てくれたひとたち。
落ち込んだ時は、必ず部屋で流してました。
こないだ、福井に行ったときも、ずっと励ましてくれてた。
そんなことを、ずーっと考えながら、聴いていました。

私がオールスと出会って3年。
本当に本当に大好きです。
ほんとうに、ありがとう。
posted by ステージタイガー at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0225

Music is power(ネコ)

club☆jungleにて行われた、盟友ALL SWAMPSさんのラスト公演『 WHAT A WONDERFUL TOUR ! 』〜完結編〜 が無事に終了しました。

駆けつけてくださった方々、本当にありがとうございました。
n9.jpg
当日は、感動、汗、笑い、涙、全部の感情が渦巻く一体感の濃い空間でした。

n73.jpg
ネコも思わず重い身体を揺らしていただすよ。

n63.jpg
当然、今日はALL SWAMPSメドレーで出勤ですよ。


歌の力ってのは、本当にすごいと思います。


みなさんも経験あるでしょ?

青春時代や辛かった頃に励まされた曲が流れてくると、当時の記憶がありありと浮かんでくるって感覚。


ネコにとっての、ALL SWAMPSの曲はまさにそれです。
これからもずっと、おじいちゃんになっても、ALL SWAMPSの曲を聴いた瞬間に、今この時の記憶が蘇ってくるんだろうなぁ。


いや、ネコだけじゃないね。
あの会場にいた皆さんが、みんなみんな、心の深いところにALL SWAMPSの音楽を刻みこんでいるから、ふとした瞬間に針をそこに落とせば、記憶とともにレコードから流れてくるんですよ。


涙よりも笑顔が多かったラストワンマン。
会場を去った人たちは「さびしいな」って気持ちよりも「よし、俺も、私も、明日から前に進まないと!」って思えるようなラストでした。


ずっと、ずっと、オーディエンスの背中を押し続けてきたALL SWAMPS。

n133.jpg
「彼らはここで終わりじゃなくて、スタートなんだなぁ」って、本当に感じるライブでした。

ALL SWAMPSは、不滅だすぅ!!

おっし!!
posted by ステージタイガー at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0224

この世の楽園(樋口)

この間、中崎町にある「うさぎ堂」というお店に行ってきました!

何のお店かというと…




そう!ここはうさぎパラダイス揺れるハート

種類も性格もいろいろなうさちゃんと遊べる素敵なお店なのですぴかぴか(新しい)



家に帰ったら、うちのうさがやたらクンクンしてましたが、決して浮気じゃないからね!もいが一番だからね!と弁解しておいたので、多分大丈夫です。

もうちょっと、うちの子も広々と遊ばせてあげたいな〜と、最近運動場をつくりましたグッド(上向き矢印)




人も入れるこの広さ!
材料は百均なので、今後徐々に拡大していく予定でするんるん


さてさて!
今日はついにショウダウンさんとステタイのコラボ舞台本番です!!
ライブもものすごく楽しみですぴかぴか(新しい)
今夜は心斎橋 club Jungleで、みんなで盛り上がりましょうっ!!!
posted by ステージタイガー at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0219

カミサマの探し方(ネコ)

だだっ広い部屋にこんなにも人数がいるのに、適度な雑音が心地よいくらいの静かさなので、まるで図書館にいるような錯覚をおこしたのがいけなかった。

こちらで用意した課題をもとに各自が作業に取り掛かっている中、時間を持て余した僕は、ちらりと開いた本に思わず没頭してしまう。

水面で息をするみたいに、時々は顔をあげながらも、すぐに文字の中に潜っていると、マッコウクジラのようにどんどんと深海に進んでいってしまって、息継ぎの時間が短くなってくる。

「いかん、いかんぞ」とは思いつつも、顔をあげることができなくなっている間に、「失礼します。」だの「お疲れ様です。」なんて言葉が僕の側頭部に当たって、作業を終えた彼らが次々と扉から出ていく。

「はい。」「はい、おつかれさまです。」なんて返答もあやふやなまま、気がつけば広い部屋にただ1人。
ちょうど休憩時間に入るタイミングだ。もう気にすることもないだろうと思って、下を向いたまま文字を追う。

空気の止まった深海で、ページをめくる音だけがする。


いや、違った。


誰もいなくなったと背中で感じたこの空間に、カタンと響く小さな音。
うん?と音の方に目をむけて、少し驚いた。

一番後ろで、海月みたいに存在感を消した、肌の白い娘さんが座ってる。

「どうかしましたか。何か問題でも?」
「書けないんです。」と、一言。
「書けない?」
「はい、何も書けません。」

表情がかたい彼女の、それはおそらくは困った顔なのだろう。


机の上の紙をチラリと覗いてみる。

そこには、完璧に整えられた美しい文字が整然と並んでいる。
枠から飛び出すこともなく、適度なバランスは「小さく前へならえ」をしたよう。
少しだけ使用された数式も、定規で引いたように整っている。

完璧に近い。

それもそのはず。「とても優秀な女性がいて、与えられた課題を完璧にこなす。」との評判は僕の耳にも入っていた。

それだけ詰め込まれた文字の羅列の中、最後の項目だけに残された空白が、かえって目立っていた。
それは僕が半分遊び心で加えたもの。


【あなたの10年後のビジョンを自由に書いてください。それは文章でも絵でも、イメージできるものなら何でも構いません】


「書けないんです。」
「あぁ、それは別に書かなくても問題な・・・」反射的にそう伝えようとしたけれど、ふと、喉元で止めた。

たしかに、何の影響も問題もないはずの遊びの空白。
でも、ここで用紙を取り上げてしまうことに何かがひっかかった。

僕はイスを引いてきて、彼女の斜め横に座る。

「ふむ、安心してください。貴女の行うべき作業は問題なく終了していますよ。ただ、もしお時間があるなら、私の疑問にこたえてくれるかな?」
「はい。」
「書けないと貴女はいいました。でも『何を書いても自由』とここにはありますよ。なんなら文章でなくてもいいんだよ。」
「でも、書けません。私には何も思いつきません。」
クールと聞いていた彼女の表情はあまり変わらない。でも瞳は左右に揺れていた。
「貴女はとても優秀であると聞いています。その能力を活かせば、たくさんの夢が拡がりそうじゃないですか。」
「・・・私は、与えられたことは守るべきだし、やりとげることが大切だと思っています。でもそれは、今までも、既存の目標を遂行することであって、規律や規制のない自由を渡されたことはありません。だから、何のイメージも湧いてこないんです。」


あぁ、もしかしてこの人は・・・。


「どうやら貴女は、『人が望む自分』に完璧に近く応えることができるのですね。だから優秀だし。みんなからの評判もいいんだね。それは、とてもすごい能力だよ。」
「すごいかどうかはわかりませんが、ネコTさんが言っていることはわかります。自分でもある程度はそう思ってはいます。」
「では聞くけど、『君が望む自分』はどんな姿かな?」
「・・・・・・・・・・・・・・・思いつきません。でも、あるべき目標には応える努力はします。」


そんなに、難しく考える必要はないんじゃないかなぁ。


ちょっとした悪戯心も出てきて、こんなことを聞いてみた。

「よろしい。じゃあ今から、ぼくの遊びに付き合ってくれないかな?」
「遊び、ですか?」
「もし今、君の目の前に神様が現れて『どんな願いでも叶えてやろう。ただし世界征服なんていう無茶なものは除く』って言われたら、何を叶える?」
「神は存在しません。」
「それはどうかわからないよ。神の息吹を感じて生きている人達はたしかにいるんだしね。神の存在を完全に否定したいなら、この泡のような宇宙の裏表を隈なく探索した後で『いませんでした』って宣言しないとね。」
「そんなの無理です。」
「無理だけど、それが『否定』する時に必要な本当のエネルギーなんだよ。物事をなんでも簡単に否定しちゃう人が多いけど、否定ってのは本当は覚悟がいるんだよね。」
「よくわかりません。」
「まぁいいさ。お遊びだと思ってくれたらいい。もし、神様が現れたら、だよ。世界旅行でも思いのままだ。『何になりたいじゃない』じゃなくて『どんなことしたい』?」


それを聞いた彼女は、深く長く沈黙した。
でもそれは、言葉を失った空気じゃなくて、ゆっくり、固まったものを溶かすみたいに流れる沈黙。


バイクの音が、窓の外から微かに聞こえる。
イスから立ち上がり、外の景色を見れば、雨上がりのアスファルトはまだ濡れていた。


「・・・・です。」


窓から振り向く。
「なんですか?」
「助けてあげたかったです。」
「何をです?」
「昔の話ですけど・・・高校の時に仲が良かった友達が不登校になったんです。しばらくして、やっと学校に来れても、クラスには入れなかった。私は、その子の友達だったのに、もっとできたことがあったのかも知れないけど、何もできなかったんです。」
「それが、神様に叶えてほしい願いですか?」
「はい。」
「じゃあ、今から叶える方法を考えましょう。」
「はい?」
「自分でいいましたよね。『神はいない』って。どうやら貴女の中には神は存在しない。そうですね。」
「はい。そうです。」
「貴女にとっての神様はいない。でも、あなたのその願いは偽物じゃないんでしょう。」
「そうです。」
「じゃあ、神様抜きで叶える方法を考えて、実行するんです。それが、『神様はいない』って宣言する人間の、覚悟ってやつですよ。」
「無理じゃないでしょうか?」
「本当に、無理ですか?方法はありませんか?貴女は、遂行すべき目標を達成する達人じゃないですか。」


