ステージタイガーへ

'17年 1029

酒と泪と男と女とアミジロウ

台風が近づいている土曜日の深夜。
窓越しに荒れていく天候を眺めながら久しぶりに
日本酒をチビチビ舐めています。1週間の疲れを
ときほぐすのに適度なアルコールは有効ですね。

と、のっけからさらりと嘘をつきましたよ。
日々フィクショナルに過ごしております、ジロウです。
ワタクシ、下戸なんでアルコールをやる習慣はありません。
今はカフェオレ飲みながらぼんやり外を見ております。
嘘をつくには少しの本当を混ぜるのがコツ、というのを
何かで読みました。お芝居というフィクションにおいても
同じ事が言えますね。どこで嘘ついてどこで本当を入れるか。
そんなことを考えながらの稽古の日々です。

さて、稽古帰りで聞いたラジオで、地毛が茶色の高校生が
黒く染めることを学校に強要されて裁判を起こすという
ニュースについて評論家の荻上チキさんが話していました。
地毛の人は勿論そのままで良いじゃんと思いますが、
髪型も色も自由、というのはええのかしら?
理屈で言えば好きにすれば良いというのはわかるんですが
気持ちの面で素直に頷けない自分がおります。

チキさんや他の出演者の方が高校生の頃に染めたり立たせたりして
怒られた話を「アレは今思えばおかしい」とか言うのを聞くだに
髪の毛をかっこよくアレンジするなんて華やかな事は
自分のような人間には別世界の事と感じていたことを
思い出してモヤモヤします。もしあの頃に学校が髪型とか自由やったら
どうだったんだろう。皆個性的なオシャレを満喫していたのかしら。
そうなったらそこに乗れそうにない自分はさぞや辛いだろうなと思う。
形だけでも一応統一してくれて良かったって気がします。
なんとも弱ちい情けない話ですが、裁判を起こす人がいる一方で、
そんな心持ちの人もいるんじゃないかなぁ。

昔のことを思うと色々出てきますね。大体は残念な事が多いですが
良いことも悪いこともすっかり発酵していて、なんにせよウットリとした気分に
させてくれます。要するに自分に酔っておるわけですな。
だいぶ酔いが回ってきましたのでぼちぼち寝ます。
読んでくれてありがとう。また会う日まで。会える時まで。
ほな、さいなら。
F9FC1AA5-DAEC-403E-9EA9-2B396D36ED51.jpeg
アミジロウ

posted by ステージタイガー at 03:18 | Comment(0) | アミ「踊るラジオ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: