ステージタイガーへ

'19年 0209

SSS級の御礼(タニーヤ)

コンニチハこんばんは
谷屋です。
タニーヤです。
20190209193440713.jpg
気づいたらもう1週間!!
時間の速さに驚くばかり!

遅ればせながら「スロウステップスマイル」沢山の御来場、御声援ありがとうございましたぁ!

今年も、SHASENの卒業生と、新しい仲間達と最高の舞台作れて幸せでしたー。
毎年といっても4年目。
1つ1つが、オリジナルで、ワンアンドオンリーで、それぞれの人生で1回こっきりのステージ…
普段の舞台だってそうなんだけどね。

これからも連綿と繋げていきたいなぁと思います。
次は一年生…頼むやで!

と。

翌日に、ね、来週あるSHASENの校内展の為の演劇!
在校生たる一年生が手がける芝居のお稽古に参加させていただきました、の。
20190209193510964.jpg
前日の熱冷めやらぬ感じで、熱意たっぷり!
「スロウステップスマイル」とは全くちゃうコメディちっくなお芝居ですけど、あれやこれや試しては壊しして短い時間でしたが過ごさせてもらいました。
さてさて、どんな作品に仕上がっているやら!
タイトルは「告白アナフィラキシー」
20190209193854442.jpg
…どんなタイトルやねん(笑)
ご期待ください♪
僕も楽しみにしとります!


20190209193916553.jpg
この校内展!
「スロウステップスマイル」の舞台映像も、世界最速上映!
もう一度、日向に、笑美に会える!

きっと出演者も観に行ってることでしょう、一緒にあの世界に浸りましょう!

20190209193936373.jpg

詳しくはこちら!

http://www.shasen.ac.jp/navi/information/3458


ステージタイガーは本日より、3月の「I COTACT」の稽古開始!
20190209193822424.jpg
3/16は松原市で僕と握手!
よろしくお願いしますー。

ほなまた!

posted by ステージタイガー at 19:44 | Comment(0) | 谷屋「のんだくれにっき」

久々のレッスンにワクワク(小林聖也)

皆様、お疲れ様です!どうもセイヤです!

先週の今頃はスロウステップスマイルでしたね!

もう一週間経ちましたね。早い...


ちなみにたいだいアメブロで毎日ブログ更新してますので、気が向いたらチェックしてくれると嬉しいです!


今日は久しぶりにダンスレッスンに行きました!
ダンスに集中して体を動かすと、普段使わない筋肉使うので、疲労感がすごいですね。


特に最近は頭ではこうしたいっていうのがあるのに、体が追いつかないって思う事があります。もっと基礎力上げねばなって思います。
あとはもっとカッコよく形を決めたいなとか、試行錯誤しながら最近やってますね。


昔と比べたら、いろいろ考えれる事が増えてきていて、自然にいろんな事を考えれるようになってきてるなぁ。
ただ、基礎力とかまだ染みついてない所があって、思うようにいかない事は多いですけど、
何も考えないでも体がリズムに乗るようになったり、動くようになってきてますね。


何か最近行けてないんですけど、ちゃんと週一でもいいからレッスン行きたいって今日思いましたね。
「この向上心を待っていた!」(心の中の俺)

行けないなら、ダンスの動画みたりで、自分から学んでいけばきっと上達の道には乗れるよな。



よっし!決めた!レッスン行けない分、個人的にダンスの課題作って不器用なりにやっていこう。
楽しんで長く続けることが重要かな。
よっしワクワクしてきたぞ!


そして、明日からいよいよ「I CONTACT」の稽古が始まります!
なんかすごいプレッシャーみたいなのも感じてるけど、頑張っていきます!

ではまた!チャオ〜!


俺_190209_0094.jpg
posted by ステージタイガー at 02:03 | Comment(0) | 小林「セイヤの人生ってなんやねん?」

我が青春はゆっくり歩いてすこしだけ笑う

こんばんは、バッキーです‼︎


スロウステップスマイル、無事終演いたしました。


今回の作品は、主役の二人が、まるで高校時代の自分を見ているようで、通し稽古をするたび、胸が締め付けられる思いでした。


僕は学生時代、学校ではいじめられて、友達はいなく、家に帰っても親に殴られる日々でした。


しかも、親父からの暴力には一切触れないくせに、学校でのイジメに関しては異常に反応する母に心配かけないように、家ではずっと作り笑いをして元気に振舞っていました。


でも、不思議と僕は学校が好きだったし、青春時代も、あれはあれでいい思い出だと思ってて、、、


そう思えるのは、自分が、クラスメイトより、考えが大人で、メンタルが、強いから、だと思ってた。


でも、そうじゃなかった。


学校の先生、塾の先生、近所の人、、、周りにいた大人たちが、優しくしてくれたから、だから僕は学校が大好きだったし、毎日小さな幸せを見出せて生きて来れた。


そんなことを、作品を通して学んだ。


稽古中も、本番中も、二人の物語に心抉られて、辛かったけど、大好きな作品だった。


うん、生きるって素晴らしいなぁ。


本当に、この作品に関われて、感謝の思いで一杯です。


ずっと大人になることを恐れていたけれど、早く大人になりたいと思った。


最後に、関わった、全てのスタッフの皆様、キャストの皆様、そして、お客様の皆様。


ありがとうございました。


愛してます。


E1FDF6CF-4C45-410A-B6A5-74E85D8D333D.jpeg
posted by ステージタイガー at 01:10 | Comment(0) | 椿「バッキーの車窓から」