ステージタイガーへ

'18年 0206

せやな、おれやったらいややな(白井)

IMG_7178.JPG
ステージタイガー×SHASEN「めいめい」
まずはご来場本当にありがとうございました。
たくさんの、共演してよかったなと思える人たちと共演できて素敵な日々でした。
まだ、続いているんですが、昨年の9月から半年間は「デスロード」と覚悟していました。
半ば折れかけていた心を支えてくれたのは、底抜けにモチベーションの高い客演さんたち。
どれだけしんどくても。稽古場にけば元気になれると、そういう確信があって、僕には。
まだまだ、足りないところってたくさんあって、反省点なんて挙げればきりないけれど。
みなさんに会えてよかったって気持ちは静かに熱く燃えています。
あんまり恥ずかしくて言えないんですけどね。

見に来ていただいた方は楽しんでいただけましたでしょうかしら?
今回は、意外とステージタイガーを見るのが初めてなお客様が多かったんだと思います。
初めて共演する方々が、半数以上いらっしゃって、たくさんお客様にお声がけしてくれたおかげ。
たくさんの初めましてのお客様に会うことができました。
とってもどうでもいいことなんですが、日本写真映像専門学校の昨年の卒業生の子が見にきてくれて。
白井の登場シーン–三田みらのが演じる夢美を追いかけるシーン–をみて。
「白井さん炸裂してたんですけど、他のお客さん、ぽかんとしてましたね」って。
アウェイやったんですね、そういや。いや、もうアウェイって発想自体違うんですけど。
ステージタイガーの公演と銘打っていましたが初めましてのお客様だらけ。
どこの馬の骨ともわからない汗かきの、声だけ大きな男が主人公を追いかけ回すシーン。
印象は最下層からのスタート。
IMG_7179.JPG
これは劇場で練習中の写真ですかね。
こんなん、ほんま、俺やったら嫌やな。
真面目に芝居してるのに「笑わせること」を目的に20も年の離れたおっさんがMISIA歌ったりすんのね。
モー娘。とか、T.M.Revolutionとかね。
あれ、稽古場でも毎回同じことしたくなくって、徹子の部屋から、ラ・ラ・ランドまで、
30曲くらいは試したかなぁ。
「みんなの笑顔が見たいから」という正義の棒を振りかざし
三田みらのという主演女優をぽこぽこと叩いていました。
いろいろ考えてはいたんですけどね、あんまり細かいこと考えるのやめて、見た人がおもろいならええかなって。
それなら、自分がまずは面白いことをやればいいかなって。

尊敬できる年下、年上の役者さんに囲まれて幸せでしたよ僕は。

日本写真映像専門学校の卒業生の皆様。
講師の皆様、スタッフとしてお手伝いに来ていただいた皆様。
あと、一年生のみんな(来年は、君らもこういうのをやるんだで、がんばれよ)。
とにかくたくさん関わってくれた皆様。
本当にありがとうございました。

あ、あとあと、見にこれなかった人が、わざわざご連絡くださってね、
いけなくってごめんなさいって。言ってくれるんです。
ごめんなさいなことはなくって。ありがとうございますよ。気にかけていただいて。
だから、なんとなく、そういうやりとりまで作品なんだろうなぁと、勝手に思っています。

つながりだから。

体調崩したり仕事が突然入ったり、そんなの、お疲れ様ってねぎらうし。
気が向かなくってこなくったって、あれです、人生に芝居「も」ある。って程度で、
芝居の力は信じてるけど、それが全てではないとも思っているから、なんかきたくなかったらこな食っても大丈夫だし。
お互い様だし。
またどこかでお会いしましょ。
あぁ、バーフバリみてぇ。
posted by ステージタイガー at 01:58 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: