ステージタイガーへ

'18年 1018

アフターバーン!!ディレクターズカット版(虎本)

多くの劇団員が記事をあげておりますが、あらためまして。
アフターバーン!!ご来場ありがとうございました。
非常に多くのお客様にご来場いただき、増席につぐ増席。
見えづらいお席の方もおられたかと思います。


僕たちの表現で何かをお返しできていれば幸いです。
いただいた感想は全て僕たちの血肉となり、次回作に活かされるかと思います。


さて…


本編約107分程ではあったのですが…


時間の都合上、泣く泣くカットされたシーンがあります。



執筆前の構想段階では存在し、書いていく中で「やめとこう」となった、そんな作家の脳にだけ生まれた幻のシーンを紹介しましょう。


@主将・島崎が、広報の若手・浮田に惚れていた

空まわりしながらも、万年最下位の日照産業陸上部を支えていた島崎にロマンスを予定していました。
といっても一方的に惚れているだけですが…。
「あの子、たぶん俺の事すきやわ」という勘違いをし、奔走する。
が、浮田は別の男性(構想上では同陸上部の岡本、もしくはSANADA技研の鳴海)と既に恋人関係にあり…失恋。奮起。

というラブコメ的展開を考えていました。

が、島崎に恋の話が入ると彼の頑張りに一貫性が無くなる。
岡本と浮田が付き合うと、寿が辛い
鳴海と浮田が付き合うと、なんだか鳴海がストイックな感じじゃなくなる

という判断でカットしました。
結果、寿と岡本の関係を非常に勘ぐる程度に留まりました。

A現役時代の磯森が鳴海と競うレースシーン
設定上は出てくるのですが、レジェンドキラーとして鳴海は磯森監督を実際に倒している描写があります。
その2人のレース回想シーンを考えていました。

鳴海の闘いは、最後の長野との1戦にとっておきたい
磯森は見守るポジションを愛している

という点からシーンとして入れるのを避けました。


B勝、園子、文也がテーブルを囲むシーン
長野の息子・勝が母とその再婚相手・文也と一緒に外食する…というシーンを中盤頃に考えていました。
文也がとても好青年で、園子を愛し、その息子勝も深い愛で包もうとしている…という男の覚悟を見せようと思っていました。

ついでにいうなら、その帰りに早見君と遭遇して…みたいな。

文也の登場を最後の最後までバラしたくなかった
早見君、可愛そうすぎるな

という点からカット

C早見君と勝の練習シーン
ロッキー4のように、2人の対比練習シーンを考えていました。
最新機器を駆使し、無駄のない追い込みをする早見君。
一方、園子のスパルタ教育により根性論で成長する勝君。

個人的には好きなのですが、
劇中にある長野達の練習シーンに一つにまとまりました。


ーーーーーーーーーーー


いやぁ、もし再演するなら上記のシーン、入れてみたいですねぇ。
そして、その後日談なんかも考えてみたりして。

あの後、ニューイヤー駅伝に出場した日照産業は再びSANADA技研と戦うことになります。
果たして鳴海はどうなっているのか?
長野はそのまま出場したのか?
寿と岡本の仲は進展したのか?
勝が海外に旅立つ日、何が起きたのか?

想像はつきませんが、その後に氷室が行なったインタビューから察するに、なんだかそれなりにいい方向に収まっているのでしょうね。
全然変わらない人間たちも含めて。

こうしたお話が出来るもの、出演者と皆さんがこの物語を愛してくればこそ。
僕が書いた文字に、命を吹き込んでくれてありがとう。

この作品が誰かの何かに繋がっていきますように。

虎本剛















posted by ステージタイガー at 13:25 | Comment(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

本物の男は目に焼きつく。後で気がつく。そしてニヤつく。(ザキ)

4F398E53-7E38-4A23-A841-A041059D9D83.jpeg
アフターバーン!! 終演。
共に走り抜けた皆様、ご来場いただいた皆様はもちろん。見に行けずとも応援してくださった方々ともに、ありがとうございました。
おかげさまで走りっぱなしの6ステージを無事最後まで駆け抜けることが出来ました。

7DF0230E-161C-4317-9A2C-FD51A865FDFB.jpg
伝説の古参ランナー、不器用な男、長野克己の話でした。
僕の役は、彼の古い考えややり方を否定する(ただし理屈ばかりで結果が出せない)陸上部副主将、岡本。
長野の生き方に思いっきりバチコーンかまされる役所でした。

DD2049CB-4CBC-4C5F-A9DC-572C7CF8E968.jpeg
口で語るより行動で示す。不器用で、最初は理解出来ないが、その凄まじさ暖かさに後で気が付く。
自分の役云々を抜きに、ただただアミさんと長野の姿にホレてました。
見た目より生き方がカッコいい男になりたいものです。

自分の背負ってるものを見つめ直して、襟を正してまた精進します。

今回は稽古期間中で50キロ走りました。
次は100キロ走ります。
ザキ有馬でした。
posted by ステージタイガー at 08:49 | Comment(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」

#タイガーバーン → #2018SDN ご来場ありがとうございました!!(白井)

26F2C3AE-31B4-4A43-BCC8-35D34505F352.jpeg

遅くなってしまいましたが、ステージタイガー「アフターバーン‼︎」無事に幕を降ろすことができまして、
そこからだいたい80時間くらいが経過しました。
見に来てくださった方はいかがでしたでしょうか?
何日後でも、何年後でも、何十年後でも、ツイッターがやっていれば「#タイガーバーン」をつけて
感想をつぶやいていただければ、お伺いに参ります。

今回はアミ芝居。
ずっと走ってるなぁ、って思って、稽古の途中から面白くなってしまって。快哉を。
真面目なシーンを見ている途中で、あげてしまいそうになる自分がおりました。
アミさんと、しっかりと絡んで芝居するの、久しぶりだなと思いながら、あぁ、あれは長崎県は門司港の「人魚姫」かと。
ほとんどの方がご存知ないだろうけれども、そういう思い出を思い出すほどには、あんまりアミさんと絡む機会って僕は無かったんです。
アート館の「アップダディダウン」あたりまで遡るんかもしれませんな。
気になった方は、観劇三昧さんのアプリから過去公演を見ていただいて、も少しずつでもステージタイガーを知って、
できれば好きになってくれたら嬉しいなって思います。はい。

DADD294A-5039-4C39-9BCA-22074088A627.jpeg

今回、アミさんを支えたのは僕と言って過言ではないでしょうが、
僕を支えてくれたのは山中さんと言って過言ではないでしょう。あと、時和ハルナさんと。
結構なタイミングで早着替えがある箇所がありましてね、お二人には舞台の、
お客さんから見えないところでお着替えの手伝いをしてもらってたんでヤンス。
衣装さんから何か言われたわけでもないでしょうに、気遣って助けてくれたので、本当にありがたいなぁと思うばかりでした。
しかしながらね、汗で服がひっついてなかなか脱ぎ着できなかったので、ギリギリでいつも生きていた感じでした。
そして、何にも無かったかのように舞台にあがるんです。
本当、ありがとうありがとう。

みんなにそれぞれなんかもう、気持ちを言葉にしていきたいところではあるんですが。
とりあえずそれは置いておきます。今更なので。
でも、ほんと、いい座組になったなと思いました。
勝手に、こうなったんじゃないです、これは。
関わってくれた人が、それぞれにしかるべき努力を積み重ねて100日近く頑張ってくれた結果のことなんです。
人は鏡で、だからこそ、関わってくれた人が、嬉しそうにしてくれているのは本当に嬉しかったんで。
いい奴らばっかりだったんだなって、そんなふうに思いました。

C94634B6-DE39-4378-8BB6-39AAEE8B16B1.jpeg

味方以上に愛した敵、チェサン。
これでもかというくらいに、稽古場で熱をあげてくれるので、こちらも負けてやるもんかと、
気持ちをいい感じであげることができました。
大人になると、なかなか、負けてやるもんか、って気持ちになることってないじゃないですか、
どうですか?みなさん。まぁ、何となく、済ませられることって増えてしまって、
譲れないものってのが減ってしまうなって思うことが僕もあって。
なので、一回り近くも年の離れた、いわば、若くて勢いのある俳優が相手になってくれたのは僕は嬉しかった。
簡単には負けてやらんぞと、どんどんモチベーションが上がってきました。
若い、って、ありがたい。

くみちょー、こと、仲田クミ。
I CONTACTから参加し、ステージタイガー本公演は今回が初の、新人。
劇団員になって半年くらいか。ようがんばってたなって印象。
や、それすらあんまりないかな、特に問題なくって、がんばりを外に見せることなくいい感じで楽しそうにやっとったな。
手のかからん人な印象があるんだなぁ、なんとなく。まぁ、これからもがんばってやっていきましょ。
打ち上げ会場で、なんかおっさんくさかったから写真に収めるの巻。

8B610930-7CE1-4E16-8492-09006F6D058B.jpeg

ここまで書いたら、誰がどうでこうで、ってなんか思うがままに書いてみたい気もするんだが、
その辺はもう言わぬが花ってことで。
みんな、本当に、愛してるでってことでおさめてくださいまし。

今回は、そんなみなさんのおかげさまもありまして、
合計6ステージほとんどが完売の状態で三日間の公演を終えることができました。
無事かどうかというとなかなか怪しいところではありますが(まだ、うまいこと声が出ません。ガラガラしてる)
それでもなんとかかんとか走り抜けることができました。

名前を挙げだすときりがない、関わってくれたスタッフの皆様。
共演者の皆様。
で、やっぱり、気にかけてくださって、足を運んでくださったお客様。
本当にありがとうございました。

演劇をリアルで見ると、汗やつばが飛んできたりして本当にご迷惑極まりないかもしれません。
舞台上からの圧力みたいなものがあって、体調や気持ちがすぐれない時にはしんどいかもしれません。
でも(作家がどう思ってるかは別として)僕は、今回の「アフターバーン‼︎」は「背中を押す」作品だと思っています。
ちょっと走り出したくなるような。元気を少しだけでも与えられるような。そんなお芝居になればいいなと思って、
足をくたくたにしたし、声を枯らしたりしました。
劇場に来ていただいたからには、やってる僕も、見に来てくれたあなたも、
ほんの少しずつでも幸せポイントをほんの1ポイントでもゲットできてたらいいなって思ってます、お互い。
そういう演劇を作っていけたらいいなと思っておりますんで。
その考え、えぇなぁ、って思ってくれたらまたお会いいたしましょう。どこかの劇場で。

7B8A99C7-4635-4898-9DBE-71661693F241.jpeg

アフタートークに来ていただいた面々、
同じくスペースドラマネクスト(SDNって略しています ツイッターでは #20018SDN)に絡んでいる劇団さんたち。
この演劇祭はまだまだ続いてきますんで、もしよければそちらにも足を運んでいただければなって思います。
ほなまた、稽古で忙しかった時期を一旦すぎましたんで(また次のがすぐ始まりそうだけれど)、
走ったりジム行ったりを再開して、爪を研いでおきます。
また、どこかで。

白井宏幸
posted by ステージタイガー at 03:46 | Comment(0) | hige「higeの虎使いになろう!」