ステージタイガーへ

'17年 0606

縁劇フェス、ありがとうございました(セイヤ)

縁劇フェスご来場いただき誠にありがとうございました。
そしてステージタイガー参加作品『ユカリ』をご観劇くださり誠にありがとうございます。
この縁劇フェスを通して、たくさんのことを学びました。
たくさんの団体そしてたくさんの表現。
まだまだ知らないことが多いと実感しました。

そして自分の足りていないことも新たに発見できました...

動画や写真で自分の姿を客観的に見ると気づくことがある。

ってもっとポジティブなこと書かないとですね。

そうですね。私はこの作品『ユカリ』で主人公ユカリのいとこにあたる塩田淳という役を演じさせてもらいました。
塩田家と朝比奈家には重い過去がありました。この物語に出てくるのユカリの家系の中で淳は唯一その当時の状況や事情を深く知らずに育っていました。
だからこそ、ユカリやその母サクラに対しては純粋に向き合える存在だったと思います。

父である亘やその妹響子とサクラとの会話を聞き、何もできない、言えない歯がゆさ。しかしそれでも彼は何か言いたかった。言わずにはいられなかった。それを言ってサクラがどう思うかは正直わからない。でも僕としての思い、答えを最後に伝えようと思った。

1496626352674.jpg

そんな感じで演じました。
合っているかはわからないけど、そこに悔いはありません。(おそらく...)

悔いとしては、もっといろんな表現ができればということとかかなぁ...

これからもっと成長し、しっかり伝えられる役者になりたいです。

皆様本当にありがとうございました。
これからも頑張っていきます!


posted by ステージタイガー at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小林「セイヤの人生ってなんやねん?」