ステージタイガーへ

'17年 0421

大人の階段(アミジロウ)

4/17、アバンギルドにお越し下さった皆様、
ありがとうございました。もはや何度目?のFOuR DANCERSでした。
IMG_1858.PNG
稽古は相変わらずの難航ぶりで本番当日の稽古も上手くいかずで
けっこうドキドキの会場入りだったんですが、待ち時間の間に
他の出演ダンサー達と喋ってたら、なんか気分が軽くなって良い状態で
本番を迎える事ができました。
やっぱり1人だと色々行き詰まった時にリカバリーが難しいんだなぁと
実感した一件となりました。稽古でも誰か見にきてくれるだけでちょっと
空気が抜けますしね。
そんなこんなで無事本番も終え良い感想をいただけてホッとひと息。
あー良かった。

そして翌日には東京から来たステキ振付家と悪巧み。詳細はいずれまた、ですが
それに合わせて書類作成にてんやわんや。あー、ちゃんとやるって大変。
だけどこんなこともしっかりやらなくちゃ。大人なんだから。

そしてそんな慣れない事務作業で改めて不便を実感。
なのでついに購入。ミドルからシルバーへの確かな一歩。
未来に向けて確かなビジョンを見る為に。The ROUGANKYOU.
IMG_1329.JPG
老眼鏡を買いました! もう何の言い訳もできません。
ワタクシ、眼はもはや老人です。ああ、また1つステージを上がりました。
今更ジタバタはしませんが、なんとも言えぬ感慨が。
まぁ、これで次の台本もサクサク読めるってもんですよ。
次のワタクシのタイガー出演はコチラ!
縁劇フェス短編作品「ユカリ」!!
ご飯が美味しいやつしか思い浮かびませんが、まぁ美味しい作品に仕上げますよ。
ま、タイガー的にはまずは 中之島春の文化祭!
ワタクシ的には5/5のバー弓子!

まだまだ春は始まったばかり。
皆様共に謳歌しましょうぞ。でわ!

アミジロウ
posted by ステージタイガー at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アミ「踊るラジオ」

読書と稽古と執筆と(虎本)

虎本です。1週間ぶりです。

さて、今週のステージタイガーは…
あれほど言っているのに、まだABCの作品の全容が分かんない!
酒蔵の話って所だけしか分からない!

というわけで稽古場に、終わりの30分程顔出してきました…
が、分かんない!やっぱ。
頑張ってるのは頑張ってた。

期待と不安を込めつつ。
出演者達の情報発信に期待しましょう。


さて一方虎本は。

image1.JPG

真裏の公演、Motherの稽古中です。

こちら(http://baku-seisaku.seesaa.net/article/448978119.html)にある通り、ABCの真裏でやっております。まさに裏切り者の名を受けて全てを捨てて闘う男状態。

仲違いした母と娘が、その半生を振り返っていく話でして。
母親が小学生だった時代、高校生だった時代、大人になった時代…と構成されているため、出演者にも若いメンバーが多いのです。

けど、稽古は上々。再演を重ね4回目の上演。
出演者は毎日、唄って踊って演技しております。
そんなに頑張っているのに、鬼のような演出家に「そんなもんか!?」「顔に、”余裕”って書いてあるぞ!」と罵られております。
あと2週間。どうも、演出家です。ここから、さらに地獄度が増すぞ!

ーーーーーーーーーー
そんなGWが終わると、いよいよ次はステージタイガー縁劇フェスですね。

こちら
http://news.st-tg.net/article/449175088.html

で紹介されていますが、6/3-4にシアトリカル應典院にて「ユカリ」という短編作を上演します。それの予約が本日21日12時から。
是非、ステージタイガーから買ってやって下さい。

アツい作品やります。てか、今書いてます!

---------------
と、告知しつつ。
虎本は隙を見てまたインプットの日々。
今週読んだ本!

51AB4M2hRjL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg

和田竜「のぼうの城」

豊臣方2万の兵士に1000人足らずの兵士で挑む…という闘いを描いた歴史ロマン。
奇抜な戦略、兵器など必要なく。
闘いの根幹は武力にのみあらず、人心にある。
人生の教訓があります。

51C8G50V3TL.jpg

原ォ「私が殺した少女」

レイモンドチャンドラーのフィリップマーロウを意識した文体。
ハードボイルドなのに、スルスル読める気持ちのいい展開です。
ラストへの繋が???とはなるのですが。
そうさせきらない主人公・沢渡のキャラクターがあります。

ちなみに、僕が今程本を読まなかった20代の頃に、谷屋君が「オススメ!」と貸してくれた本がありました。
萩原浩「ハードボイルドエッグ」。
これも同じくマーロウを意識した主人公でした。

次のタイガーは少しハードボイルドにしようかな…いや、そんな事ないか。
ちゅうわけで執筆に戻る!!

虎本剛
posted by ステージタイガー at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」