ステージタイガーへ

'17年 0512

Motherについて(虎本)

虎本です。
遅くなりましたが。GW、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?
ステージタイガーが文化祭で躍動する中。
僕は脚本演出する舞台『Mother』の公演に彩られた日々でした。

写真 2017-05-05 11 37 23.jpg

ご来場ありがとうございました。
応援ありがとうございました。

おかげさまで再演を重ね、4年連続4回目の上演。
毎回台本を変えつつ、もちろん演出もブラッシュアップしつつ。
練度が上がり、熟成され。
自分で言うのも憚られますが、よい公演になったのではないかと思います。

写真 2017-05-07 19 40 04.jpg

主人公の母、ヒロミの現在時間を演じていただいた未央一さん。
歌唱指導をしていただいた上野先生とともに。
「俳優の技術とは、すなわち人間力である」というお話をしていただき。
まさにそれを体現されておられました。

写真 2017-05-04 20 35 41.jpg

昨年に引き続き、主人公、野上メイを演じていただいた桜花昇ぼるさん。

写真 2017-05-05 11 18 59.jpg

今年、新たな命を吹き込んでくれた仙堂花歩さん。

特に演出として何も手を加えていないのですが。
全く違った2作品がそれぞれ仕上がったのではないかと思います。
つまり、それだけ俳優の持ち味がにじみ出ていた、という事なのだと思います。

お二人に共通して言い続けた事は一つで
「言った台詞よりも、言えなかった台詞を考えて下さい」
という事。

当日のパンフレットに書きましたが。
言いたい事よりも言えなかった事に着眼して創作しました。
どこまでも、もどかしく。思慮深く。

終わってしまえば、まだまだ余白がある気もしますし。
新しい解釈もありそうです。

僕自身は新たな創作の場に向かっておりますが、切り換えるというよりは、大切に少しずつ咀嚼していきたいと思います。
ほんまは出演者の一人一人にコメントしたいくらいなのですが。
ひとまず。
ありがとう。またお会いしましょう。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 05:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449806408

この記事へのトラックバック