ステージタイガーへ

'18年 0915

ピタゴラスのドレス、ありがとうございました。(虎本)

虎本です。
遅ればせながら、DOORプロデュース「ピタゴラスのドレス」ご来場ありがとうございました。

S__8192043.jpg

沢山のご来場本当に感謝しています。
僕は客席の後方にいたのですが、皆様の笑い声やすすり泣きの声、拍手にどれだけ勇気をもらえたか。
作品は「幸せのあり方」を探る物語。
理系の僕が学生時代から考えてきたことをベースに、今の僕が思う「幸せのあり方」を舞台で表現させていただきました。


プロデューサーの河口円さんから僕や出演者に丁寧なラブレターが終演後に届きました。
なので。
最後の締めの言葉のかわり…といっては何ですが。
僕がプロデューサーにラブレターを送りたいと思います。この場を借りまして。世界発信ですが。


拝啓 河口円様
あなたには凄い才能があると思います。
それは「作品を愛する」才能だと思います。
世の中にはプロデューサーと呼ばれる方は沢山おられますが、あなたほどハッキリとまっすぐに「作品への愛」を語ってくれる方に出会った事がありません。
誰よりも腰低く、誰よりも丁寧に、誰よりも真摯に
そして誰よりも笑い泣いてくれるプロデューサーの姿が、どれほど作演出家に力を与えてくれるか。
おそらく俳優もそうでしょう。
DOORの舞台は、作演出家だけでなく、俳優やスタッフだけでなく、プロデューサーの人柄やカラーが作品にハッキリと現れる非常に希有な存在です。
そこに関われる事を幸せに、誇りに思います。
ありがとうございました。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 05:31 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: