ステージタイガーへ

'17年 0728

枯れた技術の水平思考(虎本)

おはようございます。
虎本です。

この一週間、僕は

写真 2017-07-27 14 11 37.jpg

福祉施設が経営されているカフェでランチをして、感銘を受けたり。

写真 2017-07-21 15 44 53.jpg

海が見たくなり、大阪湾をブラブラしたりしていました。

そんな中、僕が大きく心を動かされた出来事。

0726ビジュアル-664x373.jpg

新日本プロレス、棚橋弘至選手です。
現在G1クライマックスという、連戦に継ぐ連戦のシリーズを闘い抜いておられます。
棚橋選手は腕を負傷しており、ハッキリ言うと万全ではありません。
もっとハッキリ言うなら、もう最先端、ナンバーワンの選手ではありません。
若手に、もっと動けて斬新でファンを熱狂させる試合をする選手が沢山でてきました。
ファンによっては「棚橋は古い」と揶揄される事もあります。

そんな棚橋選手が最近よく使うのが表題の言葉。
元々はゲームクリエイターの横井軍平さんのお言葉ですが、「既にある技術をウマく使う事で新しい価値を生み出していく」というニュアンスで棚橋選手は使われています。

そう。新しくなくても。過激でなくても。
それを組み合わせ、大切に使う事でいくらでも何かを生み出す事はできる。

そんな棚橋の言葉と試合は僕に勇気をくれています。

写真 2017-07-21 15 37 13.jpg

もっとシンプルに。
新しさ以外の価値観を見出していきたいと思います。

さあ、ステージタイガーも色々決まってきましたよ。
もう少しお待ちを!

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック