ステージタイガーへ

'12年 0326

ワークショップのススメ(有馬)

せわしない天気が続きますね、ザキ有馬です。
しかし家の中にくすぶっているのはもったいないですぜ、ダンナ。

何故なら明日からついにステージタイガー「虎の穴ワークショップ」第二弾が開催されるからです!




そもそも、ワークショップ(WS)とはなんぞや!

Wikipediaでさくーっと調べてみると

「体験型講座」を指す用語。参加者が自発的に作業や発言をおこなえる環境が整った場において、司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される……

とか書いてますね。うん。
経験した事無い人からすれば、

たぶんこれ、非常にわかりづらい!

(まあ、WSという用語自体は演劇だけの専門用語ではなくて、企業のセミナーなどにも使われるみたいですしね……)



演劇のWSについて、ざーっくり説明してみると、

「みんなで演劇の稽古をしましょう!
それも劇団員も他団体の役者さんも、
とにかくみんなでやってみようぜ!」

の集いだと思ってもらえればOKだと思います。
(先輩諸兄、もし有馬の認識が間違ってたらすんません;;)



普段の基礎練習や客演先、もしくはふとした日常の発想から
「これをやったら演劇の表現がもっと面白くなるんじゃないか?」と思ったことを、
「みんな」でやってみます。

今回の場合だと、ステージタイガーの先輩役者のみなさんが、それぞれ自分の得意分野をテーマに「みんな」で実践する機会、それが虎の穴ワークショップです。


ところで、この「みんな」というのがWSではキモでして。
WSというのは基本的に「参加者はどんな人でも何かしら収穫がある」というのが特徴なのです。


「初心者だから参加しても収穫が少ない」
「ベテランだからすでに知ってることを学んでもあまり意味が無い」
ということが、基本的に無いのです!
(もちろん講義内容や、参加する態度によりけりだったりしますけども!)

WSでは参加者の皆さんがお互いの発想をぶつけあい、楽しみながらひとつのものを作っていきます。
特に小野さんのインプロ講座なんかまさにそれだと思います。


演劇未経験者も初級者でも上級者でも関係なく、いままで違う環境で違う経験をしてきた人たちが、お互いの発想をセッションして新しいものをつくる。
WSは非常にクリエイティブな出会いの場。
演劇の枠に限らず、ふだんの暮らしのヒントになることもあるかもしれない。



とまあ今回講師もしない新人がべらべら長く綴ってしまいましたが、明日のWS、
いままで舞台に立った事が無い人も、
めきめきと舞台に立っている俳優の皆さんも、
是非ともみなさん参加して欲しい! と思っているわけであります。

料金は500円!
場所は阪急高槻市駅から徒歩10分ほどの場所!

皆様のご予約、心よりお待ちしております。

posted by ステージタイガー at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」

'12年 0322

モニタでも、劇場でも、会いたい。(有馬)

二度目ましてこんばんは!
さっそくブログの方向性に悩んでいる新人ザキ有馬です!



すでに2週間前近くのことになりますが……協走組曲序章、ご来場ありがとうございました!
そして出演メンバーのみなさん、お疲れさまでした!

有馬は序章にはまったく関わりませんでしたが、協走組曲はタイガーの今年一年を走り続ける公演。自分も第二章以降には芝居作りに携わっていくことになるかと思います。
今後ともどうか、お楽しみに!


そして先ほどはSP水曜劇場! 『砂ニ咲ク花』の配信がありましたね。
皆さんはご覧になられましたでしょうか?

僕はもちろん……











すみません、観てません。


ギャース、申し訳ない申し訳ない!;;;;;

しかーし! そんな僕みたいに放送を観れなかった方も大丈夫! 27日まで再放送があります。
あの興奮を是非、ふたたびモニタの前で!
http://kan-geki.com/sp-theatre/


--- --- ---


昨日は社会人になった先輩の舞台『HAMSTER』を、さらにその前には大学の一つ上の先輩イトウエリさんも出演された、空の驛舎『追伸』を観劇。

『HAMSTER』はわずか40分くらいの芝居ながら、こちらもすごい濃縮された演劇。出演された皆さんもふだんは社会人の方らしく、いまだ学生なんて気楽な立場の自分としてはホントに尊敬します。

『追伸』ははかない会話芝居。わずかな空気の違いからメッセージを汲み取るような繊細な舞台。アイホールという広い空間の使い方や違和感のあるセリフ回しの真意、反芻すればするほど味わいが増す公演でした。

今年も年内100本は観たいなぁと漠然と思ってます。
観劇数だけが全てではないけれど、もっといろんなお芝居と出会いたいですね。
posted by ステージタイガー at 02:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」

'12年 0122

ザキ有馬と申します。

入ってしまいました。虎の穴に入ってしまいました。恐れ多くも自己紹介をさせていただきます……!


はじめまして、ザキ有馬と申します。

我らのビッグボスhigeさん虎本さん達の、大学の9個下の後輩にあたります。
有馬記念とは一切関係ありませんし有馬温泉とも一切関係ありません。
有馬温泉は好きですが! ありまサイダーとかありませんべいとか!

あと人並みに服とお酒とガンダムが好きです!
人並みにガンダムが好きってどんなレベルなんでしょう?
好きなモビルスーツは平成のビックリドッキリメカ・セラヴィーガンダム。
好きな部隊はMk-Vに瞬殺されるFAZZ隊の皆さん。
でもアホみたいに強くて速くてぶっ飛んだデザインのソロモンエクスプレス2版フルアーマーΖΖガンダムも大好きです。


さかのぼる事2年前。ステタイヨンステ『病的船団』にて、ゼクソン役で出演してました!
もしももしも覚えてくださっていたら、とても嬉しいですー。

当時はぺーぺーの大学生、今も現役大学院生。
ar9stage/劇団有馬九丁目という学生演劇支援ユニットに所属しております。

学生演劇気分が抜けきってないどころかガンガン現役学生で、しかも実は絶賛就活期間突入中なもんですが、学劇と小劇場二足のわらじをはいて、皆さんの橋渡しが出来ればなぁと考えております。


image-20120122221105.png

去年の出演作、初級革命講座飛龍伝に出演したときの写真を一枚。

このザキ有馬、どうかどうか皆様宜しくお願いいたします。
posted by ステージタイガー at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」