ステージタイガーへ

'17年 0130

ファイアフライは終わらない(アスカ)

皆さま、ご来場いただきまして、ありがとうございました!!
皆様に喜んでいただけておりましたらメンバー一同めちゃくちゃ幸いです。
そして表も裏もキャストも、全てのメンバーに感謝!一緒に作品を作れて本当に幸せでした!!

終演後慌てて撮ったなみはなチームでの写真。なんちゃんと高校生職人ズがいないけど、、、
62561398-E6C2-4B09-98DA-733A80307941.jpg
みんなカッコイイ!

多分二度と生では見られないこのみんなと、もう一度大きな映像で会える機会がまだあります。しかも無料!!
上映会は1日一回、二日間↓
ぜひ。オーディオコメンタリーみたいなのもやりたかったですね。そんなイベント、ないかなぁ。(DVDは販売されないので)

あ、あと、差し入れもいただきまして、ありがとうございました!!お茶とかお酒とかお菓子とかお花とか!
いつも写真に撮って記念に残してあります。そして美味しくいただいております。やっぱり元気の源ですね。

裏話的なものはですね、ゲネプロ時に生まれて初めて芝居中に足首ひねって捻挫を実はしていたとか、過去の3年代の菊と現代のカーチャン菊の着てる黄色のポロシャツが実は違うやつだとか、いろいろありますね。楽しかった。

20歳から60代までやれと言われた時に、「無茶な!アホか!!」と思いましたが、ちょっと燃えました。どっちかというと、20歳の方が「若々しくない」とか言われたらどうしようと内心ドキドキしてました(笑)
演出からは特に何のオーダーもなかったので、共演者からのアドバイスがとても助かりました。
基本的には声と重心の位置は変えようとは最初に決めていて、髪の位置も含め、いろんな違いに気付いてくださった方に感謝です。

一番病みそうになったのが留袖への早替えでした。平ちゃんをはじめとする早替えチームが結成され、たくさんのメンバーがものすごく頑張ってくれたおかげで無事に変身することができました。

あとはアレですね、見終わった方から「お菊さん!!」って声を掛けられると嬉しかったですね。ありがとうございます。
わたし自身は「怖くて動けなくなっちゃう」なんてことが無くて今までその気持ちがわからずに来てしまっていたので、菊ちゃんと出会えたこと自体も含めてとてもいい経験になりました。

公演終わってからなんかまた高熱出してぶっ倒れておりましたが、週末しっかり養生したので、一週間経ってようやく少し身体も回復してきました。
それでは皆様、つぎはこの上映会と、ダイバーなシティでお会いいたしましょう。


小野愛寿香
799A11FC-93A1-427F-BD5B-368FBF2746D8.jpg

posted by ステージタイガー at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小野「薔薇と刀」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック