ステージタイガーへ

'15年 0203

台詞が一番多いぜ!今週末だぜ!(アスカ)

さて、何をするかさっぱり予想がつかないので見送っている方も多いと思われる

近代戯曲リーディング『恐怖時代』 作:谷崎潤一郎

日本の近代戯曲研修セミナーin大阪
日本の近代戯曲を読む!

ですが、谷崎の文章の美しさとタランティーノみたいなとんでもないストーリーと隠しても隠しきれない役者さん達の激しく滲み出るアレやらコレやらが500円で楽しめる、しかも勉強をしに行くと言い張れる、結構おもしろーなイベントとなっております。
本読みの時間、が好きな人は気に入るかも。
こんなメンバー(写ってない人もいます)がお送りします。C5FA0DD0-A8C2-436C-94F6-C282B00C2E8A.jpg

わたしがやらせていただく役はそーとー美味しいメインディッシュ級な役でございます。そのぶん、プレッシャーもございますが…

わたしが出るのは日曜日ですよ!
お時間も早めなので、ハシゴもできるかと。
日時をくれぐれもお間違いなく!!

そしてそして。
最寄りの京阪野江駅から劇場へ向かう手前にある、このうどん屋さん!26645972-18AD-4060-BD67-0D5F9388DA03.jpg
美味しいうどんと上質な地酒を愛する私には願ってもない素晴らしいお店!
お時間ありましたら、ぜひ寄ってみてください。めちゃめちゃお気に入りになりました!

ではでは、お待ちしております!


***********

明治以降の劇作家が新たな演劇を求め、何に挑んだかを探るリーディングとシンポジウムの二本立て。
近代戯曲を読み直し、現在を見つめ直す。演劇史に綺羅星のように輝く戯曲から、そうでない戯曲まで、何が語られ、何が見捨てられてきたのか、新たな発見を求めて、戯曲を「読み」シンポジウムで「語る」。
・各公演タイトル:
プログラム【A】
『第一人者』 作:真山青果 
演出:橋本匡(万博設計)
プログラム【B】
『恐怖時代』 作:谷崎潤一郎 
演出:泉寛介(baghdad café)
・公演日時: 
平成27年
【A】 2月7日(土)…橋本匡演出作品
13時00分※/17時00分 開演
※14時30分頃よりシンポジウム
【B】 2月8日(日)…泉寛介演出作品
11時00分/15時00分※ 開演
※16時40分頃よりシンポジウム
【B】の上演時間は1時間半を予定
シンポジウム【B】:
『悪女崇拝と物語の復権』
司会:キタモトマサヤ(遊劇体)
パネラー:林廣親(成蹊大学教授)・塚本修(stage staff/CQ代表)・泉寛介
・会場:
劇団未来ワークスタジオ(大阪府城東区成育1-4-15)
・料金:
500円(日本演出者協会員無料)
・ご予約、お問い合わせ:
ご予約 E-mail kansaiblock@yahoo.co.jp
ご予約 HP CoRich 日本演出者協会関西ブロック  
公演詳細  日本演出者協会 HP  
キャスト:
有元はるか(はちきれることのないブラウスの会)
一明一人
小野愛寿香(i_garden、ステージタイガー)
葛原敦嘉(がっかりアバター)
久家順平(舞夢プロ)
杉原公輔(匿名劇壇)
立花裕介
辻るりこ(baghdad café)
徳永健治
髭だるマン(劇的細胞分裂爆発人間 和田謙二)
スタッフ: (2作品とも) 
舞台監督 佐野泰広(CQ) 
音響 大西博樹
照明 菅野万里恵(baghdad café)




posted by ステージタイガー at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小野「薔薇と刀」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。