ステージタイガーへ

'18年 0313

寛容な社会に向けて(虎本)

虎本です。
稽古場日記にある通り、2回目の通し稽古を終え、よい感触をつかんでおります。

写真 2018-03-12 18 58 36.jpg

シンプルにこの作品を沢山の人に見てもらいたいと思います。
38歳になりましたが、ようやく社会に訴求する、社会に貢献できる作品を作れたのではないかと思います。

この作品のテーマは色々あるのですが…僕は社会がもっと寛容になればいいのにと思うのです。
そんな感じの事をザックリ言いたい。
※何でもかんでも許す、ということではないですよ!?

しっかりとした価値観のもと、それぞれの生き方を尊重し、それぞれがお互いに干渉しあっても笑顔でいられるようなそんな社会を構築していきたいと切に願います。
そのためには演劇という表現手段が適切なのではないか。
僕の中で新たな表現へのテーゼと仮説が生まれそうです。

写真 2018-03-12 21 31 57.jpg

ひとまず、この大きな松原市文化会館を満席にしたいのです。
演劇でつながりましょう。

虎本剛

posted by ステージタイガー at 13:03 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: