ステージタイガーへ

'17年 0602

なすべきをなすべし(ザキ)

言いたいことが沢山あっても、湧いては捕らえきれずに通り過ぎていく。
書き散らしで失礼。ザキ有馬です。

タイガーでも外でも、自分より下の年齢の人たちといっしょに作る機会が多くなった。
偶然なのか、そういう時期になったのか。

もうじき30歳。
この間京都旅行に来ていた高校からの演劇仲間に「変わらない」と言われ(かく言うお前もあの頃から見た目そんなに変わってねーぞM崎)、幸い体力の衰えはまだまだ感じてない。
相変わらず演劇が出来る日々のなか、何とかよろしくやらせてもらってる。

だけど。
変わっていったものもあって、そういう巡りが来たんだろう。

今まで貰ってきたものを返せるんか。
態度で見せるのか。
稽古場で話すのか。
舞台で還すのか。

演劇の全てを知ってるわけじゃないし、まだまだ若輩者ですが、かくあれかし。
あるべきようにあれ。なすべきことをなせ。

一人でも多くの、演劇に関わる人や志す人がより良く生きやすいよう、そんな人たちに何かを届けられますよう。

チャンスはないものと思え、から、チャンスは最大限に行かせ、になる。


縁フェス、今週末。
また新しいつながりに期待しつつ。
目の前の作品に傾倒します。
ユカリ、よろしくお願いします。

2C13D3CB-27B4-4E9F-BF3D-73C01A78394D.jpg

あ、髪切る前だ。

posted by ステージタイガー at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」