ステージタイガーへ

'19年 0613

垣内信輔

こんにちは、バッキーです。


チェーン・マッチ、無事終演いたしました。


今回の役は誰かに嫉妬ばかりして、目の前の幸せに気づけない、そんな人の役でした。


僕自身、よく他人と自分を比べては自己嫌悪に陥っては、ないものねだりして、届かない場所に手を伸ばす。


そんなことしたって意味がないとわかっていても、、、


同期のあいつは、NHKで仕事してるって。


あの子は、バイト先で店長になったって。


えっ⁇あいつ結婚したの?


フォロワーめっちゃいるやん。


、、、


俺、大丈夫かなぁって、いつも思う。


ないものねだりは大嫌い。


でもね。


本当は凄く幸せなんですよ。


そんなことを、嫌というほど思い知らされた二週間でした。


そして、劇団に入って初の主役。


劇団や作品を背負う、ということがどういうことなのか、とても考えさせられました。


今までの自分をぶん殴ってやりたくなりました。


本当、甘々や。


後、ちゃん夏との、二人で主役的なところが、あり、二人で支え合って役作りをして行きました。


本当に楽しかった。


最後に、共演者の皆様、スタッフの皆様、トランスパンダの皆様、見に来て下さった皆様。


ありがとうございました。


愛してます。

36583D77-5EB8-45B6-B329-410DB91D9605.jpeg
posted by ステージタイガー at 08:29 | Comment(0) | 椿「バッキーの車窓から」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: