ステージタイガーへ

'18年 1018

本物の男は目に焼きつく。後で気がつく。そしてニヤつく。(ザキ)

4F398E53-7E38-4A23-A841-A041059D9D83.jpeg
アフターバーン!! 終演。
共に走り抜けた皆様、ご来場いただいた皆様はもちろん。見に行けずとも応援してくださった方々ともに、ありがとうございました。
おかげさまで走りっぱなしの6ステージを無事最後まで駆け抜けることが出来ました。

7DF0230E-161C-4317-9A2C-FD51A865FDFB.jpg
伝説の古参ランナー、不器用な男、長野克己の話でした。
僕の役は、彼の古い考えややり方を否定する(ただし理屈ばかりで結果が出せない)陸上部副主将、岡本。
長野の生き方に思いっきりバチコーンかまされる役所でした。

DD2049CB-4CBC-4C5F-A9DC-572C7CF8E968.jpeg
口で語るより行動で示す。不器用で、最初は理解出来ないが、その凄まじさ暖かさに後で気が付く。
自分の役云々を抜きに、ただただアミさんと長野の姿にホレてました。
見た目より生き方がカッコいい男になりたいものです。

自分の背負ってるものを見つめ直して、襟を正してまた精進します。

今回は稽古期間中で50キロ走りました。
次は100キロ走ります。
ザキ有馬でした。
posted by ステージタイガー at 08:49 | Comment(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: