ステージタイガーへ

'16年 0710

ご無沙汰してました(白井)

image-4f1ea.jpeg
こないだ、とっても久しぶりに大学の友達と飲んできましてね。
カンヌのことお祝いしてくれたんだけれども、特にその話で盛り上がることもなく、
薄いビールを、飲み干して、磯焼き食ってきました。
その時にもらった日本酒とワインをちびちびと飲みながら、
時には(夜に)走って、時には(昼に)走って熱中症になったり、
声の出演のための録音に出かけたり、ラジオ収録のお話が舞い込んできたり、
映画のお話がちょろっとあったり、決まったものも、これから決まってゆくものも、
色々とありますけれども、決まってないものについてはなーいしょ。です。

僕は、本当ならば、ここでたっぷりと時間を使って、
「貞子vs伽倻子」を見てきた感想を書きたいところなんです。
一人で映画館へ行って見てきましたよ、「貞子vs伽倻子」
やっぱ貞子がいいですね。ポテンシャルが違う!昭和のホラーです。
『リング』の良いところをしっかりと出してくれていました。
ちょっと、モンスター扱いされてしまっているんじゃなかろうかと心配してしまったところもあるんです。
でも、「呪いのビデオ」というのがとてもいい。今や、存在の少なくなってきたVHS。
そこに呪いがあるというのがいい。
映画自体は大爆笑しながら大恐慌に貶められるんでした。
敏夫が頑張れば頑張るほど僕の笑い声が加速していきます。
映画としてはきちんと面白かったので、それについては拙ブログで近々書こうと思っています。

やっぱり見終わった後には2日間くらい、死ぬんじゃないかっていう怖さが、
残っていましたからね。呪いのビデオの存在感というのはきっちりとしたぁる。
呪怨は一番目の奥菜恵さんのが怖かったなぁと思うんです。
理由もしっかりしていて、日本人ならではという感じがあってね。
その辺も何か理由を考えてみると面白いことがわかりそうなんですけれど。

では、またこんど。


posted by ステージタイガー at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。