ステージタイガーへ

'17年 0224

演劇と自分を観る(虎本)

早いもので、2月ももう終わり。
もう2017年も1/6が終わりかよ、と。

image1.JPG

先日、自分が脚本を書かせていただいた専門学校の卒業公演を観てきました。
若い子達が精一杯頑張る姿はそれはもう感動的であり、刺激を受けました。
自分の書いた本を、他の方に演出していただけるのも勉強になります。
相対化…というと言葉が重々しいですが、自分の演出の方法論も客観的に見えた気がしました。

写真はありませんが、もう一つの専門学校。
写専の校内展も観てきました。
『ファイアフライ』が編集され上映。
映像で観る自分の演技はそりゃあもうアラだらけでお恥ずかしいかぎり。
映像とナマの舞台と、観え方は全然違ったりするのですが。
どちらで観ても隙のない状態にしなければ、上にはいけない。
もっともっと向上しなければと思っています。
腕立てから、腹筋から、外郎売りからやりなおし!

そしてさらに。
映像で観るといえば昨年の『アップ・ダディ・ダウン』が観劇三昧のてのひらフェスティバル2017で、

S__5308678.jpg

現在総合ランキング6位。

S__5308677.jpg

観劇ビギナーランク1位の快挙。
ジワジワきてます。
もっと大勢の方に観て欲しいです。

僕らのやってる演劇は見てもらってナンボ。
宣伝するのが何か格好悪いっちゅう演劇人を見た事ありますけど。
俺にしてみれば、『大根売るのが恥ずかしい八百屋さん』にしか聞こえません。

オレ、そんな事一切ないです。
俺の作品は見てもらう事でしか完成しません。
観て下さい。
待ってます。

虎本剛







posted by ステージタイガー at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。