ステージタイガーへ

'04年 1224

プロレスラー5 ビッグバン ベイダー

さあ! 毎週木曜から金曜にかけては、水本のマニアックなコーナーだ!
プロレスラー黄金列伝(勝手にタイトルつけました)の時間だよ。
というわけで、今日紹介するのは、この人!

ベイダー1

ビッグバン ベイダー

最近では普通にベイダーと名乗っていますが、僕の小さかった頃、彼はまさしくビッグバンでした。

なんたって、強い!
でかい! 怖い!

確か僕が始めてプロレスをテレビで見た時、彼がデビューしていました。
当時、ビートたけしがプロレス軍団を作るという企画があり(TPG)、アントニオ猪木に挑戦状を叩き付けました。そのメンバーが、このベイダー。

猪木、長州、藤波をあっという間に葬り、生放送にも関わらず、会場は大荒れ、大混乱。
今も新日本プロレスの歴史に残る事件として取り扱われています。
さて

その体つき、入場シーンのオドロオドロしさ、、、、、、。
未だに子供心にトラウマです、、、、、、。怖かった。そんなベイダーの強さはなんといっても、パワー。
攻撃方法は至ってシンプル。

巨体とパワーを活かした、殴ったり、体当たり。
まあ、最近は学習したのか

ベイダー2

すんごい技も出しますが。

新日、全日、ノアとメジャー団体を渡り歩く皇帝戦士、ベイダー。
僕が選ぶ80ー90年代、最強の外人レスラーでした。


posted by ステージタイガー at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。