ステージタイガーへ

'19年 0222

プロフェッショナル仕事の流儀(虎本)

お久しぶりです。虎本です。
昨日(2/21)にとあるレスラーが引退試合を行いました。




img_95ad800edbd4ec43bc0e8ed4dc3bb4d3314805.jpg


新日本プロレス、飯塚高史選手です。
1986年デビューの52歳。

スキンヘッドに長いヒゲ。
一言も喋らず、うめき声を上げて暴れ回るスタイル。
得意技は噛み付き攻撃(反則)と鉄の爪を装着しての地獄突き『アイアンフィンガーフロムヘル』(もちろん反則)
客席を暴れながら入場し、「怨念坊主」「狂乱坊主」などと呼ばれる選手です。

その選手が引退試合を迎えました。


僕のような往年のファンは期待していました。

最後に一度だけ
『昔の飯塚』に戻って欲しいと。


元々飯塚選手は、正当派レスラー。
真面目で、やや地味な印象がありました。
グラウンド(寝技)が強く、ロシアでサンボを学び、
道場で若手の指導にも当たる、良心的な選手でした。


iizukanjpw.jpg


見た目も、精悍。
今の時代ならばプ女子の黄色い声援を浴びていた事でしょう。

img_0.jpg

もっと昔にはJ•J•JACKS というタッグチームでアイドル的な売り出し方もされ、武藤•蝶野•橋本の闘魂三銃士の次代の選手として期待されていました。
(当時のリングネームは飯塚孝之)


現在はその面影は全く無く、当時の技も完全封印。
そのまま引退してしまうのか…最後に、マイクで挨拶はあるのか…果たして…

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6314756

yahooニュースにもなりました。


元タッグパートナーの天山選手の訴えが功を奏し
飯塚選手は、試合中、少しだけ昔の技を解禁。
『飯塚が元に戻った!』と客席が総立ちになるものの、結局はアイアンフィンガーを装着して攻撃。
うなり声をあげて観客席を練り歩きながら退場。
そのままゴングが10回叩かれ(これがプロレスの引退の様式なのです)、一言もコメントを出さぬまま引退されました。

観客席からは飯塚への愛と、再登場を願っての大「飯塚コール」。
照明が付いても、誰も立ち上がらず、帰ろうとしません。
観客は期待しています。飯塚選手が着替えて、昔の姿に戻ってマイクを握ってくれる事を。


飯塚コールが続く中、5分経ち…10分経ち…。


結局、飯塚選手は出てきませんでした。
少しずつそれに気付いた観客が一人立ち去り、2人立ち去り…。
フェードアウトしていく飯塚コール。

飯塚選手は、ファンにサービすることなく、懐古することもなく、今の飯塚選手のまま去りました。
飯塚選手の美学を観ました。



エンターテイメント化した昨今のプロレスでは、『ヒールレスラー』という言葉が出ます。
いうなれば『悪役レスラー』。
しかし『悪役』とは何か…。『役』というからには、レスラーは演じているのか?
プロレスは演技なのか。
「いや、違う。虚も実もない。そこに見えているものが真実なんだ」というメッセージを僕は感じました。
昭和から続く、ストロングスタイルを継承する新日本プロレスの魂を観ました。


後楽園ホールの大飯塚コールは、きっと控え室に戻った飯塚選手にも聞こえていたはず。
僕は想像する。それを聞いて涙する姿を。

お疲れさまでした。
僕は橋本小川抗争時代に、村上をスリーパーで締め落としたあなたの姿に興奮しました。
決め台詞もないあなたの去り際にプロフェッショナルを観ました。

虎本剛

posted by ステージタイガー at 06:38 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'19年 0216

スキャンダル(梅田)

どうも!明後日から渡マニラしてきます。ワクワクドキドキ梅田です。
さて、先日大女優とのスキャンダルを地上波で流された梅田ですが

次なるスキャンダルはこちら!

21日OAの第7話にちょろっと出ますよ!
探さなくても、わかるはず!多分!

