ステージタイガーへ

'17年 0625

野球(空海)

ふと、小学校以来の友達から。

「野球しようぜ!」

と、中島よろしく連絡がきた。
フッ、よかろう、望むところだ。
奈良の「伴 宙太」と自称した頃の血が騒ぐ。

指定された対決場所は奈良の平○旧跡、プレイボールはAM9:00!!!
平○旧跡といっても足首くらいまで草が生い茂る!
イメージは、フィールド「草原」!!!
ボールが遠くまで転がって、周りの観光客に迷惑が行かないよう配慮済みだ!

正直、中学から約10年間、ボールすら握っていないこのやわらか手のひらで
鉄の棒を振り回すことなどできるのかと不安をぬぐいきれないが...問題ない。
ちなみに誘ってきた相手は自称「奈良のジョコビッチ」
元テニス部だ。

はい、到着。

空は快晴。
奴は待っていた。
仁王立ちで。

倉庫から道具を引っ張り出していたせいで9:30に到着してしまっていたが...問題ない。
待たせたな、というと
もしかしたら来ないんじゃないかと泣きそうだったとのこと。
こういう時って宮本武蔵になった気分になって、やってやった感が出るかと思っていたが、
罪悪感ハンパないね、これ。

ルールは単純明快。
1人がボールを投げる。
1人がボールを打つ。
投げた方はボールを走って取りに行き、ホームベースまでボールを持ってくる。
打った方は必ずダイアモンド一周しなければならない。
後の細かい所は良識に任せるとのこと。

一抹の不安というか不安しかない。
なんでこの歳で二人で、しかも空き地で野球してるのかわからない。
帰りたい。

プレイボール。

デッドボール。

痛てぇ。
こいつやりやがったよ。
挑戦か?良識ってやつを教えてやろうか?お?

別に今から帰ったところで特に予定もなく、ただただ時を消費するだけだ。
一応、スポーツ?をしている今の方がまだマシなので、ここはガマン。

2球目。
内角高めのスローボール。
こんな甘々なボールは経験者は見逃しませんよ、と引っ張り気味に打つと、打球は
(通常なら)完全にファールゾーンである場所に消えていった。

今思えば以心伝心とはこのことをいうと思う。
相手と目が合った瞬間、頭の中で
「フェア!」
って響いた気がした。
相手も同じ声を聞いたようで、双方全力で走りだす。

ダイアモンドを一塁から二塁、三塁へと回り、ホームへと戻ってくると、
なにか懐かしいような、大切な何かを思い出したような気分になった。
日頃、何かに追われて、どこか焦っていたんだ、そんな気分にさせられた

が、
いつまでたっても相手が戻ってこない、
遠くから「ボールがねぇ!」と聞こえたような気がしたが無視した。

フィールド「草原」はボールが消える特殊効果があるみたいだ。
まぁ、無くなりますよね。

仕方なしに二人でボールを捜索するも全然見つからず。
冗談抜きで30分くらい探した。
結局、「草原」の中にあった細い溝に挟まっていた。

ボール片手にジョコビッチが
「ゲームセット!」
と叫んだのは言うまでもない。

なんだろう、
この虚脱感。
まさに、無。
時間とはこんなにも大切にすべきものだったんだと再確認した。

ちなみに何故、野球しようぜ!、と言ってきたかというと
週刊少年ジャ○プのミスフルこと「ミスターフルス○ング」
を読んだからとのこと。
確かに、少年心をくすぐるが...テニスマンガ読めや!

何か大切なものを思い出すことができた、そんなこの頃。

'17年 0618

ねこ(空海)

なんだか最近、家の庭に猫がいる事が多い。
帰宅すると我が物顔で塀の上に佇んでおり、
「何見てんだよっ」
って顔をする。

いやいや、お前誰だよ。
って、近づいたところで逃げもせず、ただこちらを伺うだけ。

にゃー、ってこっちがいうと
「何言ってだこいつ」
って顔をする。

確かに、全くの別種類の生き物の鳴きまねをしたところで意思疎通ができるわけもない。
たとえば、仮に猫が
「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」
って言ったとしても、こちらは
「何言ってだこいつ」
って顔をするしかない。

私からすればそこは自分の家の庭であるけれども、
猫にとってはただの日当たりのいい場所であり、
逆に言えば、先にその場所を占領していた猫からすれば
私は後から来た、ただの侵略者といえる。

とまぁ、つらつらと最近の出来事を述べて皆さんは
「何言ってだこいつ」
って顔をしているかもしれない。

正直、私も自分の事を
「何いってだこいつ」
って思っている。

ようするに、枠組みにとらわれることなくやってもいいんじゃないかと
思ったのである。
よく頭おかしいとか言われているが、それは自覚した上でやっている感はある。

嘘つきました、
頭おかしいでしょうか?
普通ってなんだ。
普通なんて嫌いだい...!

限度はあるけれど、全てをとっぱらってやることも大切なんじゃないかと
感じた今日このごろ。

'17年 0608

ユカリ(空海)

はいみなさんこんにちはー
空海です。

まずは
感謝感激あめあられ。
御来場ありがとうございました!

今回、私はさくらんぼの役をいただきました。
さくらんぼが何かわからない純粋な方はお母さんとお父さんに聞いてください。
.......やっぱり、聞かないでください。

いってしまえば魔法使い予備軍ですな。
何の魔法が使えるようになるのだろうか.....
深く考えると社会的に死にそうなのでここまでにします。

さてさて、今回は一人の女性を焦点にあてた物語。
ユカリに関わる多くの登場人物の言動から、その姿形を作り上げ、
最後の最後にユカリ自身がその人生を振り返る構成になっております。

皆さんの中には、最後に登場した「ユカリ」が想像していた者とは全く別人だった、という方も
いらっしゃったと思います。

ただ、それはそれで作品をより楽しめたのではないかと思います。

あくまで主観ですが、今回の作品はどこか小説を読んでいるようなおもしろさがあったのでは
ないでしょうか。
別の登場人物がト書きとなって、見ている人の想像に大半をゆだねる。
想像は創造ですからね、可能性は無限大です。

裏話でも何でもないんですけども、
シーンの中で一番自分が時間をかけて作り上げたシーンというと
白井さんとの追いかけっこのところですね。
周囲に気を付けながらコソコソと喫茶店(カフェでしたね)へと
向かう場面。

まず、最初にこの場面で想像したのが「トムとジェリー」
常に追いかけっこしているあの二匹の姿が頭に浮かんだので
かたっぱしから見ました。
そして、見よ!この集大成!
と意気揚々と稽古場に向かうもこの作品、実は30分という枠が決められておりまして
あえなくカット。
今だから言えますが、あの時は心の中で
おろろろろろろろろろろろろろろろろろ
ってなってました。

でも、まぁ次の日には
よくあるよくある。
次いこ、次。
って気持ちでした。

何事も切り替えが大事なのです。

今回の「ユカリ」というによって、
今後のステージタイガーの劇団員、
そして、ステージタイガーという団体が
どのようにレベルアップしていくのか、
こうご期待していただきたいと思います。

今回は本当にありがとうございました。
次回作もご期待ください。

'17年 0529

デュアルホーン(空海)

今日は月曜日。
学校がある人も
会社がある人も
何かしらある人も
皆々が、憂鬱になりがちな日。

だが、どんな時でも大抵のことは
やってみると案外あっけなかったり
はたまた、のってきて楽しくなることが
ほとんどだ。

それでもまだ、元気が出ない
そんな時は
親指と人指し指と小指を伸ばし
天にかかげ、叫ぶと元気がでる。

せーの、
ウィィィィィィィィィーーーーーーーーーーーー!!!!!!

ほら、元気がでた。

今週末、シアトリカル応典院にて
「ユカリ」
上演。

'17年 0517

普通とは素晴らしきもので(空海)

はいみなさんこんにちはー
空海です。

最近、私は気付いてしまった...
日頃から行なっているルーチンワークが1番自分を作る環境なのだと、
その一つひとつが何よりも大切なのだと...

いきなり何いってんだとか思わないでください。
私は心も体も多分元気です。

なので、普段していることをあえて意識してみようと思います。

さてさて、あらためて自分の行動を思い返してみると、なんともまぁ...
ほんと、なんともまぁ、

.................ハハッ!!!

思わず、ネズミーランドの住人みたいな笑いがこぼれますね。
しかし、気づきました。

日頃の行いにもっと感情を表すことができると!
喜怒哀楽を出せると!
そうしたら、毎日がもっとハッピーデイになるのではないかと、
ビバ!ハッピィエブリデイ!

●行動1
ゴミ箱にゴミを投げ入れてみる、

miss!!!

結果、「憤怒」
.......ぬぁぁ..!!!
ってなる、


2投目、

......ぬぁぁァァァァォァァォ!!!


3投目、


至福ゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!


あれっ、なんか楽しくなってきた。


●行動2
カミソリで髭剃り


至福ゥゥゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!


●行動3
至福ゥゥゥゥゥゥゥーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!



ビバ!ハッピーエブリデイ!
ビバ!ハッピーエブリバディ!



6月3日、6月4日
シアトリカル應典院におきまして「縁劇フェス」があります!
ステージタイガー最新作「ユカリ」が公演されます
そちらもご贔屓に!!!

'17年 0511

甘酸っぺえ(空海)

はいみなさんこんにちはー
空海です。

私の1番好きなふりかけは「ゆかりちゃん」だ!
そんなこと言ってると
なんか露骨すぎる気がしますが事実です。

6月に「ユカリ」が公演されます。
今回、言いたいのはそれだけです。

「ゆかりちゃん」というと青春時代はとてもお世話になりました。
あのツンと冷たくあしらわれるような塩味。
時に、ほのかに感じられる甘み。
私の青春のかたわらには常に彼女が佇んでました。
大事なことは全て「ゆかりちゃん」に教わった。

今回の「ユカリ」も
この甘酸っぱい思い出がたくさん感じられるかもしれません。

詳しくは今後の稽古状況等をお待ちください。

'17年 0424

ゲット ワイルド!(空海)

はいみなさんこんにちはー
空海です。

もうすぐ世間はGW!
get  wild!!!
ゲット  ワイルド!

...はいすいません、黙ります。

さてさて、
この大型連休での予定を考えたいと
思います。

連休なので、遠いところに行きたいと
思っておりました。
場所は日本の北、
北といえばそう、北海道!!

北海道に行ったら一回やってみたかった
ことがありまして、
あのだだっ広い土地で、
ルパンのカリオストロの城よろしく
車を乗り回したいと思っておりました。

もちろん、車はフィアットで!

カーチェイスをしている車を見かけたら

「おい、どっちを助ける?」

「女ァ!!

って言えたら完璧ですね。

まぁ、予約とれなかったんですけどね。

なんでもっと早く思い至らなかった自分!!!
もう少しで城に行けたのに!
もう少しで、でっけぇミートボールスパゲッティ
食えたのに!

何事も早め早めの行動が大切だと学んだ今日この頃。

'17年 0329

京都で地獄をみた(空海)

はいみなさんこんばんはー
空海です。

本性は引きこもり。
...だったはずなのに!!!
アウトドアしてきました先週末。
伏見稲荷に行ってきました先週末。

私も堕ちたものです。
不老不死だったなら、
5000年くらい引きこもってる自信は
あったのですが、この体たらく。

と、まぁそんなこんなで
京都に行きましたとさ。

伏見稲荷といえば、
もちろん伏見稲荷大社にある、【千本鳥居】
が有名ですね。
なんでも本当は一万基以上の鳥居があるとか、、、

だかしかし!
目的はそこではない!
本当の目的はそう!
【スズメの丸焼き】だぁぁ!

かねてから、一度食してみたいと思っておりました

その姿形は文字通り鳥の丸焼きそのもの!
一羽600円という強気設定もなんのその!
飛ぶ鳥を落とす勢いで売れるその鳥の名はSUZUME!

ただでさえ大きいとは言えないその体躯も
丸焼きという調理によって、一層縮こまり、
丸かじり以外ゆるさない一品!

心なしか苦悶の表情を見せているその顔に
かじり付くと、まず第一に感じるのが骨!
とにかく骨が多い!
しかしながらさすがは丸焼きというだけあって
骨を骨と感じさせない柔らかさ、文字通り骨までしゃぶりつくすことが可能である!

味は全体的に、血というかレバーというか、
なんというかニワトリにレバーを混ぜ込んで
焼いた後、レバーを塗り込んだみたいな味!
つまりはレバー!

一番美味と言われる頭も、噛み砕くと
液状のレバーが流れ出てくるような印象で、
例えるならば、
「いろはす〜レバー味〜」
みたいな感じだ!

だが、ご安心を!
本物のレバーのように
独特のあの、後ろから髪を引っ張られるような
後味はない!
すぐに食道を通過し、
口、喉、胃をレバー色に染めるだけだ!

つまりはレバー!!!

スズメ=レバー

と行っても過言ではない!

レバー好きにはたまらない一品になること間違いなし!


そして、
私のこの世で一番嫌いな食べ物は

レバーだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぉぉぁぁぁぉごぁぁぁぁぉぁぉぉぉおろろろろろろろろろろろろろろろらろらろろろろろろろろらろろろろろろろろろ!!!

✳︎筆者の独断と偏見によって描かれております。
   感じ方には個人差があります。





'17年 0313

ありがとうございました!(空海)

今の気持ちは題名の通り。

無事、ダイバーシティ、終演いたしました!
ありがとうございました!

今回の公演は
コンセプトの通り、
作品でも、作品を作る過程でも
「多様性」が出ていたと思います。



1269DFB4-A6B4-4933-AFE4-DD0DBF17689A.jpg
29人いれば、
一人一人、全てが違う。
しかし、
29人、さらには、スタッフの方々、
その他、この公演を支えていただいた方々、
and  you。
同じように、
感謝、感謝、感謝の気持ちで、
いっぱいでございます。

ありがとうございました!

またのステージタイガーに
ご期待ください!

'17年 0226

耳(空海)

はい皆さんこんにちはー
空海です。

最近のブームは耳掃除です。
私の中の体の、私でない不純物が取り除かれる感覚が好きです。
たまに耳から血がでます。
耳血。
まさに寝耳に水。
びっくり仰天。

一瞬、病院に行こうかと考えました、
けれども、
耳血程度でゴートゥーホスピタルなんて、他の患者さんからしたら、
迷惑千万。
その程度で来るんじゃねぇとか言われそうでいけませんでした。
多分、そんなことないのでしょうけれども。

健康第一、無病息災が一番いいのだと感じた今日この頃でした。

'17年 0220

違い(空海)

みなさんこんばんはー
空海です。
最近は寒いながらも、ほのかに春の兆しを感じれるほど
少しずつ暖かな風も吹いてきましたね。
しかしながら、いまだ季節は冬。
乾燥しがちな今日この頃。
冬でも、いや冬だからこそ水分補給をしっかりとしないといけませんね。

水分といえば、最近ミネラルウォーターなるものをデビューしました。
自販機で安さに駆られてつい。
あと十円。たった十円出すだけでおいしいお茶が買えるのにね。
この十円を渋る気持ちは何だろう。
普段は他の事でもっと無駄遣いしているのに。

前までミネラルウォーターとはなんぞやと思ってました。
水道水と何が違うんだと。
日本だと、どちらも軟水であるし、ミネラル何ぞ水以外で摂取するわ!とか
思ってました。
でもでも、飲み続けているうちに味の違いが分かるようになってきました。
多分、
何か違うんですよね。
その何かというのが明確ではないのですが。
そんな贅沢な舌に育てたつもりはないのですが。

実際に水道水とミネラルウォーターを飲み比べてみると、
水道水は銀の匂いがする......気がしないでもない。
多分。 
おそらく。

何が言いたいかというと違いの分かる人間になりたいという事です。
どんなに細かい所でもその細かさを大切にしていきたいと思う今日この頃です。

'17年 0130

昔はよかった(空海)

格言。
昔の人が言ったこと。
それは自分よりも長い時間を生きた人が残した言葉なのだから、
それは自分よりも長い経験の末に生み出された言葉なのであって、
そのほとんどが多くの場合に当てはまるのは当然至極なのではないだろうか。

「思い出は美化される」とよく言われる。
昔はよかったなどというのは新しい事に順応できない大人の言い訳だと
今まで思っていた。

最近、PS vita のゲームを買ってみた。
自分の中でTVゲームとは生活の一部であり、なくてはならないもの、いわゆる手足の一部
といっても過言ではないほどの重みをもっているものだと先にことわっておく。

自論だがゲームとは簡潔にいうと三段階の楽しみ方がある。

一つ。プレイする前に説明書を読み、想像を膨らませる。
それを最大限に楽しむために夜に購入するのが望ましい。
あらすじ、世界観、キャラ、事前に知識をある程度知識を取り込み、
睡眠によってそれを昇華させる。
いわば発酵。

二つ。プレイする。
その作品を十分に堪能する。
どんなにクソ&クソ&クソなものでもとりあえず本編はやり遂げる。
それはその作品に関わった人すべてに対する礼儀であり感謝の証なのだ。
ただし「マグ○カルタ」テメーはだめだ。

三つ。物語のその後の余韻に浸る。
本編後のアフターストーリー、その後が描かれる作品も多いが、そうでないものも多い。
そのキャラたちの物語をそのまま受け止め、グッドエンディングならばその幸福を、
バッドエンディングならばその不幸をそのままに受け入れて初めて、作品を堪能したと
いえるのではないだろうか。

だが、最近のゲームで気づいたことがある。
あらすじ、世界観、キャラ説明すべてがオンライン上での公開となっている。
つまり。。

説明書が、、、、、、、、、、、、、ない。。。。

終わった。
今までの自分の人生の全てが否定された気分だ。
いうなれば手足を失った人間。
翼をもがれた天使。

これまでの生き方を全否定された自分は何を信じて生きていけばいいのだろう。
あぁ。
昔はよかった。

'17年 0125

減らす!(空海)

はいみなさんこんにちはー
空海です。

最近思ったことがあります。
目標を決めようと。
だらだらと時を過ごすのではなく、目標を決めて区切りをつける事によって
メリハリができてくるのではないかという事に気づいたのです。

とりあえず、3月までに
「10キロ減らす!」

減らす...
減ら...
減らしたい.......
いや!減らす!!!!

日々更新される稽古場ブログを括目せよ!!!

'17年 0121

奈良から天王寺まで(空海)

おはようございます、
空海です、
今日は奈良の人の奈良の人による
奈良の人のための天王寺まで行き方を
各見所を紹介しつつご案内したいと思います。

✳︎偏見も含まれている可能性もあるので
悪しからず

まず、奈良といえば大仏.......と思い浮かべる人が
多いと思います。
しかし、それは情弱、まさに情弱。
奈良公園付近にはいろいろと美味しいお店や
和服屋さんがあふれかえっている事は
ご存知でしょうか?
二月堂に行くまでに幾多ある脇道には
ひっそりと店を構える地元の人ご用達のが
たくさんあるのです。
和服も安いのでお値段なんと千円以下。
高いものは高いけれどそれに見合う質は
保証されているとのこと。
ただ、閉まるのが超早い、
17時には、ほとんど閉まってしまう所が
ほとんどなので、優先的に見るのが吉。
大仏なんざ後でみろ!
無礼な行いも二度までなら許してくれる!

後は鹿です。
奴らはやはり昼の方が活動が活発な感じがしますし
人前に出てくる数も多いです。
夜でもいるのはいるのだけれども、
子鹿は少ないですね。

なぜ子鹿の方がいいかだって?
どつかれた時の生存率が格段に高いからです。
大人はヤベー。マジヤベー。
角なんか付いてるヤツにどつかれた時にゃ
腹に穴があく。冗談抜きで。

さぁ、JR奈良に着きましたら後は簡単です。
切手を買って、電車に乗って
ビューーーーーーーーーーーー!
っていって、
バーーーーーーーーーーーーー!
っていって、
完!!!

'17年 0110

明けまして(空海)

明けました、おめでとうございます。
今年、来年と厄のつく年であります。
空海です。

最近はイベント事に疎い生活を送っちまっているので、
今年は(去年か...)大晦日に初詣に行ってきました。
今年最後という事で、ちょっと調子に乗ったのがまずかったですね東大寺。
人が多いよ東大寺。
夜中に出歩くものではないですね。
寒い!眠い!鹿!
やつら夜中でも活動しているのですね。
元気ハツラツとせんべいをくっちゃくっちゃしてましたよ。
あぁ、私も餌付けされたい。

なんだろう、寺に来ると思うのですが自分の存在が浄化されていく気がするのは
私だけですかね。
拒絶されている感覚がするというか。
なんとなく入りづらい気がするのですよ。

多分それは心に何かやましいことがあるからであって。
今年こそはお天道様に顔向けできるような生活をしていきたいなと思います。

それでは今年もよろしくお願いいたします。

'16年 1102

限りなくいらない豆知識(空海)

おはようございます。
最近、朝も夜も寒くなってきましたね。
空海です。

さてさて近頃といえば、
野菜が高騰してきましたね、
キャベツ1つ500円ってなんじゃい!
定食買うわ!
ただ、野菜が高いってことは豚肉が安くなるって事ですね、
何故ならば、野菜は豚肉と組み合わせた料理が多いから。
安い豚肉と高い野菜で調和をとろうって魂胆ですよ
スーパーもいろいろ考えてますね。

皆さんもお身体に気をつけて冬を乗り越えてください
ではではー

'16年 1002

第一(空海)

はいみなさんこんにちわ―
空海です。

最近暑かったり寒かったり、
わけがわからないなんだこの状況は、、、って感じですね。
皆さんも体調にお気を付けくださいませ。

体調といえば、最近では、
肩こりがえげつないことになっておりまして。
特に左肩。
頭痛がするほどにまで悪化し、
頭痛で頭が痛いという意味が分からない状況にまで追い込まれております。

このままでは、精神的にも肉体的にもいけないという事で、
なぜこうなってしまったのか自分なりに分析してみました。
普段、私たちは何を使っているか、、、
そう。手です。
特に私は右利きですので、飲み物を飲むのも右、歯を磨くのも右。

原因はおわかりですね。
右手ばかりを酷使しているために、体の左側は全く使っていない。
左手が動かないのであれば当然、左側の肩がこる。
ならば、普段の行動を全て左手で行ってしまえばいい。

なんて画期的なプランなんでしょう。
自分が恐ろしい。
作戦名「神の左手{パーフェクトプラン}」
と名付けよう。

まぁ、一日二日で左手をマスターできるなんて
まさに愚そのもの。
まこと愚かの極みですのでね。

気長に続編していきたいなと思います。

次回予告

空海の「神の左手{パーフェクトプラン}」
〜食事編〜




'16年 0920

RとLの違い(空海)

はいみなさんこんにちはー
空海です。

近日は台風さん、ものっそいやる気だしてましたね。
みなさん大丈夫でしたかね。

今日のニュースでやってましたけども日本のLの航空会社さんは
この天気でも運航するという確固たる意志を貫く姿に感動すると同時に、
Rの電車はすぐ運休するというね。
貧弱貧弱ぅ!ってね。
まぁでも、安全第一ですもんね。
体が資本ですよ何事も。

てなわけで、みなさんもお体にお気をつけて。
季節の変わり目は体調崩しやすいですもんね。

それでは、来週さようなら〜

'16年 0816

10年の祈りが...(空海)

希望とは何でしょう。
近頃、そう思うことがあります。
うまく言葉では表せない部分がありますが、
生きている上で感じる事は多いにあると思います。
では、絶望とは何でしょう。
こちらもまた、希望と同様に多々、経験していくものです。
また、希望から転じて絶望に変わることもあります。
厄介なことに希望が大きければ大きいほど、
絶望に変わった時のダメージは大きくなります。
水に飛び込む高さが高ければ高いほど、
着水時に衝撃が大きくなるように。

私は今、絶望に打ちひしがれています。
この世の全てが敵になったかのように。
この世の全てが憎いかのように。
全身の穴という穴から血涙があふれんばかり。

FF15....発売......延...期.........

'16年 0807

ジパング(空海)

はいみなさんこんにちはー
今日も暑いですね。
ニュースの方も言ってましたよ、
今日はクーラーをつけないと危険な暑さですって。
クーラーつけましょう。健康第一です。

健康といえば最近ではトレーニングジム通いがブームであります。
筋肉トレーニングやプールの施設があるジムなんですけども
驚異のシルバー率。
プールが三途の川かな?ってなります。
私は結構プールの利用が多いんですけどもね、
初めはシルバーの人多いのならば、満足に利用なんてできないじゃんかよーとか
思ってました。

甘かったです。
あの人らのスピードと持久力をなめちゃいけません。
背後からくる波しぶき。
その気配に恐怖を感じ、振り向いてはいけない。
奴らは魚雷のように迫りくる。
その泳法は短距離ならばクロールよりも速いのかもしれない。
そして彼らにとってはその運動量ゆえに寿命も早めてしまうかもしれない。
バタフライ。

そんな命を懸けた特攻に打ち勝つすべを私は知らない。
まさに、神の国ジパング。
まさに、KAMIKAZE。

私には
「ちょ待っ、あっあっ、すいませ、あっ、」
ってなりながら、奴らの心配をするしかできないのであります。

なんにせよ、体はすべての資本でありますので。
健康第一にやっていきたいと思います。
ではでは今回はこのへんで。