ステージタイガーへ

'08年 0520

重い!これが重力というものか!(石神)

石神です。
客演本番まで1ヶ月となりました。
ここまであっという間に時間が過ぎていきました。
頑張ってもっと凄い作品にするよう努力しないと。
本当に出来上がりが楽しみです。

今週はこれ。
重装機兵ヴァルケン
1992年12月18日メサイヤより発売されたアクションゲーム。
ヴォルケン.bmp

モビルスーツではなく、アサルトスーツである。プレイヤーはアサルトスーツを操縦し、群がる敵を破壊していくという、
単純なアクションゲームだ。

しかし、コントローラが揺れる錯覚に陥る、アサルトスーツの重さ。これがクセもの。
もちろん、当時振動機能付きコントローラなどなかったが、効果音やロボットの挙動、飛び散る薬莢などといった演出が絶妙で、多くのプレイヤーをその気にさせた。

敵はコロニー落としを強行。それを阻止することはできるのか!
さらに、大気圏突入時に敵襲!激しいバトルの末に
少佐!バーニアの出力が上がりません!たすけて…
という敵のセリフ。

白い悪魔まんまんじゃんと思いながら、僕らは笑って受け入れてた。
面クリアタイプのアクションゲームだが、いくつかのストーリー分岐があり、エンディングも2パターン用意されている。

もっとも、最初にプレイした時にはストーリー分岐に気付かず、コロニー落としが阻止できることも知らずにプレイした人もいたのでは?


posted by ステージタイガー at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。