ステージタイガーへ

'07年 0731

そんな罠お見通しなんだよ!

石神です。
いよいよガンダムの本番が近付いてまいりました。
面白い感じになると思いますので、お時間のある方は是非お越し下さい。
場所はblack chamberと言う所です。
最寄り駅は地下鉄四ツ谷橋線「北加賀谷」です。

今週はこれ。
スパイVSスパイ
XpC.bmp
1986年4月26日ケムコより発売されたアクションゲーム。
相手の行動を読み、いかに罠を仕掛けるかが勝負の分かれ目。
アイテムのある部屋に罠を張り巡らせて隣で待ち伏せたり、
復活する場所に罠を仕掛けたりと、大人げないプレイが続出した。

普段は見えない、人間が持つ負の部分が如実に現れる。
ヘッケルとジャッケルが狙っているのはゲーム界の総元締めジンテンドウの開発した新ディスクシステムの設計図だ。

当事はディスクシステムが世に出たばかり。
産業スパイが狙うような最新機器として、
ディスクシステムは世間に認知されていた…のかなぁ。

勝利条件として設定されたアイテムは、カバン、設計図、カギ、パスポート、カネの5つ。
設計図はともかくとして、後の4つは謎だ。

カバンは持ち込めば済む。カギがないのにいったいどうやって潜入したのか?
パスポートは他人の物を盗んでも使えない。

カネに至っては単なる泥棒というしか…。

「これが、ナムコの新作だ!」

友人が誇らしげに取り出したパッケージは、僕の知ってるnamcoブランドのそれとはあきらかに違っていた。

「なぁ、これ、ケムコって書いてあるんだけど…」。

非情な突っ込みに、少々涙目になりながら友人は言った。

「と、とりあえずやってみろって」

ROMを差し、電源を入れる。
グラサンをかけたカラスが、ドスを片手に殺伐ムード。
なんですかこのタイトル画面は。

「やっぱりナムコじゃないね」。

それでも友人は食い下がる。

「でも、対戦モードがあるんだ!きっとそれが面白いんだよ!」

半信半疑でゲームを開始…。
むむっ、面白い!仕掛けた罠に相手がハマってくれた時の快感がたまらない。
えげつない戦法が次々と編み出され、
スパイVSスパイは僕らの間で定番となった。


posted by ステージタイガー at 05:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 元虎たちのブログ
この記事へのコメント
北加賀谷
ではなく
地下鉄四つ橋線「北加賀屋」でーす。
地図はこちら
http://www.namura.cc/blackchamber/access.html
Posted by hige at 2007年08月02日 10:13
北加賀谷
北加賀屋

縦読みのなかに谷屋さんを発見しました。
Posted by 327 at 2007年08月03日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。