ステージタイガーへ

'17年 0508

GW最終日(みなみ)

皆さん、いかがお過ごしでしたか?
南は、3、4日は中之島春の文化祭に出演&ホットドッグ売り子。
6、7日に壱劇屋のたけっちさんの殺陣WSに行くという、自分の為に使ってしまった劇団員、客演一杯してたのにごめんね!テヘペロ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

中之島は、終わってすぐに、ご挨拶blog書いたので、殺陣の事。

いや~^ ^木刀振り回すのって楽しいね!
殺陣やりたいね!
アクション興味あるね!
最近、火曜に基礎が入ったり、金欠だったり、予定があったりとジャックスの殺陣WSに行けてなかったので本当に久々の殺陣^ - ^お休みだった土曜日だけ行こうと思ってたのだけども、楽し過ぎたので日曜日にも詰め込んでみたよ!

ジャックスの殺陣は、少し独特な部分(基本的な部分は一緒なのだけど)があるけど、たけっちさんの殺陣は青山さん流に通じる物があり、タイガーの基礎稽古でも出来そう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶って事で、脳に蓄積したのをぱかっと開いてメモ📝メモ📝してみた。……けど、自分、このメモを見返した時に思い出せるのかという不安(冷や汗💦)

よし。もう少し、捻り出そう~♪
もしかすると、どこかのタイミングでタイガー基礎に殺陣が復活するかもね

ダイバーに出てくれた、RGAで出会ったいもりちゃんを間に挟んで、知り合いになった植松さんとにわめぐさんと、このWSを通じて、正式(?)なお友達になった~♪(*⁰▿⁰*)嬉しい😃
ゆきちゃん、なんちゃん😻
にわめぐ、なんちゃん😻
とあだ名で呼びあう仲に!!!←友達の定義低し。もうね、あだ名で呼びあったら、それ友達(笑)
そんな、ゆきちゃん主催のニコフロ!チラシと飴🍬貰ってウハウハ!いもりちゃんにじゅんきさんも出るので要チェケラー!

写真、拝借した!

C386A388-F9F4-48CF-8568-819EBF4B5BCC.jpg

殺陣後なので、若干の汗だく南💦
posted by ステージタイガー at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南「なんちゃん虹色☆色えんぴつ」

夢は夜ひらく(アミジロウ)

少し経ちましたが5/5はバー弓子でした。
おかげさまで前売完売、キャンセル待ち、立ち見が出る盛況ぶりでした。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
窮屈な席で3時間、すみませんでした。

決して見やすい会場ではないのでストレスを感じるところも
あったかと思います。これは本当に考えなきゃいかんところ。
アバンギルドも床を下げる計画もあるようなのでそこは期待したい。

というわけでバー弓子でした。
今回は今村達紀君というステキダンサーとのデュオでした。
他人の振付って自分じゃやらない事がいっぱいなのでとても
面白かったです。普段の自分の作る動きに比べるととても
シンプルでそれだけにアラが見えやすい。小手先じゃなく
ダンサーの身体に染みているもので説得力が変わる。
2人とも決してテクニカルなダンサーではないので、どう見えるのかなぁと
ちょっと不安もありつつの稽古でしたが、回を重ねる毎になんか
シックリしてくる。もちろん劇的に技術が向上するなんて事はないけど
2人の動きに対する理解が共有されてる感じ。共有が進むと2人による空気とか
世界みたいなモンが見えてきますね。これは新鮮な発見でした。
やっぱり稽古を重ねるの大事。
評判もとりあえずは良いことしか聞いておらず良かったです。
まぁ悪いところも聞きたいですけど。
IMG_1337.JPG
他の出演者達もそれぞれのやり方でバー弓子のステージに挑んでおり
とても刺激的な時間でした。面白いにも色々あるなぁと。

そして今回も進行役でしたが、それ以外にラストの聖子ちゃんも担当で
例年以上にボリューミーでしたが、大きな事故なく終わりほっとしてます。
で、反動か知らないけど翌日から体調崩してぐったりしてます。
色々見たいものもあったけど行けず。嗚呼。

さて次はステージタイガーで縁フェス。
短編ではありますがババンとやりますよ。
新劇団員も交えてですからね、楽しみ。

少しづつ暑い日が出てきましたね。
こちらもどんどん熱なっていきますよ。うふふふふ。
お付き合いよろしくです。
IMG_1862.JPG
アミジロウ
posted by ステージタイガー at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アミ「踊るラジオ」

太陽が欲しいだけ(ザキ)

GW、いかがお過ごしでしたでしょうか。
初日は緊張のなか臨んだぶん、二日目はホットドッグ店員として文化祭を満喫してました。

B9C9D849-9188-4CDA-9851-427311B4763E.jpg

遅ればせながら中之島春の文化祭、「太陽みたいな男たち」無事終演。
応援頂いた皆様、足を運んでくださった皆様。ありがとうございます。
初めてステージタイガーをみるという方も、いつも見て頂いてる方も、楽しんでいただけたでしょうか。

例年作品よりもホットドッグの方が多く感想をいただきます。
悲しいけど、やむなし。
ホットドッグ美味しいもの。
それでも一言でも、作品の感想などいただけると幸いです。

「太陽みたいな男たち」は、
「太陽とは程遠い男が、太陽みたいな女を前にして、太陽みたいに頑張る」お話でした。
酒蔵とか、故人との邂逅とか、ギークボーイ・ミーツ・ガールとか、ローカルとグローバル、古くからの習わしと現代的な文化の調和とか、そういった要素もありましたが(こう書いてみると確かに色々と込めすぎた)、
「何をするか、よりも、誰といるか」ということが僕の中で大きな比重を占めてました。

生まれたからには、何か大きな事を成し遂げなければいけない、と思ってました。
でも本当は、心から大切にしたいと思った人を、守れることが一番幸せなんじゃないか。

そんなことを思いながら書きました。
嘘です。書いてた時はそこまで強く自覚してませんでした。
本書いて稽古して改稿して、役者の芝居を見ているうちに、自分には今それこそが大事なんだということに気付かされました。
頭ではわかってないこと心で気付けてないことも、舌や筆は正直なもんで。書き上げてみて気付くことや、本番終わって気付くことが多いです。
今回は最終稽古の日に気付きました。本番前でよかった。
30手前で未だ自分探しの最中。不器用ですみません。

僕もたくさん勉強させてもらいました。
技術も経験も然りだけど、誰にどう思ってもらいたいか。心の持ち方。
名前を出すと媚びてる感じ半端ないので控えますが、ある団体の内容があまりにも真逆のアプローチなのに舞台から受け取るものが大きすぎて、面白くて悔しくて得るものがべらぼうに多かったです。
頑張らないとあかん。

今回も座組の皆様はもちろん、たくさんの人に支えてもらって作りました。
きっときっと、返していくんで、還元していくんで、これからもよろしくお願いします。
6702B65F-2153-4E32-A35C-F2EA529947CF.jpg
ザキ有馬


posted by ステージタイガー at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」