ステージタイガーへ

'07年 1222

水本プロレス『グローカルな女性』

さて、今年も残す所、後僅か。

そして、同時にいよいよ迫る7日の顔見せ公演。
久々の役者復帰なんで、気合いはいりまくりですよっ!
是非、皆さんと、aHoな新年を迎えたいものです。

というわけで、今日紹介するレスラーはこの人。

112832935227919.jpg

里村明衣子


ついに、このブログ初の女子レスラーが。
冬の時代と言われている日本の女子プロレス業界ですが、里村は現在、センダイガールズという、東北仙台をホームタウンとする地域密着型のプロレス団体のトップとして後輩の育成に取り組んでいます。

元々、里村はクラッシュギャルズの長与千種ひきいるガイアジャパンの旗揚げにオーディションを受けて参加。
最年少15歳でプロデビューを果たし、師匠の長与からテーマカラーである『赤』を与えられています。その後も、脅威の新人と呼ばれ、数々の記録を若くして樹立。
必殺技は、デスバレーボム。シャイニング式のかかと落とし、スコーピオライジング など。

とにかく順調なレスラー人生でしたが、2005年にヘルニアで欠場。その後に母体であるガイアジャパンも解散。

行き場を失った里村は東北のみちのくプロレスへとたどり着きます。
そこで、旗揚げしたのが、ゼロから新人を募集し、育成し、仙台から日本へ発信して行く、地域密着にして他方発信、『グローカル(グローバル と ローカルの造語)』を標榜したセンダイガールズです。

里村は旗揚げの為に1年前から新人を育て、各メディアに出演して、準備に明け暮れたのでした。
そう、まるで、ガイアの旗揚げの際に師匠の長与がそうしたように。

なんせ里村は中学生の時に、学校にない女子柔道部を自ら立ち上げたバイタリティー溢れる女性。
かくしてセンダイガールズは大熱狂の旗揚げを迎え、現在、デビュー1年のティラノサウルス奥田選手がベルトを巻く程に成長しています。

和を愛する里村は着物をよく着用。
試合のコスチュームも着物をモチーフにしています。
字も達筆で、毛筆は素人の域をこえる程に。
いや、それ以上に里村が魅力的なのは、その『目』でしょう。
その目標を捕らえてまったくぶれない、その大きな目。
僕自身、目が細いので、大きな目の女性に惹かれてしまうのですが(苦笑)里村の目はその中でも一際大きく、お客さんに感情を伝える最大の武器となっています。

実は僕と同じ歳(!)
そんな女性が自らまったく知らない都市で団体を立ち上げ、ゼロから新人を育てているという。

刺激になるじゃないですか!

里村は現在眼下低骨折で欠場中です。早くリング上に咲くまっ赤な花が観たい! そしてまたあの大きくギラつく太陽の様な眼差しに会いたい!

世間的にも注目されているセンダイガールズ。
里村明衣子の名も覚えておいて損は無いでしょう。


posted by ステージタイガー at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。