一瞬、息を呑んだ彼女は、再び沈黙。
今度はまるでコンピューターが計算しているような、音の聞こえてきそうな、そんな沈黙。


「あまり詳しくはありませんが、必要な知識を学習することはできます。」
「それで、貴女は何を学習するのですか?」
「人間関係論や・・・心理学でしょうか?」
「じゃあ、それを目指すのも悪くはないね。」
「でも、今私がやっていることとは関連がないような気もします。」
「本当に融合は不可能ですか?スキルは無駄になりますか?」
「・・・いや、視点を変えれば・・・。」
「楽しくなってきたね。さぁ、その空白に書きたまえ。」


気が付けば、休憩時間も終わりに近づいていた。
書きあげた用紙を丁寧に両手で渡してくれた彼女は、去り際に二度振り返り、可愛くペコリと頭を下げた。


整然と並んだ文字の一番の下の項目を埋めた文字は、子供っぽいくらいに丸くて、驚くほどに小さくて可愛かった。

posted by ステージタイガー at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

人は愛しあうために生きてるっていう噂(いまむー)

先日、ついに禁断の彼の人を手に入れてしまいました。

大多数の方はオチに予想がついてると思いますので先に言います、iPadminiさんです。

2013-02-10 22.42.14.jpg
ひゃっはあああーーーー!買っちゃった!買っちゃった!

順調に私の周りがApple製品で固められていってるぜ。
ああああ早くiPhone欲しい。

もともとiOSの製品ってかなり古いiPodtouchしか持ってなくて、カメラもついてないからiCloudのサービスとかあんまり遊べてなくて。iOSも5までしか入らないし。5と6で何が違うのかいまいち知らんけど。
Siriさん使えなかったし。
いろいろ理由つけてみたんですが、単純に欲しかったんです。
お願いだから「何に使うの?」って聞かないでください。考えてないから。

薄さと軽さと電池の減らなさ具合に超満足。
元々考えてもいなかった電子書籍にはまりそうです。
久々に読み返したい本とか、大人買いしちゃいそう。
電子書籍ってたいてい新品の値段だから明らかに中古で揃えたほうが安いんですが、本棚のキャパ的な問題で、今集めている本以外はデータで買うって決めたんです。

あれ!?なんか勢いだけで書いてたらえらく長くなってしまいました。
今週末はいよいよALLSWAMPSラストライブ!
派手に暴れますよ!!

ごめんなさい写真撮ろうと思ったのに化粧落としちゃったのでまた来週!
posted by ステージタイガー at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ

'13年 0212

【風見鶏たちのラストライブ】通し稽古をしましたよ(今村)

早くも公演まであと半月と迫ってまいりました「風見鶏たちのラストライブ」
本日は稽古3回目にして、粗いながらも通し稽古を行いました!

音響さんも来られ、気合い十分!で臨みました。
DSC_0476.JPG

普段虎本さん以外の台本を演じることのない私にとって、ナツメさんの台本もすごく新鮮で面白いです!
今回、初めてな感じのキャラ設定をいただいたので、がんばってまいります!
普段見れない私を見れるかも?(お芝居やってる以上当然なのですが)

IMG_1699.jpg
劇団ショウダウンのナツメクニオさんです。
舞台上でも舞台から降りた時でもとにかくキャラが濃くて楽しいです。
いつも稽古あとのご飯(まだ2回だけですが)席が離れてしまうので、今度は近づいてみようとおもいます。

IMG_0009.JPG
恒例、稽古後の王将!
私はいつも頼み過ぎます。お腹いっぱいです。

もっともっと、楽しくしていきます!
お楽しみに!

公演についての詳しい情報は、こちらをごらんください!!
posted by ステージタイガー at 02:27 | 元虎たちのブログ

'13年 0211

卒業作品展!(樋口)

皆様こんばんはぴかぴか(新しい)


今日は、いつもステタイ公演のお手伝いをしてくださってる日本写真映像専門学校の2年生の方々の卒業作品校外展を観に、2ndに行ってきました!!




短編映画1本と、演劇作品1本、どちらもコメディですがしっかり作られていて、最後のカーテンコールも感動して観てました〜ぴかぴか(新しい)


余談ですが、短編映画にプリンとかカレーとか、食べるシーンがちょくちょくあったんですが、それがやたらおいしそうでしたレストラン
どうして作品中に出てくる食べ物って、あんなにおいしそうに見えるんでしょうね…
最後、主人公の女の子が牛丼おいしそうに食べてたので、私も晩御飯は丼にしましたよ!
牛肉なかったので、豚丼になりましたが(笑)


それにしても、一生懸命物事に取り組む姿って、本当に素敵ですよね黒ハート


私も負けないように頑張らなくちゃ!
posted by ステージタイガー at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