ステージタイガーへ

'18年 0121

「どうしたらお芝居が上手くなるんですか」(ザキ)


頭の中に「演劇下手な奴絶対殺すマン」がいて、最近はもっぱら自分にしか噛み付いてこないんだけど、昔は誰彼構わず吠え散らかしてた。

あと「アイツより芝居絶対上手いマン」もいて、人の芝居を見るたびに「ぼくならこうするよー」ってやってのける奴がいて、そいつが何をどうやってのけるかを具体的に分析して参考にした。
最近は「俺より芝居絶対上手いマン」になって、足腰を鍛えろとばかり囁くようになった。

脳内の愉快な友達と罵詈雑言を重ねながら、沢山演劇観て沢山の出来事を経験して。

そしたらそのうち自分だけで世界を完結させてはいけないことに気付いて、どうしたら同じ空間に居られるかを考えるようになった。

身体性は1日2日で身に付くものじゃないし、経験も然り。
でも心持ちはきっかけさえあればすぐなので、そこから変えることが出来ればいいんじゃないだろうか。

僕が芝居上手いかどうかは置いといて。
上手くなろうとするための思考法のひとつ、ということで。


− −

「めいめい」の稽古進行中。楽しむものもいれば苦悩むものもあり。悩んで悩んで悩むだけ、糧となり力となる。今日も悩んで頑張ろう。

DBB89219-9C3D-4772-870E-A24085316551.jpg

ご予約お待ちしてます、こちらから!
http://ticket.corich.jp/apply/88289/009/


posted by ステージタイガー at 11:32 | Comment(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: