ステージタイガーへ

'17年 0403

これからよろしくお願いします。小林聖也です。

この度4月1日から新劇団員としてステージタイガーに入団させていただきました。小林聖也です。
先月3月11日に松原市で行われた公演『ダイバー・シティ』に出演させてもらい、その流れで入団を決めました。観劇してくれた方は覚えていますかね?ちなみにその時の役名は宇喜田です。って言っても物語では名前を呼ばれていなかったから、わからないかな...
「根性!」で走るのが信条の台南高校陸上部の期待の新人です(笑)
観劇していただいた方、覚えていてくれていた方、その節は本当にありがとうございました。

自己紹介として少し書きます。
現在大学3年生
歳は20歳
誕生日は4月11日
好きな番組は特撮作品
そして現在ダンスも習っています。大学に入ってから始めたので実力はまだまだですが、私の一つのアイデンティティとして生かせるように習得してみせます。
自分は役者としてもまだまだです。しかし本気で役者としての道を歩んでいきたいと思っております。ステージタイガーでの経験を通し、これから成長していきたいと思います。

このブログには自分の生活で感じた事を素直に書いていきたいと思っております。時には面白い事、時には真面目な事などなどいろんなことを書いていこうと思います。
改めて
小林聖也をこれからよろしくお願いします。
頑張ります!!!

『ダイバー・シティ』の時の写真も載せておきます。台南陸上部の写真です!右から二人目が僕です。
1489307015221.jpg
posted by ステージタイガー at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小林「セイヤの人生ってなんやねん?」

弄ぶえりーの晩餐会(白井)

IMG_1141.JPG
客席20人というこぢんまりとした公演が中崎町で、熱く、静かに終わりました。
irorimura プチホールでの公演は白井宏幸の大島優子と宇宙戦争っていうお話で初めて使わせていただきました。
タイトルは正確には
「宇宙戦争が始まったけど、白井宏幸に守れるもんなんて大島優子の写真集くらいしかなかった」です。
どっちでもいいか。
いや、本当はタイトルというのはとっても大事でどっちでもいいなんてことはありませんで。
僕は「尻を弄ぶ男ふたり」という二人芝居を小永井コーキ君としました。
「命を弄ぶ男ふたり」と間違えて来場された方がいらっしゃったらそれは申し訳のないことでございます。
しかしながら、僕たちにとっては真剣な問題を、やりとりしていたわけなんです。
真剣な人間というものは時として面白い、そういうわけでございますから。
ふざけるところを見つけることができなかったもので、なんとも、真剣勝負をしていたつもりです。
もっとできることはあった気もしますもので、また今度は本家の方を小永井君とやってもいいかなと思います。

しかしながら、僕にとってはなかなか難しい台本であったと思うんです。
お話自体は面白くてわかりやすかったんですが、
どうにも、さだめどころのない「白井宏幸」という人間を演じるのが難しかったんであります。
筋の通らないまま、もっともらしいことを言ったり、表面を取り繕うようなことしかしない、
まるで僕のような人間「白井宏幸」を演じるというのは一体どういうことなんだろうか
それが客観的にどう見えたんだろうかという、そういう疑問が浮かんでは消えて行きまして、
本番は、もう、勝手気ままによく噛みながら喋ってしまいました。本当に堕落な役者ですよ。
見に来てくださったお客様にはご意見を頂戴したいと思うばかりであります。
ただ、今回この作品を見ていただいた方には、本家を見たときにおかしな二人組頭の中をが横切るという、
軽い呪いのようなものを与えてしまったんではなかろうかと自負をしているとこ度があります。
どうだかね。どうなんでしょうね。
そもそもが拙い役者を、こうも、同姓同名で出演させていただけるえりーの器の大きさには、
あれまぁと感服する次第です。器が割れているのかもしれませんけれども。
IMG_1142.JPG
ともあれ、申し訳のないことだなあと思ったことには、
時を同じくして、ステージタイガーに3人の新人が入ってくれたんですよ。
そして、時を同じくして、僕の携帯が通信制限に入ってしまったんです。
携帯電話を常に触ってしまう現代人としてはその情報をたくさんの方に知らせて行きたかったんですが、
どうにもままならず、体調不良時の栄養と携帯電話の通信規制は似ているなぁと思ってしまいました。
申し訳ないなぁと思ったことの二つ目には、
新劇団員として加入してくれた3人や、前回のダイバー・シティに出てくれた方が見に来てくれたんですが、
僕が、衣装の下を履いていなかったということなんです。
ご覧いただければわかります通り、上半身にはスーツを着ているのですが、
下半身はトランクスのみということで、下に履くものを着用しないまま演劇作品に取り組んだということなんです。
なぜと聞かれても答えようのないことなのですが、前回の松原公演で激しく吹かせた先輩風が、
鋭いかまいたちのように帰ってくる思いでおりました。
だけれど、僕は後悔はしていませんよ。
僕の大好きな先輩役者さんが入っていたお芝居のセリフにこういうものがあります
「衣装が芝居するわけやないねんから」
そうです。トランクス1枚だけの人間にも、少しくらいはいいところがある。

ともあれ、なんとか無事に公演を終えることができました。
ご来場いただいた皆様、気にかけていただいた皆様、スタッフの皆様、
共演者の皆様、irorimuraのみなさま、思いつかないけれどみなさま。
いろんな方の優しい気持ちに助けていただきまして舞台に立たせていただいております。
今後もがんばりますんで(そろそろ身体も引き締め直さないといけませんな)、
ステージタイガーともども、よろしくお願いいたします。

白井宏幸役 白井宏幸
posted by ステージタイガー at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

出会いと別れの季節、春(みなみ)

つい先日、ステージタイガーの新体制が発表されました。新たな仲間が3名も入ってくれました。同時に1名退団です。
寂しいと嬉しいが同時にやってくる、春。1年更新だからですね。

退団する、いまむーはガチの同期。面談一緒に受け、初の稽古場見学して、一緒にサーキット受け、入団。だから、樋口が退団した時と同じく、寂しさ倍増
でもね、観劇三昧に行ったら会えるから(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾また、飲みに行きたいな~♪

入団するのは、ダイバー・シティに出演してくれた、竹林なつ帆、小林聖也、椿優希の3名です。3名も入ってくれて嬉しい😃そして、なんと、待望の女優!!女子の少ない劇団に女子が増えた!それだけでも喜ばしいぜ^_^

そんな、こんなで新劇団員とともに、2017年も走っていきたいと思います!
まずは、中之島文化祭!!
ザキ作品!!
何気にまだ、2回目なABCホール。なべちゃんよりも実は、ABCに立った回数は少なかったりします。2014年の『手紙』以来!なので、久々にABCホールにてわたし❣️を観たいという、そこの貴方!是非。チケット販売開始してまっす!すぐに売り切れまっす!って、いないだろうに。書いてて恥ずかしい
とりあえず、がんばりまっす❣️
さて、自撮りが苦手なわたし❣️愛猫のうたた寝激写、載せとこ。かっわいい〜〜!
864E23E1-61FD-46D7-8E1F-43798E6D9826.jpg


posted by ステージタイガー at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南「なんちゃん虹色☆色えんぴつ」