ステージタイガーへ

'06年 0405

痴話ゲンカ

遅くなりました、石神です。
早いもので今年も4月になりました。
毎日忙しく今日まできたので、いつの間にという感じです。
たまにはゆっくり休んで一日過ごすのもいいかもしれないですね。

今週はこれで。
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(PS)
ガンダム.jpg
1998年12月17日バンダイより発売されたアクションゲーム。
プレステのポリゴンガンダム最後の作品。テーマもそれにふさわしく
「逆襲のシャア」というベストバウト。
「ファースト」を代表する二人の英雄、
アムロとシャアの因縁にケリを付けるお話だけに、なれ初めの
「大気圏突入中の鍔ぜり合い」から、
「こんな石ころ!」とガンダムが巨大隕石のアクシズを気合いで押し返す
ラストまでを走馬灯チックに追体験させてくれるんですが、
さすがにすべてをCD一枚に盛り込みのはムリ。その限られた枠の中で、
どれだけ美味しいシーンをピックアップするかが、センスの見せ所ってもの。
シャア、愛人とベッドイン!
自分の負けです。時間軸は、現在が「逆シャア」の時代で「ファースト」
の頃を回想→モビルスーツ戦に突入という、かなり入り組んだ流れ。
ほんの一分前まで仮面被ってモビルスーツの戦力差うんぬんと
叫んでたのと同じ人が、素顔で裸体にガウンをはおって
男と女がどうこうと語ってるのは、自分の正気を疑いたくなる
ドランカーな光景です。しかし原作の映画にのっとり、
地上での戦闘はまったくなく、無重力の宇宙ばかり。
複雑なボタン操作にとまどい、自分の位置を見失うと浮世は
どうでも良くなります。そしてシャアを倒しシャアを撃ち抜きシャアを
ぶった斬り、ノドからシャアが出そうかほど
シャア尽くしのフルコースを味わった後に、a・アジールの巨体が登場!
正面から拡散メガ粒子砲、背後からファンネル攻撃、
しかも一発当たるとガードができなくなって、死ぬまで殴られまくり。
ここまで来るのに10分、こいつの撃破に1時間かかりました。
おかげですっかり鍛えられて、ラストのシャア・サザビーは10秒で瞬殺!
いやそれより、一周クリア後に使える
ジオングの接近武器が「素手でパンチ」のほうが、激しく違う気が。


posted by ステージタイガー at 15:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)
この記事へのコメント
神宮寺太郎の人生における最悪のコストパフォーマンスを誇る作品です。

10000円する限定版を購入

1時間でエンディング

全米が泣いた。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
Posted by 劇団ひこひこ/神宮寺 at 2006年04月05日 21:50
俺には『カプセル戦記』で充分だ!
ちなみに、ニューガンダムは強いぞ!
作るのに3ターンもかかるのがタマに傷。
Posted by GO at 2006年04月06日 02:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。