ステージタイガーへ

'04年 1221

仁星と将星

石神です。
本番が近付いてまいりました。
もうチケットの予約はされましたか?
残り席数が少なくなってきました。早いご予約をお願いします。

今週の北斗キャラ
今回は二人紹介。
シュウ
一人目は多彩な足技で全てを切り裂くシュウ。
南斗六聖拳の一つ、南斗白鷺拳の伝承者。
星は仁星。人を救うためなら、進んで自分を犠牲にする男である。
少年時代のケンシロウの命を、自分の両眼と引き替えに救う。また、レイの親友でもある。
その性ゆえに、子供狩りをしるサウザーに反抗しレジスタンスを組織する。
成長したケンに再会し打倒サウザーを託す。
星の宿命ゆえサウザーには勝てない事を知りながら、子供たちの未来のために決死の戦い
を挑む!だが、子供たちの命を救おうとしてサウザーの卑劣な謀略にはまってしまう。
子供を人質にしてシュウの足の筋を切断。
シュウはその身体で、聖帝十字陵の頂上へ石碑を運ぶように命じられる。
十字陵の頂点で、聖帝の軍が矢を放つ。ケンは助けるために走り出す。
それを見たサウザーはシュウに槍を投げつける。その槍はケンの目の前で命中。
サウザーの槍に射抜かれたシュウに奇跡が起こる。
シュウの両目に光が戻り、そして目の前には成長したケンの姿が。
その後、シュウは押し潰され、十字陵が完成。みこどな最後だった。

サウザー
二人目は秘孔も通じない謎の肉体を持つ聖帝サウザー。
南斗聖拳で最強の座にある南斗鳳凰拳の伝承者で、南斗六星の中心である将星の持ち主。
捨て子だったが、先代伝承者のオウガイに拾われ修行を積む。
目隠しでの伝承者認定勝負にも勝利するが、倒した相手は実はオウガイと知り、深い哀しみに絶叫。以後サウザーは愛を捨て、師の弔いと自分の野望を象徴する聖帝十字陵建設のため、多くの子供たちを犠牲にしていく。
打倒サウザーを託されたケンはサウザーと激突。
帝王の拳にふさわしく、制圧前進のみゆえ防御に要する構えが存在しない鳳凰拳。
この拳と、秘孔が通じない謎の身体で一度はケンを破ったサウザー。
だが、聖帝陵で行われた再闘では身体の秘密を見破られてしまう。
秘孔の位置が人と左右逆なのだ。サウザーはついに構えを見せ、奥義・天翔十字鳳でまさに鳳凰の如く天を舞い、ケンに空襲する。
ケンも北斗神拳秘奥義で対抗。激しい攻防の末、
ケンはついにサウザーの秘孔を突くことに成功。北斗有情猛翔破で勝利を収めた。
最後に愛と情けを思い出したサウザーは、十字陵とともに堕ちていった。

今週の名台詞
『愛ゆえに哀しみが起こる。ならば愛などいらぬ』


posted by ステージタイガー at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●過去日記(2007年3月9日以前)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。