ステージタイガーへ

'17年 0124

もう次(白井)

IMG_0279.JPG
次回作品の台本をちらり読みながら、ブログをしたためております。
みなさまからいただいた差し入れの数々、きちんとタンパク質として取り入れたり、
ミネラル成分として身体を駆動させるエネルギーとして取り込んでまいります。ありがとうございます。
ご来場もありがとうございます。いけないけどがんばって、っていう声援もありがとうございます。
おかげさまで、なんとか千秋楽を終えることができました。
まず自分の話をしますとね、
という書き出しをしていると、まずは自分の話、そして次に自分以外の何かの話m
そして次にはまた別の話、などと続くのが常なんでしょうが、
僕のこれまでの例を見ると、自分の話だけで終わってしまいそうな気がしますよ。
言いたいことがどんどんと派生していくような、どうも辻褄の合わない考えをしてしまう傾向があるので
そこのところはご勘弁を。こういう脱線をしているもんだから「自分の話」すら始まっていません。

始めます。

おきゃくさまがいないとなんにもできない。

ということだなぁ。と。
とっとと自立したいところなんですけどもね、今回やくどころとしては
重要な真面目なポジションなんですけどね、笑いを取るようなシーンがいくつかあって。
でも、ぼくまだ、状況で笑いを誘うような演技ができないんですよ。
人間としてはポンコツですからね。台本の不自然を自然に身体に落とし込むことができない。
や、これは別に台本がどうこう言っているわけではなくてですね、
壮絶なネタ振りがあった上で、花占いをしていたクローバーが三つ葉じゃなくって四つ葉だった事、
については、きちんとネタを振ってくれているから、そりゃ、まぁ、
小さいお子さんが本番中に「あれ、四つ葉なんやわぁ」ってツッコミを入れちゃうくらいには
状況を伝える事はできたと思うんですよ。うん。
本番中にオチを言われるという、今になって思えばとんでもない事だったんだなぁ。
IMG_0281.JPG
それ以前に、恋敵に女性を取られてしまうんではないだろうかという、
そういう緊急事態において、深夜に花占いをする心情というのはもう、そりゃ理解の範疇外です。
なんで、僕、というか田代航平は、深夜に、花占いを?
でも、時代考証的には「花びら占い」ってのが当時流行っていたのかしらん?
皆さんもやってみてください。
それにしてもさ、がんばって花火を作った方がいいのは明白、でも花占いをしてしまう。
器の小さい人間なんですよね、田代航平。

流行が大好き。なので、来ているシャツもミッキーカー・ティス。まうす。
写真は本番のものではないの同系色の、でもコカ・コーラ。
僕は自分自身に役柄を、流行に乗って根無し草。そういうふうに捉えていました。
全然大人になり消えれない男の子ですね。ま、世の男性のだいたいはそれに属すようですが。
最初のシーンの航平と、次以降の航平の喋り方は全然違う(と思っています)。
年齢の違いというよりは、精神的な未成熟な人間の肚の座っていなさ、
環境によって、少しくらいは成長を促された単なる「坊ちゃん」ではない田代航平。
そういう違いが出ていればいいなと思っていました、が。
IMG_0280.JPG
自分の役作りの経緯をわざわざ、しかも、言葉足らずに書いてしまうのはなんだか侘しさもありますね。
ま、でも、映画では評論批評、裏話。なんていうか、見た後に楽しめる要素があると思います。
演劇にもそれがあってもいいと思う。ライブ感という第一の楽しさがある上で、
見た人が、後から共有して楽しめるものがあってもいいんじゃないかな、
答える義理はないと思いますが「どう考えて取り組んでたの?」に回答できなきゃ仕方ない。
ある程度は裏付けをしていかないといけないんですよね、
でも、僕が一番腐心したのは、恋愛に対して、とか、何か勝負事に対して、
それほど、ライバルに敵意をむき出しにする事がないんです。
「タケルぅ!」っていう表出をする感情が、実の僕の中にはあんまり、なかったんです。
僕はそんなに熱い男ではなかったのかもしれない。冷めてるわけではないとしてもね。
外に表出する「怒り」というものって、その背面に焦りとか、畏れとか、関心とかがある。
そんな風に考えると、最初は自分の中に見当たらなかった(と思っていた)気持ちを
引っ張り上げてくるための紐を掴めた気分がして、少し楽になった事があったなと思い出しました。
とくに勉強したわけではないから間違ってるかもしれませんし、
できてるかっていうとそうでもないかもしれない。

田代航平を見た人が読んだ時に少しでも面白いと思っていただければ、と思って。

さて、次は、3月に松原。
よろしくお願いいたしますね。
ステージタイガー「ファイアフライ」
ご来場本当にありがとうございました。


posted by ステージタイガー at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。