ステージタイガーへ

'17年 0626

インプットな月!

梅雨なの?どうなの?と天気に惑わされている毎日です。こんにちは、竹林です。🍆🍆🍆🍆🍆


6月は、ユカリが終わって作品づくりからは一歩引いてしまう一ヶ月。ということで、

インプットと筋肉増強の月。と自らお名前をつけてみました。🍙


インプットとしては、(敬称略です)

・ハイバイ「ある女」(DVD

・突劇金魚「僕のヘビ母さん」

・劇団鹿殺し「無休電車」


・映画「世界一キライなあなたに」


今んとここんな感じ少ないな_(:3z)_💭


しかしもう全部素晴らしくて。

ハイバイさんは「おとこたち」を去年GWに観に行って

男たちの一生にボロボロ泣いて

やっぱりサラリーマンである以上👨‍💼男性目線で描かれることにも感じてしまうんだなぁと思ったのですが

ある女も、まぁーーーこれが切なくて


良かったらDVD貸すんで、わたしと友達になってもらったらよかです。


突劇金魚さんもやーーーーーーっと観にいけまして。

いまかいまかと思っていてやっといけたというハードルの上がり方にも関わらず

これもまぁーーーー良かった

終わってからずっとドキドキしてしまって

ずっとヘビ母さんについて考えてしまって

あの空間に飲み込まれてしまって。

もう一度観に行きかったのですが、無理でございましたので

瞬間のそこにしかないあの感覚に頑張って浸ろうと思います。


結局ひとつひとつ書いてしまったので

鹿殺しさん。

これは、観客と共にその瞬間を過ごすという

演劇の醍醐味を感じさせて下さったのと

30代の愛と熱量が伝わってきて

圧巻されてしまいました。



と、まぁ個別に話さないと、かる〜い誰でも言える感想になってしまって悔しいのですが

もしよければわたしと友達になって頂いて、観に行った方も行ってない方も話しましょう。


要は、友達や仲間は大切、ということでした。

(?)



インプットの月はまだまだ続く、

なんなら6月やからというわけではなくずーっと、続ける。


上司の方にDVDをいくつか借りたのでまだ玉はあるし

(うちの家のプレイヤーがBlu-ray見れなくて、さてどうしたもんかという感じなのですが)

なんならAmazonプライムで映画観れる!ので

とにかく継続してたくさん観る。を続けたいと思います。


オススメ映画ドーーーーンと受け付けてます。ええ。😊


筋肉については、基礎練以外に

家でも白井センパイの教えてくださった体幹トレーニングを少しずつ頑張っております。

新人の中で割れた腹筋をみなさんにお見せできるのは

誰が1番なのでしょうか…_(:3z)_ライバル視


最後に鹿殺しさんの後食べに行った

肉寿司屋さんではしゃぐ🍣竹林


IMG_5689.JPG


IMG_5694.JPG

夢のような時間でしたよ。。。



ではでは、またまた



昨日Macユーザーになり、ただそれだけでイキってる田舎者の

竹林なつ帆でした♪


posted by ステージタイガー at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 竹林「およげ!夏の子日記」

'17年 0625

野球(空海)

ふと、小学校以来の友達から。

「野球しようぜ!」

と、中島よろしく連絡がきた。
フッ、よかろう、望むところだ。
奈良の「伴 宙太」と自称した頃の血が騒ぐ。

指定された対決場所は奈良の平○旧跡、プレイボールはAM9:00!!!
平○旧跡といっても足首くらいまで草が生い茂る!
イメージは、フィールド「草原」!!!
ボールが遠くまで転がって、周りの観光客に迷惑が行かないよう配慮済みだ!

正直、中学から約10年間、ボールすら握っていないこのやわらか手のひらで
鉄の棒を振り回すことなどできるのかと不安をぬぐいきれないが...問題ない。
ちなみに誘ってきた相手は自称「奈良のジョコビッチ」
元テニス部だ。

はい、到着。

空は快晴。
奴は待っていた。
仁王立ちで。

倉庫から道具を引っ張り出していたせいで9:30に到着してしまっていたが...問題ない。
待たせたな、というと
もしかしたら来ないんじゃないかと泣きそうだったとのこと。
こういう時って宮本武蔵になった気分になって、やってやった感が出るかと思っていたが、
罪悪感ハンパないね、これ。

ルールは単純明快。
1人がボールを投げる。
1人がボールを打つ。
投げた方はボールを走って取りに行き、ホームベースまでボールを持ってくる。
打った方は必ずダイアモンド一周しなければならない。
後の細かい所は良識に任せるとのこと。

一抹の不安というか不安しかない。
なんでこの歳で二人で、しかも空き地で野球してるのかわからない。
帰りたい。

プレイボール。

デッドボール。

痛てぇ。
こいつやりやがったよ。
挑戦か?良識ってやつを教えてやろうか?お?

別に今から帰ったところで特に予定もなく、ただただ時を消費するだけだ。
一応、スポーツ?をしている今の方がまだマシなので、ここはガマン。

2球目。
内角高めのスローボール。
こんな甘々なボールは経験者は見逃しませんよ、と引っ張り気味に打つと、打球は
(通常なら)完全にファールゾーンである場所に消えていった。

今思えば以心伝心とはこのことをいうと思う。
相手と目が合った瞬間、頭の中で
「フェア!」
って響いた気がした。
相手も同じ声を聞いたようで、双方全力で走りだす。

ダイアモンドを一塁から二塁、三塁へと回り、ホームへと戻ってくると、
なにか懐かしいような、大切な何かを思い出したような気分になった。
日頃、何かに追われて、どこか焦っていたんだ、そんな気分にさせられた

が、
いつまでたっても相手が戻ってこない、
遠くから「ボールがねぇ!」と聞こえたような気がしたが無視した。

フィールド「草原」はボールが消える特殊効果があるみたいだ。
まぁ、無くなりますよね。

仕方なしに二人でボールを捜索するも全然見つからず。
冗談抜きで30分くらい探した。
結局、「草原」の中にあった細い溝に挟まっていた。

ボール片手にジョコビッチが
「ゲームセット!」
と叫んだのは言うまでもない。

なんだろう、
この虚脱感。
まさに、無。
時間とはこんなにも大切にすべきものだったんだと再確認した。

ちなみに何故、野球しようぜ!、と言ってきたかというと
週刊少年ジャ○プのミスフルこと「ミスターフルス○ング」
を読んだからとのこと。
確かに、少年心をくすぐるが...テニスマンガ読めや!

何か大切なものを思い出すことができた、そんなこの頃。

'17年 0624

表現する為に、、、 椿

こんにちは、バッキーです。

昨日は、ステージタイガーの基礎稽古でした。

基礎って大事ですよね、、、

最近いろいろ実感します。


私、ご縁があって、ジャムコントと言うコントイベントに出させていただいているのですが、

このイベント、即興でコントするのですね‼︎

そして、日々露見していく、自分の知識の無さ、、、

相手の言葉に返したい言葉が有るのに、明確な単語が出てこない、、、水戸黄門のパロディをやるって縛りが出されたときも、水戸黄門知らなさ過ぎて、何も出来なかったり、、、

普段から知識を取り入れる努力をしないとまずいなぁ〜、と、切実に思いました。

image-2058a.jpg

image-e5af8.jpg


そして、私、音楽活動もして居りまして、先日、とある友人に送る曲を収録したのですが、、、

私、楽器が弾けないので、作詞作曲までしか出来ないのですね。

で、いつも知り合いのギタリストに編曲をお願いするのですね、僕は彼のセンスが好きだし、全力の信頼をおいていて、毎回一緒に曲を作りながらワクワクするんですよ、、、、

だからあえて、自分の中にあるイメージを伝え無いようにしてるんですけど、、、

困るのは、行きづまったとき、、、頭の中ではこのコード合うんじゃ無い?って思ってても、それが何てコードなのかわからず、結局何のフォローも出来ないんですよ。

やっぱり基礎が大事やなぁ〜、と

image-e1a1e.jpg

※いつもお世話なっている、ギタリストのモリー君‼︎


そして、彼、大学の後輩なのですが、写真専攻だったんですね、、、

なので、写真に着いていろいろ聞きました。

一眼レフに手を出すほどの懐の余裕がないので、iPhoneでいかにいい写真を撮るか、と言うのを教えてもらいました。


image-ccd30.jpg
※いつもの加工方法で加工した写真

image-ab4b2.jpg

*教えてもらった後

加工すときも、何が見せたいかが大事‼︎

楽しかった‼︎

知識が有るか無いかで大違いやなぁ〜、、、、と、実感‼︎

結局、表現をしたいことを表現する為に基礎が有るんやなぁ〜、と思いました。

基礎基礎基礎、もっともっと。

posted by ステージタイガー at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 椿「バッキーの車窓から」

'17年 0620

学ぶこと(セイヤ)

お疲れ様です
稽古とか行くと学ぶこと気づくことがたくさんあります。

先週の基礎稽古で気づいたのは自分の性格かな
いつもと同じで (内容は少し違っていたりするけど) 筋トレ、ストレッチ、発声をしたが、筋トレで思いました。
より負荷をかけるには誰かに気合を入れてもらわないとなかなか自分一人ではできないということです
もちろんしんどいのですけど、何か余力を残してしまっている。やり切っていない。そんな感じがしたのです。
特に家で筋トレをやっているときが一番情けなく思います。なかなかうまくいきません。

そう考えたら基礎稽古に行くのってすごく大事だと思う。基礎稽古というかそういう場に。
一人で黙々と何かをするのもいいけど、筋トレとか自分に負荷をかけるような作業にはやっぱり外部からの刺激が一番効果的だと思う。
それは誰かに気合を入れてもらうという意味ではなく、そういう場で誰かの気合を見て、自分の気合を自ら入れるということだ。
おそらく私は基礎稽古に行き、その場で気合を見て、いつも以上に自分に負荷をかけているところまでは出来ていると思う。筋トレの次の課題はそこからどこまで自分に負荷をかけられるかといったところかな。

先週の基礎稽古には朗読の時間があった。初めての文章に対しての対応力が鍛えられるメニューでした。
語彙力、滑舌、イントネーション、文章の伝え方などいろいろ感じたことがあり、とても新鮮でいい内容でした。

Screenshot_2017-06-20-11-49-11.png

やはり根本的な滑舌を鍛えていかないといけないと思った。特に文章の伝え方は影響を受けますから。あと気づいたのはイントネーションですかね。単純に関西弁と標準語でわからなくなるといったものもありますが、この前感じたのは、初めての文章を読んでいると一瞬わからなくなるというものだ。私だけかもしれないが、読んでいると頭では単語の意味を理解しても、発音しているとイントネーションが変になるのだ。よくよく考えれば普通に言えるのだが、なぜかその場では焦りもあるのか言えないのである。もちろん滑舌でうまく言えていないのがわかり、おかしくなるというのも一つの要因だと思う。しかしそれだけではないような気がする。
今後家で本を読むときは声に出して読んでいこうと思う。




では最後に先週観劇三昧で開かれた会話劇部の公開稽古で学んだことを振り返ります。

IMG_20170620_114655.jpg

台本のセリフに書かれていない部分を引き出していく。役者としては当たり前だが簡単ではない。それを鍛えていかなければならない。
会話にはテンションがあり、どこに対してそのテンションが向きそしてどれくらいの比率で向かっているのかというのを実践していた。また喜怒哀楽の感情を固定してセリフを読むとどう変わるかというのもやっていた。
観ていて面白く感じたのはどれも内容が違うように感じたことである。セリフはもちろん同じであるだがその場のシチュエーションが全然違ったように観えたのだ。
実を言うとその台本は前に稽古で使ったことがあったりして内容を知っていたのですが、それでも話の展開が別のものをイメージさせられ、すごいなと感じました。
役者の技量というのはやはりすごいものなのだと実感した時間でもありました。
そして間の取り方、間としての演技もすごいと感じました。
難しく奥が深いと思い、それがまた面白いなと思いました。




これからもっとレベルアップしていき、いろんなことを感じていきたいです。




posted by ステージタイガー at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小林「セイヤの人生ってなんやねん?」

'17年 0618

ねこ(空海)

なんだか最近、家の庭に猫がいる事が多い。
帰宅すると我が物顔で塀の上に佇んでおり、
「何見てんだよっ」
って顔をする。

いやいや、お前誰だよ。
って、近づいたところで逃げもせず、ただこちらを伺うだけ。

にゃー、ってこっちがいうと
「何言ってだこいつ」
って顔をする。

確かに、全くの別種類の生き物の鳴きまねをしたところで意思疎通ができるわけもない。
たとえば、仮に猫が
「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」
って言ったとしても、こちらは
「何言ってだこいつ」
って顔をするしかない。

私からすればそこは自分の家の庭であるけれども、
猫にとってはただの日当たりのいい場所であり、
逆に言えば、先にその場所を占領していた猫からすれば
私は後から来た、ただの侵略者といえる。

とまぁ、つらつらと最近の出来事を述べて皆さんは
「何言ってだこいつ」
って顔をしているかもしれない。

正直、私も自分の事を
「何いってだこいつ」
って思っている。

ようするに、枠組みにとらわれることなくやってもいいんじゃないかと
思ったのである。
よく頭おかしいとか言われているが、それは自覚した上でやっている感はある。

嘘つきました、
頭おかしいでしょうか?
普通ってなんだ。
普通なんて嫌いだい...!

限度はあるけれど、全てをとっぱらってやることも大切なんじゃないかと
感じた今日このごろ。

'17年 0616

プロレス観に行って来た話(虎本)

基礎練習。白井君発案の筋トレによって朝から筋肉痛。
虎本です。
疲れた…て。
そんな弱気な事いってちゃ駄目なんですよ。

なんたって

写真 2017-06-11 15 21 53.jpg

プロレス観に行って来たんですから。
というわけで先日。大阪城ホールに新日本プロレスを観に行って参りました。
超満員。
大熱狂。
凄い。

よく言っているのですが、ここまでの熱がプロレス会場に戻った事に涙してしまいます。
川に魚が戻って来たで!みたいな。

そんな不必要に出来上がっていた僕ですが、もう大変に満足。満喫。

プロレスファン歴30年の僕ですが、初めて生で60分フルタイムドローの試合を観ました。

写真 2017-06-11 20 42 55.jpg

ただ、僕の中で一番心にきたのは、メインよりもジュニアの高橋ヒロム VS KUSHIDA。
ギュッと中身の詰まった、感情が込められた試合。
そして棚橋内藤のフィニッシュ。

プロレスも芝居も、長さよりも派手な展開よりも、そこに込められた想い、感情なんやなと思うのです。

そんな芝居が作れたらええなと。
強引に締めつつ。
今書いている台本に向かいます。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0614

粛々とやってます (アミジロウ)

やぁ、こんばんは。
なんだか夜は少し肌寒い日が続きますね。
なかなか半袖に踏み切りにくいぜ。

さて、ワタクシは目下出稽古。Micro To Macro の稽古場に
入り浸る日々です。普段タイガーばっかりなので、違うメンバー
違う演出家は新鮮ですね。普段はあまり人と仲良く出来ないですが
稽古ということなれば、お互いの表現でキャッキャしてますよ。
なんやかんやと楽しくやってます。
IMG_1372.JPG
そして空いている時間は1人で稽古。というか振付作り。
普段J POP的な音楽で振りを作らないので毎度悩まされます。
びっくりするくらいに遅々としておるんですが、一方で
ああ、こういう動きの取捨選択を経ることで濃くなる物が
あるんだなぁと実感しています。

あとひと月ちょっと色々乗り越えてええ舞台にしなきゃね。
出演者がそれぞれ魅力的な方々なんで、稽古は試行錯誤を繰り返して
少しずつ膨らんできていますよ。
公演の詳細はこちらから。
どーぞよろしく。
IMG_1365.JPGIMG_1962.JPG

アミジロウ
posted by ステージタイガー at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アミ「踊るラジオ」

'17年 0613

週末のハシゴのお勧めというかもうお願い(白井)

IMG_1821.JPG
暑い日にはアイスに限りますね。どうも白井です。

実は今週末に昨年に出演させていただいた映画の上映会があります。
ウラナンバのFREE STYLE STUDIO 金毘羅というところで上映されます。
そして、時を同じくして、6月17日(土)15時から18時まで、
恵比寿町の観劇三昧さんのイベントスペースをお借りして「会話劇部」をします。
ごちゃ混ぜにしてお知らせしますんで、我慢して見てみてください。
(ついでに言うと、神奈川県海老名市でも18日に出演映画の上映会があるんです!
でもさすがにこれは繋げないので断念致します)

栗山陽輔監督作品『あなたに会えたらよかった』
私の、この結末は、決して変わることがありません――

【日程】
6月16日(金)〜18日(日)
6月16日(金)★18:00〜/20:30〜
6月17日(土)11:00〜/14:00〜/17:00〜/20:00〜
6月17日(土)    13:00←会話劇部→18:00
6月18日(日)11:00〜/13:30〜/16:00〜/★19:00〜
※各回30分前より受付、開場。上映時間45分。
★16日18時の回、18日19時の回に上映終了後、トークイベントあり。
土曜日の11時の回を見てからご飯を食べて会話劇部に来るもよし、
会話劇部がつまんないなと思ったら素早い判断でをちょっと見てから14時の上映会を見に行くもよし、
会話劇部を見てある程度で「この程度か」と切りをつけて17時の上映会に行くもよし。

最後まで会話劇部を楽しんでいただいて、ご飯でも食べてから上映会に行くもよし。

【上映会場】
FREE STYLE STUDIO 金毘羅(カフェ&ビア あるか→アるか地下一階)
観劇三昧さんとの距離はのんびり徒歩でだいたい15分くらい。

【料金】
前売・当日 1,500円
観劇三昧さんでのイベントは無料です。

お世話になったスペドラ應典院ではMayさんが17日から19日まで本番中です。
そこもなんとかハシゴ観劇に入れていただければなぁと思います。
僕もどこかでホットドッグの販売員として参加したいと思っているところ。
IMG_1382.JPG
チラシは先日、こちらも同じくスペドラです。
満月動物園さんでカレーの一部になった丹下真寿美さん(語弊ありますごめんなさい)、
接客トークで遊んだ安達さん。タイガーに出てくれた都呂路ちゃんも出てくれてます。
なんだかんだで繋がっております。

ごちゃっとしてしまったので改めて。
6月16日から18日にある上映会のお知らせの詳しくはこちら!
6月17日の13時から18時にある会話劇部のお知らせの詳しくはこちら!

どうぞよろしくお願い致します。
posted by ステージタイガー at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白井「ギムテキブログ」

次に向けて(セイヤ)

お疲れ様です。
縁劇フェスから1週間経ちました。早いですね。私はそう感じます。
今週から基礎稽古が再開します。

今回のブログは何を書こうかと実は悩んでいます。
理由というか言い訳は、先週は稽古もなかったので...
それに対する振り返りもできず...


決めました。いろいろ書きます(笑)


そうですね...まずはダンス関係でのこと書きます。
今、ダンスのイベントに向けた練習に参加しています。
ダンス始めてリアルに3年目に突入してます。しかしまだできないことが多く、こちらももっと頑張らないとなと思っている日々です。
周りの方は踊れる人で、イベントに出るときは常に出来ない自分に不安を感じながら、練習しています。
もっとダンスのノウハウを体に叩き込まないといけないと思っています。

1496847333225.jpg

ダンスも頑張っていきます!



次は...大学のサークルについて語ります。
私は大学で演劇サークルに所属しています。(ずっと前の私の紹介ラジオでも言ってました。)
名前は「創作サークルColors!」です。ちなみにツイッターもやってます。 @sousaku_colors
よろしければフォローお願いします。

最近は『ユカリ』の稽古で途中抜けが多かったですけど、先週は久しぶりに参加しました。
私がいないときにどんな活動をしているのか詳しくは知らされてないのですが、ネットで台本を探し読み合わせを行っているようです。
久々に参加しましたが、自分の統率力の無さというか...メンバーがどこまで活動に前向きかわからないものですから、そして今は公演の稽古というわけでもないのでかなりゆるーくやってます...

個人的にはもっとやりたいのですけど...
人数ももっと増やしたいとかも...
どうしたらもっと活気のあるサークルになるのか...

ってこんな書き方したら、誤解されるかもですね。ちゃんと毎週活動してますよ!ただね、ただちょっとわがまま言うともっと活動したいんですよ...
Colors!では10月末にある文化祭に向けての事が少しずつ進み始めています。
こちらも頑張ろうと思います。



っと先週というか最近のタイガー外での私の日常の活動を報告みたいな感じで書きました。
思いのほかもっと書けそうで書けたな(笑)

こんな感じで先週は稽古がなく、個人的に一休憩という感じ。とは言ったものの、たまっている大学のレポートをやったり、バイトをしたり、前述のダンスとサークル。
やることは多く、休んではいられない!スキルを上げるためにも。




最後に思っていることを言います。タイガーの同期についてです。

ちゃんなつさんは普段はサラリーウーマンとして働き、タイガーで活動しています。
しっかり働き、そしてタイガーでもしっかり活動しています。
自分のことそして周りのこともしっかり見ている。しっかり者です。

1497324282308.jpg




ばっきーさんは常に演劇に対して、真剣に向き合っています。
そして自分のことをよく理解できている人です。なにが弱点なのかとか、自分がどういう人間かとか
ダメだしをされて、上手くいかないとネガティブになってもそれを上回る力で練習してます。
ちゃんなつさんとはまた違ったしっかり者です。

1497324265977.jpg

そんな二人と同期ですごく光栄です。



そして自分の不甲斐なさを実感します。
もっともっと頑張らんとあかんやろ
俺も負けてられるかぁ

先週の反省は自主練をしようと思っていたが、思うようにできなかったこと。
もっと計画立てんとあかんな
ホンマ自分の不甲斐なさが情けない

あぁネガティブな方向になってる。


とにかく言いたいのは、二人と同期で光栄で、僕も二人に負けないように頑張りたいということです!

なんか今日のブログちょっと荒れてしまいましたね。
すみません。

ポジティブなことが書けるように、頑張って成果を出したいと思います。



そして縁劇フェスのパンフレットやツイッターとかで少し情報解禁しています。次回の11月にある本公演に向けて頑張っていこうと思います。

そのために基礎稽古で体作りや!
今週の公開基礎稽古は6月15日(木)!
参加希望の方は劇団アドレス
to@st-tg.net
までご連絡くださいませ。

では今日はこれにて。
ありがとうございました。




posted by ステージタイガー at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小林「セイヤの人生ってなんやねん?」

'17年 0612

ユカリから1週間(鍋海)


こんにちは!!

本番終了から、1週間が経ちしましたね。

本番前から怒涛で過ぎ去って、あっという間に時間が経っていました。


「ユカリ」改めまして、ご観劇ありがとうございました。


4DC2A092-17AC-47F0-B79B-14409BAD084F.jpg



今回の作品。

個人的に、たくさんアドバイスをいただき、考え方や伝え方を改めて、考えることができました。



明点したら、1番はじめに私がいる状態で。

物語の世界に引き込む役目でした。

この物語に登場する。朝比奈ユカリとはなんなのか。



物語のはじめのアクセスがしっかり、できていればなと思います。



91A56F43-96AA-4040-9C21-2424C5CA3E2B.jpg




縁劇フェス



今までにお世話になった方とまたお会い出来たり、

新たな縁が繋がったり、本当にお祭りのような2日間楽しく過ごすことができました。

色々な劇団や、催しがあり、それを観たり食べたり、

SPACE×DRAMAは、終わってしまいますが、

またこのような形で、みなさんに應典院で集まりお会い出来たらと思います!


AF3FC0FC-A886-4FAE-8131-1407410BDDC9.png



次の公演まで、少し時間があきますが、

それまでの間精進し磨きをかけていきます。

​これを読んでくださってるあなたには次の公演で、またお会いできればと!!
がんばりますっ!!

鍋海 光でしたっ✨


posted by ステージタイガー at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋海「笑顔で元気に宴」

'17年 0610

紺野慎二

遅く成りましたが、ユカリ、ご来場ありがとうございました。

今回は、ステージタイガーの団員になって初めてのステージタイガーでの公演でした。

その上、他のメンバーより一週間遅れての、稽古参加でした。

以上の二点により、稽古参加当初は、かなり緊張して居ました。

そして、緊張がほぐれた後は、なかなか越えられない壁が、立ちはだかりました。

今回の公演を通して、なぜ自分のスキルが向上しないのか、受け止めることができました。

意識と無意識、感動とスキル、トランスを得て挑んだユカリは、役者として、食ってくこととは何かを考えるいいきっかけに成りました。

心残りなのは、楽しんで作品作りが出来なかったこと、、、

と言うか、もっと吸収したかった。

音とか光とか、舞台上の空気感とか、役者同士のアイコンタクトとか、、、

毎回発見ですね、精進し続けよう

結局はそれしかないのだから

最後に、改めて、ご来場ありがとうございました。

、、、私、今、殺陣の合宿に来て居ります、日々精進、、、楽しいなぁ〜
image-c8423.jpgimage-a77ac.jpgimage-8ee7a.jpg
posted by ステージタイガー at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 椿「バッキーの車窓から」

故郷に錦を飾りにいった話(ザキ)

おそくなりました。
ユカリ終演、ご来場ありがとうございました。

E5098A1C-16F1-49A2-B9A8-5E892791E03D.jpg

意識高いカフェのマイスター、「梅崎」という役でした。
喫茶店のマスターなんて言うんじゃねえよ。

ほかのみんなは血縁者とか同級生だったのに僕だけユカリとは直接なんの縁も所縁もない人間でした。だから好き勝手やれたというか何というか。

ただ南野陽子みたいな可愛い子のことを想って必死になってケツケツパイパイしちゃう男子高生に、それだけのことをさせてしまう見たこともない女子高生との間の何かに、共感できる何かを得て、わずかながらも繋がってしまった。
僅かばかりかもしれませんが、そんな縁を感じつつも面白おかしくやらせてもらいました。

初日のラストの30'sのトークに、なんかようわからん力をもらいました。
打ち上げでも色々と仲良くさせてもらったり、後輩たちが仲良くしてるのをみて、いいなと思ったり。

下寺町のウルヴァリンさん、いや違った、森山さん。
縁を繋げていただきありがとうございました。

またまたこれからも頑張っていきます。いきましょう。

-- -- --

縁フェスの直後、観劇ビギナー賞のベルトをお借りして、神奈川の実家に帰りました。
東京入りした事は何度かあっても、自分の家に帰ったのはもうなん年ぶりか。
スケジュールだけじゃないところもあって今まで帰るに帰りづらかったんですが、踏ん切りつけました。

祖母に「演劇で日本一になった」と、ベルトと共に報告。
自分の力だけで獲ったものではないけど、嘘ではないよね。

その後はベルトと共に、
ステージタイガーのDVDがレンタルされている渋谷TSUTAYA、
そして観劇三昧下北沢店へ。

渋谷TSUTAYAはご存知スクランブル交差点の前。
4階DVDレンタルコーナーにかなり大きくスペースを用意して頂いていました。

観劇三昧さまはスタッフの方々に温かく迎えていただきました。
サインを書かせてもらったり半券ガチャで有料会員のライセンスを戴いたりとありがたい限り。

この辺りはザキ有馬のTwitterInstagramに上げてるので、合わせて見てもらえたら。

他にも向こうの友人戦友達と会って、近況報告や諸々を。

西も東も大好きだ。どっちの縁も大事だ。
会えるうちにもっと会いたい人も沢山いる。

その上まだまだ広いものが好きらしい。
数多ある、いたるところでやってる演劇と、そこに集まる人が愛おしい。

いつかみんなの橋渡しになれることを願って。
次の公演も振り絞って頑張ります。
325797DE-2540-4643-9F28-55D6CCBB72C3.jpg


posted by ステージタイガー at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザキ有馬「九畳間レボリューション」

