ステージタイガーへ

'17年 0724

DQW(梅田)

さぁ!いよいよ今週!!
あぁもう。あぁもう。梅田です。

さてさてロト三部作が終わると

天空三部作

梅田がシリーズで最も好きな作品

ドラゴンクエストW 導かれし者たち
1990.2.11
ドラゴンクエストW PS.アプリ版

シリーズ初にして唯一のオムニバス形式。
少しずつ少しずつ物語は「勇者」に収束していく

そしてPS版ではさらなる真実が明らかになる。

やはりなんといっても、仲間キャラそれぞれの個性の強さが4の特徴。
歴代最高人数の仲間キャラにもかかわらず
その全てがきちんと語られている。

オムニバスならでわ。
個人的にはモンバーバラの姉妹の章が一番好きですね。

この辺りも昨日書いた四コママンガ劇場の影響を多分に受けている。
ピサロがスライムに嫉妬する、とか
ライアンのホイミンに対する扱いがひどい、とか

作戦が登場したのもここからですね。
ほんと、クリフト。ほんと、クリフト。

あ、ちいさなメダルもここから。
あつまらないんだ、またこれが。

あとは結構村人が設定を教えてくれる。
天空の血筋の話とか。

あとはこれ、完全にマニアックな話
ドラゴンクエストW 知られざる伝説って小説があるんですが
そこにアネイル攻防戦って話があるんですね。

アネイルにいた、リバストという英雄の話。
これがWの前の時代の話。

で、これをもとにした
リバスト伝説ってゲームがあるんですよ。

RPGツクールでファンが作ったファンゲームなんですが

これがまたよく出来すぎてる。
もう、公式で出して欲しいくらい

Wではエスタークは封印されていましたが
そのエスタークを封印した者たちの話。
なぜ、アネイルには天空の鎧しかなかったのか。

あぁもうW好きの方には絶対触って欲しい作品。

そして忘れてはならない

トルネコの大冒険シリーズ
まさかトルネコが主人公になるとは誰が予想したでしょうか。
このシリーズもやりこみましたねー。
あぁ懐かしい。

さあ、明日は随一の悲劇
ドラゴンクエストX


posted by ステージタイガー at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 梅田「気になる気」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。