ここで裏話。
メイク中に竹内結子さんが来られて
「よろしくお願いします。竹内です」ってすごく丁寧に挨拶して下さって咄嗟に
「知ってます!」って言いかけて
メイクの机にぶつかって我に返った梅田です。

うちらの世代はもろに竹内結子さん世代なんで
一瞬ミーハー心が出そうになりましたね。

さてさて
次はマニラ後かな。摩訶不思議アドベンチャーが起きるといいなぁ。
posted by ステージタイガー at 22:36 | Comment(0) | 梅田「気になる気」

'19年 0214

Prime(梅田)

どうも!ボソッと「寒っ!」って!言ったつもりが聞こえてたみたいですれ違う人から「寒いですね」って言われた梅田です。
いや、ほん寒!!

さてさて。SSSが終わりタイガーはICへと舵を切りました。
一方その頃梅田は某ドラマの撮影にチョロっとお邪魔してきましたよ。

これはまた後日。


そしてドラマといえば
昨年TVOでOAされたGBこと

グッドバイが

APにてHS開始されましたー!!!
8A732EA7-23C4-49E3-A7AC-25C601652368.png

知らずにみて、冒頭で梅田が出てきて驚いてラインしてくる人多数。

大丈夫。それ、梅田ですよ。

さらに見続けてもらうとまだ出ますから!

寒い日は

AT ホームでグッドバイ!!
posted by ステージタイガー at 10:07 | Comment(0) | 梅田「気になる気」

'19年 0209

SSS級の御礼(タニーヤ)

コンニチハこんばんは
谷屋です。
タニーヤです。
20190209193440713.jpg
気づいたらもう1週間!!
時間の速さに驚くばかり!

遅ればせながら「スロウステップスマイル」沢山の御来場、御声援ありがとうございましたぁ!

今年も、SHASENの卒業生と、新しい仲間達と最高の舞台作れて幸せでしたー。
毎年といっても4年目。
1つ1つが、オリジナルで、ワンアンドオンリーで、それぞれの人生で1回こっきりのステージ…
普段の舞台だってそうなんだけどね。

これからも連綿と繋げていきたいなぁと思います。
次は一年生…頼むやで!

と。

翌日に、ね、来週あるSHASENの校内展の為の演劇!
在校生たる一年生が手がける芝居のお稽古に参加させていただきました、の。
20190209193510964.jpg
前日の熱冷めやらぬ感じで、熱意たっぷり!
「スロウステップスマイル」とは全くちゃうコメディちっくなお芝居ですけど、あれやこれや試しては壊しして短い時間でしたが過ごさせてもらいました。
さてさて、どんな作品に仕上がっているやら!
タイトルは「告白アナフィラキシー」
20190209193854442.jpg
…どんなタイトルやねん(笑)
ご期待ください♪
僕も楽しみにしとります!


20190209193916553.jpg
この校内展!
「スロウステップスマイル」の舞台映像も、世界最速上映!
もう一度、日向に、笑美に会える!

きっと出演者も観に行ってることでしょう、一緒にあの世界に浸りましょう!

20190209193936373.jpg

詳しくはこちら!

http://www.shasen.ac.jp/navi/information/3458


ステージタイガーは本日より、3月の「I COTACT」の稽古開始!
20190209193822424.jpg
3/16は松原市で僕と握手!
よろしくお願いしますー。

ほなまた!

posted by ステージタイガー at 19:44 | Comment(0) | 谷屋「のんだくれにっき」

久々のレッスンにワクワク(小林聖也)

皆様、お疲れ様です!どうもセイヤです!

先週の今頃はスロウステップスマイルでしたね!

もう一週間経ちましたね。早い...


ちなみにたいだいアメブロで毎日ブログ更新してますので、気が向いたらチェックしてくれると嬉しいです!


今日は久しぶりにダンスレッスンに行きました!
ダンスに集中して体を動かすと、普段使わない筋肉使うので、疲労感がすごいですね。


特に最近は頭ではこうしたいっていうのがあるのに、体が追いつかないって思う事があります。もっと基礎力上げねばなって思います。
あとはもっとカッコよく形を決めたいなとか、試行錯誤しながら最近やってますね。


昔と比べたら、いろいろ考えれる事が増えてきていて、自然にいろんな事を考えれるようになってきてるなぁ。
ただ、基礎力とかまだ染みついてない所があって、思うようにいかない事は多いですけど、
何も考えないでも体がリズムに乗るようになったり、動くようになってきてますね。


何か最近行けてないんですけど、ちゃんと週一でもいいからレッスン行きたいって今日思いましたね。
「この向上心を待っていた!」(心の中の俺)

行けないなら、ダンスの動画みたりで、自分から学んでいけばきっと上達の道には乗れるよな。



よっし!決めた!レッスン行けない分、個人的にダンスの課題作って不器用なりにやっていこう。
楽しんで長く続けることが重要かな。
よっしワクワクしてきたぞ!


そして、明日からいよいよ「I CONTACT」の稽古が始まります!
なんかすごいプレッシャーみたいなのも感じてるけど、頑張っていきます!

ではまた!チャオ〜!


俺_190209_0094.jpg
posted by ステージタイガー at 02:03 | Comment(0) | 小林「セイヤの人生ってなんやねん?」

我が青春はゆっくり歩いてすこしだけ笑う

こんばんは、バッキーです‼︎


スロウステップスマイル、無事終演いたしました。


今回の作品は、主役の二人が、まるで高校時代の自分を見ているようで、通し稽古をするたび、胸が締め付けられる思いでした。


僕は学生時代、学校ではいじめられて、友達はいなく、家に帰っても親に殴られる日々でした。


しかも、親父からの暴力には一切触れないくせに、学校でのイジメに関しては異常に反応する母に心配かけないように、家ではずっと作り笑いをして元気に振舞っていました。


でも、不思議と僕は学校が好きだったし、青春時代も、あれはあれでいい思い出だと思ってて、、、


そう思えるのは、自分が、クラスメイトより、考えが大人で、メンタルが、強いから、だと思ってた。


でも、そうじゃなかった。


学校の先生、塾の先生、近所の人、、、周りにいた大人たちが、優しくしてくれたから、だから僕は学校が大好きだったし、毎日小さな幸せを見出せて生きて来れた。


そんなことを、作品を通して学んだ。


稽古中も、本番中も、二人の物語に心抉られて、辛かったけど、大好きな作品だった。


うん、生きるって素晴らしいなぁ。


本当に、この作品に関われて、感謝の思いで一杯です。


ずっと大人になることを恐れていたけれど、早く大人になりたいと思った。


最後に、関わった、全てのスタッフの皆様、キャストの皆様、そして、お客様の皆様。


ありがとうございました。


愛してます。


E1FDF6CF-4C45-410A-B6A5-74E85D8D333D.jpeg
posted by ステージタイガー at 01:10 | Comment(0) | 椿「バッキーの車窓から」

'19年 0208

さよなら、そして、また会えたね。(アスカ)

「スロウステップスマイル」、終演して数日。
ありがとうございました。
劇場まで足を運んでくださった皆様、「行けねぇ…行けねぇよ…」とほぞを噛みつつ応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

卒業公演とはいいつつも、実は毎回そんなお祭り感は微塵もなく、みんな厳しくいつものように作品作りを真剣に行っています。
もう四年…?ありがたいです。

お礼をすべての関わってくださった方々に申し上げたいのですが、ポンコツゆえ誰かを書き漏らすという粗相をしたら、その人をどれだけ傷つけるだろうかと思ってしまいますので(わたしはわりとへこみます)、あえて例のごとく、具体的なお名前や職分を明記せずに、のお礼とさせてください。

ありがとうございました!!!

AA935A02-591C-4B0D-B5A4-499270B197ED.jpg

役作りに関しても、今回はちょっとヒミツの設定をたくさん作りました。
いつもかなり細かく作り込んでは壊し、稽古のたびに壊してからアップグレードし、ある程度期間が進んでから本式のやつを作り…ってするんですが。壊して捨てた中に、意外といい隠し味として効いてくるものがあったりします。螺旋状に上がっていくイメージ。
そんな廃棄されたガラクタの中から抽出されて残った、トリガーとなるアンカーに、かなりぶっ飛んだものを埋め込んであります。
でも作品は見た人の心の中で完成するものですから、今回のやつはあえて、ヒミツにしておきたいと思います。
どうしても気になる人はこっそりと、直接聞いてください。覚えているうちでしたら、お話させていただきたいと思います。



さてこの作品はHSP、エンパスと呼ばれる人たちが出てきました。
次に関わる「I CONTACT」は、自殺を考えてしまう人と、それを止めようとするゲートキーパーと呼ばれる人たちが出てきます。

どれもとても大変な思いをして生きている人たちです。ひとごとではありません。
わたしも、我々も、そのような思いに寄り添える者でありたいと心から願っています。
その人たちに、幸せと安息が訪れますように。と、祈らずにはいられません。

作品を通してかかわること、楽しんでいただける作品の中にそれがあることで、なにかの一助になれましたら幸いです。

松原市は遠そうに思うかもしれませんが、「I CONTACT」、見てよかったなと思っていただけると思います。

明日から稽古が始まります。
どうぞお楽しみに。


最後に恒例の家族写真!
F0402215-7AA4-4293-86C2-2051E8F5EF0B.jpg
posted by ステージタイガー at 12:23 | Comment(0) | 小野「薔薇と刀」

'19年 0207

スロウステップスマイル終演のご挨拶(虎本)

虎本です。
ご挨拶が遅くなりましたが、スロウステップスマイル、無事に最後まで皆で走りきる事ができました。
この公演に関わって頂いた全ての皆様、ありがとうございました。


MKO_3250.JPG


テーマなんてモノは一旦置いておいて。
日向や笑実が幸せになればいいのになぁと思いながら本番の舞台を見ていました。


MKO_3330.JPG


それは
僕が生み出した物語や登場人物を、皆が大切に育ててくれたからに他なりません。


YNE_7546.JPG


主人公達と同じように
皆で走ったこの数ヶ月は僕にとってかけがえのない時間となりました。


YNE_7556.JPG


だから、皆。本当にありがとう。



---------
さて、ここまで読んで頂いた方に「もしあの後、数行だけ物語が続くなら…」という仮定で頭の中で考えてみました。
---------   
   空港。笑実のもとへ駆け寄る日向。

笑実「ただいま。」
日向「おかえり。」
笑実「日向君、ワタシー」   

   と、笑実のお腹が壮絶に鳴る。

日向「鳴る? このタイミングで?」
笑実「しょうがないでしょ! 時差があるのよ!」

------
みたいな感じで、
日向は書いた台本の話を切り出すタイミングを失い、
そのまま2人は朝日ヶ丘に向かい、
一緒に映画館で映画を見るのだけどー

「寝るかな?あのタイミングで!」
「しょうがないでしょ!?字幕読むの疲れるのよ!」
なんて言いながら喧嘩して
再開発中の朝日ヶ丘公園に立ち寄り、
やっと日向は台本の話をする。
いい雰囲気になりかけた所を師匠や菊川や城之内達に潰されー
日が落ちる頃、2人は榊と亜希の家に行ってお祝いをする。

でも、鍋に入れる油揚げが足りない事に気付いて2人で買い物に行く。
夜道、ふと足を止めた日向。
2人が見上げると、空に星が出ていた。
「卒業したら、映画を勉強する学校に行くんだ」
そう呟いた日向の買い物袋を下げる手に、
笑実がそっと手を重ねてー


-------


YNE_7558.JPG




そんな幸せな時間を想像しながら、次の作品に向かいたいと思います。

また次の舞台で。

虎本剛


posted by ステージタイガー at 06:55 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'19年 0206

スロウステップスマイル考察(白井)

みなさま。
遅ればせながら、SHASEN × ステージタイガー 「スロウステップスマイル」何とか終了いたしました。
ご来場いただいた皆様。本当にありがとうございました。

共演してくれたみなさま。
本当にありがとうございました。怪我なく終われて良かったです。

スタッフの皆様。
たいへんでありましたが、信じておりました。おかげさまで、不安を抱えることなく舞台に立つことができました。
本当にありがとうございました。

日本写真映像専門学校の卒業生のみんな。
しんどかったねぇ、でも、たのしかったよ。
お客様にも楽しんでもらえたと思います。よかったじゃないの。よかったと思います。

4ABB4FBF-1D5C-4806-9972-B878D254DFBF.jpeg
自分では10枚ほどしか写真を撮らなかったんで、ツーショットと呼べるものはほとんどなく。
思い出作ること、なかったなって思います。楽屋に入るととんとコミュニケーションが減る。


ちょっと、裏話というか。なんというか。
この、卒業公演は4回目。
僕はステージタイガーの人間なので、僕の立場からしてみてしまうと、お客様は、卒業公演と演劇作品は別モノとして捉えているんじゃないかなって勝手に思っていました。
大目に見てくれることはない、というか。
多分、以前のブログにも書いている気がするけれど、
「卒業生の名前を呼ぶ」ということが、許されるかどうか、っていうのが作品の内容のうちに含まれるというか。
その時の拍手の、暖かさが良かったなって思っています。