'17年 0609

仕事の話…かと思いきや結局(竹林)

こんにちは。🐯

竹林なつ帆です。

日常生活に戻り、バタバタしてる間に本番終わって3、4日も経っているんですね。

何だか変な感じです。

さて、私のブログアプリやPCのデータには、ブログ下書きが書きかけのままたっくさん残っていまして、実は。📙
いつも何書こうかな〜と思って頭の中でほわんほわんほわん(思考)していると
「仕事」の事が浮かんでしまうんですよ。💭
日々の時間の過ごし方が「仕事」か「稽古」になってしまってたんで!
「仕事」の話はおもんないやろと勝手に決めて途中で書くのやめてしまうんですよ。

というわけで今日は仕事の話もちょこっと絡めて書けたらな〜と思ってます。

※びっくりするくらい日常の写真がないので、公演関連の写真貼っていきまーす

○●○●
急な自己紹介に入りますけど、わたくし、建設会社に勤めておりまして⛑
(いわゆるゼネコン、というやつです)
もう勤めて5年目になるのです。そろそろ中堅社員です️普段は、超絶サラリーウーマン。

そのほとんどを工事現場で過ごしております!🚧
工事現場でのお仕事とは・・・建物を建てているので、その建物(商品)を納期内に建てて、お客さんに納めて、その場を去って
また新しい工事現場に移る、という生活をしているんです。今は2物件目。

7時45分の朝礼。ヘルメット被って安全帯付けてラジオ体操!から始まるのです!毎日。👷‍♀️
今は少なくなりましたけど、前の現場では、500人の職人さんの前で作業内容説明したり、とかもしてましたね。
懐かしい。
あまりしない経験やと思うし、大切にせんとあきませんね。

●○●○
さて先日の縁フェス『ユカリ』、そんな弊社の上司が観に来てくれまして、
とても楽しんでくれました!✨

彗星マジックさんからタイガーを続けて観て下さったんですけど、(日曜)
まず彗星マジックさんに衝撃を受けてはりましたね。
(私も受けたんですけどね。)
最後のシーンの意味とか、必死で考えてくれてはって。
交信相手は、宇宙人じゃなくて、母親だったんじゃないか?とか。
宇宙と地球との交信に見せかけて、実は同じ部屋・家の中で、母親と取っているコミュニケーションを表していたんじゃないか?とか。
最初は上手くいかない、記号的なやり取りだったのが、感情が加わって来て・・・とそういうことでしょ??と熱く語っていました。

タイガーも、1シーン、1セリフ、結構覚えてくれていまして、
わたしは朝比奈サクラという、結構な人生の壁にぶつかってしまう女性を演じていたのですが、
「朝比奈さんの気持ちを想像して入り込んでしまって、最後のシーンは、泣きそうになってしまった!」と
言って頂きました。
9F924847-A993-4D81-BB5E-9B76DAB05BDD.jpg

どっちも、観てない人は分からないですよね。すみません。


なんせ、凄く嬉しかったです。
伝わるんや!!!!!という事に。
意図していることも、していないことも、
汲み取って、想像して、自分に置き換えて、感動してくれるんや!と。

わたしは自分の舞台に、演劇人だけでなく、普段演劇にあまり関わっていない人も
必ず呼ぶようにしているんです。

日常を生きる人たちに、なにか感じて、その上で日常の糧にしてもらうために、
わたしたちは舞台上で様々な日常を生きる人たちになり切る。
FEA69369-0C67-4751-8666-74E69B48B584.jpg
(少なくともわたしのやりたいことは)そういう事なんだな!と
当たり前の事を再認識した、縁フェスでした。

※それにしても写真横顔ばっかり

○●○●
というわけで、なんか散らばった文章になりましたけど。
仕事の話をしようと思ったら、芝居の話になってしまいましたね。
仕事の話はおいおい、ちょこちょこと!

そんなステージタイガー、6月は基礎稽古3回やりますよ。公開稽古ですので、外部の方、参加お待ちしています。
そして先の話になりますが、11月には本公演も控えています。心に留めておいて頂けると、幸いです。

長くなってしまいました!!

皆さま今週もあと少し、乗り越えましょう〜〜♪


竹林 なつ帆
posted by ステージタイガー at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 竹林「およげ!夏の子日記」

ご来場ありがとうございました(虎本)

遅ればせながら、ステージタイガー『ユカリ』ご来場&ご観劇ありがとうございました。

baatri_170609_0234.jpg

縁劇フェスという形でスペドラに関われて良かったです。
初めましての方に、お久しぶりですの方に。
沢山の出会いがありました。
ただただ楽しく過ごさせていただきました。

惜しむらくは、僕が所属していた前劇団の話を随所随所で出されるとこが。
僕にとって前劇団の話をされるのは、例えるなら…今交際している方の前で、以前に交際していた方の話をされるようなもので。
おおっぴらに言わないで欲しいし、言いたいのなら、僕一人だけの時にして欲しいのです。
笑い話にもならない、僕としては。
そのくらい、今を、ステージタイガーを大事にしているのですから。

と、愚痴はさておき。

実験と言い続けた『ユカリ』もよい評価を頂けて良かったです。
タイトルにもある『ユカリ』という女性を一切出さず
その周囲の人の人間関係をできるだけグレイな(想像力をかきたてるという意味で)範囲で描き
いくつかの疑問(なぜユカリは出て行ったの?なぜ戻って来たの?など)を残し
最後に『ユカリ』本人の独白で回収しつつ終わる。

本読み段階では俳優の『?』が凄かったし。
稽古段階では様子を観に来た劇団員から『正直、よくわからなかった』と感想を言われるし。
ギリギリまで台詞を入れ替え…
実は不安でしょうがなかったのですが。


客席を信じて良かった。



ほんまにありがとうございます。
この実験結果は次に活かします。

今回、参加団体で一番の年長になりました。
※劇団存続年数は一番ではないのですが。

見渡せば
僕には見えない世界が見え
僕よりもハイセンスに物語を紡ぎ
僕よりも実験的な取り組みを正々堂々と行い
僕よりもシビアに作品を練り上げる
そんな表現者達に囲まれていました。
僕、一番平凡でマジョリティに近い感覚を持った作演出家だったかもしれません。
ザ•普通のおじさん です。

けど。
『ユカリ』もいうてましたけど。
もうそういうのはええか、と。

僕は僕が思う心が揺れる瞬間を。
僕に見える普通の世界を。
丁寧にまっすぐ描いていければええんや、と思います。
これは弱音とかじゃなくて。決意として。

当日のパンフレットにもありましたが、次回は11月。その間に何かあるかもしれませんが…
しばし、潜伏し、備えます。
少しだけ、お待ちください。

虎本剛
posted by ステージタイガー at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 虎本「プロレススーパースター列伝」

'17年 0608

ユカリ(空海)

はいみなさんこんにちはー
空海です。

まずは
感謝感激あめあられ。
御来場ありがとうございました!

今回、私はさくらんぼの役をいただきました。
さくらんぼが何かわからない純粋な方はお母さんとお父さんに聞いてください。
.......やっぱり、聞かないでください。

いってしまえば魔法使い予備軍ですな。
何の魔法が使えるようになるのだろうか.....
深く考えると社会的に死にそうなのでここまでにします。

さてさて、今回は一人の女性を焦点にあてた物語。
ユカリに関わる多くの登場人物の言動から、その姿形を作り上げ、
最後の最後にユカリ自身がその人生を振り返る構成になっております。

皆さんの中には、最後に登場した「ユカリ」が想像していた者とは全く別人だった、という方も
いらっしゃったと思います。

ただ、それはそれで作品をより楽しめたのではないかと思います。

あくまで主観ですが、今回の作品はどこか小説を読んでいるようなおもしろさがあったのでは
ないでしょうか。
別の登場人物がト書きとなって、見ている人の想像に大半をゆだねる。
想像は創造ですからね、可能性は無限大です。

裏話でも何でもないんですけども、
シーンの中で一番自分が時間をかけて作り上げたシーンというと
白井さんとの追いかけっこのところですね。
周囲に気を付けながらコソコソと喫茶店(カフェでしたね)へと
向かう場面。

まず、最初にこの場面で想像したのが「トムとジェリー」
常に追いかけっこしているあの二匹の姿が頭に浮かんだので
かたっぱしから見ました。
そして、見よ!この集大成!
と意気揚々と稽古場に向かうもこの作品、実は30分という枠が決められておりまして
あえなくカット。
今だから言えますが、あの時は心の中で
おろろろろろろろろろろろろろろろろろ
ってなってました。

でも、まぁ次の日には
よくあるよくある。
次いこ、次。
って気持ちでした。

何事も切り替えが大事なのです。

今回の「ユカリ」というによって、
今後のステージタイガーの劇団員、
そして、ステージタイガーという団体が
どのようにレベルアップしていくのか、
こうご期待していただきたいと思います。

今回は本当にありがとうございました。
次回作もご期待ください。