ステージタイガーへ

'19年 0918

小柳将太 椿

こんにちは、バッキーです。


ファイアフライ、無事終演しました。


今回は、花火職人の役でした。


今回の物語は、時代を行き来する物語で、役の人生の40年間を演じました。


歳をとるって、難しいことだなぁって、役者として、人として思いました。


この作品、再演なんですが、実は初演の時はまだ劇団員ではなくて、お客さんの一人でした。


そして、初めてタイガーのお芝居を観たのもこの作品で、初演時の白井さんや、小野さんの芝居が忘れられなくて、剛さんの脚本が、忘れられなくて、気づけばタイガーに入団してました。


タイガーに入団して、もう三年が経とうとしてます、タイガーの座組みでお芝居をすることが、当たり前のことのような気になってしまいがちだけど、そんなことないんだよ、と、しみじみと感じた三カ月でした。


役柄的にも沢山の感情が蠢いて、人間としても沢山の感情が蠢いてました。


でも、そんな感情一つ一つから目を背けずに、向き合っていくから、歳をとるって素敵なことなんじゃないかなぁって思う三カ月でした。


最後に、関わった全てのスタッフさま、共演者の皆さま、そして、起こし下さった皆様、

ありがとうございました。


愛してます。


いままでも、これからもずっと。

EC3F763A-1EEA-464F-B643-CBCC711F5ED9.jpeg
posted by ステージタイガー at 18:28 | Comment(0) | 椿「バッキーの車窓から」

ファイアフライ御礼! メディアのクリエイティブなプロダクション!(ザキ)

ステージタイガー#010「ファイアフライ」全ステージ終演。
応援、ご来場まことにありがとうございました。

高槻の大きな劇場で公演が打てたことを誇らしく思いますし、
無事に幕を下ろせたことを幸せに思います。



今回は劇団10周年という区切りで、皆の強い想いが乗った公演が出来ました。

初めて観劇していただいたお客様の興味、
以前からタイガーを応援してくださる皆様の声、
スタッフの方々による心強いサポート、
共演した皆の舞台への熱い想いがあってこそ、10周年の大きな花火を打ち上げられたと思います。

どうかこれからも応援してください。支えてください。
一緒に作る時はどうかよろしく頼みます。


11年目もそれ以降も。演劇を続けていくために。
今回の新しい出会いで「この人とまたやってみたいな」や「違う姿を見てみたい」と思うことが多々ありました。

個々では11年目に向けた目標や課題も多数。
俳優としてだけでなく、作家演出家、有九の主宰としても含めて。
より高くより大きく、より速くより強く、より優しく寄り添える演劇を目指します。



ガリ勉くんこと沢井忠弘/ザキ有馬


B0253B89-422E-4350-80C4-739ACF6DDDF6.png




− −


どうもセリフを入れた画像が流行ってるみたいなので本職がやってみました。

4C60BDFB-2E66-4B17-A66F-E352CD90FFEF.jpg

文字のない生粋の舞台写真はこちら
写真:河西 沙織(劇団壱劇屋)

他の舞台写真は他のみんなのブログや、後日Facebookなどで上げていくと思います。
「あ、河西さんの写真だ!」とわかるような、そしてファイアフライの名シーンをしっかりと抑えたものばかりですので、是非お楽しみに。

− −

DCB9AFE0-9CB6-406D-9025-79A33014DDB1.jpg
今回はデザイナーとして、10周年フォトブックに命注ぎました。24ページ。言ってしまえばチラシ12枚分。
旗揚げメンバーでないにしても、前劇団から知る人間として10年の歴史を一冊にまとめることが出来てよかったと思います。
まだまだ在庫はありますので入手し損ねた方、欲しいという方は次回公演のロビーにてご用意いたします。
(通販も、やるんじゃないでしょうか? やりましょう是非!)

posted by ステージタイガー at 18:21 | Comment(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」

今回も創り物の力を借りて(白井)

3278B3D4-A637-41A9-BF51-FADE683FD0B0.jpeg

集合写真はすでに、他の方があげてらっしゃるので。
愛すべき田代チームの写真でもって。

今回は、劇団10周年となる記念の公演
ステージタイガー 「ファイアフライ」
ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

これはいつもいつも思っていることなんですが、
今持って、もらってばっかりの僕だなって思っていましたが。
見に来てくださった方、共演してくれたみなさん、
みなさんに、何かを与えることってできていたんだろうか?

毎度毎度、舞台の熱がおしまいになるたびに思います。
大きな声を出して、汗かいて、走り回って。
これが何かになってるんだろうか、とかいうことを。
これでも一応悩みながらやっていますもんで、本当にこれでいいんかな、とか。
この本はどこが面白いんだろうかとか。
変な言い方になっちゃったけど、なんとなく、ではなくて「ここが」って確信がないと伝えられませんもの。

FF6737E4-158D-4634-B849-A2460F4D4684.jpeg

今回僕は舞台上に出てくる二つの花火会社の片方、田代製作所の、
跡取り(予定)息子の田代航平を演じました。
深堀すれば深掘りするほどに、見えてくるこの作品のおおきな ワームホール。
「穴」とはいいません。ワームホール。多分どこかに繋がっている。
スターウォーズで言うところのエピソード4とか6と9あたりがこの「ファイアフライ」だと思っていて。

これは勝手な空想話。絵空事。
エピソード1ってのは菊と田代がなぜ花火を志したのか
エピソード2とか3あたりが、成績いいのに、みんなの注目が兄貴に集まりすぎるから嫉妬してしまう弟隆二の東京への憧れと、風間の結婚。タケルの登場。
エピソード5とかは北代さんに赤西夫妻のラブコメをやってもらって。
7とか8あたりで、僕ら夫妻が、捕まっちゃった弟の面会に行くシーンでもあるんじゃないかな
って。

大分と補完しなくっちゃ見えてこない話もあるんじゃないかなーって思ってたんです。
で、何が言いたかったかっていうと、
今回のファイアフライでは、僕、弟のこと大好きなんですよね。
前回のハルカス、アート館の時の作り方では演出指示もあって、ちょっと、やっかんでいた部分があった。
でも今回は、みんなの真ん中にいる田代は、調子にも乗るし、子供っぽいところはあるけれど、
人を惹きつける魅力があって、そのお返しができるほどにみんなのことを好きでいる。
そういう人物像にしたかったんです。
敵対するなみはなチームとも、遊びの延長で喧嘩をしている感じ。
そんなに試し打ちの場所なんて重要と思ってなくって、その場の楽しさが大事。
みんなで遊ぼう。そんなニュアンス。

そんな風に考えられるようになれたのは、オーディションを経て参加してくれたみんなのおかげ様。
稽古をすればするほど僕は共演者の人のことをどんどん好きになっていって、
できることなら、僕は、田代という役柄を「ひっぱっていくリーダー」的な存在じゃなくって、
みんなと「並走して、支えられている」うつけ者にしたかったなという思いがあったんです。
結果、少しづつ、同じ高さで接することができるような、田代航平が出来上がったんじゃないかなと思っています。
17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg
17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg17332AC4-8825-485A-B4F8-4239FA4FAEB4.jpeg

ほんで、何が問題かっていうと、
田代にはあるけれど、僕個人にはそんな大きな器がないっていう現実的な壁なんす。
毎度毎度思うことには、僕個人、白井宏幸としては、演じる役の人って、
いいところもダメなところもあるけれど、物語の中では結構自己犠牲をしたり、
勇気を持って決断したり、物語ですから、いろんな場面を乗り越えていくんです。
が、現実の白井には、そういう力が、あんまりない。
思った以上に、ない。

そうして、ここで、タイトルにかえってくるわけ。
創り物の力を借りて っていうのは、役作りのために考えた人物に、
なるべく現実の白井が近づければいいな、っていう話。
与える側の人間になれただろうか、
田代を演じたことで、白井は人間として、ちょっとでもましになれたんだろうか、っていう話。
それはまだ答えの出るものでもないかもしれませんが、
素敵な仲間が増えたように思います。
田代チームだけじゃなくって、相手さんの赤なみはなチームも、緑消防団チームも。

こういう、なにがしかの気持ちが、
見に来てくれていたお客様にも、なんかふわっとした状態でも、伝わっていたら嬉しいなと思います。

応援してくれたみなさま、
みにきてくれたみなさま、
きにかけてくれたみなさま、

本当にありがとうございました。
posted by ステージタイガー at 02:15 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」