あした 死んだ僕が
きのうの きみの髪をなでる風になるだろう
君の髪の揺れるのをみて 僕は風の形を知るのだ


稽古中にずっとくだらない詩を詠んでいたので。
もう大半は忘れちゃいましたが、たくさんの詩が生まれました。
玉石混合、というか、いろんな石があるなという程度。

79BC068D-2FB9-48E1-A25B-258442144D5D.jpeg

さて、お芝居の話。
イニシエーションのお話でしたね。
主人公二人を見守る、大人たち。その大人たちの半分ほどが、当人こそがイニシエーションを済ませていない。
そういう条件下で進むお話であったのではないかと思っています。

導く方法も資格もない人間が、その立場になってしまっている。という状況。
僕個人では、メイクさんの小路がけっこうなキーパーソンだなと思っていました。
彼女はイニシエーションの線引きの向こう側にいる人間。アミさんや殿村さん、美和子さんや時和さんも。
だって、ヒロインにメイクを施そうとするんですもん。そして、ヒロインは、それを断るんです。
この設定だけで、ゾクゾクとします。しません??します。僕は。
いつか笑実が、小路にメイクをしてもらう、という未来があればいいなと。

導く資格を持たないメンバーが、谷屋さん演じる榊だったり、小野さん演じる加保、竹林の笹村、僕の師匠。
全員が「いっぱし」未満。仕方なく「大人」にされちゃった人たち。
育てる、導く、っていう立場にいてしまった人たち。
導くことの方法を知らないままに、その大役を負ってしまった人たち。
頼れる経験もないままに、一言一言が若い人生を左右してしまう恐怖。
そしてそれぞれが、勇気でもって差し伸べた手を つかむことなく子供は勝手に踏み出してゆく。
そんな物語だと思っていました。僕はね。


彼らには強いけれど、大人には弱い。


というのが、師匠を演じる時の理念でした。
とくにアミさん相手には。
自分自身が、取り返しのつかない人生を送ってきた人間なので師匠は。
お別れもできないまま会えなくなる悲しさっていうのをほっておけなかった。
というところまでは想定してみていたんです。


たべさせてあげた香りが思い出をよぶ
きみの指さきがこれからまとうであろう蜜柑のかおりは
わたしとはむすびつかないのに


詩を詠むという恥ずかしさってとんでもなくって。
さらけ出す感じというか、触れられたくないところだと思って。
ただ、その部分の弱さというか、臆病さ、からくる恐怖、を乗り越えようとする勇気。
そういう部分はお芝居を作る上で、今回は重要なキーとなる感情でした。
大人は、どうしたって、踏み出すこと自体が怖いんだもの。
毎回の稽古でいつもと違う演技をやってみる。
そういう踏み出し方を、重ねてきました。こつこつと。


届けば、幸い。


ご来場本当に、ありがとうございました。
白井宏幸

























posted by ステージタイガー at 03:56 | Comment(0) | 白井「ギムテキブログ」

'19年 0205

元気!勇気!しゃかりき!

「スロウステップスマイル」

無事公演終了いたしました!

お越し下さった皆様

応援くださった皆様

関係者の皆様ありがとうございます。

差し入れもたくさんありがとうございます。


2306CB50-ABAB-4783-AFF8-97876BEA5A64.jpg


今回の卒業生達は、1年生の時に「METRO」という作品で関わらせていただいていて、

一緒にしたメンバーが成長して、卒業していく。

嬉しくも、寂しいような。

たくましく、この業界に羽を広げ飛び立っていく。

そんな彼らを私も我が子のように見ていて、

教えてらっしゃる先生方はもっともっと、そんな気持ちになっているのだろうなと。




卒業生が、バラしに手伝いに来てくれたりで、久々に会えたりして嬉しかったり。

次また会える時には、もっと私も素敵な役者として会えるよう努力しようと思いました。


0D2F7B02-037B-4CDB-883E-2312C68467C2.jpg


スーパー朝日の店長「菊川」

朝日ヶ丘の町の中で、バイトとして働いてくれてる方々を家族のように思っていて、パートの主婦の方々。夕方から来てくれる、高校生のメンバー。そんな中の嵯峨野君。


58399458-7D9D-4A35-84DD-AE1FA965FC60.jpg


嵯峨野君は、あまり喋らない子でしたが

普段遅刻、欠席もしない真面目な子で、

ある日を境に遅刻、欠席が増え。彼が少しずつ変わっていっていて。

でも、やりたいことが見つかったのかなと。それを応援しようと暑苦しく接していました。そんなある日

嵯峨野君が「キセキの力」の撮影に呼んでくれた時には、嬉しくも、テレビということもあり緊張。彼の力になるべく奮闘させていただきました。テレビに出れたことにより、調子に乗っちゃう一面も。笑


EB97E8EE-E706-4561-B4CD-AA4E3833745E.jpg


騒動が終わっても、あいもかわらず、

スーパーから朝日ヶ丘を元気に!元気!

誰にでも話しかける、勇気!勇気!

商売繁盛を、がむしゃらに!しゃかりき!

をモットーに頑張っている姿が目に浮かびます✨


47B79464-FD8B-4730-A7F0-BFE81BC61156.jpg


次回作

「I CONTACT」の予約も開始しています!

そちらに向けて、シフトして頑張って行きます!

是非とも、松原で!おまちしています!!


4E2FC2BE-2661-4808-B5E7-B4C258D93839.jpg
posted by ステージタイガー at 22:53 | Comment(0) | 鍋海「笑顔で元気に宴」

スロウステップスマイルご来場ありがとうございます

終わりました‼️
ご来場ありがとうございます‼️
あきさん事、美和子さんと少しですが、絡めて楽しかったです!
そんな、絡みシーンのコップ。
あれ、普通だったんですよ。少しずつ顔が出来てきたんです。
気にはなりつつも。。。😅
放置。
こんな感じで見えてたみたいですね‼️
YNE_7069.JPG.jpg
斬新なペアカップ(笑)
結構、コーヒー飲むぜ小路さん!
YNE_7071.JPG.jpg
自分とは正反対な小路さん。
実力、センス、努力、コミュニケーション能力が必要でテレビのメイクアップアーティストはその中でも、実力がなければ生きていけない世界。そんな中で若い子つけれる実力派な小路さん!サバサバしてて、大御所にも物怖じしない、面倒見が良くて、コミュ力高くて、努力でのしあがる性格な小路さん。
本当に正反対だなとつくづく思う。
南、生きていけない😥
正反対な役柄だったからか、松枝さんにいつもと違うと打ち上げで言われました。
今はいつものなんだけど。って。
きっと、自分とは正反対だと思いながら約作りしたからなのかな?
自分の中に似たところは、今回は全くありませんでした‼️
ときぽが、髪の毛整えていたり、なおちゃんがマスカラ2分でやろうとしてて、小路さんなら瞬時に出来るだろうけど、みなみは出来ないなんて事言ってましたね(笑)
バイバイ小路さん。

皆さんご来場ありがとうございました🎵
posted by ステージタイガー at 22:52 | Comment(0) | 南「なんちゃん虹色☆色えんぴつ」

SSSありがとうございました! ザキ有馬!


YNE_7742 (1).JPG
スロウステップスマイル 〜笑わない少年と家出少女〜
怪我や事故などもなく、無事終演。
ご来場いただいた皆様、応援いただいた皆様、ありがとうございました。

アップダディダウンから続いてるSHASENとのコラボ公演ですが、いち劇団員としては毎年とてもとても嬉しいこと尽くめの企画です。
IMG_4392.JPG

それぞれチーフを張る卒業生。
彼らを叱咤し支える先生達。先輩を見守る後輩陣。
そして小屋入り期間に現れて仕込みバラしを手伝ってくれるOBの皆々。

キャスト陣も毎度、本公演とは違ったメンバーと出会うことが出来て、毎稽古が楽しさと刺激に満ちてました。

毎度毎度思うとることですが。
卒業だからといってそれが寂しい、なんてことは無いのですよ。
もちろんきっと、それぞれ皆様違う就職先でそれぞれの道を歩む訳ですが。
卒業後に歩む道で、また交わるかもしれないのだから。
スロウでも、ファストでも、方向転換したとしても、いずれの方向にしても。
それぞれのペースで自分の進路を突き進んでいかれることを願っています。

そんで僕もイチ役者、あるいは作演出家として、どこかでお会いできますように。

IMG_4453.JPG



以下、役者としての遊びの話。
山西孝志。ニッシー。劇中での人気番組「奇跡のチカラ」ディレクター。

最初の演出オーダーは「チャラく」だったんですが。
役名からして、ただ何も考えてない能天気パリピでは無いだろうと思いました。
彼もまた先輩である榊の映画に惹かれるものがあって、いつかもう一度榊と映画が作りたくて、
その結果手段を選ばず頭を下げ媚び売って、今の地位を勝ち取りました。


だからいろんな人間に嫌われてるのは重々承知してたし。
いろいろ感覚マヒってたけど、しゃーないでしょ、って思ってたし。
不思議なチカラを持った子どもを自分の番組に起用することに危うさが孕んでいたことは気付けなかったし。
観客の目を前に座り込んでしまった女子高生を見た時にようやく気付いて、マジで後悔したし。

ぶん殴ってくれた先輩には感謝こそすれ、そんなには恨んでなんかないっすよ。そんなには。

あと週刊誌に不倫をチクったのは山西です。僕の中では。
自分らのプライドの為に女子高生泣かした奴らへのささやかな復讐として。
自分への戒めもこめて番組打ち切りにしてやって。

デカい仕事は減ったけど、1本3分の奴から、仕切り直していこうかね。
そんな感じで。



楽屋での謎集合写真にもお付き合いありがとうございました!
初日直前、身内に不幸があったような表情を浮かべるみんなと一緒に、満面の笑みを浮かべるザキ有馬。

千秋楽前サイコーの笑顔のみんなと一緒に、今更写真を撮られ慣れてない表情とピースをするザキ有馬。


次はタイガーアイコン! 松原のI CONTACT。
そして5月の劇団有馬九丁目の準備も、すすめて行く!
それでは!
posted by ステージタイガー at 22:03 | Comment(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」

スロウステップスマイルありがとうございました!(小林聖也)

皆様、お疲れ様です!セイヤです!

スロウステップスマイル無事全ステージ終演しました!

ご来場くださった皆様誠にありがとうございました!
応援してくださった皆様誠にありがとうございました!


MKO_2984.JPG


今回の公演もまたいろんな事を感じた公演でした!
いろんな方と関わらせていただいて、自分の足りない部分がたくさんあるなっていっぱい思ったりしました。

稽古期間で稽古を重ねる中で、失敗したなとかもっとこうすれば良かったなとか、限られた稽古の中で、どれだけ表現できるかというのがどれだけ大切かというのをずっと考えたりしてました

どれだけアピールするかとか、印象に残したいなとかそういうのをずっと考えてましたね。
空回りもたくさんしたけど、その中で学んだこともありました。

すぐに出来ないっていうのがもどかしく感じたりもしていて、難しいなって思ってたりもするんですが、単純にやるしかないなって意気込みです。


今回「片岡亘」という主人公のクラスメイトの学級委員長をやらせていただいて、すごい自分ってどんな存在なのかなって考えました。
自分って言うのは私「小林聖也」の事と役の「片岡亘」の両方です。
それまでの公演の稽古とかでも言われていたことを意識したりして、役作りしてました!
女の子に弱い片岡。最後らへんはそこをすごく意識して、役の事を改めて考えたりもしましたね。
この「片岡亘」がこれからの自分の成長の糧になった事は間違いないって思いました。
この役を出来て良かったです。

MKO_2757.JPG
IMG_3569.JPG
IMG_3570.JPG


観劇してくださった方から声をかけていただけたりして、良かったよとかカッコよかったとか可愛かったとかそういう声をもらうと、ホントに嬉しくて、ホントに疲れも飛ぶくらい心が救われた感じがして、頑張ろうって思いました。


ホントにいろんな方に支えられて今の自分がいるんだなっとかこの公演が出来ているんだなって改めて思いました。
稽古中アドバイスや、フォローをくださったり!


そして何より忘れてはならないのは、この公演が日本写真映像専門学校の卒業制作という事。
稽古中そして公演期間、いやこの原案が書かれた時からかな。学生さんはこの公演を成功させるために必死で動いていました。
きっと上手くいかなかったりしたこともあったと思います。それでも諦めず戦った事でこの作品を完成させることが出来た!
彼らの頑張りを見て自分も負けるわけにはいかないって思ってさらに頑張る事が出来ました。一緒にこの作品を作れてよかったです!

改めて、ご卒業おめでとうございます!
すごく、これからの彼らのそれぞれの道を頑張ってほしい、突き進んでほしいって思います。
もし、何か躓いたりしてしまった時は今までの積み重ねてきた事やこの公演の事を思い出してほしいです。
「ひとりじゃない、みんないつまでも支えあう仲間」
これからも頑張ってください。応援してます!


ホントにこの『スロウステップスマイル』で関わらせていただいた、キャストの皆様、スタッフの皆様、そして観劇してくださった皆様、応援してくださった皆様、ありがとうございました!

小林聖也はこれからも頑張っていきます!
どうかこれからもよろしくお願いいたします!



MKO_2353.JPG
posted by ステージタイガー at 05:12 | Comment(0) | 小林「セイヤの人生ってなんやねん?」

'19年 0204

無事終演、御礼(竹林なつ帆)

日本写真映像専門学校×ステージタイガー
『スロウステップスマイル』
無事、終演致しました。
AFA510ED-16DC-476E-A419-10D41F1FB803.jpg

ご来場いただいた方、気をかけていただいた方、
ありがとうございました。
先生:笹村陽子役、竹林なつ帆です。
2F985988-999F-48F5-AA0D-C50E8374998B.jpg
キャストの皆様
スタッフの皆様
ありがとうございました。
そして何より卒業生の皆様、おめでとうございます。

日本写真映像専門学校の2年生の卒業制作である今回の公演、
関わらせて頂けたことに感謝いたします。
打上げ時、卒業生さんの一言を聞いていましたが、やはり、ダメですね。
言葉に詰まりながらも、自分の思ったことをひとつひとつ丁寧に大切に伝える彼らを見て、目頭が熱くなってしまいました。

今後とも、キャスト、スタッフの方々、そしてお客様とのご縁が末長く続きますことを祈っております。
よろしくお願い申し上げます


作品では、アート館の舞台を走り回り、飛んだり跳ねたりさせていただきました。

一生懸命であり、時に悩み葛藤し、時に空気を読むことが出来ない、場をある意味かき乱す『大人』役として
役割を果たせたのか否か・・・
(みなさんには「バームクーヘンの下り面白かったです」とご感想を沢山いただきました。
 クラ〇ハ〇エ等の売り上げに貢献したかもしれません)
どちらにしてもほんとに、これからも精進精進です。。!

演劇のセリフや場面が、日常生活でふとよみがえることってありませんか。
今回の作品が、あなたの生活のどこかで、ふと励みになったりすることを
願っております。

次回の出演は、3月16日『I CONTACT』!
土曜日15時の一回限りの公演、松原市文化会館で。
去年好評であったため、この度再演の運びとなりました。

実は私は去年は出演せずに当日の裏方に回っていたので、出演できる今回、とてもワクワクしております。
虎本さん曰く、『スロウステップスマイル』に、とある人物を介して関わっているのだとか!
どんな感じのアプローチなのか・・・ドキドキ。

皆さん、今後共ステージタイガー並びに竹林なつ帆をよろしくお願いいたします。


ツイッター→@n_n888engeki


竹林なつ帆
お客様が撮ってくださいました!嬉しい。

E485EDC4-CFA2-4654-84E3-0370D3AD6096.jpg
posted by ステージタイガー at 12:54 | Comment(0) | 竹林「およげ!夏の子日記」

微笑みのその先へ(アミ)

「スロウステップスマイル」終了しました!

ご来場くださった沢山のお客様、ありがとうございました。


SHASENの皆、お疲れ様。

沢山怒られたり、色々求められたりで

大変やったと思うけど良い経験になったことやと思います。

キャストの皆もそれぞれに魅力的でした!


小屋入りしたら終わりまであっという間ですね。

座組の解散は寂しいけれどまたどこかで。

チャレンジする若者はとても素敵。

だけど大人もやっぱり素敵。

皆に幸あれ。


というわけで、終電で帰路へ。

ああ、楽しかった。

小雨に濡れるのも心地良いぜ。

ありがとう、世界。

F9BFD64C-0C11-44D8-BC95-A3E7A9634260.jpeg9712DF7C-DBA8-4963-8565-085EECB40CAA.jpeg70D29E72-CFE0-438C-BD04-1AEB2AE0DC97.jpeg

駅からの帰り道、今日の日天のクラウド聴いて爆笑した。

人気のない夜道に自分の笑い声が響いてなんか幸せ。

笑うの大事。


アミジロウ

posted by ステージタイガー at 01:44 | Comment(0) | アミ「踊るラジオ」