ステージタイガーへ

'19年 0117

大人と子どもについて(虎本)

虎本です。
本日はスロウステップスマイルの初通し稽古でした。

稽古場写真 #1_190114_0331.jpg

この作品は、笑えなくなった…つまりは心を閉ざしてしまった少年が、傷つきながらも弱さと向き合い成長する話です。
お恥ずかしながら、主人公の日向君が思っている事は、僕が10代の時に感じていたそのままなのです。
僕にとって大人は忌むべき存在で、世界を否定する事しか出来ず、狭い視野の中で、自分は高潔な何かだと思っていた。
でも通しを観て、それが痛々しくならず、切なさが残るのは、他ならぬ演じる佐藤君の魅力のおかげだと思います。

稽古場写真 #1_190111_0124.jpg



実はあぁどっかで既視感があるな…と思っていたのですが、僕が20代前半に書いた「病的船団」によく似ています。
あれにもカッケルという、心を閉ざして思っている事を口に出さず、ずっと日記に書いている男の子が出てきます。
そして底抜けに明るい女の子に出会って傷ついて成長します。
でも一つ違う事は…
今回、そんな子どもな主人公を見守る大人達が周りに存在する事です。


稽古場写真 #1_190113_0253.jpg


若い時、僕は知らなかった。
僕が敵だと思っていたものが


稽古場写真 #1_190111_0120.jpg

実は僕を守ってくれる存在であった事を。

そして大人になってしまった僕はあらためて気付かされる。
黙ってばかりで、何も出来ていないように見える若者にも、強い意志と情熱が存在する事を。

この作品は、40歳になった僕だから描けるヒューマンドラマです。
若くもないし、ベテランというにはまだ成熟しきっていない僕にしか見えない、人生の中間物語です。

あと2週間、徹底的に磨き上げていきたいと思います。
ぜひ、観にきてやって下さい。

予約
http://ticket.corich.jp/apply/96224/002/
特設HP
http://st-tg.net/_sp/sss/

虎本剛


posted by ステージタイガー at 01:42 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。