ステージタイガーへ

'15年 0127

松原公演が終わりました!(白井)

IMG_7820.JPG
みんながこの写真使いそうですから早めに。
うぃずMTBR33の「BEAT RUNNER!」の公演が終わりました。
僕としては「BEAT」の部分をヒューマンに担当させていただきました。
まぁ、それはそれとしておいて。
なんというか楽しい時間でしたね。
どんどんMTBRのみんなはダンスもうまくなっていくし、お芝居の方も頑張ってくれるし。
今回の子たちが、って言うわけではなくって、前回、前々回からの継続ですね。
今回都合で参加できなかった人がいたとしても、その子の力もどっかに入っているでしょうな。

次は僕らも1曲踊らなきゃ示しがつかないでしょう。
そんな気持ちで一杯です。一緒に作るって言う事は、そりゃ。
得意分野をやるって言うのは大事なんですけどもね、同じ時間をどれだけ共有するか、って事。
同じ時間を使って創作して、舞台上でも今回なんかだと25人からの人が同じ時間同じ場所にいて。
なるべく全力を使い果たす事になるわけだから、そりゃ、電車賃くらいはペイしますよ。

お金を頂くというお話を、たまにね、振り返ってしてしまう事がありますけれども。
お家から、時間とお金をかけてきていただけるお客さんに対して、僕らは、どれだけ胸張れるか、
そういう事を考えずにやってきてはいません。そういうことばっか考えてるわけでもないですけれども。
その時の舞台の上で繰り広げられている事だけじゃなくってそこに至る過程として積み上げたもの、
稽古だったり、セッションだったり、会話だったり、汗だったり。
そういう意味では本当に今回は初心に返ってきました。公演が終わった後に、気持ちの振り出しに戻りました。
これから、もう一回考え始めていく事にします僕。
僕らにとっては、これまで10年15年くらいやってきた中の一つの公演ですけれども、
彼女らにとっては大切な青春の限られた時間の中の1時間だったわけなのですよね。
だからこそ、伝わるものってあったんだと思うんです。
そしたら、前向きな意味で、僕には「それ」まだ残っているのかな、と、少し不安になるのです。
積み重ねていく事は大事。「こなす」とは違う意味で、きちんと、ゆっくり積み重ねる。
けれどもその中にあの子達くらいの情熱があるのかしらね、という。
熱量は負けてませんよ。でも、悔し泣きする情熱は、もうなくなっちゃっているのかな。
どうなんかな。そういう事を考えるきっかけをもらったな。
っていう公演でしたん。

っていっても、僕は例えば、失敗しても凹んだり落ち込んでも止まるわけには行きませんからね。
※失敗していないとはいえないけれども落ち込んでも凹んでもいません。

2月は14日と15日にえりーの晩餐会がありますからね。
2月の24日にはらぞくまさんのお芝居を演出しますからね。
忍ジャガーにも再出演して放送されていますからね。

まだまだ頑張っていくしかない僕なので、是非とも、お会いしてくださいと言いたいです。
舞台上劇場で、見かけてくださいませ。

どうも、今回は本当にありがとうございました!


posted by ステージタイガー at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。