ステージタイガーへ

'18年 0629

満身創痍でございましてね(白井)

IMG_8046.JPG

先日、週末に第2回縁劇フェスが終わりまして。
ステージタイガーとして、マフィンを売ってますよってちょこっと声をかけてみたり、
ミクマクさんの駄菓子のクジを買うサクラをしてみたり、楽しい週末を満喫しておりました。
縁劇フェスというのは二回目になりまして、シアトリカル應典院さんで行われた最後のスペドラの直前、
ステージタイガーの歴史の中でいうと、ダイバー・シティに出演してくれて、
そのまま劇団員になってくれたちゃんなつ、バッキー、セイヤが、タイガーの劇団員として初めて舞台を踏んでくれたイベントです。
そして、それから1年が経ち、シアトリカらない應典院さんが浄土宗應典院 劇場として使わせていただいている居場所を、
本堂、と、いわば、正しい名前で再スタートを切って、満を持してのスペドラネクストの最初の企画、となるわけです。
何となくの知識でありますんで、間違えてるかもしれません。
仕切り直しての、再発進のそういった場に、去年も今年も役者として関わらせていただけるのは嬉しいことでございました。

「縁」ってことで、たくさんの団体さんがいろんなかかわり方をしてくださっています。
うちみたいに食べ物を売る団体さんだとか、くじ引きがあったり、ボールゲームがあったり、
こやって、人と接することができる場ってのは、とてもいいもんだなって思います。
ウッドストックみたいに野外でセックスするのも悪くないと思います
(※すごく個人の思い込みです)
でも、今の時代感では、朝夕の挨拶とか労いとか、そういうのも大切なんかなぁと、
たくさんの人に会うことができて、ダメなところは持っていった名刺を配れなかったことだけれど、
熱気があったんでね、人の渦。ご縁があるのってなぁいいなって思いました。

IMG_8073.JPG

気持ちも新たに鍛え直そうとジムへ行ってコアクロスを張り切ったところ、腰を痛めてしまってちょっとやる気の出ない僕です。
さて、

三等フランソワーズさんの「青い恋人たち」という作品に青い肌の宇宙人として参加させていただきました。
宇宙の、白井です。
カンヌの青い空が恋しいけれど、終わってしまった後では青い肌も恋しくなってまいりました。
総じて僕もまだまだ精進が足らないなぁと思う部分もありつつも、
何とか頑張って心の部分を表に出してきたいなぁと思いました。
引き合いに出すとあれなんだけれど、同じく縁フェスに参加していたオパンポン創造社さんのあの演技ってのは、
感情を封じていたんですよね、つまりそれって、物語でお客さんを誘導しないっていう手法だったんだと思うんです。
あそこで、演出がどちらか男女の感情を固定してしまうと、単純に物語になってしまって感情が「与えられたもの」になる。
でも、男女の問題って、どっちに軍配があがるかなんて、どっちにだってわかんないので、
そういう面白さもあったんだなって思って。
あとは、演技的なアプローチとして、表出を固定していたからこそ、感情の「揺らぎ」のようなものが伝わりやすかったんだろなと。
これまでの派手な感情的なやり方だと、なんだか、舞台は真っ白い箱の中なんだろうけれど、
無人島っていう状況が波の音やら風の感触を感じながら舞台にいてらっしゃったんだろうな。

対して、こちらの武器は言葉でした。
状況や環境ではなく言葉。
そこに、人の心を持った人間として、宇宙人として、温度をどれだけこめられるか、
っていうのは、戦いの稽古の日々でした。
お楽しみいただけていれば幸いです。
それでも、まだまだ精進せねばならないこと山の如しですので、また次回の出演をお楽しみにしててください。

全日本超溶接工委員会
「ちょっと足りない」
作演出・上崎陽介

【日時】
7月24日(火)
18:30〜 19:40〜

【会場】
in→dependent theatre 2nd
※会場が変わっています。2ndです!

【出演】
野倉良太、
    、
青野愛子、
立花裕介、
白井宏幸、
平宅亮(敬称略、順不同)

【ご予約】
チケット予約はコチラから

30分の戦いです。

IMG_8072.JPG

戦いと言えば、皮膚呼吸ができないことや、ヅラがきつくって頭が痛かったこともなかなかの強敵でした。
しかしながら、お客様も暖かく、
突然のいろんな出来事にも前向きに対処する、スタッフの皆様や、その場を楽しもうと楽しむ出演者の皆さん
キャメラをとってくれた信さんにお会いできたことも嬉しかったな。

また、どこかでお会いできますよう、
腰の痛みがなくなりますよう。
posted by ステージタイガー at 02:21 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: