ステージタイガーへ

'17年 0723

ロケ弁の話(アスカ)

ちょっと仕事がありまして、東京に行ったついでに下町の居酒屋に行ってきました。
1DA0EA3E-B777-4AA0-94E4-8D6023054AF9.jpg
雰囲気としては、大阪にもよくあるタイプ。谷屋さんや白井くんが好きそうな感じです。

甘くないレモンハイが名物というので、少しだけいただきました。お代わりを継ぎ足して行くたびにレモンの数が増えて、それでお会計を計算するというシステム。
チューハイは苦手なのですが、それが楽しそうなので体験したくてつい二杯頼んでしまいました。カレーもめちゃくちゃ美味しかった。

156D7BF7-72E8-4EC0-A8A1-66953DD3E5F8.jpg
そして新幹線に乗る際に見かけた、駅弁屋さん。

昔ネコザメタボ氏がロケ弁が食べたくて面白企画やって大出世したエピソードがありましたが、これ買ったら良かったんちゃうん!ってちょっと思いました。(笑)

ちなみに、現在のロケ弁は(この写真のに中身は似てますが)容器だけちょっと違って、こういうのじゃなくフツーのプラスチックの仕切り付きのやつに入ってます。
具はあっさり系が多いかなぁ。

ていうか、「ロケの時に食べるそこらへんの仕出しのお弁当」なわけで、演劇人ならわかる例えでいうと、「劇場で頼むケータリングのお弁当」となんら変わりはありませんよ!
もっとわかりやすく言うと、スーパーのお弁当と見た目はほぼ変わりません。たまにおにぎりな時もあります。

ロケ弁つながりの豆知識でいうと、たまに映画とかで撮影初日か楽日、あと大物俳優さんが来る時なんかは高めのお弁当がいただける時があります。そういうのは「幕の内弁当」的な紙の箱を開けたらプラスチックの仕切り付きのお弁当が入ってるタイプになります。

あと撮影所だと、近隣のそば屋さんとかお弁当屋さんなんかに自分で出前をお願いするシステムな時もあります。
500円分支給してもらえる時もあるし、自腹な時もあります。
基本的に撮影所の時は貴重品を持っていかないようにしてたりするので、マネージャーさん無しで行ってて自腹な時は困る事もあります。衣装鬘つけてるのでコンビニには行けません。で、カロリーメイトとじゃがりこにはよくお世話になります。

そうやって頑張って撮ったのがこの第1話!
良かったら見てみてください。メイクが違うから分からないかも?
ではでは。


小野愛寿香
posted by ステージタイガー at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小野「薔薇と刀」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック