ステージタイガーへ

'17年 0211

今年の趣味と、勝手に上から目線(白井)

IMG_0207.JPG
今年の目標は、新しい友達を増やす、という事と今の友達を大事にする。
ということに、してみました。あとは趣味を増やしました。さて!
写真を見ていただければお分かりの通り、「神社巡り」ですね。
なんか、時を同じくして、少し、御朱印集めが流行ったようなんですが、
しっかりとお参りしてからの御朱印をいただきに参ってますんで大丈夫かなと思っています。
あと、それにつれて、お金を洗う癖がつきました。
小銭をね、洗うんですよ。で、今の所は手洗い用の「キレイキレイ」が手垢を落とす、油を落とす、
っていうことで割と効果的であることがわかりましたね。
でもね、なんか、現れてキレイなお金があると、少しだけだけど心が、アレしますね。

まだ、4社しか回れてないですが(就職活動みたい)御由緒を見ているとそれぞれ興味深いことがあります。
あと、面白いところで、梅田のビルの中庭にお社があったりして、
ま、にわかですけれども、楽しみを少し見つけられる感じがしています。
だいたい一人でふらりとしているだけなんですけどね。
IMG_0130.JPG
さて、「ダイバー・シティ」のこと。まだまだ、凸凹な感じのキャストたちですね。
もう、自分のこと棚に上げて言いますけどね、
単純に声が小さい、緊張してる、相手の動きを見ない、台本を読み込めていない、
そんなのザラです。
まぁ、でも、うまくいきそうな気がしています。
なんたって、エネルギー込めて引っ張ってっているから。
引っ張られる方も、そのままの勢いを自分に乗せて走り出してるから。
いい感じなんですよ。スタープレーヤーはいないですけどね。魅力的な人間がたくさん。
そして、ここからが、勝手に管を巻く単なる先輩の談。

まずみんな、おっきな声を出すのだ。
別に叫ばなくったっていいから大きい声を出すのだ。セリフはね、だいたいにおいて。
言いたい気持ちが出来上がって出てきたり、周りの環境に左右されて飛び出すように出てくるものだから。
だいたいのセリフは大きめの声で言って正解だ。残りのだいたいは間違いだけれど。
残りのだいたいはひそひそと話す場合と、本心を隠している場合だけだ。
次の舞台は大きな舞台だから、声が届かなくっちゃお話も気持ちも伝わらない。
しっかりとセリフを覚えて、大きな声で言えばいい。だいたいいける。 はい、次。

気持ちがうまくまとめらんない場合。
まずはお家で考えてきなさい。自分に置き換えてもいい。
僕は若い頃に「我が子を影(という通称の魔物みたいなやつ)に喰われて
『影追い(だったかな)』という、妖怪ハンター的な役」をもらったことがあった。
結婚してないし、子供いないし、拳銃に呪文が込められてて、闇を撃つ的な。
その頃には全然わかんなくって泣いたよ。マジで(その舞台自体は僕好きです、共演者ももちろん)。
で。いろんな役が与えられてるけど、ヒントは全部台本に書いてある。
全部文節に区切ればだいたいわかる。
やりたいことがあるのに、うまくやれない場合は、目をつむって一回深呼吸してから始めればいい。
いま、どういう気持ちで、どこにいるのか、それを深呼吸してる間にひと巡りすればよろしい。

怒っている人がいるとする(たとえば僕の役)。
人に対して怒ることって誰しも得意じゃないと思うんです(もちろん僕も)。
そしたらなんで怒るか、ってことを考えればいい。たとえば、怖いから、焦ってるから。
負けるのが怖くて怒っている、怒りの感情っていうのは焦りや恐怖に引っ張られる場合があるから。
失敗するのが怖くって焦って怒って八つ当たりしてしまう、とかね。
理由がたくさんある。台本に書いてある。「そこがどこか」っていうト書きにもヒントがある。
舞台がさ、お店の前だったりするとさ、なんとなく、動けるテリトリーってのは
入り口付近だったりするわけさ。あんまり玄関から遠く離れられないと思うの、休憩中の従業員は。
ま、舞台の嘘はあるけれど、嘘はついちゃダメ。
IMG_0185.JPG
嘘をつく場合の話になると論が逸れてしまうんだけれど。
嘘は一つだけついてよくって、それを嘘だと思わせないように、きちんと周りをその一つの嘘に合わせる。
ってことが大事。周りが信じると信じないとにかかわらずだけど。
嘘をついたらつき通す。他の嘘でごまかさない。と、僕は思っているわけです。
これは、面白い映画の見分け方なんですけどね。
僕にとって「シン・ゴジラ」がいけて「君の名は。」がいけなかった理由になるかな。

ほら逸れた。
で、ここからは(ここまでもだけど)僕の個人的な論拠で。
そしたら、僕らは何をするべきか。
存在しない「街」を一つの大きな嘘とみたてて、その周りを固めるんです。
その「嘘」を真実たらしめるために。街ごとに仲が悪い、ってどういうことか。
大人は昔からそう言われて刷り込まれて信じてるけれど、子供はそんなことどうでもいい。
ただの、田舎な感じ、都会とかの方が羨ましい。って思ってるだけでいい。
みんなが「あのこ嫌い」っていってるからなぜだか「あの子」が嫌いになっちゃう自分の弱さ。
その自分の弱さが嫌いでいい。嫌いなものには立ち向かえばいいんだと思うし、
その姿が見ている人の心を震わせる。と、思うんです。
だから、いろんなことに「どうでもいい」って思わないこと。
負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じ抜くこと。
もう世代的に通じないネタが増えてきて、少し、引け目も感じるんですけど、それらが一番大事。
たくさんゆーといて、それが一番大事、って、どれのこと指して一番って言うてたんだろう?

ま、なんでか共演者さんの、どっちかっていうとお若い人に向けてながながと言いましたけれども。
IMG_0106.JPG
ステージタイガー「ダイバー・シティ」
3月11日(土) 14時開演
松原市文化会館にて 無料公演
ご予約はこちらから!

よろしくお願いしまーす!
posted by ステージタイガー at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」