ステージタイガーへ

'16年 0523

取り急ぎ帰国のご報告(白井)

image-d72dc.jpeg
土産話は腐るほどあります。
飛行機の機内の中でメモに取っていたんですけれども、
言える話から言えない話まで、箇条書きにしていたらキリがないくらい。
とにかく、4泊6日夢のような一週間を過ごすことができました。
明日からまた夢のような現実を過ごすことになるようです。
いきなり明日が通し稽古ということなので、ちょっと、これはやばいなと思いつつ。
台本は一旦読んでから寝なくっちゃな。って思っています。

ステージタイガー #007 「ランニングホーム」
6月2日(木)〜6日(月)
会場;シアトリカル應典院

よろしくお願いしますね。
image-3b3bb.jpeg
カンヌのことと、カンヌの後はモナコとかニース近辺でのぶらり旅だけの数日間だったので、
その報告はまた、拙ブログにて、逐次行っていこうと思っています。
これは、いわゆる説明義務があるものと思っておりますので。なるべく。滞りないように。
割と濃密なブログになりそうなので、時間がかかるかもしれません、悪しからず。
とにもかくにも、とてつもなく充実し、刺激的な数日間でした。
僕らが拠点にしていたホテルがあるのはニースという町なんですけれどもね、
日差しは暑いし、その癖涼しくて汗もかかない、素敵な地中海気候。
日陰に入ると全く暑くなく逆に寒いと感じる程度に涼しくって、日本のじめっとした感じではないのです。
朝はこの時期だからか6時くらいからあかるくて(モーニングは6時30分からでしたんでね)、
夜は、20時くらいまで明るいんです。働くことをしなくて済むなら控えめに言って天国でした。
image-2bf48.jpeg
ここまで書いて、貼り付けた写真と文章が乖離していることに気づきましたが、そこは仕方ない。
また、改めて、自分のブログにもきっちりと描くので、あしからずですよ。
カンヌ国際映画祭の会場前で、チケットの受け取りを待っている時に、
同じく48HFPの参加者さんとお話しする機会を得まして、
「あ、あいつ、日本の!」「Congraturlation!」とか言われながら、
あ、これは、世界の人に歓待されているぞ。僕の映画を見てくれた世界の人が僕を指さしてるぞ、って。
そういうことで、ケニアの人との写真も載っけてみました。
ええと、もっというと、下調べがあんまりできていなかったのが残念部分。
もっと調べていて、もっと、予定を立ててたら他の日本人スターさんともお会いできたのかもしれない。
実は、いわゆる有名人さんとは、お会いできていないんです。残念。
でも、いいんです。また、行ってやるんで。
まずは應典院での「ランニングホーム」ですが、
次は、ベルリンか、ベネチアか、サンダンスか。やってやれないことはない。
ほなまた、劇場で。  ステージタイガー no 白井


posted by ステージタイガー at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。