ステージタイガーへ

'11年 1025

アキレスと亀(白井)

IMG_1695.jpg
どうもこんにちは、日曜日は劇場でおお立ち回りをしてきた白井です。
嘘です。言い過ぎでした。
谷屋さんがでてらしたin→dependent theatre 2ndのお芝居の受付のお手伝いと、
樋口さんがでてらした倶楽さんのお芝居の観劇後の舞台バラしのお手伝いとを微力ながらしてまいりました。
もちろんどちらもお芝居を観てきました。お役に立ててれば光栄でございます。
次は西村さんの「逃げる兎」さんですかね。

さてさて、ブログといえば映画なのですけれども。
ゼノンの逆説というやつですかね、「アキレスと亀」を観ました。面白かったですよ。
北野武さんの映画で、主役のたけしさんの、いわゆる年代記のようなものですね。
幼年期から青年期、壮年期までの、紆余曲折。THE母であり妻役に樋口可南子さん。
この方は誰の妻にもなれるし、誰の母にもなれる、そんな女優さんだと思っておるのです。大好きな人のひとり。
キャシャーンの母だったり、白い犬の妻であったり。
無理あるやん!って人に対しても、妻にも母にもなれるお方。

そういうわけで、今は遅れてタイガーワークショップに向かっております。
火曜日は僕、ブログの日であり、またタイガーワークショップの日でもあります。
所用が伸びてしまい遅刻気味ではありますが、血気盛んに新快速に乗っております。

僕もそろそろ個人的にお友達を連れて行こうかなんて思っています。
役者さんでなくてもね、ちょっとじんわり汗かいて、ね。身体動かしたら、ね。
気持ちいいものですよ。

ではでは、またー。


posted by ステージタイガー at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。